Large thumb shutterstock 490032256

【2020】母の日の手作りメッセージカードは嬉しさ倍増!簡単おしゃれな作り方♪

更新:2020.03.02

母の日には手作りのメッセージカードを贈りませんか?この記事では、手作りのカードの作り方やアイデアを、カードの大きさごとにご紹介しています。簡単に作れるアイデアも多いので、お母様に感謝の気持ちを伝える形として、取り入れてみてはいかがでしょうか。

【名刺サイズ】母の日におすすめの手作りメッセージカード

①カリグラフィー

感謝の気持ちを伝える言葉をカードの中央に書くと、プレゼントに添えた際にシンプルかつ見栄えがします。カリグラフィー用のペンがなくても割り箸を削ったものにインクをつけて、ペン代わりにしても味が出ます。

もっと具体的にメッセージを書きたい場合は裏面のスペースを使うことも可能ですが、読みやすい大きさの字で収まる分量にとどめておきましょう。あらかじめカードよりひとまわり小さい用紙にメッセージを書いてカードの裏に貼り付けると、メッセージが裏移りしないのでおすすめです。

②消しゴムはんこ

カーネーションの花の形のスタンプを消しゴムで自作していくつか押すのも、簡単でおしゃれなカードが作れるアイデアです。単色のスタンプでもインクの付き具合の濃淡で味が出ます。メッセージを書き込んで、ポンポンとスタンプを押すのも可愛らしいです。

スタンプを彫るのは難しいと感じる場合は、端に消しゴムのついた鉛筆にインクをつけてカラフルなドットをスタンプしても可愛いです。押し方によっては花や花束のようなモチーフもカード上に作れます。

③切り絵

デザインナイフを使った繊細な切り絵も、名刺サイズであれば気軽に取り組めます。カーネーションの花はもちろん、慣れている方は文字をくり抜くこともおすすめのアイデアです。

切り絵の台紙に使う紙は単色でももちろん可愛いですが、モノトーンの紙に切り絵をして模様やグラデーションがついた紙を台紙にしても鮮やかでおしゃれな作品が作れます。プレゼントの包装紙とお揃いのデザインにしても可愛いです。

④クラフトパンチ

100均や手芸用品店で手に入る小ぶりなクラフトパンチは、名刺サイズのカードの中に配置すると存在感があります。クラフトパンチで切り抜いたパーツを貼り付けるという簡単な作り方なので、カード作りに慣れていない方でも気軽に取り組めます。

クラフトパンチを使ったカードの作り方

  1. お好みの紙をクラフトパンチでくり抜く。
  2. カードに1.のパーツを貼り付ける。
  3. 2.にメッセージを書いて完成。

【葉書サイズ】母の日におすすめの手作りメッセージカード

①マスキングテープ

オーソドックスな1.5センチ幅のマスキングテープを使ったデザインは、葉書サイズのカードで作ると作りがいがあります。複数のマスキングテープをちぎってランダムに貼るだけでも様になりますが、カーネーションやハートに見立ててマスキングテープを配置してもおしゃれです。

もちろんマスキングテープを細かくカットして、モザイクのようなデザインも可能です。細かいマスキングテープを貼る際は、ピンセットを使うと調整がしやすいです。おすすめのマスキングテープについては以下の関連記事をご覧ください。

②ステンシル

色の組み合わせやグラデーションが映える華やかなカードを作りたい場合、グラデーションがおすすめです。鮮やかな色でモチーフを配置しても良いですが、淡めの色でカード全体にデザインして鮮やかな色で一言書くという作り方もバランスよく仕上がります。

③ちぎり絵

家に折り紙やラッピングペーパーが余っている場合、作り方が簡単なちぎり絵のカードもおすすめです。紙を細かくちぎって下書きしたモチーフに配置しても良いですが、粗くちぎってハートや花に見立ててカードに配置することも素朴でおすすめです。

ちぎり絵のカードの作り方

  1. あらかじめカードに下絵を描き、お好みの紙をちぎっておく。
  2. 下絵に合わせてちぎった紙を貼っていく。
  3. 紙の上から木工用ボンドや透明なグリッターグルーを塗り、よく乾かす。
  4. 周りを余った紙やグリッターグルーで装飾する。
  5. メッセージを書いて完成。

④似顔絵

お絵描きが好きな方は、カードに描いてプレゼントするのにおすすめの方法です。本格的に色鉛筆や絵の具を使って描いても、ペンやクレヨンでポップに描いても良いプレゼントになります。

若々しく可愛く書くと、少しシャイなお母様でも喜んでくれます。子どもの頃に戻った気持ちで、笑顔のお母様を描くことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【ポップアップ】母の日におすすめの手作りメッセージカード

①一輪のカーネーション

白いカードから赤いカーネーションが飛び出てくるデザインのカードは、オーソドックスかつインパクトがあります。真ん中にカーネーションを配置したら、それに合わせて周りをデザインしておしゃれなカードを作りましょう。

カーネーションのポップアップカードの作り方

  1. 赤い画用紙をカーネーションの花びらになるようにカットする。
  2. 1.の根元に緑の画用紙でガクをつけ、縦半分に山折りする。
  3. 2.の両端を谷折りする。
  4. カードにカーネーションの茎や、周りの模様になる画用紙を貼り付ける。
  5. 3.のカーネーションを配置し、メッセージを描くなどして仕上げる。

②花束

三角形の紙を飛び出す部分の土台にすると、花束のカードも簡単に作れます。カーネーションに限らずお母様の好きな花を組み合わせて配置しても喜ばれます。花束とのバランスをみて周りにも花を配置し、華やかなカードにしましょう。

花束のポップアップカードの作り方

  1. クラフトパンチなどを使って、あらかじめ花のパーツを用意しておく。
  2. 花束のパーツにあたる画用紙をカットし、縦半分に山折りする。
  3. 花束の端を山折りする。カードに1.で用意した花を配置する。
  4. カードに1.で用意した花を配置する。
  5. カードの折り目に重なるように2.の画用紙を貼り付けて仕上げる。

③ハート

ハートが飛び出すカードは、ポップアップカード初心者でも簡単に作れます。ハートの真ん中に手書きでメッセージを書くこともおすすめです。ハートをかたどるように花を配置しても、よりおしゃれなカードになります。

ハートのポップアップカードの作り方

  1. 画用紙をハートに切り抜き、半分に山折りする。
  2. 1.の両端を谷折りする。
  3. 2.のハートやカードに装飾をする。
  4. ハートの2.で折った部分とカードをのり付けして仕上げる。

④文字をポップアップ

ペーパークラフトに慣れている方は、文字を切り抜いてポップアップさせることに挑戦しましょう。慣れていない方でもアルファベット型に文字を切り抜くことは、比較的簡単でチャレンジしやすいです。

文字がポップアップするカードの作り方

  1. あらかじめ文字の形に画用紙をカットする。
  2. 台紙に貼り付けるなどして文字のパーツを1つにまとめる。
  3. 2つ折りにしたカードの真ん中に切れ込みを2箇所入れ、それに合わせて中心の折り目を山折りにする。
  4. カードを装飾し、2.の文字のパーツを配置する。

【こんな材料で】母の日におすすめの手作りメッセージカード

①リボン刺繍

赤やピンクの刺繍糸を使うと、カード上に花を表現できます。花の種類によって刺繍糸の太さやステッチの数を変えると、より本格的でおしゃれな印象になります。普段の裁縫と要領はあまり変わらないので、作り方も簡単です。硬い紙や分厚い紙には針をゆっくり通すことが安全に作るためのポイントです。

紙刺繍のカードの作り方

  1. あらかじめカードに下絵を書いておく。
  2. カードの裏側から刺繍糸を通し、刺繍していく。
  3. 刺繍が終わったら、周りを装飾して完成。

②水引

花に見立てて水引きを結んでカードに配置しても、簡単におしゃれなカードが作れます。和風のデザインにすることはもちろん、ポップなデザインでもしっかり水引きが映えます。

③押し花

やっぱり花のカードをプレゼントしたいという方は、押し花をカードに配置することがおすすめです。作ってる途中で花が崩れないように、ピンセットなどの道具を活用することが作り方のポイントです。

ボンドで止めることも可能ですが、茎の部分をまとめてシンプルなマスキングテープで貼ると、花束のような印象を出せます。もちろんカーネーションの押し花を使うとより母の日らしい印象が出せます。

押し花の花束のカードの作り方

  1. 押し花の茎が重なるように、カードに配置する。
  2. 押し花をところどころ木工用ボンドで固定する。
  3. 押し花の茎の重なっている部分のにマスキングテープを重ねて配置する。
  4. 周りを装飾し、メッセージを書いて完成。

手作りメッセージカードの作り方にチャレンジして母の日に贈ろう!

感謝を伝えるカード

母の日の手作りカードは、さまざまな材料で作れます。作り方が簡単なものも多いので、プレゼントに添えて感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでょうか。母の日におすすめのプレゼントを詳しく知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。