INDEX

中距離恋愛の悩みは?遠距離恋愛の違いって?

遠距離とは違う!中距離恋愛特有の悩み1:疲れて会えない

中距離恋愛特有の悩みに疲れて会えないがあります。お互いに仕事をしているから平日は会うことができないので、会うのは休日になります。しかし、仕事の疲れなどがあり、せっかく約束していたのにキャンセルしたり、会う時間を遅らせてもらったりなどすることがあると思います。

遠距離恋愛であれば、キャンセルや時間の変更などはあり得ないことだと思います。中距離恋愛だからこそ、会えない距離ではないから今回はキャンセルしよう、時間を遅らせようとしてしまうのです。そして後悔したり、喧嘩になったり。遠距離ではない微妙な距離感である中距離恋愛だからこその、悩みではないでしょうか。

遠距離とは違う!中距離恋愛特有の悩み2:帰り道が寂しい

中距離恋愛特有の悩みに帰り道が寂しいがあります。遠距離であれば、新幹線や飛行機などでの移動になるので、ちょっとした旅行気分を味わえたりします。しかし、中距離恋愛は2時間くらいの移動距離なので、遠距離とは違い移動という感覚が強くなってしまい、寂しさを余計感じてしまうのではないでしょうか。

会いに行くまでは、これから会えると思って楽しみなのに、会ってからの帰り道はどうしても寂しくなってしまいます。中距離恋愛だからこそ、移動時間に色々と考えてしまい、寂しさが募ってしまうのではと思います。我慢も必要ですが、たまには帰り道が寂しいと自分の気持ちを伝えることが大切なのではないかと思います。

遠距離とは違う!中距離恋愛特有の悩み3:会えそうで会えない

中距離恋愛の悩みに会えそうで会えないがあります。遠距離は、明らかに会いに行けない距離ですが、中距離恋愛は会いに行こうとすれば会える距離です。今日はすごく会いたいなと思っても、中距離だと簡単に会いたいなんて口に出すことはできませんよね。会いに行ける距離なのに会えないもどかしさこそが中距離の悩みです。

次に会う時まで我慢と思っていても、もどかしい気持ちを我慢しているのはよくないですよ。会いたいと思った時には、とんぼ帰りになってしまってもよいですから、会いに行ってみましょう。短時間でも会えれば、会えそうで会えないというもどかしい気持ちは解消するでしょう。

遠距離とは違う!中距離恋愛特有の悩み4:負担が偏りがち

中距離恋愛の悩みに負担が偏りがちがあります。遠距離は、なかなか会えない距離で費用もかかることから、交代で会いに行ったり来たりします。中距離恋愛は、会いに行こうとすれば会える距離なので、優しい男性であれば毎回会いに行くよと言ってくれて、毎週会いに来てくれることもあるのではないでしょうか。

毎回会いに来てくれるのは嬉しいことですが、移動や費用の負担が偏りがちになってしまいます。移動の負担が偏れば疲れが溜まりますし、費用も、中距離とはいえ毎回となると負担になってしまいます。たまには、来てもらうだけでなく、今度は会いに行くねと言ってみたり、お互いの中間地点で会うのもよいでしょう。

遠距離とは違う!中距離恋愛特有の悩み5:会いたいを求めすぎる

中距離恋愛の悩みに会いたいを求めすぎるがあります。遠距離と違うのは、中距離恋愛は、頑張って行けば会える距離に相手がいることです。なので、ちょっと疲れていても、風邪を引いて少し具合が悪くても、無理をしてしまえば会えてしまう距離なのです。久しぶりに会う恋人に会いたいという気持ちはとてもよくわかります。

でも、具合が悪かったり、疲れが溜まっているときに無理して会っても、喧嘩になってしまったりすることがあります。無理して会うのではなく、キャンセルすることも必要です。会いたいという事ばかりを求めすぎてしまって、それが二人の関係を悪くしてしまうこともあるかもしれません。

中距離恋愛を続けるポイント5選

中距離恋愛を続けるポイント1【会う頻度】

中距離恋愛を続けるポイント1は会う頻度です。仕事帰りなど、会いたい時に簡単に会えないのが中距離恋愛です。頑張れば会いに行ける距離だけど、毎日会うのは無理な距離です。すぐに会える距離ではない分、会う頻度を決めておくとよいでしょう。無理して会っていても、疲れがたまってしまいます。

仕事などのスケジュールを調整して、お互いが良い状態で会える時を決めておくとよいでしょう。中距離だから、月に何回も会えるのではと考えてしまいがちですが、遠距離と同じ感じで、月1回の頻度がちょうどよいと感じているカップルが多いようです。距離は短いが遠距離恋愛と同じという認識に切り替えるとよいでしょう。

中距離恋愛を続けるポイント2【連絡頻度】

中距離恋愛を続けるポイント2は連絡頻度です。会えそうで会えない中距離恋愛では、どのくらいの連絡頻度がよいのでしょうか。LINEやメールなどで、頻繁に連絡をとるようにしましょう。金銭的な問題や、仕事の都合などで会う事が出来ない時もあると思います。大切なのは、相手を忘れる瞬間を作らないようにする事です。

LINEやメールをすることで、二人がカップルであるという事を忘れないです。また、連絡頻度を多くすることで、近くにいるという感覚になります。また、LINEやメールだけでなく、電話での連絡もとるとよいでしょう。直接声を聴くと、隣にいるような幸せな気持ちになれるでしょうし、気持ちを共有できるでしょう。

中距離恋愛を続けるポイント3【お泊りデートを楽しむ】

中距離恋愛を続けるポイント3はお泊りデートを楽しむです。中距離恋愛のカップルもゆっくりと過ごす時間を確保することは重要です。会おうと思えば会えますが、時間に追われるデートばかりしているのでは、楽しくありません。たまには、二人で時間をつくってお泊りデートを楽しんでみるとよいでしょう。

二人きりでゆっくりとお泊りデートを楽しむことで、普段なかなか会うことができなくて、寂しい気持ちを軽減することができるでしょう。また、ゆっくりと過ごすことで、二人の愛を再確認できるでしょう。一緒にいたい、一緒にいると落ち着くなど、普段のデートでは感じることができなかった気持ちを再確認してください。

中距離恋愛を続けるポイント4【喧嘩したまま別れない】

中距離恋愛を続けるポイント4は喧嘩したまま別れないです。遠距離恋愛と違って、中距離恋愛は会えるのに会えないというもどかしい気持ちなどから、お互いがわがままになってしまうことがあります。中距離だから会えるという気持ちと、もっと会いたいのに会えないという想いで、イライラして喧嘩してしまう事があります。



中距離恋愛だし、またすぐに会えるからと思って喧嘩したまま何日も過ごすのでは、お互いに気持ちがよいものではありません。もし、喧嘩をしてしまったとしても、帰るまでには仲直りをしておくようにしましょう。その方が、次に会う時まで不安な気持ちのまま過ごすこともないですから。

中距離恋愛を続けるポイント5【会うまでの移動中の楽しみをみつける】

中距離恋愛を続けるポイント5は移動中の楽しみ方を見つけるです。中距離恋愛は、2時間程度の距離ですが、この中途半端な移動時間の楽しみ方を見つけましょう。デートに行くまでの道中を楽しむことがポイントになります。行った先のお店情報を調べてみたりするのもよいでしょう。待ち合わせまでの楽しみになります。

また、移動中にゆっくりしたいという人は、移動中の電車内でお気に入りの音楽を聴いてリラックスしたり、長い小説を読んでみるのもよいかと思います。携帯ゲームなども、移動中にするのには楽しめるのではないかと思います。相手に会うまでの移動時の楽しみを見つけることも、中距離恋愛を長続きさせるコツです。

中距離恋愛中の倦怠期を乗り越える方法4選

倦怠期を乗り越える方法1【2人の体力や金銭の負担を同じにする】

倦怠期の乗り越え方法1として、中距離恋愛は、遠距離よりは距離はないものの、会いに行くには体力とお金がかかります。どちらか一方が毎回会いに来てたりすると、少しづつ疲れが溜まってきます。疲れだけでなく、移動にかかる費用も負担になってしまいますので、2人の体力や金銭負担を同じにするようにしましょう。

2人の距離の中間地点で会うようにすれば、移動時間も半分になりますし、金銭的にも半分にすることができます。そうすることで、お互いの負担を同じにできるのではないでしょうか。また、毎回会いに来てくれるのであれば食事代は負担したり、たまには行くねと伝えてみるのもよいでしょう。負担が偏らないようにしましょう。

倦怠期を乗り越える方法2【同棲で結婚のチャンスにつなげる】

倦怠期を乗り越える方法2として、中距離恋愛を少し続けてみて、お互いの気持ちに変化が現れたら、同棲の話をしてみたらどうでしょう。あまりしつこく言わないで、ちょこちょこ会った時に話しを出してみたらよいと思います。お互いの負担のことを考えると、やはり一緒に住んでしまうのがお互いのためにもよいと思います。

仕事をしていたりすると通勤時間に影響が出ると思いますが、2人の中間地点で同棲を始めるとよいでしょう。今までの、会えないことでのストレスや喧嘩などから解消されますし、何よりも毎日会えます。同棲をきっかにして、気持ちを結婚へと切り替えるチャンスにつなげることができると思います。

倦怠期を乗り越える方法3【無理しない程度の連絡を】

倦怠期を乗り越える方法3として、毎日LINEやメールでの連絡は、欠かせないと思いますが無理しない程度にしましょう。朝起きた時の挨拶メールはおすすめです。あっさりした内容のものの方が、負担にならないと思います。たまには、楽しませるような写真やユーモアのあるメッセージを送って、楽しむのもよいと思います。

あまり、長文であったり、頻繁に連絡したりすると、返信しなくてはと義務のような負担になってしまいます。倦怠期に入ると、返信がこないことで、相手のことを疑ってしまったり、疑心暗鬼になってしまいがちです。そうならない為にも、無理しない程度の連絡をとるようにしましょう。

倦怠期を乗り越える方法4【本当の自分を見せる】

倦怠期を乗り越える方法4として、中距離恋愛は、会う頻度が少ないですから、お互いの良い面しか見えない、見せないことになります。ですから、不安や不満を言わないままでストレスが溜まって、疑心暗鬼になってしまうことがあります。溜まった不安や不満が後になって大爆発する可能性もあります。

普段会った時に、ムカついたら怒ったり、嬉しければ喜ぶなど、きちんと態度で示すことが大切です。そうすることで、お互いに怒ったり喜んだりするポイントが分かりますし、ストレスも溜まらなくなるでしょう。本当の自分を見せることで、お互いに心の距離が近くなり倦怠期も乗り越えられるのではないでしょうか。

中距離恋愛で別れるカップルと結婚するカップルの違い

別れるカップルの特徴

中距離恋愛の別れてしまう理由として、会えなくて心が離れてしまったという意見が多いようです。そのため、他に好きな人ができたり、寂しさから浮気をしたりしてしまうのでしょう。しかし、全てのカップルが分かれているわけではありません。別れるカップルには何か特徴があるのではないでしょうか。

別れるカップルの特徴として、お互いへの信用がない、寂しさに耐えられない、連絡頻度が少ないなどがあります。倦怠期に気付かずに別れてしまうこともあうようです。やはり、距離があってもこまめに連絡をとることです。コミュニケーションが大切なのだと思います。

結婚するカップルの特徴

中距離恋愛で結婚にまで至ったカップルの特徴を見てみましょう。結婚したカップルの特徴として、最初からきちんと結婚を意識している、信頼関係が築けている、連絡頻度が多い、定期的に会っているなどの特徴があります。きちんと結婚を意識しているのは、中距離恋愛だけでなく、普通の恋愛でも同じでしょう。

結婚したいという強い気持ちがあれば、距離なんて関係なくゴールインできるのです。こまめな連絡や、定期的に会うことが大事だとわかっていても、大変なこともたくさんあると思います。その時は、2人でルールを決めたり、自分の気持ちをきちんと伝えることで、乗り越えられるでしょう。

中距離恋愛を楽しんで2人の愛を深めよう!

中距離恋愛は、会えそうで会えない遠距離よりも大変な恋愛かもしれません。でも、ルールを2人で決めたり、お互いに思いやりを持ち、ストレスが溜まらない方法を考えていくことが大切です。その為にも、最初に相手とよく話し合い、自分の気持ちをきちんと伝えることで、倦怠期も乗り越えることができると思います。

中距離恋愛を乗り越えたカップルは、深い絆で結ばれ、簡単に離れることのない2人になるでしょう。そして何よりも大切なポイントは、相手を信頼することです。中距離恋愛を楽しんで、2人の愛をより深いものにしていきましょう。その先に見えている結婚という2人の明るい未来に向かって。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。