INDEX

一泊二日旅行がおすすめ

リフレッシュできる

伸びをする人

毎日仕事をしていると、意識をしていなくても知らないうちにストレスって溜まりますよね。自分なりのストレス解消法は持っていますか?ストレスを解消するのにおすすめなのが、一泊二日で行く国内旅行です。

日常から抜け出して、キレイな景色を眺めたり美味しいご飯を食べることで、リフレッシュが出来ます。ストレスを溜めたまま生活すると、精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。休みの日にフラッと国内旅行へ行き、リフレッシュしちゃいましょう!

手軽に行ける

はしゃぐ女性

なぜ国内旅行がストレス解消に向いているかというと、海外と違い殆どの場所が1日で行けてしまうからです。面倒な手続きも少ないので、思い立った時に行くことが出来ます。

ちょっとそこまでフラッと散歩に行く様に、旅行をしてみてはいかがですか?今までと違う土地に行くことで、新たな発見があったり好きなことが見つかったりと、旅行はイイこと尽くしです。

休みがとりやすい

雰囲気のある女性

国内旅行であれば、一泊二日で行くのも簡単です。OLなどであれば土日休みなど決まっていることも多いですが、接客業などだとシフト制になりなかなかまとまった休みは取りにくいですよね。一泊二日にすることで休みの取得もしやすくなりますよ。

一泊二日であれば、大きな荷物を持って移動する必要もないです。最低限必要な物だけを準備して気軽に出かけてしまいましょう。旅行セットを常に用意しておくと、便利でおすすめですよ。

旅行の準備

天気予報の確認をしっかりと

きれいな景色

旅行へ行くにあたり、しなくてはいけないことはなんでしょうか。宿の確保や観光地のチェックも勿論大切ですが、最悪当日でもどうとでもなります。しかし、天気だけは事前に確認しておいた方が安心です。

なぜかというと、天気によって必要になる物が変わってきます。また、行く場所も変わってきますよね。最悪、行きたくなくなったら行かなくても良いのですが、カップルや女友達と行く場合にはそうも言ってられません。天気予報のチェックはしっかり行いましょう。

\ POINT /

天気予報は要チェック!

台風が来てるのに旅行へ行く!なんてことがあっては大変です。天気予報はしっかりチェックして計画を立てましょう。

一泊二日の持ち物

荷物

一泊二日の国内旅行へ行くにあたり、準備しなくてはいけない物はなんでしょうか。入れ忘れが旅行先で発覚するとテンションが下がってしまうので、出発前にしっかり確認してくださいね。筆者がいつも使う「持っていく物リスト」をご紹介します。参考にして頂ければと思います。

*一泊二日の国内旅行!持ち物リスト*
  • 着替え(服&下着)
  • 財布
  • 携帯&充電器
  • ハンカチ&ティッシュ
  • メイク道具
  • 常備薬(小分けケースに入れるとGOOD)
  • 軽量折り畳み傘(なくても可)
  • ビニール袋数枚(意外と役立つ)

一泊二日なので、そんなに多くを持ち歩く必要はないです。筆者の場合、たまに着替えの服を持たずに旅行へ行き、現地調達でどうにかすることもあります。最悪、財布と携帯さえあればどうとでもなります。

難しく考えず気軽に出かけてしまいましょう。荷物が多くなればなるほど、疲れやすくなるので不必要な物はない方が楽ですよ。ビニール袋数枚を畳んでカバンに忍ばせておくと色々なシーンで活躍するのでおすすめです。

一泊二日におすすめのカバン

可愛い女性

荷物の量によって選ぶカバンも変わりますが、一泊二日の国内旅行におすすめのカバンをご紹介いたします。一泊二日なのでさして荷物は多くないので、ボストンバッグやキャリーケースはかえって邪魔になってしまいます。

量が少ないとはいえ、着替えなども入っていると日頃持つカバンと比べると多少は重くなってしまいますよね。そこでおすすめなのが、「多機能リュックサック」です。

多機能リュックサックは、ポケットが多いので多い荷物でもキレイに収納することができます。またリュックサックは両手があくので、何かをしたい時にカバンが邪魔になりません。おすすめなのは、ママ用の多機能バックが一番おすすめです。沢山入って保冷部分もあるので、旅行で大活躍しますよ。

Amazonで商品の詳細を見る

国内旅行の楽しみ方

同じ場所へ何度も行く

可愛い女性

海外旅行と比べると気軽に行ける国内旅行は、今までにも沢山の土地へ行ったことがある人もいると思います。そんな人でも国内旅行を楽しむことが出来ますよ。

違う場所へ行くのも良いですが、同じ場所に何度も行くのも楽しいですよ。5回をすぎたあたりからお店の人に顔を覚えてもらえたり、旅行先に友達が出来たりします。筆者も30都道府県に行ったことがありますが、土地によっては10回以上行っている場所もあります。

季節を変えて行くと違った景色が見えたりします。祭りの時期やイベントに合わせていくのも面白いですよ。回数を重ねることで観光地として有名な場所だけでなく、地元民のみが知るような絶景を見れたり美味しいご飯屋さんを知れたりしますよ。「ここだ!」と思う土地があれば、是非何度も足を運んでみてくださいね。

行き方を変えてみる

素敵な女性

様々な土地に行くにしろ同じ土地に行くにしろ、行き方を変えてみるのも気分転換になります。新幹線で行くのか飛行機を使うのか、車でドライブがてら行くのかで見える景色は異なりますよ。

電車で行くという方法が同じでも、乗る線を変えてみたりルートを変えるのも楽しいです。電車ならば途中下車して楽しむのも有りですよね。飛行機であれば、大きな飛行場でなく小さな飛行場から飛び立つのも雰囲気が違って楽しめますよ。

カップルで行く?女友達と行く?

カップルで楽しもう

素敵なカップル

旅行へ行くにあたり、1人で行くのは少し心細いですよね。カップルで行く旅行は楽しみが沢山つまっています。一泊二日で行く国内旅行であれば、2人でデートがてら出かけることが出来るのでおすすめです。

カップルでの国内旅行をする時におすすめなのが、御朱印帳です。観光地の多くには寺社仏閣が多く、お参りする機会も多いですよね。御朱印は参拝をした証として頂くものです。御朱印帳を見ればどこの寺社に参拝したか一目でわかりますよ。

他には、物作りをするのもおすすめです。体験教室で絵付けを行ったり、土器を作成したりと形に残る思い出作りが出来るので是非挑戦してくださいね。

女友達と楽しもう

可愛い女性達

恋人と旅行へ行くのも良いですが、女友達と行く旅行もとても楽しいです。気心が知れた女友達と旅に行くことで、より仲を深めましょう。

女友達と行く一泊二日の国内旅行は、食べ歩きを中心に行うのがおすすめです。ご当地食材や話題のスポットへ行き、美味しいご飯を食べちゃいましょう。恋人と行くと食べる量を気にしてしまいますが、女友達とならお腹が許す限り食べても問題ないですよね。

学生時代の様に恋バナをしたり、大人としての老後の話をしたりと、女同士であれば話題は尽きません。温泉に入り互いに労うのもおすすめですよ。女友達と旅行へ行って、日常のストレスを解消しちゃいましょう。

たまには一人旅行も楽しんで

素敵な女性

誰かと行く旅行も良いですが、たまには1人旅行を楽しむのもおすすめです。気を使う必要もなければ、スケジュールをしっかり立てる必要もありません。全てをマイペースに楽しむことが出来ます。

写真を撮る時には少し寂しい気持ちになりますが、帰ってから周りにお土産話などをして寂しさを解消すればOKです。いつも誰かと居ると、必要以上にストレスを溜めることになります。たまには1人になって、のんびり過ごすのも大切ですよ。

一泊二日!おすすめ国内旅行23選【北海道】

1.北海道

旅行の楽しみ方が分かった所で、一泊二日の国内旅行で筆者おすすめの旅行地23選をご紹介いたします。まずはじめは北海道です。広く自然が豊かな北海道は、リフレッシュに最適な旅行地ですよ。

北海道はご存知の通り、とても広いです。一日で北海道の全てを周るのは正直難しいです。一泊二日の国内旅行では、新千歳空港から約一時間の札幌がおすすめです。足を少し伸ばせば小樽まで行くこともできますよ。

札幌にはあの有名な「白い恋人」の白い恋人パークがあります。全体的には都会な雰囲気を持つ札幌ですが、大通り公園などでは自然を満喫できますよ。小樽まで行くならば、小樽運河は外せません。特に夜の小樽運河は雰囲気がありおすすめですよ。食の部分ではやっぱり魚介がおすすめです。北海道は何度訪れても楽しめますよ。

一泊二日!おすすめ国内旅行23選【東北】

2.青森県

青森県といえばねぶた祭りが有名ですよね。ねぶた祭りは8月の初旬に行われ、約300万人が訪れたこともあります。しかし、祭りに合わせて行くのはなかなか難しいですよね。

ねぶた祭が開催されていない時期でも、青森にはねぶたに触れ合える場所があります。「ねぶたの家ワ・ラッセ」では、ねぶた祭の歴史や魅力を学ぶことが出来ますよ。周辺にも観光施設があるので、青森の魅力にどっぷりつかることが出来ますよ。

3.秋田県

秋田県ときくと、まず「なまはげ」が思い浮かびますよね。秋田には、日本一の透明度と深度を誇る「田沢湖」があります。グリーンエメラルドの湖はどの季節に訪れても、様々な顔を見せてくれるので是非訪れて下さいね。

他にも沢山の温泉が並ぶ「鶴の湯温泉」や紅葉スポットの「抱返り渓谷(ダキガエリケイコク)」など、秋田は見所が沢山あります。「ババヘラアイス」や「きりたんぽ」、「横手焼きそば」など美味しい食べ物も沢山ありますよ。

4.宮城県

国内でも絶景ポイントが沢山集まる宮城県は、日本3景の1つでもある「松島」があります。大小260余りの諸島が浮かぶ松島は、死ぬまでに一度は訪れたい場所です。特にサンセットやサンライズの松島は絶景と言われています。周辺にお店もあるのでグルメも楽しみたいですよね。

松島湾と福浦島を結ぶ朱塗りの「福浦橋」は、別名「出会い橋」とも呼ばれています。良縁に恵まれると伝えられており、写真映えもすることから人気が高いスポットです。橋を渡って、福浦島を散策するのもおすすめですよ。通行は有料なので気をつけて下さいね。

一泊二日!おすすめ国内旅行23選【関東】

5.栃木県

『見ざる・聞かざる・言わざる』で有名な「日光東照宮」はメジャーな観光地です。世界遺産でもありパワースポットでもある「日光東照宮」は死ぬまでに一度は行くべき寺社でもあります。

魔よけになる「耳うどん」や、見た目はラーメンだけど実は焼きそばの「スープ入り焼きそば」は栃木グルメの1つです。他にも「レモン牛乳」や「とて焼き」など知られざるグルメも沢山ありますよ。

6.千葉県

千葉県といえばやはり「東京ディズニーランド」が有名ですよね。他にも「成田山」など千葉県には有名な観光地が多数存在します。

多くの観光地の中でも、リフレッシュに最適な「小湊鉄道」は大人旅におすすめです。のどかな雰囲気を楽しめる「小湊鉄道」には懐かしの「トロッコ列車」が走っています。のどかな景色を眺めながらゆったりとした時間を過ごすのはいかがですか?

7.神奈川県

神奈川県といえば横浜。横浜といえばやっぱり「中華街」は外せないですよね。本格的な中華を楽しめる中華街は、何度訪れても楽しめるグルメスポットです。

中華街以外にも、「横浜赤レンガ倉庫」や「みなとみらい」など有名な観光地は沢山あります。定番中の定番を楽しむのも旅行ではおすすめですよ。同じ神奈川県でも鎌倉へ行くとまた違った景色を楽しめます。「報国寺」では座禅やお茶などを楽しむことも出来ますよ。

一泊二日!おすすめ国内旅行23選【中部】

8.長野県

昨年の大河ドラマ「真田丸」で話題になった「真田幸村」のゆかりの地である長野県では、国宝「松本城」がおすすめです。周辺には歴史に関連する観光地だけでなく、現代美術などにも触れることが出来ます。

南部に位置する木曽や軽井沢は山に囲まれて自然を楽しむことが出来ます。長野県はとても広いので一度に全てを回るのは無理があります。何度か訪れて様々な観光地を巡って下さいね。

9.静岡県

「富士山」で有名な静岡県は東西に広く、観光名所も沢山あります。「久能山東照宮」は国宝にも指定されています。当時の技術と芸術をギュッと詰め込んだ建物は圧巻です。

まるでサスペンスドラマの様な絶壁が連なる「城ヶ崎海岸」は雄大な自然を感じさせてくれます。城ヶ崎の名所としては「門脇つり橋」が有名です。断崖絶壁のスリルを味わうのはいかがですか?

10.石川県

地図上で見ると細長い石川県は、都会の建造物と自然が両方楽しめるおすすめ旅行地です。「金沢駅」は駅でありながらも、おしゃれな佇まいで写真スポットとして有名です。文化財指定庭園である「兼六園」は冬が一番楽しめます。「金沢21世紀美術館」では、美術品を実際に身体で感じることが出来ます。

石川県北部にある「輪島市」では、石川の中でも自然に溢れストレス解消にもってこいです。中でも「白米千枚田」は国指定文化財名勝にも選ばれています。ここでしか見れない絶景を是非体感して下さいね。

11.岐阜県

「白川郷」で有名な岐阜県は、他にも多くの観光地があります。岐阜県の西濃地方にある「養老」には「養老の滝」や芸術作品で遊べる「養老天命反転地」、焼き肉屋が並ぶ「焼き肉ロード」など遊びからグルメまで揃っています。

岐阜県関市にある「モネの池」はモネの絵画『睡蓮』を連想させる池です。周りは自然が溢れているので、リフレッシュに向いていますよ。

岐阜の観光をする時にはレンタカーが必須です。電車が1時間半に1本しかなかったり、バスが通らない場所も多く存在するので、必ず車を確保して下さいね。

一泊二日!おすすめ国内旅行23選【近畿】

12.滋賀県

日本一の大きさを誇る「琵琶湖」には多くのパワースポットが存在します。滋賀県北西部にある琵琶湖に面した「白髭神社(シラヒゲジンジャ)」は全国にある白髭神社の総本宮です。日中と夜で違う雰囲気を見せてくれますよ。

ゆるキャラので人気の「ひこにゃん」が居る「彦根城」は外せない観光地です。「彦根城」の天主は国宝にも指定されていますよ。他にも「黒壁スクエア」や「比叡山延暦寺」など見所が沢山あっておすすめです。

13.大阪府

ワイワイガヤガヤというイメージのある大阪は、笑いとグルメに溢れた街です。「黒門市場」では新鮮な魚介を食べ歩きできます。『ザ☆大阪!』という気分を味わえますよ。たこやき以外にも美味しい物が沢山ある大阪はまさにグルメ旅にもってこいです。

勿論、定番の「心斎橋」や「なんば」などでも楽しめます。大阪のシンボルである「通天閣」や「海遊館」なども外せないスポットです。

14.京都府

写真映えで有名な「千本鳥居」がある「伏見稲荷大社」は、1300年の歴史がある「お稲荷さん」の総本宮です。商売繁盛や五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集めています。

京都には歴史的な建造物が多いので、時代に焦点を当てて巡るのもおすすめですよ。グルメも優しい味付けの物が多く、ほっと一息つくことが出来る京都でリフレッシュはいかがですか?

15.兵庫県

兵庫県はおしゃれな街で有名ですよね。「異人館」や「ポートタワー」など、街並みも街ゆく人もおしゃれな兵庫は観光地も沢山あります。

日本三百名山の1つである「六甲山」は豊かな自然を楽しむことが出来ます。アスレチックからオルゴール館まで、様々なジャンルを一度に楽しめる六甲山は、夜景もおすすめですよ。

一泊二日!おすすめ国内旅行23選【中国・四国】

16.鳥取県

鳥取といえば「砂丘」が有名ですよね。らくだに乗る体験に挑戦するのがおすすめですよ。砂丘以外にもおすすめな場所があります。「足立美術館」では、まるで絵画の様な庭園を眺めることが出来ますよ。

鳥取のグルメは何かと聞かれると頭に?を浮かべる人も多いのではないでしょうか。水がキレイな鳥取では、知られざるグルメが沢山あります。揚げの中に生米と野菜を入れて炊いた「いただき」は鳥取の強度料理です。見た目に迫力がある「いただき」を是非食べてみて下さいね。

17.山口県

山口といえば、縁結びの神様がいる「出雲大社」が有名ですよね。参拝の仕方が他の寺社とは異なることもあり、境内には「参拝の仕方」を書いた看板が立っています。

最近人気が高いスポットとしては、「角島大橋(ツノシマオオハシ)」が挙げられます。キレイな海とまっすぐ伸びる橋がなんともいえない景色を生み出しています。是非、一度訪れてみて下さいね。

18.愛媛県

愛媛の観光地で有名なのは、「道後温泉」や「坊っちゃん列車」などですよね。最近、人気が高いスポットとしては、日本で一番海に近い駅と呼ばれる「下灘駅」が有名です。アニメの世界を切り取った様な景色はまさに絶景です。

瀬戸内海で捕れる魚介は、新鮮でとても美味しいです。「鯛めし」や「ふかの湯ざらし」など、愛媛ならではのグルメを堪能して下さいね。

19.高知県

「坂本竜馬」ゆかりの地である高知県では、TVの撮影などでもよく使用される「桂浜」が有名ですよね。透き通った海ときれいな砂浜から眺める海は、歴史の風を感じることが出来ます。

新鮮な魚を使った「かつおのたたき」や様々な物が食べれる「皿鉢料理」は高知を代表するグルメです。食べるものに悩んだ時には「ひろめ市場」がおすすめですよ。

一泊二日!おすすめ国内23選【九州】

20.福岡県

福岡は美味しい食べ物が沢山あります。豚バラを串に刺した「焼き鳥」や、豚骨スープが美味しい「博多ラーメン」、野菜も沢山摂れる「もつ鍋」など挙げだしたらきりがありません。福岡では夜になると道端に沢山の屋台が並びます。知らない人たちと会話が弾む屋台は、福岡旅行では外せないスポットです。

福岡はとても広く、「キャナルシティ博多」などのショッピングモールもあれば、「太宰府天満宮」などの寺社仏閣も多数あります。一回では回りきれないので、何度も訪れて様々な文化とふれあうのがおすすめですよ。

21.大分県

日本の中でも温泉が多く存在する大分県では、温泉巡りを楽しめますよ。有名な「湯布院温泉」や「別府温泉」も大分県にあります。日本一の「おんせん県」で日頃の疲れを癒してみてはいかがですか?温泉の周辺にはショッピングやグルメを楽しむ場所もあるので、是非訪れて下さいね。

大分では温泉だけでなく、寺社仏閣も人気が高いです。中でも「羅漢寺」は悩みを取り除いてくれることで有名です。食では大分県中津市の「中津からあげ」はお店により味付けや調理法が異なります。様々なお店を食べ歩くのも楽しいですよ。

22.鹿児島県

鹿児島ときくと「桜島」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。海の上に浮かぶ「桜島」は遠目に見てもとても大きく存在感がすごいですよ。桜島以外にも、「屋久島」や「奄美大島」など絶景と呼ばれる島が点在しています。

薩長同盟を結んだ「西郷隆盛」のゆかりの地でもある鹿児島には、寺社仏閣も沢山存在します。悩みに合わせて巡るのも良いですよ。壮大な自然と触れ合うのもリフレッシュにはもってこいです。「丸尾滝」は高さ23M、幅16Mの豪壮華麗な滝です。天気が良いと虹も見れますよ。

23.沖縄県

沖縄といえばやっぱり海ですよね。シュノーケリングやダイビングなど、海のスポーツを余すことなく体験出来ます。海に入る場合には、入ったその日は飛行機に乗れなくなるので、必ず一日目に予定を持ってきましょう。

透明度の高い海は、様々な生き物を見ることが出来ます。沖縄本島であれば「青の洞窟」がおすすめスポットです。泳ぐのが苦手な筆者でも、浮きにつかまっているだけで連れてってもらえるので楽しむことが出来ましたよ。本島以外にも「慶良間諸島」や「宮古島」などきれいな海が沢山ありますよ。

沖縄はステーキやゴーやチャンプルーなど美味しい食べ物もいっぱいあります。沖縄民謡のライブをやってくれる店もあるので、是非訪れてみて下さいね。

一泊二日の国内旅行でリフレッシュ!

笑顔が素敵な女性達

いかがでしたか?日本の中にはまだまだ絶景スポットやおすすめグルメが沢山あります。様々な土地を訪れて、日本の文化に触れて下さいね。一泊二日の国内旅行で日頃のストレスを解消しちゃいましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。