INDEX

カラートリートメントって普通のトリートメントとは違うの?

カラートリートメントは染料が入ったトリートメント

カラートリートメントは、みなさんがシャンプー後に使うトリートメントに染料を混ぜて作られたものです。染毛力はそれほど強くなく、ヘアカラーが1回でしっかり色がつくのと違い、染めるごとに少しずつ染まっていく、マイルドな染毛剤です。

また、ヘアカラーは髪の内部まで入り込んで髪を染めますが、カラートリートメントは髪の表面だけを染めます。そのため、染めてもあまり色が長続きせず、1週間に1回程度染めることが必要になります。

しかし使い方はとても簡単で、いつものトリートメントをカラートリートメントに変えるだけでできます。面倒なケープやタオルを用意する手間がないので、とても手軽で、ヘアカラーのように「さあ、染めるゾ!」と気合を入れる必要もありません。

アレルギー体質の人でも安心なカラートリートメント

カラートリートメントが愛される理由のひとつに、「アレルギーが起きる可能性がきわめて低い」という点です。ヘアカラーは強い化学薬品で染めるものなので、アレルギーを起こす人も少なくなく、染めるたびにパッチテストでアレルギーが起きないかを確認することも必要でした。

しかしカラートリートメントなら髪にも肌にもやさしいので安心です。しかもトリートメントなので、染めた後の髪もパサついたりゴワゴワしたりすることなく、しなやかでツヤツヤに仕上がります。

赤い髪のイメージはオトナ色

赤い髪ってどんなイメージがあるのでしょう?赤は日本人にとてもよく似合う色で、肌なじみも良い色です。また、肌を色白に見せてくれる効果があり、エレガントな大人っぽさを演出することもできます。

ヘアカラーで染める赤はかなりはっきりとした赤になりますが、カラートリートメントで染めた赤はそれほど派手にはなりません。上品でやわらかな印象になります。

カラートリートメントの使い方は?

手串をする女性

カラートリートメントはヘアカラーとは使い方が全然違います。今までヘアカラーを使って染めていた方は、あまりの簡単さに拍子抜けするかもしれません。使い方は通常、シャンプーのあとに髪になじませてから5~10分ほど置き、流して終わりです。

もっとしっかり染めたい!という人は、シャンプー後ではなく、乾いた髪に使うとよりシッカリと染まるようになります。この場合でもヘアカラーの時のような大がかりな道具は必要なく、トリートメントを乾いた髪に塗って目の粗い櫛でとかして待つだけです。

化学薬品のようなにおいも特にないので、とても楽に使うことができます。 他にもいくつか特徴があるので、以下に書いていきます。

カラートリートメントは一度できれいには染まらない

カラートリートメントはヘアカラーのような強い染毛力はありません。特に最初はあまり染まった実感が持てないかもしれません。使っていくうちにだんだん染まっていくようになるので、最初の一度だけできれいに染まることは期待しないほうがいいでしょう。

色を自由に調整できる

カラートリートメントは色を薄くしたり他の色とまぜて使うことができます。薄くしたいときは通常のトリートメントとまぜて使うと色が薄くなります。微妙なニュアンスの色を出したいときは、他のカラートリートメントとまぜて色を作れるので、オリジナルの色を作ることができます。

ヘアカラーした髪のお手入れにもカラートリートメントで

ヘアカラーで染めた髪の色があせてきたら、カラートリートメントで色を補ってあげることができます。ヘアカラーでしっかりと染めて、普段はカラートリートメントで補色しながら髪を手入れすると、いつもツヤツヤできれいな髪をキープできます。

カラートリートメントできれいに染めるコツはある?

部屋と頭を温めよう!

美容院で髪を染めると、ビニールキャップをかぶせたりサランラップのようなものを巻いたりしていますよね。あれは何のためかご存知でしょうか?周囲が汚れないように、というのもありますが、一番はしっかりを色を入れるためです。

ヘアカラーやカラートリートメントは温度が低いと染まりが悪くなります。ナイロンなどでしっかり頭を覆うことで頭を保温し、温めながら染めることができるのです。また、染めるときは低くても20度以上の室温が望ましいといわれています。

自宅で染めるときにも、入浴しながら染める場合はいいのですが、乾いた髪をカラートリートメントで染めるときは、なるべく部屋を暖め、トリートメントを塗り終わったらサランラップやビニールキャップで保温しましょう。

黒髪は脱色したほうが染まりやすい

黑を染めるのは難しい

カラートリートメントは髪の表面を染めるものです。そのため、黒髪の表面に色をつけようとしてもなかなか難しいことがあります。しっかり色を入れたいときは、髪を脱色してなるべく髪の色を薄くしておいたほうがきれいに染まります。

今までヘアカラーをしていた人は脱色されている場合も多いのですが、髪を染めるのは初めてという人は、髪質にもよりますが、染まるまでに時間がかかります。

赤いカラートリートメント:人気ランキングTOP5!

【第5位】ナチュールバイタルカラーセーフヘアマスクワインレッド

Amazonで商品の詳細を見る

たった5分、「髪が傷まない! 」高発色のヘアカラートリートメント。イオンカラー処方で髪と頭皮にダメージゼロ! ダメージや刺激が気になる傷んだ髪ほどよく染まります。

シャンプー後、水気を軽くふき取り適量を髪に塗布して5分でOK。後は洗い流すだけ。ノンパラベン処方&4種類の植物成分配合。髪にうるおいとツヤを与え、指通りサラサラの仕上がりに。

【第4位】クリップジョイントカラーバターリアルレッド

カラーとトリートメントが同時に出来る。魔法のトリートメント。トリートメント感覚でカラーもできるカラーバターはエクステやパーマをしていても色ムラになりにくくキレイに染まります。色素補給をしながら染まるので、傷んだ髪を補修してツヤツヤサラサラの髪に。

【第3位】クイスクイスデビルズトリックスパイシーレッド

Amazonで商品の詳細を見る

傷んだ髪ほどよく染まる、たった5分で髪色チェンジ。素手で簡単イオンカラー。イオン化したプラスの色素が傷んだ髪に多いマイナスイオンとくっついて発色。約1週間でもとの髪色に戻るから、流行カラーも気軽にTRY。

さらにホホバ種子油、ツバキ油、イチョウ葉エキス配合で髪の傷みを集中ケア。トリートメント効果でツヤさら髪に。ちょっぴり辛口個性派スパイシーレッド。禁断の真っ赤な果実、アップルの香り。

【第2位】マニックパニックカラークリームヴァンパイアレッド

Amazonで商品の詳細を見る

発色のよさが評判です。著名人達のご用達カラー。 最大の特徴は発色。 ツヤ感。 安全。 最強の赤色。 ズバッと赤く染まる。シャンプー後、タオルドライしてからご使用ください。

【第1位】アンナドンナエブリカラートリートメント<レッド>

Amazonで商品の詳細を見る

傷んだ髪のダメージをケアしながらできるカラーリングできるトリートメント。使い勝手が良く満足の仕上がり。トリートメントしながら5分ででき、素手で使えてるので手軽です。ほんのりごく自然に染まり、連続使用すれば自然に染まります。

ランキングで紹介した商品の比較

カラートリートメントでは1位のアンナドンナ エブリ カラートリートメントがダントツ人気です。2位のマニックパニック カラークリーム ヴァンパイアレッドは発色がとてもよく、ハッキリと赤を入れたいという方はこちらをおすすめします。

3位のクイスクイス デビルズトリック スパイシーレッドは若い人たちの間では人気のカラートリートメントで、鮮やかな発色で人気です。

まとめ

カラートリートメントは染めても色落ちしやすく、1~2週間に1回の頻度で使うことが必要です。使い続けるほどに色がきれいに染まっていきますが、短期間で違う色にしたいという人にも向いています。髪を染めたいけど髪が傷むのが心配、という人は、カラートリートメントデビューしてみませんか?

関連のおすすめ商品

「ホーユープロマスター カラーケア スウィーティア シャンプー」はカラーした髪のpHを整え毛髪成分の流出を防止してくれます。カラーを長持ちさせたい方はこちらのシャンプーを一緒に使ってみてはいかがでしょう?ふんわり甘い香りに満たされるフルーティスウィートの香りで、シャンプーも楽しくなります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。