Large thumb shutterstock 66136882

彼氏・彼女が好きかわからない。付き合うか別れるか対処法は?

更新:2022.04.18

彼氏や彼女と付き合っていて、ふとした瞬間に好きかわからないときがありますよね。そのときにこのまま付き合うべきか、別れるべきか、どうしていいか困るときがあります。そのときにどうしたらいいのか、対処法を伝授します。この先をよく考えて決断するようにしてくださいね。



好きかわからない…彼氏と別れたいと思うときは?

自分のことを大切にしてくれないと感じた時

もう嫌

好きかわからないと思ってしまうきっかけの1つに、自分のことを大切にしてくれないことがあります。自分は彼女なんだから、大切にされて当たり前と思ってしまいますよね。もちろんその気持ちも分かりますが、相手からの好意を当たり前に思っていると、男性も嫌気がさしてしまうかも。

とはいっても、話し合いもしないで自分のことを大切にしないなんて信じられないですよね。もし彼氏が自分のことを大切にしてくれないというのであれば、思い切って別れを切り出してみてもOK。ですが、悩んでいるときには、とりあえず自分の気持ちが落ち着くまで、彼氏にも同じような態度をとってみては?

将来の話をするとはぐらかされてしまう時

なんで聞いてくれないの?

女性には結婚にリミットがあると考えている人もいます。出産などの年齢を考えると、どうしても年齢を考えて結婚を急ぐこともあります。女性であればごくごく自然なこと。ですが、彼氏に将来の話をしてもはぐらかされたり、はっきりしない状態が長く続いていると、「もうだめなのかな」と思ってしまうことも。

そんなときは別れたいと思ってしまいますし、考えているうちに好きかわからない状態になってしまいます。もし「子供が欲しいんだけど、高齢出産は身体に負担がかかるんだって」と伝えても、将来に関して何も変化がないようであれば、この先を考えなくてはいけないかもしれません。

お金の使い方が荒くて嫌になったとき

お金は大切

車にお金、ギャンブルをしたり、生活に支障のない程度であればいいのですが、とにかくお金をつぎ込んでしまうのであれば、この先お金に関してもめる2人が見えています。もしうまくいって結婚をしたとしても、お金のことでずっともめるのは精神的にもよくありません。ですので、別れたいと思うのは自然なこと。

お金の使い方に対して何とか目をつぶることができたとしても、ギャンブルで負けたからといってあなたのあたってきたり、機嫌が悪くなって連絡がしばらく取れなくなってしまったり、そんな彼氏は別れたいと思ってしまいます。すぐに別れる手段がとれるといいのですが、もし厳しい時は無理をしないで自分の気持ちを大切に。

彼女と別れたいと思うきっかけとは?

女らしさを感じられなくなった

だらしなくなった

男性の気持ちも確認しておきましょう。女性らしさがなくなってしまうと、男性は彼女と別れたいと思うことがあります。付き合うときは女性らしくて、言葉遣いもかわいらしかったのに、付き合いが長くなるにつれて悪い方向に変化していってしまう…そんな状況になっていませんか?自分から幸せを逃がしているかも…。

付き合いが長くなると、どうしても馴れ合いが出てきてしまいますが、女性らしさを忘れなければ、彼氏からも愛情をたくさん受けやすい状況を作ることができます。もし彼女としてこれからも一緒にいたい気持ちが少しでもあるのであれば、これから変身してみましょう。


将来の姿がイメージできないと思ったから

朝ご飯

実は多いのがこれ。料理は彼任せ、掃除も苦手…そのような場合、将来の姿が見えないと彼氏が彼女に対して絶望感を感じてしまうことも。彼女が彼氏に対して将来のことを話すのと同じように、彼氏も彼女に対して将来のことを考えていることもあります。そのときに、結婚した後の姿が想像できないときは危険信号。

もし彼氏が最近そっけなくなって、私も気持ちが冷めてきちゃった…なんてときは、実はこのような「将来を感じられない」状況に彼氏が陥っているのかもしれません。彼氏はあなたとの関係を真剣に考えてくれている証拠なので、もし気になるのであれば直球で聞いてみてもいいかもしれませんよ。

結婚の話でプレッシャーに感じてしまったから

結婚を迫る

あるあるな話がこちら。はっきりしない彼氏は将来を考えているのか不安になることも。そのときに彼氏に結婚の話を迫っていませんか?会うたび会うたび結婚の話を迫ってしまうと、彼氏もあなたといることが苦痛に感じてしまうかもしれません。彼氏を真剣に思うあまりやってしまったことはありませんか?

もし彼氏を真剣に思うあまり結婚の話をたくさんしてしまったのであれば、素直に謝ることも大切です。その中で、なぜ何回も聞いてしまったのか、自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。あなたの行動は間違っていません。将来に関して真剣に向き合った結果。立て直すことは可能ですよ。

好きかわからないと思うきっかけ

つまらない喧嘩が多くなった

喧嘩

好きかわからないと思うきっかけの1つに、つまらない喧嘩が多くなったことがあります。一緒にいるなら仲良くしていたいですし、楽しい時間を過ごしたいと思いますよね。その思いと反して、つまらない喧嘩が多くなると、好きかわからないと思うのはごくごく自然なこと。別れることも考えるくらいです。

喧嘩が原因で好きかわからないと思ってしまったときは、彼氏や彼女にその気持ちをしっかりと伝えてみるのもおすすめ。喧嘩をしても許してもらえると思っている可能性があります。そんな甘えている彼氏は、本気でぶつからないと、あなたが都合のいい人として扱われてしまいますよ。

相手の機嫌をうかがって疲れた時

泣かせてしまった

彼氏が機嫌が悪い…彼女がいつも怒っている…。いつも機嫌を損ねないように言動に気を付けてきた…。そんな状況、疲れますよね。むしろその状況で今までよく頑張っていると思います。相手の機嫌を見ながら一緒にいる、そんなに相手は大切な人ですか?あなたに甘えているのかもしれませんが、そのままでは幸せになれません。

もし「相手の機嫌をうかがっているかも」と思ったときは、好きかわからないと思うのは当たり前。関係をどうさせるのかを考えるポイントにいるのかもしれません。もし彼や彼女と一緒にいて疲れる、楽しくないと思ったら、関係解消に向かってもいいかもしれませんよ。

別れる?別れない?今の彼氏・彼女と付き合うなら


自分のことを理解してくれている

なんだかんだ楽しい

好きかわからないけど、向こうは自分のことを誰よりも理解してくれている…そう思ったら、まだその恋人とは別れるべきではありません。むしろそのまま付き合っていた方が、あなたにとってもメリットがあります。なかなかお互いを理解するには時間がかかるもの。

今の恋人と別れると、新しい恋人と関係を構築していくまでに時間がかかります。そのエネルギーは相当なもの。もしあなたのことをしっかり理解してくれているのであれば、そのまま付き合って、お互いの気持ちを高めあっていきましょう。

一緒にいるとメリットの方が大きいと思った時

やっぱり楽しい

男性にはなかなか理解しがたいかもしれませんが、女性は物事を現実的に考えることが得意。女性の脳の作りなのかもしれませんね。彼と一緒にいることでメリットが多いと感じたら、そのまま付き合うことにしましょう。メリットとデメリットを紙に書き出して、メリットの方が多ければ、まだ関係は良好なんです。

本当にだめなときは、デメリットはたくさんあがるけど、メリットは何も感じられないという状態になります。メリットが何もない相手といる時間は無駄ですが、メリットがある人と一緒にいると自分を高めることができます。もし恋人と一緒にいるメリットが多ければ、関係を続けていきましょう。

別れるのか迷っている状態のとき

どうしたんだろう

別れるのか迷っているときは、即決できない何かがあるから。付き合う方がいいかもという気持ちが残っているからこそ、別れを悩むのです。好きかわからないと思うのは、どのカップルにも起こることですが、本当に相手のことが嫌になってしまったのであれば、迷う間もなく別れる状態になります。

好きかわからない状態で、どうしていいのか分からないときには、対処法として相手の好きなところを口に出してみたり、紙に書き出してみましょう。もし5こ以上書き出せたらまだ大丈夫。反対に書き出すまでに時間がかかってしまったり、何も出てこないときは、別れを告げる準備をした方が、今後の幸せにつながります。

もう1度彼氏・彼女といい関係になるための対処法

彼氏に遠回しに気持ちを伝えてみる

話し合う

好きかわからない状態で困っているのであれば、彼氏・彼女に今思っていることを遠回しに伝えてみましょう。例えばお金の使い方や、同棲しているのであれば生活リズムのこと、家事分担のことなど、不満を伝えます。好きかわからないのは、相手に対しての不満が溜まっているときに起こりやすいです。

つまり、相手に対しての不満が少しずつなくなってくると、このまま付き合うことにしようかなと判断できます。好きかわからないときは、まずは相手に自分の思いを遠回しに伝えましょう。遠回しに伝えないと喧嘩になる可能性もあります。喧嘩を避けて言いたいことを伝える方法としておすすめです。

もっといい関係になりたいと言ってみる


話してみる

恋人から「もっといい関係になりたい」と言われて嫌になる人はいません。もっと高めあっていける関係でいたいなと伝えると、女性らしさを出すことができて、前向きな姿に相手もキュンとしちゃうかもしれません。もっといい関係になりたいという目的を達成するには、効果的な対処法です。これで解決した例も。

具体的にどんな風に高めあっていきたいのかを伝えてみるといいですね。もっとありがとうを言える関係になりたい、お互いを思いやれる関係をどんどん作っていきたいなど、関係に対して前向きな感じがおすすめ。「こんなに考えていてくれているんだ」と思って、あなたのことを大切にしてくれますよ。

思い切って喧嘩してみる

もういいや

何をやってもだめ!そんなときの対処法は、荒療法ですが、思い切って喧嘩をしてみるというのはおすすめ。思い切って喧嘩をすることで、お互いに言いたいことをどんどん言うことができますので、より関係を深めたい時は実行すべきものです。喧嘩をするときは、相手の性格を責めてはいけません。

性格を責めると相手を完全に否定してしまうことになりますので、関係の悪化に繋がってしまいます。あくまで今まであった事実に対して喧嘩をするようにしましょう。そうすることで、何をするといけないのかお互いが認識できます。もし対処法に困ったら、思い切って喧嘩をしてみては?

好きかわからない…彼氏・彼女と別れた方がいいとき

他に気になる人ができたとき

浮気

もうだめだ…好きかわからない。そう感じたときに他に気になる人が現れたときは、今の彼氏・彼と別れを考えた方がいいです。気になる人がいるというのは、自分のことを認めてくれた、守ってくれる、そう感じたから気になる人という認識になっているのです。本当にあなたのことを幸せにしてくれるのはどっちなのでしょうか。

よく考えて、気になる人の方が「私のことを幸せにしてくれそう」と思ったら、今の相手と別れましょう。もちろん今までの思い出などがありますから、すぐには別れに繋がらないかもしれませんが、これからの幸せのために、あなたに必要な人は誰なのか、しっかり考えてみましょう。

このままついていくことができないと感じたとき

もうだめだ

相手にはついていくことができない。そう思ったときは、好きか分からないのではなく、もう好きではない状態です。気持ちはどんどん冷めてしまっています。もし性格や行動に不満があって、どんなに話し合っても改善されないようであれば、思い切って別れてしまった方が今後のためです。我慢する必要はなし!

ついていけない相手に時間を費やしているのは、とってももったいない!特に女性は大切な時間を奪っていくような男性といるメリットはありません。そんな人はあなたを幸せにすることはできません。もしついていけないと思ったら、その時が潮時ですよ。

彼氏・彼女が好きかわからないときにやるべきこと

距離を置いてみる

1人の時間も大切

彼氏・彼女のことが好きかわからないとき、結論が出せない時には、まず1人になって自分の時間を大切にしましょう。距離を置いてみることで見えてくるものもあります。本当に今の相手が必要なのか、1人の方が楽なのか、自然と答えが見えてきます。

もし1人の方が楽になってしまったのであれば、彼氏と別れる、やっぱりさみしいと感じたら彼女とこれからも一緒にいる。シンプルにそれだけなんです。まずは1人になって、自分の気持ちに向き合ってみましょう。

他の異性と遊んでみる

浮気

今まで彼氏や彼女との時間を優先にしてきた人は、他の異性と遊んでみましょう。他の異性と遊んでみることで、相手のよさを実感できることもあります。他の異性と遊んでみて、どうしても相手の良さが分からないときは、相手に対しての気持ちがありません。

情だけで一緒にいるのは、本当にいい選択ではありません。他の異性と遊んでみて、少しでもその異性と一緒にいることが楽しいと思ったら、今の恋人と距離を置いてみて、自分の本当の気持ちを考えてみてくださいね。

相手との関わりで迷ったら占いもおすすめ

もし恋人のことが好きかわからず、今後どうするべきか本気で悩んでいるなら占いを使うのも一つの手です。占い師は様々な方法で、相手との相性や相手がどう思っているか、別れるべきか否かを伝えてくれます。

その中でも姓名判断では自分の名前と相手の名前を伝えることで、今後相手との関わりについて的確にアドバイスしてくれることも。

電話占いなら自宅でもサクッと相談できるので、気になる方は以下の記事を参考に試してみましょう。

好きかわからないときに試してみて

好きかわからない状態で、恋人に対してどうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。好きか分からないときの対処法や、付き合うのか別れるのか、どうやって決めるのかをしっかり考えましょう。恋人の心理をみる記事も見ておくと勉強になりますよ。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。