INDEX

髪の毛がウネる理由とは?

ウネる原因

髪の毛が、ウネって「くせ毛」のようになる人が多いです。ぼさっとした印象で、見た目も悪いのが特徴です。では、なぜ髪の毛がウネるのでしょうか? まず、人間の髪の毛を輪切りにして、断面図を観察してみます。直毛の髪の毛は、円形で毛穴の歪みはありません。

しかし、ウネる髪の毛は、毛穴のゆがみ楕円形の状態が見えてきます。実は、毛穴の歪みがあると、そこから生える毛がウネった状態で生えてくるので、ぼさっとした印象を与えるのです。また、ゆがみの度合いにより、ウネリの強弱は変わります。

髪の表面にも原因あり?

髪の表面にも、ウネる原因はあります。髪の表面には、キューティクル、コルテックス、メジュラの3つの層で成り立っています。その中でも、髪の外側のキューティクル部分が、何らの原因で刺激される事があります。

刺激されると、硬いたんぱく質が阻害され、髪の外側に流れ出てきます。本来であれば、半透明で艶のある物が重なり合い、キューティクルを保護しているのです。 髪の表面の構造が失われる原因は、いくつかありますが、第1は、髪同士の摩擦です。

次に、2番目の層のコルテックスから、水分が失われる事が原因です。コルテックスも、2種類の層で構成され、比率が50:50の層になっています。しかし、摩擦や他の因果関係により、層の比率が崩れると、髪の毛がウネり出し、くせ毛に見えてしまいます。

髪の毛の栄養不足

悲しんでいる女性

髪の毛の栄養不足が原因で、ウネることがあります。体内に必要最低限の栄養素が、行き届いていないと、末端部分となる髪や爪に影響が出ます。例えば、お年寄りの方々のように頭髪や爪の先が白くなり、栄養不足を表しています。

他にも、過剰なダイエットを行う人は、頭皮への栄養が不足し、血行不良になります。徐々に髪質が細くなり、リバウンドすると太くなる仕組みです。 つまり、毛穴の歪みと髪の毛の表面の原因、栄養状態を知り、正常に戻せば髪のウネりは無くなるでしょう。

髪の毛の表面を正常に戻すには?

髪の毛をケアする

顔をケアする女性

髪の毛の表面を正常に戻すには、髪が乾いても、クセ毛が出ないように、頭皮と髪の毛をケアする事が大切です。例えば、髪が濡れている間に、キューティクルを壊さないように、乾かすことです。

ただし、優勢遺伝のくせ毛の人は、一般の人とは、ブローの仕方が違います。 親から子へ受け継がれるくせ毛は、80%以上をコルテックスが占めています。タンパク質と水分よりも、脂質やメラニンなどが多い状態です。

また、髪の中心のメデュラという部分が、刺激で空洞になりやすく、髪が白っぽく色あせて来ます。そのため、くせ毛用に適したブローをする必要があります。(こちらは、後ほど詳しくご紹介します。)

番外編|今使ってるシャンプーで本当に大丈夫?

BELTAボタニカルシャンプー・トリートメント

最近、髪にツヤがなくなってきたり、頭皮が乾燥してフケが...なんて悩みを抱えていませんか?ジメジメしている時は髪の指通りが悪かったり、乾燥している時は髪がパサパサになったりの繰り返される頭皮への負担で気づいたらあなたの頭皮がボロボロになってることという可能性もあります。

頭皮環境が悪化を放置してしまうと抜け毛や切れ毛が増え、ゴワゴワのダメージヘアになってしまいます。そのため、頭皮を保護ししなやかな髪を保ってくれるシャンプーが必要となります。

そこで実際に私も現在使っていておすすめなのが、海外有名セレブも御用達のBELTAボタニカルシャンプー・トリートメントです!これを合わせて使えば健康な頭皮にし、艶やかでハリのある髪にできます!また、すでにダメージを受けてしまっている髪も内側まで栄養を届けて、芯から強くまとまる髪へ導いてくれます。

今なら通常6,780円のところ初回購入2,980円とお買い得になっています!健やかな頭皮から美しいツヤ髪にしたい方、今すぐ本気のケアを始めましょう!

水分を保護する

鏡を見る女性

くせ毛の人は、髪の毛がパサつきやすく、一番層のキューティクルが傷付いています。これは、静電気や摩擦などでプラスイオンが発生するからです。プラス状態では、髪のツヤや、髪の毛の内部から水分が奪われていきます。

水分不足が進行すると、くせ毛もひどくなり、ケアしても、パサつきが無くなりません。そのため、マイナスイオンを発生するドライヤーでブローして、水分を保護する事が大切です。

また、アルカリ性のシャンプーやトリートメントを使用した場合も、髪の毛がパサつきます。頭皮の状態を弱アルカリ性に保ち、アルカリ成分を老廃物を外へ出しましょう。例えば、弱酸性のアミノ酸からできているヘアケア製品がおすすめです。

くせ毛を抑えるブローのやり方

ブローの仕方の注意点

ブローの仕方

髪の毛がウネり、くせ毛になる人は、濡れた状態の髪の毛をタオルドライしてから、ドライヤーをかけましょう。実は、ドライヤーの熱でも、刺激を受けやすく、マイナスイオンのドライヤーを掛けても、キューティクルやコルティックを破壊してしまいます。

そのため、濡れた髪の毛は、タオルドライで水気を吸い取りましょう。特に毛先部分は、タオルで挟むように抑えて下さい。決して、シャンプーのあとにトリートメントやリンスをしないまま、ブローをするのはNGです。

キューティクルとコルティック、メジュラ部分をしっかりと保護して、ウネる部分を補修するアイテムを取り入れて下さい。

くせ毛を治すブローのやり方

ブローの手順
  1. ①地肌に指を立たせて、ドライヤーを縦方向にあてて、地肌を乾かします。地肌と毛の中間が、触ったらほんのり乾くまで、ドライヤーを掛けます。この時は、スタイルを作らずに、乾かすだけです。
  2. ②毛の中間から毛先まで乾いたら、手ぐしで髪の流れを整えていきます。手とドライヤーを一緒に動かして、下方向に髪の毛を伸ばします。
  3. ③毛先がうねらないように、全体的に乾かしていきます。順番は、両サイド、後ろ面、前髪ですが、右上から左下、左上から右下のように分けて行って下さい。
  4. ④また、毛先に行くほど、ななめ45度にドライヤーと手をあてて下さい。8割乾いたら、冷風して、キューティクル保護を行いましょう。温風と冷風を交互に行うことで、キューティクルを壊さずに、ツヤ感を保ってくれます。
  5. ⑤最後にドライヤーを止めて、ブラシを使い、髪の毛を整えていきます。

おすすめドライヤー&洗い流さないトリートメント

第5位ルベルイオエッセンススリーク100ml

Amazonで商品の詳細を見る

ルベルのイオエッセンスは、手触りだけでなく、浸透効果のある保湿オイルを配合しているので、くせ毛の人におすすめです。髪の毛の1層と二層に浸透していき、内側から均一に整えてくれます。

もし、くせ毛でひっかかる部分やうねりを、元の状態に戻すでしょう。ストレートヘアのような輝きを与え、リラックス効果を感じるローズ系の香りです。 ぜひ、ウネりが酷くくせ毛で悩んでいる人は、こちらのエッセンスもおすすめです。

第4位ルシードエルオイルトリートメント#ディープモイストヘアクリーム

Amazonで商品の詳細を見る

ルシードエルのオイルトリートメントは、オルガンオイル配合で、軽やかで輝きのある髪に仕上げてくれます。輝きあふれる髪により、「魅せ美髪」とも言われています。

これは、オルガンオイル成分が、傷つけたキューティクルを保護して、パサつきを密着補修してくれるからです。くせ毛の人でも、毛先までつるんとまとまる髪になれます。さらに、 女性らしく華やかで品質感を感じるフローラル系の香りが特徴です。

もちろん、洗い流さないトリートメントなので、ドライヤーの熱を保護するヒートプロテクト処方も含まれています。

第3位TESCOMnaturamマイナスイオンヘアードライヤーホワイト

Amazonで商品の詳細を見る

TESCOMのnaturam マイナスイオンヘアードライヤーは、マイナスイオン搭載しているので、くせ毛の人におすすめのドライヤーです。マイナスイオンが、髪の毛のプラスイオンを中和して、キューティクルの激しい痛みやはがれを抑えてくれます。

また、「DRY-COOL-OFF」の3段階の切り替えにより、髪をセットした後に冷風を当てるとセットが長持ちします。

第2位パナソニックヘアードライヤー(ルージュピンク)

Amazonで商品の詳細を見る

パナソニックヘアードライヤーのナノケアは、ナノイーとダブルミネラルで、髪の毛同士の摩擦を無くし、紫外線に強い髪に変化させてくれます。また、セットノズルが本体色と同色となっているモデルなので、髪がまとまり、艶が出るのが特徴です。

遺伝的にくせ毛が強い人は、パナソニックヘアドライヤーのナノケアが最適だと思います。

第1位パナソニックヘアドライヤーイオニティ白EH-NE48-W

Amazonで商品の詳細を見る

パナソニック ヘアドライヤー イオニティは、マイナスイオンに含まれる水分を温風の熱から守るドライヤーです。マイナスイオンを、髪全体に届けて、髪表面をコーティングしてくれるので、くせ毛の人におすすめだと思います。

髪の毛に触っても、サラサラでツヤツヤなまとめる髪になります。例えば、速乾ノズルで、縦型の強風と弱風で、ぬれた毛束をほぐしながら、乾かすのもおすすめです。乾きにくい長い髪や多い髪も、スピーディーに乾燥してくれます。

音も気になる程ではなく、普通のドライヤーよりも静かです。

髪の毛のデイリーケアにもコツがある?

ドライヤー前に洗い流さないトリートメントを付けるのがコツ!

タオルドライをして水分を拭き取ってから、洗い流さないトリートメントを付ける事もおすすめです。洗い流さないトリートメントは、ドライヤーからの熱を守り、水分を逃さない役割があります。

例えば、こめかみやうなじなどは乾きにくい部分にも、役立ちます。もちろん、洗い流さないトリートメントを付けても、ドライヤーを行うときは、髪を引っ張らずに、髪の7から8割ほどを乾かすのが理想です。

毛先を抑えるように冷やすのがコツ!

ドライヤーをするときに、どうしても毛先に逆らって乾かす人が多いですが、くせ毛の人は、ブラシや手ぐしで下方向に伸ばして下さい。髪の毛を引っ張りすぎない程度のところで、温風を止め、毛先を冷やすのがポイントです。毛先を抑えるように、冷ますことで、写真のようにウネりが抑えられます。

髪に優しい洗い方をするのがコツ!

もし、どんなに髪を伸ばして、乾かしても跳ね返る場合は、シャンプーの仕方が間違っているかもしれません。丁寧に髪の毛をケアしていても、髪に優しい洗い方をしていなければ、無駄になります。そのため、次のように行って下さい。

シャンプー手順
  1. 1、シャンプー前に、手ぐしやブラシで軽く髪の毛をほぐす
  2. 2、シャンプーは、髪と地肌を清潔にするように意識し、耳の上、耳の後ろから襟足もしっかり洗う
  3. 3、髪を洗う時はしっかり泡立てるようにする
  4. 4、地肌は、指の腹で洗い、マッサージをするように指を動かす
  5. 5、地肌や髪の毛にシャンプーが残らないようすすぐ
  6. 6、とくに、耳の後ろ、襟足、耳の上、生え際に残りやすいので、念入りに
  7. 7、コンディショナーやトリートメントを適量手に取り、毛先から髪全体になじませる
  8. 8、シャワーで十分にすすぎ、水気をしっかりと絞る
  9. 9、洗い流さないトリートメントを付ける場合は、弱酸性のものがおすすめ!

\ POINT /

簡単な小ワザ紹介! 

シャンプー前に髪の毛をほぐすことによって、シャンプー中の髪へのダメージが軽減されます!

まとめ

髪をなびかせる女性

今回は、くせ毛のひとにおすすめするブローのやり方と髪のを綺麗にするコツ、秘密アイテムをご紹介しました。みなさまの髪の表面は、どの原因に当てはまりましたか?自分では、傷つかない内に、髪の毛にダメージを与えているかもしれません。

髪の毛の傷む原因を知り、髪の表面のキューティクル、コルテックス、メジュラの3つの層をしっかりと保護しましょう。髪の外側のキューティクル部分から、たんぱく質を逃さないためにも、ドライヤーのブローの仕方に注意してください。

また、保湿成分を含むオイルや洗い流さないトリートメントを上手に使って、潤いのある髪質になりましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。