カップルにとっての身長差って意外とシビアですよね。彼氏がいるけど、身長に差がありすぎてキスがしづらい..たまには自分からキスしたいのに、彼の身長が高すぎて届かない..。そんなお悩みを抱えている女性必見!カップルにとって身長差はたいして重要ではなく、お互いの心の距離がカギを握っています。今回は、カップルの理想のキスの身長差と合わせてキスの仕方と対処法をご紹介!ぜひ参考にしてみてくださいね。

ズバリ!キスの理想の身長差は?

キスするカップル

約12センチ!

女性がヒールを履いて、男性が少し屈んで首を傾けた時の全体バランスから見ると12センチが理想的だと言われています。男性が屈みすぎたり、逆に棒立ちだとなんだかきまらないですよね。女性がヒールを履いていても、男性の身長を追い越してしまう心配が無いので安心ですね! 身体を密着させて抱き合いながらキスすることもできますし、12センチ程度なら女性から軽くキスすることも可能です。お互いに見つめあいながらキス、なんて甘い時間も楽しめちゃいますよね!

身長差別!キスの仕方4選

キスをする男女

10センチ以下

身長差が少ないと、顔が近い分キスがしやすいと思いませんか?実は身体を離さなければならなかったり、お互いに前屈みにならなければならないので意外とキスしづらい身長差なのです。女性の方がヒールを履いている場合、下手したら男性よりも大きくなってしまうなんてことも...。 ですが安心してください!世の中には身長差が全然無くても、関係なくラブラブなカップルは大勢います。お互いにアイコンタクトをとりながらキスの角度を調節したり、呼吸を合わせることで気持ちの距離がぐっと縮まります。 10センチ以下の身長差の場合、頬にキスするのに最適な身長差だと言えます。立った状態でも、身長差が無いので女性の方から不意打ちのキスをすることだってできますよね!

15センチ

理想である12センチよりやや差が出てしまいますが、お互いに負担がかからない程度の身長差なのでキスするのにちょうど良いと言えます。15センチ差ですと、大体男性の胸あたりに女性のおでこが当たるくらいの位置になります。男性の方からおでこにキスしてあげたり、お互いにしゃがみながらキスする方法もおすすめ! 男性が無理に屈まなくても、女性側が少しだけつま先立ちしてあげるだけでキスがしやすくなります。お互いのちょっとした気遣いが、2人の距離を縮めてくれるものですよね。

20センチ

幸せそうにキスをするカップル 20センチの差はハグがしやすい理想の身長差と言われています。なので、お互いハグしながらキスができたり、後ろから抱きしめてもらいながらキスすることだってできちゃいます!並んで座った時に、彼の肩にちょうど頭を乗せられる高さなので甘えたいときにもぴったり! 身長差が20センチあると、彼が屈まないとキスすることができません。なので必然的に女性がつま先立ちする形になってしまいますよね。実は彼女がキスをしようとつま先を上げて頑張っている姿に、思わずキュンとしてしまう男性が多いのだとか。女性のみなさん、ぜひ試してみてくださいね!

30センチ以上

身長差が30センチ以上あると、キスをするのに少し困難になってしまいます。階段を使って身長差を少なくしたり、映画のワンシーンなどで良くある頭のてっぺんに軽くキスしてみるのもおすすめ!彼女が彼の首元を引き寄せながらキス、なんてシチュエーションも素敵ですよね! 身長差がある分、上目遣いで彼をドキッとさせちゃうことだってできます。また、身長の高い彼にお姫様抱っこをされながらキスなんてこともできちゃいます。小柄な女性だからこそしてもらえる特権ですよ!

シチュエーション別!カップルの理想の身長差

背伸びしてキスをする女性

ハグするとき

お互いに抱きやすくフィットする身長差は、20センチくらいと言われています。ハグをするときは、腕の位置や顔の位置が重要となってきます。20センチ差は、ちょうど男性の胸の位置に女性の頭がくるので、 逆に身長差が大きすぎると男性が屈まなければならず、辛い体制でハグすることになってしまいます。ですが、女性の方はすっぽりと包み込まれるような安心感があるので魅力的ですよね!

頭を撫でる・撫でてもらうとき

頭を撫でてもらう時に理想的な身長差は15センチほどと言われています。ちょうど男性の目線の少し下に頭があるので撫でやすく、女性の方もドキドキしている顔を間近で見られることがないので安心です。 頭の位置が高すぎても低すぎても撫でにくくなってしまうのです。もしも身長差がありすぎてあまり撫でてもらえないときは、2人で座った時にでもおねだりしてみてくださいね。たまには男性の頭を優しく撫でてあげると、意外と喜んでもらえますよ!

横に並んで歩くとき

パッと見歩いていて一番きれいに見える身長差は15センチだと言われています。それよりも少し差がある20センチだと、腕を組むのにちょうど良い高さになります。逆に身長差が少ない場合は、顔の位置が近いので会話がしやすく、お互いの表情がわかりやすいのがメリットです。また、お互い腕を疲れさせることなく手をつなげるところもポイント!

身長差カップルが抱える3つの問題&対処法

ソファでくつろいでいるカップル

女性からの不意打ちキスができない

キスは大体男性の方からリードして、女性がそれに応える形になりますよね。ですが、女性だってキスしたい気分になりますよね?そんなときに不意打ちのキスで彼をドキッとさせたいのに、身長差があるせいで届かない..。なんて悩みを抱えている女性も少なくないのでは? そんなときは、彼が座ったときを狙うのが一番!家であれば、2人でソファに座っているときを狙って彼にキスしちゃいましょう。座っているので簡単に頬や口に届きますし、新鮮なムードでデートを楽しむことができますよね!

歩幅のペースが合わない

デートのときは、もちろん2人並んで歩きますよね。時には手を繋いだり腕を組むことだってあります。そんなとき、身長差カップルが悩むのは歩幅。男性の方がもちろん一歩が大きいので、女性はその1.5倍くらいの早さで歩かなければなりません。 男性が合わせてくれたとしても、あまりの歩幅の狭さに無意識にストレスを抱えてしまうことも..。どちらか一方だけが合わせているだけでは、疲労やストレスがどんどん溜まってしまうので、お互いに意識し合いましょう。2人が同時に意識し合えば、自然と歩幅の差は少なくなります。大切なパートナーと呼吸を合わせながら、デートを楽しんでくださいね!

首が疲れてしまう

男性が大きくて女性が小さい場合、女性は常に男性を見上げている状態になります。当然首に負担がかかるので、立ったままの長時間の会話やスキンシップがとれません。男性側も、キスするときは常に屈んで首を曲げることになるので、お互いに身体の負担を抱えながら愛を確かめ合わなくてはなりません。 立った状態が辛いのならば、座ってしまえば良いのです。階段を使ってちょうど良い高さにしたり、会話はカフェやレストランで楽しんだり、いくらだって工夫ができます。また、女性側がヒールを履くことで身長差は少しでも縮まります。ヒールに慣れていない方は、最初から高いヒールで無理をする必要はありませんが、まずは試しに3センチのヒールからチャレンジしてみてはいかがですか?

まとめ

カップルの身長差は千差万別。理想の身長を紹介してまいりましたが、これはあくまで理想です。身長差が大きくても小さくても、ラブラブなカップルにはあまり重要ではないんですよね。キスがしにくかったりと悩んでしまう女性も少なくありませんが、この記事を参考にして様々な方法を試してみてくださいね!

記事が気に入ったらシェアしてね!