Large thumb %e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0

いただいたお中元にはお礼状を!すぐに使える例文テンプレート12選!

更新:2020.04.02

いただいたお中元のお礼状を出すときに、どのように書いたらいいのか分からないことありますよね?今回はお中元のお礼状に使える例文テンプレートを紹介しています。友人などの親しい相手やビジネスシーンなど、役に立つお礼状を使ってみてくださいね。

【個人・友人宛編】お中元のお礼状テンプレート例文3選

①友人宛に7月に送る場合のお礼状

手紙とカメラ

1つ目は7月に送る場合のお礼状です。例文は「毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。」から始まるお礼状です。7月は暑さを感じるので、時候の挨拶で表しています。

お中元は7月に送る場合が多いので、お礼状も7月の気候を意識した一言を使いましょう。「まだ暑さが続きますが」という一言など、そのシーズンに沿った言葉を使ったはがきを送ってみてくださいね。

POINT

友人宛に7月に送る場合のお礼状(例文)

毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。さて、本日はお心のこもったお品をいただき、誠にありがとうございました。優しいお心遣いに心より感謝申し上げます。まだ暑さが続きますが、体調を崩されませんようご自愛ください。まずはお礼まで。

②友人宛に8月に送る場合のお礼状

手紙を書く手

2つ目は8月に送る場合のお礼状です。例文は季節感を添えた、「連日の猛暑ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。」から始まるテンプレートです。

8月になるとますます猛暑が厳しくなるため、はがきの一言にも暑さや体調を気遣う言葉を添えましょう。また、テンプレートの「素敵な贈り物」の部分は具体的に頂いたものの名前に変えても使用できます。

POINT

友人宛に8月に送る場合のお礼状(例文)

連日の猛暑ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。さて、このたびは素敵な贈り物をお送りいただき、誠にありがとうございました。秋風が吹く季節が待ち遠しいですね。それまでお身体には気をつけてお過ごしください。

③友人宛に月を問わずに使えるお礼状

ハートを持つ女性

3つ目は月を問わずに使えるお礼状です。例文は「本日、お中元のご挨拶をいただきました。誠にありがとうございます。」から始まる、いつでも使える内容となっています。

お中元は6月など別の月に頂く場合もありますよね。シーズンに関係なく使えるテンプレートの場合、具体的にその季節を表すような一言は使わず、丁寧なお礼の言葉だけをはがきに書くようにしましょう。

POINT

友人宛に月を問わずに使えるお礼状(例文)

本日、お中元のご挨拶をいただきました。誠にありがとうございます。いつも細やかなお心遣いに、感謝の気持ちでいっぱいです。何かと忙しいとは存じますが、どうぞご自愛ください。取り急ぎお礼まで。

【個人・身内宛編】お中元のお礼状テンプレート例文3選

①身内宛に7月に送る場合のお礼状

リボンのハート

1つ目は身内宛に7月に送る場合のお礼状です。例文では「長かった梅雨も明けいよいよ夏本番となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。」から始まるお礼状を紹介しています。

身内の場合は義両親からお中元を頂く場合がありますよね。7月は梅雨明けのシーズンなので、季節感のある一言を添えましょう。身内同士の個人の場合時候の挨拶はなくても、季節感のある一言を添えると丁寧になります。

POINT

身内宛に7月に送る場合のお礼状(例文)

長かった梅雨も明けいよいよ夏本番となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。このたびはお心のこもった贈り物を送っていただき、ありがとうございました。厳しい暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。まずはお礼まで。

②身内宛に8月に送る場合のお礼状

重なったスイカ

2つ目は身内宛に8月に送る場合のお礼状です。例文では「厳しい残暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。」から始まるテンプレートを紹介しています。

8月になると残暑も厳しい季節なので、はがきにも季節に合わせた一言を使いましょう。「お中元のご挨拶を」の部分は頂いた品の名前を入れて、テンプレートに味の感想を加えても丁寧な返事になりますよ!

POINT

身内宛に8月に送る場合のお礼状(例文)

厳しい残暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。こちらは変わりなく、元気に過ごしております。さてこのたびはお中元のご挨拶を頂きありがとうございました。まだまだ暑さが続きますが、夏の疲れが出ないようご自愛くださいませ。取り急ぎお礼まで。

③身内宛に月を問わずに使えるお礼状

青いリボンのプレゼント

3つ目は身内宛に月を問わずに使えるお礼状です。例文では感謝の言葉に加え「皆様お元気でお過ごしですか。おかげさまで、私たち家族は毎日元気に過ごしております。」という報告も加えています。

7月、8月の季節に限らず使えるテンプレートの場合は、挨拶、近況といった言葉を使います。お中元シーズンから少しずれてしまった場合は、このような例文のはがきを送ってくださいね。

POINT

身内宛に月を問わずに使えるお礼状(例文)

本日、お中元のご挨拶をいただきました。皆様お元気でお過ごしですか。おかげさまで、私たち家族は毎日元気に過ごしております。なかなかお会いする機会がございませんが、お身体には気をつけてお過ごしください。まずはお礼まで。

【ビジネス・会社の同僚宛編】お中元のお礼状テンプレート例文3選

①上司から部下へ送るお礼状

握手をする男性

1つ目は上司から部下へ送るお礼状です。例文では「本日は結構なお品を頂き、ありがとうございます。」という、シンプルで使いやすい文例を紹介しています。

会社の部下からお中元を頂いた場合は、個人同士のやり取りに近い、カジュアルな文章でも問題ありません。同じ会社の仲間なので、あまり堅苦しくない、シンプルな言葉を送りましょう。

POINT

上司から部下へ送るお礼状(例文)

拝啓、暑さも本格的となってまいりました。さて本日は結構なお品を頂き、ありがとうございます。まだまだ暑い日が続きますが、体調管理には充分に気をつけてください。取り急ぎお礼まで。敬具

②上司から部下へお礼の品とともに送るお礼状

プレゼントを持つ女性

2つ目は上司から部下へお礼の品とともに送るお礼状です。例文では「心ばかりですが、別便で~を送りました。お口に合うかわかりませんが、どうぞご受納下さい。」と、お礼の品について説明しています。

基本的にお中元のお礼に品物を送る必要はありませんが、もし送る場合はこのような文章で送りましょう。具体的に送った品の名前を入れてくださいね。

POINT

上司から部下へお礼の品とともに送るお礼状(例文)

拝啓、連日厳しい暑さが続いています。先日は結構な品を頂き、ありがとうございます。心ばかりですが、別便で~を送りました。お口に合うかわかりませんが、どうぞご受納下さい。敬具

なお、お中元のお返しなどお礼のマナーを知りたい場合は、別の記事で詳しく紹介しています。こちらの内容も参考にして、正しいマナーでお礼を送ってくださいね。

③会社の方へシンプルに感謝を伝えるお礼状

手をつなぐ会社員

3つ目は会社の方へシンプルに感謝を伝えるお礼状です。例文では「拝啓、夏空がまぶしく感じる季節となりました。」という時候の挨拶を紹介しています。

部下など相手の立場に関係なく送れる、シンプルな内容のお礼状です。ビジネスでも相手がある程度親しい場合は、はがきでなくメールでお礼状を送っても問題ありません。

POINT

会社の方へシンプルに感謝を伝えるお礼状(例文)

拝啓、夏空がまぶしく感じる季節となりました。このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、誠にありがとうございました。しばらくは暑さが続きますが、どうぞご自愛下さい。敬具

【ビジネス・取引先宛編】お中元のお礼状テンプレート例文3選

①シンプルにお礼を伝えるお礼状

赤いプレゼントの箱

1つ目はシンプルにお礼を伝えるお礼状です。例文では「拝啓~の候」という時候の挨拶から始めます。丁寧に頂いたものへ返事をするなら、「有難く拝受しました。」という書き方がおすすめです。

ビジネスシーンで取引先の会社に送る場合は、拝啓、敬具を使って丁寧にまとめます。また、~の候部分にはその季節に合わせた時候の挨拶を使いましょう。

POINT

シンプルにお礼を伝えるお礼状(例文)

拝啓~の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。本日は結構なお中元の品を賜り、誠に有難うございます。有難く拝受しました。改めて御礼申し上げます。今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。略儀ながら書中にて御礼申し上げます。敬具

お中元のシーズンである7月頃に使える時候の挨拶は、別の記事で詳しく紹介しています。正しい季節感のある挨拶を使うために、参考にしてくださいね。

②丁寧な書き方で感謝を伝えるお礼状

プレゼントを持つ手

2つ目は丁寧な書き方で感謝を伝えるお礼状です。例文では「拝啓~の折」という時候の挨拶から始まるお礼を紹介します。「このたびは結構な品をご恵贈賜りありがとうございました。」と感謝の気持ちを伝えましょう。

取引先の会社には失礼のないようにするには、特に丁寧な言葉を使ってお礼状を出します。最後に自分の会社名や名前も忘れずに書きましょう。

POINT

丁寧な書き方で感謝を伝えるお礼状(例文)

拝啓~の折、益々ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。このたびは結構な品をご恵贈賜りありがとうございました。今後も変わらぬご愛願を賜りますようお願い致します。貴社の益々のご発展と社員ご一同のご健勝をお祈りいたし、暑中見舞いかたがたお礼のご挨拶とさせていただきます。敬具

③相手をいたわる言葉を添えたお礼状

ペン

3つ目は相手をいたわる言葉を添えたお礼状です。例文では「貴社におかれましては時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」という挨拶から始まる、丁寧なお礼状のテンプレートを紹介します。

お中元のシーズンは夏なので、体調も崩しやすい時期です。感謝の気持ちに続き、「皆様くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。」の文例を加えると、相手をいたわる丁寧なお礼状になります。

POINT

相手をいたわる言葉を添えたお礼状(例文)

拝啓、貴社におかれましては時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。このたびは結構な品を賜り、誠にありがとうございます。私どもも大変お世話になっております中、過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ厚くお礼申し上げます。皆様くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。まずは、書中をもってお礼申し上げます。敬具」の文例も加えます。お中元のシーズンは夏なので、体調も崩しやすい時期です。「ご自愛のほどお祈りいたします。

お中元のお礼状を送る際のポイントは?

①頂いたら一週間以内にはお礼をする

メッセージカード

1つ目は頂いたら一週間以内にはお礼をすることです。お中元のお礼は、頂いてすぐに返すのがマナーです。ビジネスや個人に限らず、一週間以内には返事をしましょう。このときお礼だけでなく、お礼の品も送るべきか考えてしまうことはありませんか?

しかし、お中元の場合は品物は送らず、お礼状のはがき、メールなどの文章のみで大丈夫です。どうしてもお礼の品を送りたい場合は、お中元のお礼状とは別に、暑中見舞い、残暑見舞いといった内容で品物を送るのがおすすめです。

②相手によってはがきやメールなどの使い方を考える

メモ帳とペン

2つ目は相手によってはがきやメールなどの使い方を考えることです。お礼状ははがきが最も丁寧なので、ビジネスでの相手や会社など、特に気を付けたい相手にははがきで送ります。

一方友人や身内など個人的な相手の場合、メールでも問題ありません。メールの場合も例文を参考に、丁寧な文章で送ってくださいね。ただし、ビジネスでも親しい間柄なら、取り急ぎということでメールを使ってもOKです。

③テンプレートの形式を覚えておく

手紙

3つ目はテンプレートの形式を覚えておくことです。お礼状のテンプレートは、ビジネス、個人と関係なく、最初から最後までの流れを覚えておくと便利です。

時候の挨拶、相手の健康や安否を尋ねる一言、お中元に対するお礼と感謝、相手を気遣う言葉、日付と差出人名の順番が、テンプレートになります。このフォーマットなら、はがき、メール、ビジネス、個人とすべてに使えますよ!

お中元が届いたら丁寧な内容のお礼状を送ろう!

ビジネスシーンや個人などでやり取りのあるお中元には、丁寧で心のこもったお礼状が必要になります。テンプレートを参考に、失礼のないお礼状を送ってくださいね。

お礼状は基本的にはがきで送るのが好ましいですが、身内や友人など親しい間柄の場合は、メールでも構いません。メールであっても、テンプレートの通り丁寧な一言を使ってお礼状を送りましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。