Large thumb shutterstock 769705507

デジャブと前世の関係とは?そのスピリチュアルな意味も知って真実の自分に近づこう!

更新:2021.02.24

デジャブを感じたときに、「これって前世と関係あるのかな?」と思った事がある人も多いのではないでしょうか?前世の記憶が残っていて、それが一瞬頭をよぎったのかも…と思う人もいるかも知れません。今回はそんなデジャブと前世の関係について解説します。自分の前世を知る方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

デジャブとは

デジャブの意味

写真

デジャブはフランス語で「既視感」を意味する言葉です。既視感とは、「既に見たことがあるという感覚」のことで、初めてきたはずの場所で来たことあるような感覚に囚われたり、初めて会った人なのに過去に会ったことがあるような気がしたりすることが、これに当てはまります。

デジャブという概念は20世紀に入ってから提唱された、比較的新しい概念です。様々な学問から科学的な研究が試みられてきましたが、まだ解明にはいたっていません。そのためスピリチュアルな事柄と関連付けて語られることも多い現象です。

デジャブを多く感じるのは若い人

様々な人種の若者

デジャブを感じるのは10代後半〜20代後半の若い人が多いと言われています。脳の活動が最も活発な時期であり、既に様々な人生経験を積んできているため、デジャブを感じることが多いのでしょう。

それに比べ、脳の活動が活発でも経験が少ない幼少年や、経験が豊富でも脳が衰えてきた老年期には、デジャブを感じる人が少ないようです。「多く感じる」の回数については人それぞれですが、デジャブを多く感じれる期間は意外と貴重なのかもしれません。

デジャブと前世の関係

デジャブを感じるのは前世の記憶が残っているから

本を読む人

デジャブと前世の関係で最もよく言われているのは、前世の記憶が残っている場合にデジャブを感じるということです。例えば知らない場所に行った時に、以前にもそこに訪れたことがあるような感覚を覚えることがあります。それはあなたが前世でそこに住んでいたことを表しているのかもしれません。

生命は新しく生まれ変わる際に、「忘却のスープ」を飲んで一生の記憶を無くしてから新生すると言われていますが、どうやら稀に断片的にその記憶が残ることがあるようです。その残った前世の記憶に反応する何かに出会った時にデジャブを感じるのかもしれません。

デジャブのスピリチュアルな意味

前世の記憶が蘇る以外にも、デジャブにはスピリチュアルな意味があると言われています。いったいどんな意味があるのでしょうか?

①高次元からのメッセージ

夕日に向かってブランコをする人

デジャブは、ハイヤーセルフからのメッセージであるとも言われています。ハイヤーセルフとは、高次元にいる無意識の自分であり、自分の守護霊のようなものと捉えてよいでしょう。

このハイヤーセルフがあなたに何か気づいてほしくて、デジャブを通してメッセージを送っているのです。多くはこれはポジティブなメッセージであると言われているため、デジャブを感じた人は「どんなメッセージなのか」ということに意識を向けて受信してみましょう。

②エネルギーの開放

朝日を受け目覚める人

人間は生きながらエネルギーを蓄えるといわれています。このエネルギーは日常の経験や感情とリンクし、時にはポジティブなエネルギーとして、あるいはネガティブなエネルギーとして残ることもあります。

あなたがデジャブを感じたときは、このエネルギーが開放されるタイミングである可能性があります。デジャブと当時に、同時に強い喜びや悲しみなどの感情を覚えた場合は、過去の経験と共に蓄えられたエネルギーを開放しているのです。

これは必ずしも、その過去の経験と同様の経験をしたときにのみ起こる現象ではありません。何らかの類似点があるだけで、そのエネルギーの開放が誘発されることもあります。

たとえネガティブなエネルギーの開放だったとしても、それはあなたにとって悪いことではありません。負のエネルギーを開放することは、自分の心を浄化することに繋がります。悲しい感情が蘇ってくるかもしれませんが、しっかりと向き合って解釈することに意味があるのです。

③計画どおりに進んでいる転生

橋の上を歩く男性

デジャブは、魂の転生が計画通りに進んでいる証とも言われています。すべての生命は死んだ後に魂だけがエネルギー次元に戻り、新しい一生の準備をします。その時に道標としてデジャブをいくつか設定するのです。

つまりデジャブとは、あなたが魂の計画通りに人生を歩めているということの証ということができるのです。デジャブを怖いと感じる人も多いかも知れませんが、自分の人生はこの道で合っているんだという捉え方ができるのは素敵なことですね。

④パラレルワールドの片鱗

顔が雲で見えない人

パラレルワールドとは、あなたが認識している世界とは別の世界線のことです。異なる世界線同士では、登場する人物や場所が同じでも起こる出来事や、物事の流れが異なる可能性があります。

普通はこのパラレルワールドを認知することは出来ませんが、何らかの理由で世界が混線し、一瞬だけパラレルワールドを認識できることがあります。この時にパラレルワールドの自分の意識を受信し、既視感を覚えることがあると言われています。

自分の前世を知る方法

①明晰夢から判断する

ブランコする女性

前世を知る方法に、明晰夢から判断する方法があります。明晰夢とは、自分で夢であると認識しながら見ることができる夢のことで、前世の記憶との関連性が高いと言われています。

明晰夢の中でも身体的な感覚を伴う夢は、前世の記憶のヒントである可能性が高いです。その感覚をリアルに感じれるということは、つまり、前世で体験した感覚が残っていることになります。

②夢日記をつける

メモをとる人

夢日記をつけることも、自分の前世を知るには有効な手段です。夢日記とは、朝起きてすぐにその日見た夢の内容を日記に残す習慣のことです。

人はあまり夢の内容を覚えていることができませんが、夢日記を続けることによりその内容をしっかりと記録に残すことができます。後から見返したときに、なにか自分のデジャブに繋がる内容が残っているかもしれません。

また、夢日記を付け続けることにより、前述の明晰夢も見やすくなると言われています。自分の夢に前世の手がかりを探す場合には、夢日記は有効な手段となるでしょう。

③デジャブから想起する

高度な考え

ここまで見てきた通り、デジャブと前世の記憶の関連性はとても高いです。デジャブを感じたらその感覚を頼りに、前世に思いを馳せてみることも大事な手法の一つとなるでしょう。

デジャブの感覚は、意識しなければすぐに薄れていってしまいます。デジャブを感じたら、「どんな感情が湧いてくるのか」「どんなシーンで体験した覚えがあるのか」といったことを集中して考えると、前世の自分の姿がイメージできてくるかも知れません。

④占い師に相談してみる

タロットカード

もっとも確実な方法は、スピリチュアルの専門家である占い師に相談することです。自分で前世の記憶を取り戻すことは非常に難しいですが、占い師であればオーラ診断などで、あなたの前世をしっかりと読み取ってくれることでしょう。

また前世の記憶を呼び戻し、それに浸ることで意識の中にある不安や問題を解消する「前世療法」を施してくれる占い師もいます。前世の自分の一生を思い出し、それと向き合うことで、自分の心の傷やトラウマを和らげることができるのです。

電話占いとは

電話占いは、電話を通じて占い師に相談できるサービスです。対面式の占いと違い、場所も時間も自分で決めることができるため、自宅から気軽に利用することができます。

「電話占いヴェルニ」は業界最大手で、電話占いが初めての方にもおすすめです。登録無料で最大5,000円分のポイントがもらえるので、ぜひ試してみてください。

電話占いで前世の相談をしてみる【登録無料】

デジャブから前世の記憶と向き合ってみよう

デジャブは前世の記憶と関連性が高く、それに向き合うことにより、前世の自分がどんな体験をしたかのヒントを得ることができます。デジャブそのものを怖いと思う人もいますが、自分の前世に向き合うことは、とてもポジティブで自分の成長を促すことにつながります。

頻繁にデジャブを見るという方は、自分の前世と向き合ういい機会なので、ぜひちょっと立ち止まって前世の自分に思いを馳せてみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。