Large thumb shutterstock 380387038

これがヘアカラーの正しい色選び!!似合う髪色の見つけ方とは?

更新:2019.06.21

現代女性のおしゃれとして定番となったヘアカラー。自分に似合う色選びの方法がわからなくて困っていませんか?髪色は人の印象を決める大切なおしゃれですから、ぴったりフィットするヘアカラーが知りたいですよね。もっと髪のおしゃれが楽しくなる方法を伝授します!!

ヘアカラーの色選びの基本とは?

パーソナルカラーがカギ

ヘアカラー選びは毎日のスタイリングが楽しくなる最高のおしゃれ。髪色が変わるだけで印象に変化が生まれるので楽しいですよね。でもカラーの種類は想像以上にたくさんあり、自分に合うカラーを探し出すのは至難の業です。

数あるヘアカラーの中から適した色選びをするにはどうするのか…そんなときに役に立つのが「パーソナルカラー診断」。インターネットで検索すると無料で診断できるので試してみてください。基本的に4つの季節にちなんだネーミングのパーソナルカラーで診断結果が出るはずです。

パーソナルカラーの種類

  1. 春タイプ(スプリング)
  2. 夏タイプ(サマー)
  3. 秋タイプ(オータム)
  4. 冬タイプ(ウィンター)

どれが自分のカラーだったのか覚えておいてください。それぞれのカラータイプによって似合う色選びの傾向がある程度絞り込むことができますよ。

もとの髪色・髪質も考慮する

ブロンドヘアの女性

日本人は髪色が黒く、明るい色が定着しにくいという特徴があります。もし明るい色選びをするなら美容師さんに相談してから行うようにしましょう。

いざ美容室に行ったら「お客様の髪色ではこの明るさが限界です」と言われたらがっかりしてしまいますよね。ハイトーンに染めるときはブリーチ施術(脱色)が必要な場合があることを覚えておきましょう。

明るい色を入れるのにブリーチするとよく染まるようになりますが、かなり髪にダメージがかかります。髪が切れる・ぱさぱさになるデメリットがあるので色のトーンは慎重に選びましょう。

【色選び】春タイプにおすすめのヘアカラー

サーモンピンク

サーモンピンクのヘアカラーと聞くと奇抜な色選びと思いがちですが、意外とナチュラルで美しい髪色なんです。トーンを下げれば社会人でもOKなヘアカラーで、華やかに仕上がるのに大人っぽい印象にできますよ。

春タイプでやさしい顔立ちをしているなら、サーモン系の色選びをするとはずれがありません。ピンクが与える女性らしさが顔や肌との印象となじみ、自然に美しく見せることができます。

ゴールドブラウン

もしきりっとした面長な春タイプなら、ダークで落ち着いたゴールドブラウンのヘアカラーがばっちり決まる髪色です。普通のブラウンに見えますが、光に当たるとゴールドのニュアンスが目立つ華やかな髪色。

あまり屋外に出ない仕事をしているのなら、この程度のヘアカラーはOKな所が多いのも人気の理由です。クールな印象を壊さずに髪色をおしゃれにしたいのなら、ゴールド系の色選びを意識してみてください。

もし髪色に制限がない生活をしているなら、今毛先に向かってグラデーションを入れると華やかさがぐっと増します。落ち着いた色合いなのでメッシュやヘアチョークで遊び心を入れるのも楽しいアレンジ方法です!!

番外編|今使ってるシャンプーで本当に大丈夫?

BELTAボタニカルシャンプー・トリートメント

最近、髪にツヤがなくなってきたり、頭皮が乾燥してフケが...なんて悩みを抱えていませんか?ジメジメしている時は髪の指通りが悪かったり、乾燥している時は髪がパサパサになったりの繰り返される頭皮への負担で気づいたらあなたの頭皮がボロボロになってることという可能性もあります。

頭皮環境が悪化を放置してしまうと抜け毛や切れ毛が増え、ゴワゴワのダメージヘアになってしまいます。そのため、頭皮を保護ししなやかな髪を保ってくれるシャンプーが必要となります。

そこで実際に私も現在使っていておすすめなのが、海外有名セレブも御用達のBELTAボタニカルシャンプー・トリートメントです!これを合わせて使えば健康な頭皮にし、艶やかでハリのある髪にできます!また、すでにダメージを受けてしまっている髪も内側まで栄養を届けて、芯から強くまとまる髪へ導いてくれます。

今なら通常6,780円のところ初回購入2,980円とお買い得になっています!健やかな頭皮から美しいツヤ髪にしたい方、今すぐ本気のケアを始めましょう!

今すぐ本気のケアを始めたい方はこちら

オリーブブラウン

別にやさしい顔立ちでもないし、くっきりシャープな感じでもない…という場合はオリーブブラウンのヘアカラーがおすすめ。もし普段着を着ていて、ベージュやカーキがよく似合うと言われるならフィットする髪色ですよ。

オリーブは独特な深い色合いが特徴ですが、重くなりすぎないので髪が長い女性にぴったり。色選びをするときは髪の長さも考えて行うといいですよ。

髪の量が多くてもっさりしてしまうなら、ぜひオリーブブラウンを一度試してみてください。軽いのに大人っぽい印象はイマドキな雰囲気を出してくれます。

【色選び】夏タイプにおすすめのヘアカラー

ラベンダー

さっぱりした印象が強い夏タイプは、大人っぽくて色気のあるヘアカラーをチョイスすることが色選びのポイントです。身長が高くすらっとしたシェルエットなら、こんなラベンダーカラーがおすすめです。

ラベンダーは日の光に当たるとわかりますが、ダークな色で染めれば室内灯では髪色があまり目立たないのでご安心を(染めるトーンのレベルによって違います)。

元の髪色が比較的暗く、ブラックに近い方は自然になじみますよ。大人レディな印象が強いので、落ち着いた感じを手に入れたいのならぴったりなヘアカラーです。

ローズブラウン

赤みの強いヘアカラーであるローズブラウン。はっきり明るめに染色するとこんな感じになりますが、ダークトーンに染めるとほんのり赤いような髪色になりますよ。普段からローズ系の洋服やメイクが似合うといわれるのなら、ヘアカラーもローズカラーの色選びをするのがおすすめです。

全体的に髪色を変えるのが難しいなら、グラデーションやメッシュなどで入れても大丈夫。赤やローズ系ってあまりヘアカラーで挑戦しないのですが、トーンを調節すれば落ち着いた表情になりますので色選びの選択肢に入れてみてください。

意外と落ち着いていて、周囲から「その髪色似合うし素敵!!何色なの?」と聞かれてしまうかもしれませんよ。ちなみに、ダークトーンを意識したローズブラウンの色選びをするとこんな感じになります。

ライトアッシュブラウン

肌の色が白く、明るい色選びをしたいのならライトアッシュブラウンが断然おすすめ。ヘアカラーの中でもトーンが明るいので、元の髪色が黒いとブリーチをしないと染まらない可能性があるので注意しましょう。

日本人の色には定着しにくいハイトーンなので、ショート~ミディアムくらいのレングスにおすすめな色選びです。ロングでこの色を出そうとするとダメージが心配なので、希望する場合はよく美容師さんと相談するようにしてください。

【色選び】秋タイプにおすすめのヘアカラー

マットブラウン

しっとりとしたヘアカラーが似合う秋タイプは、ダークなブラウンが色選びの基本となってきます。肌の色が明るめならマットブラウンがおすすめです。

トーンを明るくすれば華やかになりますし、それでいて派手にならないので社会人・ママに人気があるヘアカラー。どんなレングスでもマッチするので、とりあえず髪色を変えたいならマットブラウンから挑戦してみるといいかもしれません。

やさしい印象がありますので、髪型の全体的なフォルムに丸みがあるシェルエットに比較的向いています。クールな印象のヘアスタイルとは相性があまりよくないので、フォルムも考えてヘアカラーを選ぶようにしましょう。

マロンブラウン

栗毛色のようなかわいらしさと儚さを手に入れたいなら、マロンブラウンのヘアカラーをチョイスしてみてください!!ラブリーな感じがでる色選びをすれば、特に男性受けがよく恋愛が発展する「恋カラー」をゲットできます!!

男子って栗毛色の女性に憧れを持っている人が多いので、気になる人を注目させたいなら効果的なヘアカラーです。純白な白シャツによく合うので、まさにデートにもってこいの髪色なんですよ。ロングヘアに似合いやすいので、比較的レングスがある方におすすめです。

チョコレートブラウン

秋タイプでクールな印象がある方は、大人ブラウンヘアカラーであるチョコレート系の色選びが正解。明るい色選びで失敗してしまった…という経験があるのであればこんなヘアカラーはいかがでしょうか。

甘めな印象が抑えられているので、普段の服装がすっきりシンプルな方によく似合います。面長さん、目が切れ長な秋タイプの方は一度試してもらいたいヘアカラーです。

ダークな感じがありますが、ロングで染めても重くならないので長さがあってもOK。もちろんショートからミディアムのレングスでも大人かわいく仕上がりますよ。

【色選び】冬タイプにおすすめのヘアカラー

ワインレッド

髪の毛に赤の色選びなんて…と避けていませんか?明るく入れてしまうと奇抜になってしまうのですが、ダークな仕上がりにするとこんな感じで落ち着いたトーンになるんですよ。

大人っぽいのですが、ほんのり赤みがある髪色は冬タイプによくマッチします。冬タイプに似合いやすいメイクアップとも相性がいいのでおすすめのヘアカラーなんです。

バイオレット

ちょっと渋めな色選びであるバイオレット。普段の服装に黒が多い場合はシックにバイオレットで引き締めると全体のバランスが取れるようになりますよ。

肌の白さをよく他人からうらやましがられるような色白さんには特に試してもらいたい色選びです。暗い色ですが光に当たると意外と華やかですので、ロングヘアにもおすすめ。

ストレートだと冷たい印象になってしまうのでウェーブをかけることがポイントです。ゆるふわなカールをつけることでシック&レディな感じに仕上がりますよ。

アッシュブラウン

クールな印象のアッシュブラウン。少し派手目な色をチョイスしたいのなら、こんなトーンがおすすめです。L.A.ファッションや脚見せスタイルなどによく似合いますよ。

トーンをさげれば大人っぽくすることだって可能です。普段カラーコンタクトを使用する女性を中心に、人気があるヘアカラーです。

髪色はリップメイクとのバランスが大事!?

春タイプおすすめリップ

ヘアカラーを変えたら、それに合わせたメイクをする必要があります。中でも顔のパーツの中で目立ちやすいリップは雰囲気に合うものをチョイスするとさらにヘアカラーの色選びが楽しくなりますよ。

ふんわりと明るいイメージのある春タイプの方には写真のようなサーモン系がおすすめ。(商品名:スックモイスチャーリップスティック07琵琶艶)ピンクとオレンジが混ざったリップの色選びが基本になってきます。

レッドやベージュもOKですが、このリップのようなサーモンカラーを一度唇に薄くのせてから塗るようにすると肌や髪にフィットするようになりますよ。

夏タイプおすすめリップ

青みが利いたピンクは夏タイプのヘアカラーにマッチする色系統です。基本的に青みのある色選びをするように意識するとメイクアップが髪色にフィットするようになりますよ。

最近流行の血色リップは鮮やかなものが多い…と悩んでいるなら、青みピンクをミックスして使いこなすといいでしょう。クールな印象そのままに女性らしさをアピールするなら、ベリー系の色選びをしてみてください。

夏タイプはチークやアイシャドウも基本的に青みのある色が似合うのですが、それだけに冷たい印象になりがちです。せっかく髪色を変えたのに、メイクが迷走するようになった…では大変。そんな時はリップに一点集中させる「引き算メイク」にチャレンジしてみるといいかもしれません。

秋タイプおすすめメイク

秋タイプのヘアカラーとのバランスを取るのは、基本にベージュを使うこと。赤系やピンク、オレンジのリップを使いたいときはベージュと混ぜるようにすると髪色になじむようになります。

落ち着いた印象が特徴ですので、カラーは控えめにするのが正解です。もし華やかさを手に入れたいのなら、カラーで目立たせるのではなくツヤ感やラメで立体感を意識するといいでしょう。

冬タイプおすすめメイク

ボルドーレッドが冬タイプのヘアカラーを引き立ててくれます。最近はもっぱらダークなヘアカラーの色選びが流行っていますので、暗めのレッドは一本持っておいて損はないはず。

髪色を変えて似合わなくなってしまったリップカラーでも、この色とミックスするだけで驚くほどしっくりくるようになります。ボルドーレッドでは落ち着きすぎるな…と感じてしまうようでしたら、青みが強いピンクもありです。

夏タイプのおすすめリップで紹介したようなかわいらしいピンクでもよくヘアカラーとマッチするようになりますよ。ボルドーレッド・青みピンクは基本カラーとして持っておきましょう!!

まとめ

女友達

おしゃれの基本中の基本、ヘアカラー。多くの種類の色系統があって自分に似合う色はなんなのだろう…と迷っている女性はとても多いんです。

しっくりくる色選びをしたいのなら、まずはパーソナルカラーを診断してみましょう。似合う色系統を絞り込むと運命のヘアカラーに出会う近道になります!!

さらにヘアカラーのよさを引き出すメイクアップも工夫することで格段におしゃれがレベルアップ。友人に恋人にほめられるようなヘアカラーを見つけて、毎日のおしゃれを楽しんでみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。