Large thumb wijdan mq h5yirxdukto unsplash

今年はいつ?【2020】父の日・母の日のキホン総まとめ&定番プレゼント6選!

更新:2020.11.12

今年の父の日と母の日がいつか、わからない方も多いでしょう。今回は、父の日と母の日の日付や由来についてまとめてみました。また父の日と母の日におすすめの、人気があるプレゼントも取り上げてみましたので、どうぞ併せてご覧ください。

今年の父の日と母の日はいつ?

①父の日は6月21日

今年の父の日は、6月21日になります。正確にいえば、父の日は毎年6月の第3日曜日と決まっているのです。クリスマスやバレンタインデーと違って毎年日付が変わるので、今年の父の日がいつなのかわからなくなってしまうのは毎年恒例ですね。父の日の盛り上がり方が母の日より地味になりがちなのは、これも理由です。

父の日が毎年6月15日から21日に来ることを覚えておけば、父の日のお祝いがしやすくなります。6月が来れば思い出して準備を始めれば、父の日には間に合います。もし余裕がない場合でも、お父様にせめて感謝の言葉は伝えておきましょう。きっとお父様に喜んでもらえますよ。

②母の日は5月10日

今年の母の日は、5月10日になります。厳密には、母の日は毎年5月の第2日曜日と決まっています。日付を忘れないようにするためには、母の日はゴールデンウィークが明けてすぐの日曜日と覚えておくと良いでしょう。これだけ頭に入れておけば、忘れずにプレゼントの準備ができますよ。

かつての日本では、5月ではなく3月6日が母の日とされていました。これは1931年からのことであり、当時の皇后様の誕生日でした。森永製菓等の普及活動によって、1937年ごろから日本で一般化しました。日本でも5月の第2日曜日になったのは、終戦後の1947年のことです。

父の日と母の日の起源や由来は?

①父の日の始まりは1909年|ソナラ・ドッドさんの活動が由来

父と娘

父の日の始まりは1909年で、ソナラ・ドッドさんの活動が由来です。アメリカ人の彼女が、母の日だけでなく父の日も祝ってほしいと考えたことが起源です。6月生まれの父親のために教会の牧師にお願いして、6月19日の第3日曜日に父の日を記念する礼拝を行ってもらいました。

彼女の父親は南北戦争の帰還軍人で、母親を亡くした彼女を5人の兄弟とともに、男手一つで育てました。彼女が父親の墓前に白いバラを供えたことで、バラの花が父の日のシンボルの花になっているのです。父の日のプレゼントには、バラの花を選んでみることもまた一興ですよ。

②母の日の始まりは1908年|アンナ・ジャービスさんの活動が由来

母と娘

母の日の始まりは1908年で、アンナ・ジャービスさんの活動が由来です。5月が命日であった母のジャービス夫人への追悼の意味を込めて、5月の第2日曜日の10日に教会で礼拝を行いました。アンナさんの粘り強い活動の結果、1914年には5月の第2日曜日が国民の祝日になりました。

ジャービス夫人は、地域の医療や衛生環境の改善のために社会運動家として活動していました。カーネーションが母の日のシンボルになっている理由は、アンナさんが追悼礼拝で母の愛した白いカーネーションを参加者に配ったからです。定番の赤いカーネーションを、母の日に贈りませんか?

父の日に人気の定番プレゼント3選!

①お酒

ジョッキに入ったビール

父の日のプレゼントとして、お酒は大変人気があります。一般的に言って、成人の娘と一緒にお酒を飲みたいお父様は多いのです。疲れ気味の毎日に、お酒を欠かせない癒しにしているお父様もいます。ゆえにお父様の酒の好みを調べてプレゼントすると、喜ばれること請け合いですよ。

お酒のプレゼント選ぶ際のコツは、ただのお酒でなく逸話のあるお酒を選ぶことです。父の日の話題が盛り上がって、酒も味わい深くなりますよ。普段はお父様とコミュニケーションをとる機会が少ない方も多いかもしれませんが、お酒を通して話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

②食べ物

肉料理に野菜の付け合わせ

父の日のプレゼントとして、食べ物も人気のアイテムです。食べ物は食べればすぐ無くなるので、消え物と呼ばれています。消え物のプレゼントは受け取る側の負担感も少ないので非常におすすめです。父の日にめったに食べる機会のないグルメを贈ってみるのも良いでしょう。お父様の好みを調査して選べば、きっと喜ばれますよ。

お父様の好みの他にも、年齢や病気のことも考慮しましょう。例えば、お父様が高血圧ならば、塩辛いものは避けましょう。糖尿病持ちのお父様には、甘いものはやめておくことも大切です。長期保存が可能なものを選ぶことも必要ですので、定番の食べ物を贈るなら工夫をしましょう。

③生活雑貨

父の日のプレゼントとして、生活雑貨もまた人気のアイテムです。生活必需品の各種雑貨は、実用性の高さからプレゼントの定番になっています。生活雑貨の父の日のプレゼントにする場合には、お父様の趣味をチェックしておくことをおすすめします。きっとより一層喜ばれますよ。

バスタオルやフェイスタオルなどのタオルは生活必需品ですので、父の日にプレゼントすれば重宝されるでしょう。おしゃれ好きのお父様には、ファッション雑貨を贈ることが一番です。お酒をプレゼントする場合には、一緒にグラスをプレゼントすることもおすすめします。

母の日に人気の定番プレゼント3選!

①カーネーション

赤いカーネーション

母の日のプレゼントとして、カーネーションは定番として大変人気があります。色は赤やピンクが定番ですが、最近では紫も好まれるようになっています。生花なら枯れてしまうのが気になる場合には、カーネーションの造花やプリザーブドフラワーを選ぶことがおすすめです。

母の日のプレゼントといえば、毎年何を贈るべきかが悩みの種ですよね。こちらに母の日におすすめの定番のプレゼントを、予算別にカテゴライズしてまとめている記事があります。母の日についての基本的な概要についても、同時に解説してありますのでどうぞ併せてご覧ください。

②和洋のスイーツ

マカロンの画像

母の日のプレゼントとして、和洋のスイーツも人気のアイテムです。たまには甘いお菓子で、息抜きをしたいと思うお母様も多いのです。母の日にスイーツを贈れば、お母様も癒されますよ。家族全員で食べる大容量のものでも良いですし、お母様だけのおやつとして一人前の詰め合わせのものでも良いのです。

重要なことは、お母様の好みをしっかりと確認しておくことです。そもそも和洋菓子は、好みが分かれやすいものです。お母様に糖尿病がないことも、確認しておきましょう。以上の点を踏まえておけば、和洋のスイーツは母の日のプレゼントとしておすすめできます。

③ノンアルコールの飲み物

カモミールのハーブティー

母の日のプレゼントとして、ノンアルコールの飲み物もまた人気のアイテムです。ノンアルコールの飲み物ならば、好みさえ気をつければお母様に飲んでいただけますよ。飲み物のセットには果物のジュースに限らず、お茶や野菜ジュースのセットなどの多様なセットがあります。

母の日には、お母様の年齢に合わせてプレゼントを選ぶことも素敵です。母親の年代別のおすすめのプレゼントに関する記事が、ここにあります。ギフトの種類を定番から変わり種まで、幅広く取り揃えてあります。母の日のプレゼントにお悩みの方は、どうぞ併せてご覧ください。

今年の父の日と母の日がいつかを確認しよう!

父の日と母の日が今年はいつかを確かめて、プレゼントの準備をしましょう。母の日のプレゼントの、赤いカーネーションは最大の定番ですが、父の日のバラの花はあまり知られていないのです。しかし父の日の由来に関係した花ですので、黄色いバラのプレゼントもおすすめです。

元々父の日とは、母の日だけでは寂しいというアメリカ人女性の思いに由来するイベントですので、今年はしっかりお祝いしましょう。もちろん、母の日のお祝いも忘れずにしましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。