INDEX

お中元はいつ贈るもの?

①7月~8月の夏の時期に贈る

夏

お中元は、その年の上半期にお世話になった方に、感謝を伝える意味で贈る贈り物です。そのため、7月~8月の夏の時期に贈ります。百貨店などのギフト売り場でも、6月中旬頃からお中元用ギフトの案内を目にするのではないでしょうか。

②お中元は地域によっていつ贈るか時期が異なる

地図

実はお中元を贈る時期は日本の中でも地域によって様々です。同じ地域の方に贈るのであれば問題ないのですが、違う地域の方に贈る時は相手の地域に合わせて贈らないとマナー違反になってしまいます。会社宛てに贈る場合には関東と関西で時期が違うなど、拠点によって時期が違うので、事前に確認しておきましょう。

地域別!お中元を送るのに最適な期間はいつ?

①北海道・東海・関西・中国・四国

関西

北海道・東海・関西・中国・四国は旧盆の時期に合わせて、7月中旬から8月15日までの約1ヶ月間がお中元の期間となります。お中元の時期が早い東北・関東など他の地域の影響で、年々時期が早まりつつあります。

②東北・関東

東京

東北・関東は新盆に合わせて7月上旬から7月15日頃までと、お中元の時期が関西など他の地域と比べて早く、期間も短くなっています。そのため、百貨店などでも6月下旬からお中元の取り扱いを始めるようになっており、年々早まっています。

九州と比較すると東北・関東は約1ヶ月も早くお中元を贈ります。九州の相手先にお中元を贈る時には、早く贈りすぎることがないように注意しましょう。九州も年々お中元の時期が早まっているので、若干の前倒しは問題ないようです。

③北陸

北陸

北陸は北陸内でも地域によって違いがあります。新潟県は東北・関東と同じで7月上旬から7月15日頃までとなります。富山県は北海道・東海・関西・中国・四国と同じで7月中旬から8月15日からとなっています。

石川県は地域によって関東と同じ7月上旬から7月15日頃までと、関西と同じ7月中旬から8月15日に期間が分かれています。事前に確認が必要ですが、わからない場合には7月15日に届くようにしておけば無難です。

④九州

長崎

九州は沖縄を除けば日本で一番お中元の時期が遅いです。8月1日から8月15日頃までとなり、期間が2週間しかありません。九州のお中元は東北・関東とは丸1ヶ月もずれているので注意が必要です。贈り忘れがないように早めに準備しておきましょう。

近年では他の地域に合わせて九州のお中元も年々時期が早まっているようです。関西などの地域と同じように、7月中に贈ることも増えてきています。

⑤沖縄

沖縄

沖縄のお中元は旧暦の7月13日から7月15日となります。そのため、現在の暦では毎年決まった日にならず変動し、8月中旬から遅い年は9月に入ることもあります。事前に日付を確認して旧暦の7月15日までに贈り物が届くように注意しましょう。

地域別のお中元の時期
  • 【北海道・東海・関西・中国・四国】7月中旬から8月15日頃まで
  • 【東北・関東】7月上旬から7月15日頃まで
  • 【北陸】地域によって異なる
  • 【九州】8月1日から8月15日頃まで
  • 【沖縄】年によって異なる

お中元を贈る時に気を付けておきたいマナーと注意点は?

①贈り物の金額の相場

金額

お中元を贈る時にまず気になる点として、贈り物にはどれくらいの金額の物が相応しいのでしょうか。一般的に、親類縁者に贈る場合は3000円から5000円くらいの物を贈ります。取引先など会社宛てに贈る場合には3000円から10000円くらいのものが良いとされています。

お中元はお世話になった方に贈りますが、その年だけではなく毎年贈り続けるものです。そのため、年によって贈り物の金額が大幅に変わったり、前の年よりも金額が低くなったりするのはマナー違反となります。初めてお中元を贈る相手には、今後のことも考えて無理の無い金額を設定しましょう。

②会社宛てや公務員の方に贈る場合

オフィス

次に気を付けておかなければいけないのが、お中元を会社宛てに贈る場合です。会社によっては、コンプライアンスの観点から贈り物を受け取ることを禁止している場合があります。金品や物品を受け取ることで相手先に便宜を図ったり、賄賂と見られることがないようにということです。

知らずに送ってしまうとマナー違反というだけでなく、相手先に迷惑をかける場合がありますので、事前に贈り先の規則は調べておきましょう。同じく、公務員も全ての贈り物を禁止していますので、プライベートであっても相手先に事前の確認が必要です。

\ POINT /

会社の夏休みにも要注意!

地域によってはお中元とお盆期間の夏休みが重なるので、相手先が受け取れる日程で贈るよう注意しましょう。 特に九州はお中元の期間が2週間と短く、お盆と重なっているので気を付けてください。

③お中元をもらった時はいつ何をお返しするか

感謝

3つ目のマナーとして、お中元をもらった時の対応はどうすればよいでしょうか。一般的にはお中元にはお返しは不要です。受け取ってから3日以内を目安に、お礼状を送ることがマナーとされています。暑中見舞いや残暑見舞いのように夏の挨拶も合わせて、できるだけ早めにお礼状を送りましょう。

身内など親しい間柄であれば、同じ金額程度の品物をお中元として贈ってもOKです。お世話になった方など、どうしてもお返しの品を送りたい場合にも、同額程度の品物でお返ししましょう。もらった物より高い金額の品物を贈ることは、マナー違反となりますのでよくよく注意しましょう。

④発送する時はいつ届いても大丈夫なように余裕をもって

荷物

最後に、お中元を宅配便などで発送する時も注意が必要です。夏のお中元の期間は運送会社も混みあっています。この時期にネットショップで注文した商品が予定通りに届かず遅れた、なんて経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか。この時期は荷物の到着が遅れがちになります。

特に東北・関東地方ではお中元の期間が約2週間と短いため、お中元の荷物が集中してしまいます。会社の多い首都圏では運送会社がパンクしてしまうこともありますので、注意が必要です。この期間は日時指定不可になる場合もありますので事前に確認しておきましょう。

相手先のお中元の時期ぎりぎりに送ってしまうと、こちらの出荷日ではお中元の期間に間に合っていても、相手先が受け取る頃には時期を過ぎていたということも起こります。直接渡すことが一番なのですが、なかなかそうもいかないので余裕をもって発送しておきましょう。

お中元の贈り物は何を選べばいい?

①贈り物の種類

プレゼント

お盆のお供え物から進化してきたお中元では食べ物を贈ることが多いです。夏の贈り物なので、ゼリーや素麺、ビールなど涼し気な物が好まれます。

もちろん、タオルなどの日用品もOKです。ただし、刃物などのように、一般的に贈り物として縁起が悪いとされる物は避けましょう。ギフトカードなどの金券を贈る場合もありますが、目上の方に金券を贈ることはマナー違反となりますので注意してください。

お中元の贈り物は贈り先の家族構成などを考えて、夏に贈ると喜んでもらえそうな物がおすすめです。何を贈ろうか悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 313813409
関連記事 おすすめのお中元10選!東京で人気のものや高級なもの・時期やお返しも

今年のお中元は何がいいかと迷ったときにおすすめの、人気のお中元ギフトを

②熨斗紙には紅白蝶結びを選ぼう

和紙

お中元の品物にかける熨斗紙には、紅白蝶結び(花結び)の水引がかかったものを選びましょう。紅白はお祝い事を表し、蝶結びは結んだりほどいたりができることから、繰り返しあるお祝い事に使われます。お中元は毎年繰り返し贈りますので、結び切りではなく蝶結びを使います。

水引の結び目の上に「御中元」と表書きを書き、結び目の下に名前を書きます。個人の場合はフルネームで、連名の場合には姓のみを目上の方から順に右から記名します。記名は3人までとし、それ以上の場合は代表者のフルネームと「他一同」とします。

相手先が喪中の場合にも、お中元を贈って感謝の気持ちを伝えることはマナー違反となりません。ただし、熨斗と水引付きの熨斗紙は避け、無地の白紙に表書きのみで贈りましょう。

お中元の時期を過ぎてしまったら?

いつ贈るか時期によって表書きを変える

カレンダー

お中元を贈ろうと思っていたら、うっかり相手先のお中元の期間を過ぎてしまっていたという場合はどうすればよいでしょうか。この場合のマナーとして、熨斗紙の表書きを「お中元」ではなく、こちらが贈る時期に合わせて変えて品物を贈ります。

①暑中御見舞

真夏

お中元がの時期が早い東北・関東では、7月16日以降で8月8日頃の立秋までに贈る場合は表書きを「暑中御見舞」とします。目上の方へ贈る場合は表書きを「暑中御伺い」とします。関西や九州のようにお中元が遅い地域に贈る場合には、相手先の地域に合わせて問題ありません。

②残暑御見舞

残暑

8月8日頃の立秋を過ぎてしまったら、表書きは「残暑御見舞」となります。元々お中元の時期が8月にかかる関西・九州などその他の地域では、相手先のお中元の時期を過ぎてしまったら残暑御見舞に変えます。目上の方へ贈る場合は表書きを「残暑御伺い」とします。

残暑御見舞の明確な時期は決まっていませんが、残暑とは立秋を過ぎて暦の上で秋になっても夏の暑さが続くことを意味しますので、遅くても9月上旬までに贈りましょう。北海道など夏の終わりが早い地域では、8月25日までに届くように贈るのが好ましいです。

お中元で感謝の気持ちを贈ろう

お中元の時期と贈り物のマナーを紹介しました。同じ日本の中でも、北海道・東北・北陸・関東・東海・関西・中国・四国・九州・沖縄でこんなに期間が違うなんて驚きますね。

お中元は日頃お世話になった方へ感謝の気持ちを伝える、素敵な夏の風物詩です。親戚や大切な友人、会社のお世話になった方たちへ、喜んでもらえるお中元を贈ってみませんか。海外のお中元の風習についても知りたい方はこちらの記事もご覧ください。中国と日本でこんなに違っています。

Small thumb shutterstock 293482145
関連記事 中国の中元節・中秋節とは?行われる祭りについてや日本での時期も

中元節・中秋節とは中国の行事です。日本のお盆や食物を供えて月をる十五夜

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。