Large thumb shutterstock 132049748

同棲・半同棲を解消した原因と彼氏に伝えた理由5選|その後結婚した例も

更新:2020.07.19

好きな人と同棲や半同棲したいとやってみたものの、こんなはずじゃなかったと解消し別れるカップルもたくさんいます。そこから復縁して結婚できたカップル例や、同棲・半同棲を解消した原因5選と彼氏に解消を伝えた理由5選を調べてみました。

同棲・半同棲を解消した原因5選

同棲・半同棲を解消した原因1「お金」

お金

やはり1番はお金の問題です。同棲・半同棲で生活するにはたくさんのお金がかかります。同棲をはじめる前に話し合って取り決めしておかないと、同棲した後だとなかなか言い出しにくい問題です。大事なのは同棲をはじめる前に、ということです。お金の管理に成功したやり方を紹介していますので参考にしてみて下さい。

またお金は生活費以外にも問題が出てきます。金銭感覚の違いも同棲・半同棲を解消した原因にあげられます。同棲でなくても別れる原因になりそうですが、一緒に生活すると、付き合っている時は分からなかった浪費癖を知ってしまったりします。カード派なのか現金派なのかでも一緒に生活してみると意外とストレスになります。

同棲・半同棲を解消した原因2「家事の分担」

家事

どちらかに家事の負担がいってしまうと、不満が溜まり同棲解消の原因になります。お互いに働きながら生活している場合、どちらかやれる方がやれば理想ですが、なかなかそう上手くはいきません。最初に大まかな分担を決めてしまうという方法もありますが、お互いに押し付けにならにようにすることが大切です。

家事でも得意、不得意はあります。洗濯は得意だけど掃除は苦手…など具体的に最初に話しあってみて下さい。相手が自分の不得意な家事をしてくれたら感謝しましょう。きっと次は自分がやってあげようと、思いやりの気持ちも自然と出てくるでしょう。これは結婚生活でも一緒だという記事がありますのでぜひ、ご覧下さい。

同棲・半同棲を解消した原因3「生活習慣の相違」

時計

毎日一緒にいるので、まず生活のリズムが違いすぎるとすれ違いになっていきます。最初は楽しかったのに会話も少なくなって、ただの同居人化していきます。とはいえ、仕事上時間のすれ違いはできてしまうものなので、休日を合わせたりするなど二人の間で努力は必須かもしれないです。

また、毎日の生活になると、寝る時間1つとっても、男性は夜更かし派・女性は美容のために早く寝たいなどの違いが出てきます。その1つ1つを相手のイヤな部分と思わないことです。自分のルールは相手の普通ではないので、なるべく尊重していかないと交わるどころか、どんどんストレスになっていってしまいます。

同棲・半同棲を解消した原因4「食事」

食事

育った環境が違うので味付けなどの好みが違うのは、当たり前のことです。分かっていても問題になるのが食事なんです。文句を言ってしまったり、自分の母親と比べたりしてしまう人が意外と多いです。不満や改善は伝え方次第です。作ってくれたことをまず感謝してから、伝えてみましょう。

食事は毎日のことになるので、意外とストレスになり食事の時間が苦痛になります。食事の好みが合わない、お酒を飲む飲まない、朝は食べる食べないなどの、そもそも論になりがちなので、相手に必要以上に合わせすぎると長続きはしません。

同棲・半同棲を解消した原因5「結婚観の違いから別れる」

結婚

最後はやはり結婚ですね。二人の結婚観が違うとすれ違っていきます。同棲してみて結婚してみたいと思えることは素敵なことなのに、そもそもどちらか一方だけが結婚したいとか、彼氏に結婚願望がないなどがあると気持ちが離れていきます。できればこれも長引かないように同棲前に話し合っておくべき点です。

結婚適齢期と呼ばれる二人の場合、特に女性は晩婚化とはいえ、出産などを考えたらあまり「長すぎた春」にはしたくないものです。一方男性は仕事が軌道にのったら…などを考えて踏み切れないといった人も多いでしょう。同棲・半同棲中も重くならずに気軽に話せるようにしておきたいですね。

同棲・半同棲を解消する時に彼氏に伝えた理由5選

同棲・半同棲を解消するときに彼氏に伝えた理由1「家庭の都合」

家族

これは相手を傷つけないための理由の1つです。身内が病気になった、身内の介護が必要になったなどの家庭の都合を理由にすれば、相手から反対されたり、もめたりせずに別れることができるためです。1番当たり障りがないですが、そもそも彼氏と別れたい場合はこの理由だけでは難しいですね。

あるいは、両親に同棲がバレて怒られたなども、家族の都合です。結婚前の二人なので許してくれないご両親もいらっしゃるでしょう。別れる理由にはならずに、もしかしたら、これがきっかけで結婚に話が進んだなんてことになる可能性もあります。

同棲・半同棲を解消するときに彼氏に伝えた理由2「仕事の都合」

仕事

こちらも相手を傷つけないための理由です。就職や転勤などの理由も、相手は同意せざるを得ません。ただしこちらは、本当にその状況なのかが問題です。現実ならば良いのですが、嘘では後でバレたりする可能性もあるので慎重に進めなければなりません。

お互いに仕事が忙しくて時間のすれ違いや、忙しくて家事がままならずに不満が爆発なんて二人には、今はお互いに仕事に集中したいからという理由も1つの案です。生活するには仕事はマストなので、有効な理由になるでしょう。

同棲・半同棲を解消するときに彼氏に伝えた理由3「お互いのため」

未来

同棲・半同棲中は相手のイヤな所ばかり目につきがちです。でも相手だって不満はあるんです。同棲中はどうしてもお互い甘えてしまう部分があります。なので相手ばかり非難せずに、自分の悪いところも織り交ぜながら伝えられれば、お互いにイヤな部分を見つめ直せる理由になるでしょう。

自分は家事が苦手で仕事と両立は難しくてストレスになってあなたに当たってしまう、こう伝えることができれば、きっと相手も自分の悪かった点を素直に見つけて改善しようと思えるでしょう。もし、相手がこの時に自分ではなく相手を非難ばかりするのなら同棲は解消して正解といえる相手です。

同棲・半同棲を解消するときに彼氏に伝えた理由4「二人の将来のため」

結婚

結婚観の違いからすれ違いが生じ、これが同棲解消をする理由にも挙げられます。もしこの理由で息詰まっているのなら、一度解消するのも良い手です。離れてやはりこの人だと思えて復縁したいのか、別れることですっきりしたと思うのか、お互いの気持ちを確かめることができます。

結婚に関しては、もし自分がこの人としたいと思うなら、タイミングも大切なので決して相手を責めずに解消してみてください。同棲を解消しても別れないでお付き合いは続けられます。もしかしたらこれがきっかけで解消を告げた時に、彼からプロポーズされることだってあり得ます。相手を責めたら別れる可能性大です。

同棲・半同棲を解消するときに彼氏に伝えた理由5「いつか同棲をしたい」

同棲

とても優しくて、でもとても難しい理由です。今は二人にとって同棲する時期ではなかったし、もっと互いに成長したらいつかまた同棲しましょう、なんてドラマみたいな話ですが、誰も傷つかずに済みますね。「いつか」というところがポイントです。

その反面、ズルい理由でもあります。美談になりがちですが、良いんです。約束はいつか、なんだからいつになるかは分かりません。その間にもっと素敵な人が現れたら、彼氏から心変わりしても良いと思います。一度しかない人生ですから、突き進んでみるべきです。

同棲解消後に結婚したカップルの復縁理由2選

お互いの大切さや良いところを再認識できた

仲良し

1つ目はやはり、別れることで相手の大切さに気付けたことです。同棲・半同棲中のイヤな部分ではなく、相手の良い部分に目を向けられたことが重要です。誰にでもダメな部分はあります。その代わりに良い部分もたくさんあるから好きになって同棲したんですから。もう二度と失いたくないと思えるはずです。

相手の否定ではなく自分を見つめ直すことができた

考える

2つ目は、自分を見つめ直すことができたことです。お金でも生活習慣でも家事でも、互いの価値観の違いから生まれます。「自分の普通」を相手に押し付けずに、直そうと思って、「相手の普通」とのすり合わせをしようとする気持ちが大切です。これができれば同じ間違いはせずに結婚生活はおくれます。

復縁して別れないで結婚した例

指輪

彼が家事をやらない事がストレスになった彼女と、同棲したら仕事をセーブして家の事をして欲しいという理由で協力的でなかった彼。このすれ違いを理由に同棲解消しました。二人とも失くした喪失感から、お互いのすれ違った理由を反省し、彼が結婚したいと言ってくれ、彼女の仕事を理解し、家事の分担を提案してくれました。

彼氏の金銭感覚に不満だらけで同棲を解消しましたが、ある時、友人から連絡がきて、彼の近況を聞いてみると、見違えるような生活ぶりでした。それ以外はとても大好きな彼氏で、もう一度連絡をして復縁、結婚しました。彼がこのままではいけないと頑張ってくれているので、自分も彼を支えたいと思えたそうです。

同棲解消から復縁できるまで

結婚

好きな人と一緒にいたくて、はじまった同棲。同棲解消になってしまう理由は、やはり同棲する前に決めておけば良かった部分が多いです。あとはお互いを思いやることです。これに尽きると感じました。復縁して結婚できる二人は離れた時に、相手の立場に立つことができて、相手を思いやれた二人なんですね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。