Large thumb shutterstock 395227735

彼氏と両思いなのに好きすぎて辛い原因4つ|イライラ/苦しい/涙が出る

更新:2020.07.19

彼氏と両思いなのに好きすぎて辛い・イライラするなんて悲しいことですよね。両思いなのに片思いのようになってしまう原因と対処法がわかれば、苦しみから解放されるかも知れません。いくつかご紹介していきますので、自分に合った方法を見つけて笑顔を取り戻すきっかけにしてみてくださいね。

彼氏が好きすぎて苦しい!両思いなのに辛い・イライラする原因4つ

両思いなのに辛い原因①求めすぎて彼氏にイライラする

両思いなのに辛い原因1つ目は、求めすぎて彼氏にイライラすることです。彼氏が思ったような言動をしてくれなかったりすることで、愛情を感じられずにイライラしてしまうパターンですね。自分だけの価値観で彼氏を決めつけ縛り付けてしまうと、お互いに窮屈な関係になってしまいます。

両思いなのに辛い原因②好きすぎて彼氏が最優先になっている

好きなのに辛い原因2つ目は、好きすぎて彼氏が最優先になっていることです。何を決めるにも彼氏の気持ちや予定を最優先にしていませんか?彼氏だけを1番にして、それ以外をおろそかにしているとどんどん自分を追い詰めてしまう恐れがあります。

両思いなのに辛い原因③自分の気持ちを素直に伝えられなくて苦しい

両思いなのに辛い原因3つ目は、自分の気持ちを素直に伝えられなくて苦しいことです。彼氏と向き合えば向き合うほど様々な自分の思いが生まれると思いますが、それをうまく伝えられずにいるとイライラしたり苦しい気持ちが溜まってしまいます。

両思いなのに辛い原因④自信がなくて不安になる

両思いなのに辛い原因4つ目は、自信がなくて不安になることです。自分に自信がない状態だと、他の人からするとなんてことない事柄でもすぐ不安になってしまいがちです。実際は不安になる要素なんてなにもないのに、思い込みで辛くなってしまったらすごくもったいないですよね。

そして好きすぎて辛くなってしまうのは、恋愛依存症の可能性もあります。以下の関連記事でチェックや克服方法を紹介していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

彼氏と両思いなのに片思いで辛い時の対処法5選

両思いなのに片思いで辛い時の対処法①趣味や自分磨きに没頭する

両思いなのに片思いで辛い時の対処法1つ目は、趣味や自分磨きに没頭することです。辛くなっている時は、彼のことで頭がいっぱいになっている状態です。自分を満たしてくれるものは恋愛だけではありません。今までやってみたかったことはありませんか?どんなに小さなことでもいいので、何か1つ実行に移してみましょう。

趣味や自分磨きに没頭していると気分が上がって満たされるので、小さなことでイライラすることはなくなります。そしていつの間にか、両思いなのに片思いなんて感じることはなくなりますよ。

両思いなのに片思いで辛い時の対処法②友達と遊ぶ

両思いなのに片思いで辛い時の対処法2つ目は、友達と遊ぶことです。友達と思い切り楽しいことをしたり、彼氏の愚痴を聞いてもらったりしましょう。友達じゃないとできないこと、話せないこともありますよね。それも辛い気持ちを救ってくれる、かけがえのない大切な時間です。

そうして楽しく遊んでいるうちにいつの間にか、辛かった気持ちが軽くなっていることに気付くはずです。笑顔でいること自体も気分を明るくする効果がありますので、遊びながらたくさん笑ってくださいね。

両思いなのに片思いで辛い時の対処法③イライラ・辛い気持ちを感じきる

両思いなのに片思いで辛い時の対処法3つ目は、イライラ・辛い気持ちを感じきることです。趣味や自分磨きに没頭したり、友達と遊んだりしてもやっぱり苦しさがなくならない!という場合は、その感情をじっくり味わう必要があるかも知れません。

その感情がどこからくるのか?どうなったら嬉しいのか?自分に優しく問いかけてみてください。思いつくまま紙に書いてみるのもいいでしょう。自分でも気づいていなかった思いをそのまま受け止めてあげることで、次第に心が落ち着いてきます。冷静になってから、彼氏に伝えられそうなことがあれば伝えてみることも大切です。

両思いなのに片思いで辛い時の対処法④とにかく信じる

両思いなのに片思いで辛い時の対処法4つ目は、とにかく信じることです。信じるというのは、自分に都合の良い状況を望むこととは違います。どんな状況であっても、自分にとって最善のことが起こっているんだと信頼することです。そうするとやみくもに嘆かず、今自分ができることが冷静に見えてきます。

また、自分に自信がないと彼の言動をひねくれてとらえがちです。「自分は愛されてないんじゃないか」という前提で見ていませんか?彼がどうあろうと、自分はこのままで大丈夫なんだ!と自分自身を信頼してみましょう。

両思いなのに片思いで辛い時の対処法⑤音楽・映画などで思いっきり泣く

両思いなのに片思いで辛い時の対処法5つ目は、音楽・映画などで思いっきり泣くことです。意図的に泣いてストレスを解消する「涙活」なんていう言葉があるように、悲しい思いに浸ったり思いっきり泣くことで気持ちがスッキリして前向きになれますよ。

この後「両思いなのに辛い&苦しい女子が聴くと涙が出る曲」をご紹介しますが、以下の関連記事でも涙活に関して詳しく知ることができますので合わせて参考にしてみてくださいね。

両思いなのに辛い&苦しい女子が聴くと涙が出る曲・歌4選

カップルなのに苦しい!①西野カナ「もっと…」

カップルなのに苦しい女子におすすめするのは、西野カナ「もっと…」です。両思いのはずなのに、彼氏がそっけなさすぎて愛情を感じられない!そんな女の子の寂しくて満たされないリアルな気持ちを代弁してくれています。この曲で自分のフラストレーションを吐き出してあげましょう。

彼氏が好きすぎて辛い!②大塚愛「クラゲ、流れ星」

彼氏が好きすぎて辛い女子におすすめするのは、大塚愛「クラゲ、流れ星」です。なかなか会えなくて彼氏の存在が遠く感じる…。なのに募っていく切ない乙女心を、しっとりと綺麗なピアノの音色&歌声が優しく包み込んでくれますよ。

涙が出る!③Tommyheavenly6「Canyouhearme?」

両思いなのに辛い時、涙が出る曲としておすすめなのはTommyheavenly6の「Canyouhearme?」です。理想として思い描く状況になかなか近づけなくて苦しい…そんな心の叫びが、切ないメロディに乗せられています。それでも精一杯頑張っている自分の気持ちに寄り添ってくれる曲です。

大好きな彼氏への本音!④YUI「Namidairo」

大好きな彼氏への本音が歌われていておすすめなのは、YUI「Namidairo」です。彼氏の前ではつい強がってしまうけれど、本当は大丈夫じゃないことに気付いて欲しい…そんな女性のいじらしい本音が伝わってきます。自分の本音に気づいたら、今度は素直に伝えられるよう勇気を出してみてもいいですね。

理想のカップルとは?恋愛を指南してくれる本・書籍は?

理想のカップルはお互い尊敬・信頼し合える関係

彼氏が好きすぎて辛い原因を見てみると、完全に依存してしまっている状態なのがよくわかりますね。そこから理想のカップルとは何か?を考えると、お互い尊敬・信頼し合える関係であることが大切なのではないでしょうか。

そうなるためには、これから具体的にどう対応していったらいいのか?そのヒントを与えてくれる本を、この後3冊ご紹介します。参考にしてみてくださいね。

おすすめ本①ANNA「大好きな人が振り向いてくれる本」

恋愛を指南してくれるおすすめ本1冊目は、ANNA「大好きな人が振り向いてくれる本」です。この本に書かれている魔法の言葉【私はあなたが好き。私は一人でいても楽しくて幸せ】その意味を学んで実践すれば、今までイライラ・モヤモヤしていた彼氏との関係を変化させることができるかも知れませんよ。

おすすめ本②広中裕介「既読スルーされた数だけ幸せになれる」

恋愛を指南してくれるおすすめ本2冊目は、広中裕介「既読スルーされた数だけ幸せになれる」です。タイトルがインパクトありますよね。この本は男性と女性で求める対応の違いがわかりやすく説明されています。

そして具体的に、男性目線の嬉しい言われ方を学ぶことができます。今まで良かれと思ってしていたことが、実は逆効果だったとしたら…?そんな可能性を知り、実践に活かしてみましょう。

おすすめ本③姫乃宮亜美「薔薇色のスピリチュアルレッスン」

恋愛を指南してくれるおすすめ本3冊目は、姫乃宮亜美「薔薇色のスピリチュアルレッスン」です。この本は幸せなオーラを取り戻すレッスンがたくさん紹介されていて、恋愛・仕事・人間関係全てにおいて疲れてしまっている人におすすめです。著者の優しいエネルギーが文体から伝わってくるので、読むだけでも癒されますよ。

そして以下の関連記事でも、不幸な恋愛・人生を変えるコツが色々紹介されています。少しでも早く、苦しい気持ちから抜け出せるようにきっかけを探してみてくださいね。

両思いなのに辛い気持ちを癒して幸せな恋愛をしよう

以上、彼氏と両思いなのに好きすぎて辛い原因や対処法などをご紹介しました。1つでも役立てていただけたら幸いです。辛い時はそのことで頭がいっぱいになってしまいますが、視野を広く持つようにするとまた違った世界が見えてくるかも知れません。いつでも自分の本心を大切に、笑顔で幸せな恋愛をしていきましょうね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。