Large thumb shutterstock 728184628

2020|ベージュのワイドパンツ秋コーデ16選!定番アイテムおしゃれに着まわし♪

更新:2020.06.08

ベージュのワイドパンツはレディースファッションの定番アイテムです。しかし、秋にどうやって着こなしたら良いか迷っていませんか?この記事では合わせるアイテム別にベージュのワイドパンツの秋コーデをご紹介します。ベージュのワイドパンツを使って秋コーデを満喫しましょう。



秋にベージュのワイドパンツを着こなすポイントは?

①リラックス感を演出

窓辺でリラックス

ワイドパンツの魅力はゆったりとしたサイズ感です。体のラインを拾わないワイドなシルエットを生かして、リラックス感のある着こなしをしましょう。リラックス感を出すポイントは、コーデに「抜け」を作ることです。例えばトップスをオーバーサイズにすれば、ほっこりとした柔らかさのあるカジュアルコーデになります。

きれいめに着こなしたいときは、ワイドパンツのシルエットを生かしましょう。トップスをインしたりベルトをしたりして、メリハリをつけると大人っぽくなります。リラックス感を意識しながら、色々な雰囲気のコーデに挑戦してみてください。

②ワントーンを意識

ホワイトコーデ

2020年はワントーンコーデというものがトレンドになっています。その名の通り、全体を1色でまとめたコーデのことです。特にベージュのワントーンコーデは、肌の色になじみやすくて取り入れやすいことから大勢の人が取り入れています。ベージュはアイテムが豊富なのでぜひ挑戦してみてください。

ワントーンでなくてもベージュのワイドパンツコーデは楽しめます。様々な色と相性が良いのもベージュの魅力です。しかし万能だからこそ、組み合わせに迷ってしまいますよね。いつも同じような色を選んでしまう方もいるのではないでしょうか。こちらの記事ではベージュに合う色が紹介されています。参考にしてみてください。

【カットソー編】ベージュのワイドパンツ秋コーデ3選

①ベージュワイドパンツ×半袖Tシャツ

暑さの残る秋口は半袖のTシャツが重宝します。春夏のアイテムであるTシャツは、色を工夫して秋まで着回しましょう。秋は濃い色を使うのがポイントです。落ち着いたブラウンのTシャツと薄いベージュのワイドパンツ、そしてフラットサンダルでカジュアルに仕上げます。ウエストに黒のベルトを巻くとメリハリが出ます。

②ベージュワイドパンツ×ボーダーTシャツ


ワイドシルエットのサロペットは1枚でコーデが決まる便利なアイテムです。秋のカジュアルコーデには、ベージュのワイドサロペットがおすすめです。インナーはボーダーTシャツを着て、とことんカジュアルさを出しましょう。

サロペットを使ったコーデでは、手首や足首など体の細い部分を見せるとスタイルアップ効果が期待できます。足首を出す場合は靴下を鮮やかな色にするとおしゃれ度がアップします。また髪を上げて首を見えるようにすることで、顔周りがすっきりして小顔効果にもつながるので、ヘアアレンジをするとさらに良いでしょう。

③ベージュワイドパンツ×スウェット

カジュアルコーデの定番で、秋に着たいのがスウェットです。リラックス感のあるシルエットがこなれ感を出すので、ワイドパンツのコーデにおすすめです。またネイビーとベージュの組み合わせはかっちりとした印象を与えます。トップスをインするときちんと感がアップします。ニット帽で季節感を上乗せしましょう。

【シャツ編】ベージュのワイドパンツ秋コーデ3選

①ベージュワイドパンツ×半袖シャツ

きれいめにもカジュアルにもなるシャツは、1年中重宝します。もちろんワイドパンツとの相性も良く、裾をインして着るのがおすすめです。ビッグシルエットの半袖シャツはたっぷりとした生地感が魅力ですが、夏には少し暑そうに見えてしまいます。そのため秋口にこそ着たいアイテムといえるでしょう。

爽やかな白のシャツに、落ち着いたベージュのワイドパンツを合わせます。それぞれがゆったりしたサイズなのでリラックス感は十分です。コーデにメリハリをつけるために、ボタンはきちんと留めましょう。スカーフを追加するとおしゃれ度がアップします。

②ベージュワイドパンツ×白シャツ

白とベージュはきれいめな色合いでもあるので、フォーマルな着こなしもできます。素材やシルエットを工夫してコーディネートの雰囲気を変えましょう。てろんとした生地のベージュのワイドパンツはオフィスシーンでも使えます。下に向かって広がるのではなく、膝下からややすぼまるようなシルエットも特徴です。


③ベージュワイドパンツ×ブラウンシャツ

シャツをアウターとして使う方法もあります。シャツを羽織るとカジュアルなコーデになります。特にコーデュロイシャツは前を開けて着た方が野暮ったくならず、防寒面でも優秀なので秋におすすめです。ブラウンとベージュでまとめると、カジュアルでありながらシックな大人の雰囲気を演出できます。

【ブラウス編】ベージュのワイドパンツ秋コーデ3選

①ベージュワイドパンツ×レンガ色ブラウス

ボトムスとスニーカー、そして帽子を淡いベージュで統一し、レンガ色のブラウスと組み合わせたコーデです。シンプルですが温かみのあるレンガ色やニット帽で秋の雰囲気が演出できます。襟のないブラウスは顔周りをすっきりと見せてくれて、襟つきのシャツほど固い印象を与えないので近年人気のアイテムです。

②ベージュワイドパンツ×Vネックブラウス

スカートのようなたっぷりとしたワイドパンツにとろみのあるブラウスを合わせれば、オフィスでも着られるきれいめコーデの完成です。Vネックでデコルテを見せるのがきれいめな着こなしのポイントです。

黄色がかった濃いベージュだと、白いブラウスとのコントラストがはっきりとしてきちんと感がでます。気温が下がってきたらカーディガンやジャケットを羽織るのがおすすめです。シューズはパンプスで大人の女性を演出しましょう。

③ベージュワイドパンツ×チェックブラウス

カジュアルコーデに人気なのがチェックシャツです。綿素材のベージュのワイドパンツと組み合わせると、アウトドアにも着ていけるアクティブな服装になります。行楽の秋には重宝しそうですね。


チェックブラウスを使ったカジュアルコーデを大人っぽく見せるポイントは2つです。1つ目に、ブラウスはVネックの物を選んでデコルテラインを見せましょう。2つ目はチェック柄をワイドパンツと同系色にすることです。ロングカーディガンなどをプラスすると、きれいめにもなるのでおすすめです。

【ニット編】ベージュのワイドパンツ秋コーデ4選

①ベージュワイドパンツ×ベージュニット

秋が深まって気温が下がってくると、ニットが活躍します。温かみのあるニットと優しいベージュのワイドパンツは、秋にぴったりの組み合わせです。上下を淡いベージュで統一しつつ、ニットのノルディック柄をワンポイントにします。黒のベルトやスニーカーで、コーデを引き締めましょう。

②ベージュワイドパンツ×黄色ニット

からし色のような濃い黄色は、紅葉をイメージさせる秋の定番カラーです。レディライクなきれいめコーデにするには、歩くたびひらひらとなびくスカートのようなワイドパンツをチョイスしましょう。ヒールのあるパンプスで、さらに女性らしさがアップします。

寒暖差の激しい秋はストールやコートも欠かせません。靴に合わせた色を選ぶと統一感が出ておしゃれです。また大判のストールやロングコートなど、大き目なシルエットのアイテムを取り入れると大人っぽく着こなせます。

③ベージュワイドパンツ×ニットカーディガン

ニットカーディガンを加えれば、春夏コーデも秋まで着まわすことができます。カーディガンや靴を白で統一すると、ベージュのワイドパンツがコーデの主役になります。ワイドパンツは、最近人気のリブ素材が秋らしさも出ておすすめです。色合いは爽やかに、素材で季節感を出しましょう。

④ベージュワイドパンツ×ロングカーディガン

ロングカーディガンは、大人のきれいめファッション欠かせないアイテムです。薄手のコートのように取り入れることもできます。淡いベージュのワイドパンツと白いTシャツに組み合わせるだけで、一気に秋らしいコーデになります。カーディガンとワイドパンツそれぞれにスリットが入っているのがポイントです。

【アウター編】ベージュのワイドパンツ秋コーデ3選

①ベージュワイドパンツ×ロングシャツ

ロングシャツをアウターとして羽織ると大人っぽい雰囲気が出せます。まだコートのいらない秋口に試してみてください。シャツの重ね着と丈の短めなワイドパンツで、目線を上げるのがポイントです。インナーのシャツとワイドパンツは色合いも素材も軽やかなので、ロングシャツを落ち着いた色にするとコーデが引き締まります。

②ベージュワイドパンツ×ジャケット

ベージュと黒は定番の組み合わせです。やや細めなシルエットのワイドパンツは、ジャケットとブーツを合わせて大人っぽくきれいめに着こなしましょう。パンツは淡い色、ジャケットやブーツは濃い色にするのがコーデを引き締めるポイントです。寒くなってきたらストールやコートを追加してもおしゃれです。

③ベージュワイドパンツ×ノーカラーコート

フォーマルなシーンではセットアップが活躍します。赤みのあるベージュのセットアップは、大人の秋コーデにぜひ取り入れたいアイテムです。ジャケットの中には淡い色のカットソーやシャツを着て、きれいめに着こなしましょう。コートと同系色にするのがおしゃれ度を上げるポイントです。

アウターはノーカラーコートがおすすめです。淡いベージュピンクはトレンド感があり、女性らしい雰囲気になります。膝丈よりも長めのコートだとワイドパンツを大人っぽく着こなせます。コートではなくロングカーディガンをチョイスすると、ややカジュアルに着崩せるので、シーンによってアウターを選びましょう。

ベージュのワイドパンツは秋コーデでも大活躍!

ベージュを使った秋コーデ

ベージュのワイドパンツはどんなアイテムにも合わせやすいので、様々な着こなしができます。カジュアルにもきれいめにもできるので、色々な組み合わせを試してみてください。柔らかな色合いとゆったりしたサイズ感を生かして、秋コーデを楽しみましょう。

ベージュのほかにも様々な色や種類のワイドパンツがありますよね。秋冬コーデに使えるワイドパンツもたくさんあります。こちらの記事では様々なワイドパンツと、着こなし方が紹介されています。秋冬のコーデ例もあるので参考にしてみてください。着こなしのポイントをおさえると、一気にこなれたコーデになりますよ。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。