Large thumb shutterstock 172208270

空気清浄機は定期的なお手入れが大事!掃除方法を解説します♪

更新:2020.03.18

空気清浄機のお手入れ方法に悩んでいませんか?空気清浄機は部位や部品ごとに掃除の仕方が異なります。そこで今回は、空気清浄機の掃除方法を、部品ごとにまとめてご紹介します!空気清浄機の掃除方法がわからないという方は、是非参考にしてくださいね。

【外側】空気清浄機の手入れ・掃除方法とは?

①水を絞った布で本体を拭く

布

まず、柔らかい布を濡らしてよく絞り、空気清浄機の外側をふき上げてください。本体にホコリが付いていると、空気清浄機を稼働した際汚れが巻き上げられてしまいます。また空気清浄機は、空中に漂う汚れは吸収できますが、本体についたホコリは吸い込めません。しっかりメンテナンスを行ないましょう。

硬い布を使って拭いたり、ゴシゴシと力を入れてふくと、空気清浄機が傷ついてしまいます。「優しく拭く」ということを意識してください。空気清浄機のメンテナンスと言えば内側のイメージが強いですが、しっかり外側も掃除してくださいね。

②フロントパネルの裏側を乾拭きする

掃除用具

本体に付いているフロントパネルの裏側は、濡れていない布で乾拭きしましょう。この部分は、静電気が発生しやすいためホコリが溜まります。フロントパネルは一度外し、裏側もしっかり拭き上げましょう。月に1度程度の頻度で行うのがおすすめですよ。

③吸気口のホコリを吸い取る

吸い取る

空気清浄機の裏側にある吸気口パネルは、掃除機などで汚れを除去してください。ここには大量のホコリが溜まっています。最初に掃除機等で大まかな汚れを吸い込みましょう。フィルターに入り込んで取れない、細かいホコリや汚れは、使わなくなった歯ブラシで擦り落としてください。汚れが目に見えなくなったらOKです。

【集塵フィルター】空気清浄機の手入れ・掃除方法とは?

①ホコリを掃除機で吸い取る

吸い取る

集塵フィルターに溜まったホコリは、掃除機などで吸い取ってください。集塵フィルターはホコリや汚れ、浮遊物質を集めて溜め込む役割を持ちます。他の部品よりも汚れを蓄積していますので、丁寧な方法でメンテナンスを行ってください。隙間用やブラシが付いているノズルを使って、フィルターの目のホコリを取りましょう。

新聞紙を敷いた上に集塵フィルターを置き、新聞紙を吸い取るように掃除機をかける方法をおすすめします。またフィルターの目の流れに逆らわないよう、掃除機を動かすのがコツですよ。こうすれば綺麗にホコリが取れます。

また集塵フィルターに掃除機をかける際は、必ず表面のみにしてください。集塵フィルターの裏側は非常にデリケートで、触ると破れたり破損する恐れがあるからです。裏側には触らず、表面側だけ綺麗に掃除してくださいね。

②水洗いはしない

水

集塵フィルターを掃除する際は、原則水洗いはしないようにしてください。集塵フィルターを水で洗ってしまうと、ホコリを吸収する機能が著しく低下してしまうためです。臭いが出ても水やクエン酸で洗うことはできません。汚れや臭いがこびりついてしまう前にメンテナンスをすることが大切です。

③定期的に外で乾燥させる

乾燥

集塵フィルターは、1ヶ月に1回ほどの頻度で乾燥させると良いですよ。日が当たらず風通しのよい場所に集塵フィルターを置き、1日かけて乾かしましょう。この方法を実行することで、フィルターの臭いを軽減することができます。

【加湿フィルター】空気清浄機の手入れ・掃除方法とは?

①ぬるま湯で押すように洗う

掃除

加湿フィルターの掃除方法としておすすめなのが、ぬるま湯を使って洗う方法です。集塵フィルターとは違い、加湿フィルターは水洗いをすることができます。38度程度のぬるま湯を用意して、その中にフィルターを入れ、押し込むように洗いましょう。

この時、優しくフィルターを押すように洗うのがポイントです。ブラシなどでゴシゴシと擦ったり、洗濯機の中に入れるのはNGです。またフィルターが縮む恐れがありますので、乾かす際にも乾燥機や扇風機などは使わないようにしてください。

②クエン酸を溶かした水につけおく

クエン酸と水

加湿フィルターの臭いが気になる時は、クエン酸で洗う方法がおすすめです。まず40度ほどのお湯を1リットル用意し、そこにクエン酸を3分の1入れましょう。臭いが酷い場合はクエン酸の量を増やしてもOKです。クエン酸水を作ったら、そこへ加湿フィルターを入れて漬け込んでください。

加湿フィルター本体だけでなく、フィルターのカバーにも水垢やカルキ汚れが付いていることがあります。本体と一緒にカバーもつけ置きすると良いですよ。時間は30分程度がおすすめです。

③何回もすすぎ洗いをして臭いを落とす

シャワー

加湿フィルターをクエン酸や水で洗ったあとは、しっかりと流水ですすぎましょう。加湿フィルターは凹凸の多い構造なので、細かいところの汚れが難しいです。細かいところまで汚れを落とすためにも、シャワーを使うのがおすすめですよ。勢いよく水を噴射し、様々な角度からフィルターを洗ってください。

また加湿フィルターには、想像よりも大量の汚れがたまっています。フィルターから汚水が出なくなるまでシャワーを当て、満遍なく丁寧に掃除してくださいね。

【給水タンク】空気清浄機の手入れ・掃除方法とは?

①水で洗ってぬめりや水垢を落とす

洗う

給水タンクは、流水を使ってぬめりを落とすようにしてください。タンクの中には、水道水に含まれているカルキや水垢がこびり付いてしまっています。これらの汚れを放置しておくと、悪臭が発生したり空気がキチンと浄化できなくなりますよ。

長期間放置した汚れは、流水では取れません。しつこい水垢汚れが発生している場合は、重曹を使ってつけ洗いするようにしてください。まず給水タンクが入る大きさの入れ物に、お湯を入れます。そこへ重曹を適量加え、タンクを1時間程度つけておいてください。その後もう一度流水ですすぎ、ぬめりや悪臭を落としましょう。

またこちらに、100均で購入することができる重曹がまとめられている記事を載せておきます。ダイソーやセリアなど、近くの100円ショップで買える重曹が紹介されていますよ。是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

②細かい部品は綿棒等で擦る

綿棒

給水タンクの細かい汚れは、綿棒などの細かい物で擦るように洗うことをおすすめします。細かい部分の汚れは通常の水洗いでは落ちにくいです。流水で洗った後も意識的に掃除をするようにしましょう。綿棒がない場合は、使わなくなった歯ブラシを使って代用するのも良いでしょう。

③布で水気を拭き取って乾かす

乾燥

給水タンクを洗い終えたあとは、しっかりと水気を切りましょう。乾いた布を使い、隅々までを拭いてください。タンクの隅など細かい場所の水分も取ってくださいね。余裕があるのなら、風通しの良い場所で天日干しをすれば完璧ですよ。時間がない時はドライヤー等で風を当てるのも効果的です。

空気清浄機の手入れのポイントとは?

①部位によって掃除する頻度を分ける

頻度

空気清浄機は、部品によってメンテナンスが必要な頻度が異なります。部品に合わせた頻度で掃除をすることで、空気清浄機を最適な状態で使い続けることができます。空気清浄機自体の寿命も伸びるでしょう。以下にメンテナンス頻度をまとめた表を載せておきますので、参考にしてくださいね。

空気清浄機 メンテナンス頻度

本体外側・フロントパネル 1ヶ月に1回
集塵フィルター 2週間に1度
加湿フィルター 1ヶ月に1回
給水タンク 毎日

②電源を抜いて掃除する

プラグ

空気清浄機をメンテナンスする場合は、必ず事前に電源を抜いて置くようにしてください。電気プラグを挿しっぱなしで掃除をしていると、不意に空気清浄機が作動する恐れがあります。ケガや感電の原因になりますので、必ず電源は切ってくださいね。

空気清浄機をお手入れしないとどうなる?

①電気代がかさむ

金

空気清浄機を定期的にメンテナンスしないと、通常時よりも電気代がかかりやすくなります。フィルター部分がホコリや汚れで覆われていると、空気中に漂っているチリを効率よく集めることができません。そうすると空気清浄機は、チリをなんとか吸い込もうとし、常にフル稼働状態になります。

普通ならばパワーをダウンして稼働できる場面でも、つねにフルパワーで動かなくてはいけません。そのため、メンテナンスをしている時よりも電気代が高くなってしまうのです。空気清浄機をお手入れすることは節約にも関係すると言えるでしょう。

②綺麗な空気が排出できなくなる

空気

空気清浄機をメンテナンスしないと、綺麗な空気が排出できなくなります。通常空気清浄機は、空気中に漂っている汚染物質をフィルターで集め、空気を綺麗にして放出します。しかしフィルターに汚れや浮遊物質が溜まった状態だと、せっかく集めた汚染物質を再度吐き出す形になるのです。

またフィルターがホコリ等で覆われた状態が続けば、集塵能力が悪くなるでしょう。通常の状態よりも汚れを集める効果が減少します。

③臭いが出る

禁止

空気清浄機に汚れを溜めっぱなしにしていると、悪臭が発生する原因となります。フィルターに溜まったホコリにカビが生えてしまうのが悪臭の原因ですよ。空気清浄機には加湿機能がついたものが多いため、カビが発生しやすいのです。

また加湿フィルターや給水タンクなどに水垢が溜まることでも悪臭が生まれます。そのまま空気清浄機を使い続けると、部屋中に臭いが充満してしまうでしょう。またフィルターに発生したカビも一緒に分散させることになります。衛生面から見てもかなり悪い状況だとお分かり頂けるでしょう。

空気清浄機をお手入れして清潔な空気を維持しましょう!

空気清浄機の手入れを怠っていると、空気が汚くなったり電気代がかかったりと、さまざまなデメリットが生じます。そのため、空気清浄機は定期的にメンテナンスが必要です。今回紹介した部位ごとの掃除方法を参考にして、メンテナンスを行ないましょう。

またこちらに、便利で値段が安い、人気の空気清浄機がまとめられている記事を載せておきます。プチプラ価格で優秀なアイテムが揃っていますよ。「空気清浄機は価格重視で選びたい!」とお考えの方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。