Middle noimage

INDEX

ウサギの夢は女性の幸福の象徴

疑問を浮かべる女性

【基本解釈1】妊娠・出産がうまくいく

まず、古来から、ウサギは一度にたくさん子供を産むため、出産・多産の象徴とされてきました。そのことは夢占いの解釈にも反映されており、ウサギが夢に出てくると子宝に恵まれると考えて良いです。

お子さんを待ち望んでいる方なら妊娠が予期され、すでに妊娠されている方なら出産が成功します。まさに女性の吉夢そのものと言っていいでしょう。安産も期待できるので、体に負担のかからない出産になりそうです。

 

【基本解釈2】ひらめきに恵まれ、ラッキーが飛んでくる

ウサギは夢の世界の案内人とも言われています。まるで「不思議の国のアリス」のようですね。そんな案内人がもたらすものは、ひらめきと幸運です。

困ったことがある時にこの夢を見ると、ウサギが素早く跳び跳ねるようにピンとくるひらめきが、あなたを助けます。また、思いもかけないラッキーな出来事が舞い込んで、たちまち問題は解決するでしょう。

しかし、このひらめきも幸運も、ウサギと同じく足が速いのが特徴です。モタモタしているとあっという間に頭の中から逃げてしまい、せっかくのチャンスを逃す羽目になります。短期決戦で勝負を決めましょう。

【基本解釈3】優しさや愛情の象徴

ウサギの敵意のなさや愛らしさが意味しているのは、優しさや愛情です。そして、それはあなたの優しさである場合と、パートナーの優しさである場合、この両方が考えられます。特に、脅威におびえる心配のない飼いウサギや、幸せの中にいるつがいのウサギが出てきたら、この意味が強まると考えていいでしょう。

ウサギの吉夢としての意味はまだまだあり、目標の成就や達成感など、幸せを運んでくるものばかりです。こうなってくると、是非一度はウサギの夢を見てみたいですよね。しかし用心しないといけないのが、夢の詳しい内容です。

基本的にいい意味の多いウサギの夢ですが、いくつか凶夢になってしまうものもあります。ここでしっかり、ウサギの夢が暗示するものを理解しておきましょう。

ウサギとの行動からみる夢占い

パソコンを見るカップル

ウサギを追いかける夢

足の速いウサギと追いかけっこをしている夢は、新たな愛情を獲得する暗示です。今パートナーがいなくて寂しい気持ちの方がこの夢を見たら、近い将来いい出会いがあると考えて構いません。

また、愛情に満ち足りている方でも、幸運や成功を掴むことができる意味合いがあるため、吉夢であることに変わりはありません。ウサギに追いつくことができたならこの意味は確実になりますので、夢でウサギを追いかけることになったら力の限り走りましょう。

もしウサギに完全に逃げられ、捕まえることができなかったら、残念ながらその幸せを掴むチャンスはまだ先、ということになります。

ウサギを見ている夢

ウサギが好きな人はペットショップのショーウィンドウの前などでついつい立ち止まりがちですが、ウサギはとても怖がりな動物です。人間という自分より大きな生き物にじっと見られると、怖くてストレスを感じてしまいます。

そんなウサギをじっと見つめている夢は、あなたが不安や恐れを感じている証です。怖がっているウサギの正体はあなたなのです。あまりいい意味の夢ではないので、ウサギを見る夢を見たなら、心を落ち着かせる工夫を心がけ、ストレスを取り除きましょう。不安材料が分かっているなら、早めに片付けるのが吉です。

ウサギに話しかける夢

夢の中でウサギと会話ができたら、とってもメルヘンチックで心温まりますよね。しかし、現実のウサギは返事を返してくれることはありません。そんなウサギに話しかける夢は、コミュニケーションが一方通行で、なかなか相手の気持ちが伝わってこないことを表します。

特に、ウサギが現実世界のように黙して語らない場合は、その傾向が顕著です。もしもウサギが夢の中の住人として、あなたに返事を返してくれたなら少し希望が見えます。ウサギはあなたに幸せを運ぶ使者ですので、くれぐれも機嫌を損ねないように、優しく会話したいものです。

ウサギと触れ合う夢占い

見つめあうカップル

ウサギを抱っこしている夢

ウサギはふかふかしていて、抱っこするととても気持ちが良いですよね。そして、夢の中のウサギは幸せの象徴であることを忘れてはいけません。そう、そんな幸せそのものを抱っこしているということは、すでに幸運はあなたの手の中にあると言っても過言ではない……

そう、この夢は告げているのです。特に最初に述べた、妊娠関係の幸運が舞い込んでくる可能性が高いです。素敵な赤ちゃんに恵まれるメッセージかもしれませんよ。また、自身の魅力が高まっていることを表す場合もあるので、気になる異性にアプローチするチャンスです。

ウサギと遊ぶ夢

ウサギは幸せを運んでくる夢の案内人と先ほど説明しました。そんなウサギと一緒に遊ぶ夢は、素直に吉夢ととらえて大丈夫です。幸運が舞い込んでくる予兆でしょう。

遊び相手がつがいのウサギであれば、恋人とずっとうまくやっていける暗示です。また、やはり子宝に関する暗示も強く、妊娠中の方がこの夢を見ると、安産が期待できます。

ただし、か弱い存在であるウサギとふれあうあまり、勢い余って怪我をさせてしまわないように注意が必要です。せっかくの幸運が台無しになってしまいます。

ウサギを飼っている夢

この記事を読んでいる方の中には、実際にウサギを飼っている人もいるかもしれません。世話は大変ですが、やはり可愛いですよね。そんな愛らしいウサギを飼う夢はもちろん吉夢です。いい出会いや交友関係の広がりを示します。

飼っているウサギの数が多いほど、吉夢としての価値は高くなります。ただ、ケージの中のウサギをじっと見つめているような夢なら問題です。

先ほど説明した「ウサギを見る夢」とダブってしまい、いい予感が不安と入れ替わってしまう危険性があります。現実でも夢でも、ウサギをおびえさせないよう適度な放置が必要なようですね。

ウサギの色でも暗示が変わる!?

パソコンで会議している男女

白いウサギの夢

ウサギの夢を見たら、その色にまで注目する必要があります。ここで大きく、吉夢になるか凶夢になるか変わってしまうからです。さて、最初に紹介する白ウサギの夢は吉夢です。

白いウサギはすべてのウサギの夢の中でも幸運度がトップで、さらに心の安らぎを表します。理想の異性との巡り合いも期待できる、最高にハッピーな夢です。ただし、捕まえるなら手早く行いましょう。ウサギが暗示するものはすべて、逃げ足が速いのです。

茶色・グレーのウサギの夢

いウサギやグレーのウサギの夢は、あなたが優しい性格のおかげで周囲から可愛がられている証拠です。吉夢というより、現状の反映ですね。

周囲から好印象を受けているということは、あなたの言動に人を傷つける面がないということです。このまま進んでいって大丈夫なので、これからも周囲に優しく接していってくださいね。

黒・まだらのウサギの夢

黒いウサギやまだら模様のウサギは、不運の訪れを意味する凶夢の登場人物です。運気の低下や、チャンスを逃してしまうことにつながります。

対策としては、あえて追いかけない、捕まえないということが考えられます。不運を招く存在を、わざわざ必死で追いかける必要はありませんよね。夢の中でそのことに気づいたら、足を止めてそのままウサギを見送りましょう。不運は逃げていくはずです。

ウサギの怖い夢、不思議な夢

パソコンを見てショックを受けている女性

ウサギの死骸を見た夢

ウサギの死骸を見てしまう夢は、ショッキングなだけでなく凶夢です。めったにないチャンスを逃し、財産を失う危険性を警告しています。

ウサギが「死ぬ瞬間」を見た夢ならまだ救いがあり、輪廻転生の世界観とのつながりから、再生や生まれ変わりを表します。しかし、このタイミングばかりは夢の中であれどうしても調整が効きません。

ウサギの死骸を夢の中で見てしまったら、目を凝らし、訪れる好機と意外な落とし穴の見分けをつけましょう。そうすることで、不運から逃れることができます。

たくさんのウサギが天へ昇る夢

天へ昇る、と言われると死をイメージして凶夢の予感を感じる方もいるかもしれませんが、実は非常にパワーの強い吉夢です。主に仕事運が向上し、プロジェクトの成功や今まで努力してきたことが認められる予感を期待できます。

空想におけるウサギは月に住む生き物ですので、いるべき場所へ帰っていくという意味で、吉夢になるのですね。              

自分がウサギになる夢

あなた自身がウサギになっている夢は、あなたが幸運に向けて強い努力をしている証です。そして、その努力は報われます。夢に見るほど強い意志を持って努力をしているほどですからね。

この時のウサギの色にまで注目できればなお良いでしょう。白や茶色、グレーのウサギになって登場できれば、幸運度は問題なく高いです。

黒ウサギと死骸の夢に気をつけて!

パソコンを見てショックを受けている女性

ウサギの夢はそのほとんどが吉夢であるということが分かっていただけたでしょうか。幸運の象徴を逃さず捕まえるために、夢の中では絶対にウサギを追いかけるようにしてください。

ただふたつ、黒いウサギとウサギの死骸の夢を見た時だけ警戒していれば大丈夫です。夢の暗示は決定事項ではなくあなたへのメッセージなので、ビクビク恐れるのではなく強い心を持って立ち向かっていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。