Large thumb anna atkins rnbaaxyewwm unsplash

雨でも魅力満載!雨の日キャンプを絶対に楽しめるおすすめの方法まとめ!

更新:2020.12.02

「せっかくキャンプを予定していたのに、雨が降ってしまった!」残念ながら、そんな事態に遭遇することもありますよね。この記事では、そんな時に役立つ、雨の日のキャンプの魅力や、雨の日キャンプを絶対に楽しめるおすすめの方法をご紹介しています。参考にしてみてください。

【アクティビティ編】雨の日でもキャンプを楽しむおすすめの方法3選!

①テント内でトランプやボードゲームなどを楽しむ

雨の日でもキャンプを楽しめるおすすめの方法として、「テント内でトランプやボードゲームなどを楽しむ」があります。このアクテビティは、テント内で行うことができるので、雨に濡れる際の心配をしなくて良い点が魅力的です。定番のトランプや、モノポリーなどのボードゲームは、友達とやってみると意外と盛り上がります。

複数で雨のキャンプに来て、屋内でもみんなでワイワイ盛り上がりたい!というタイプの方には、こちらのアクティビティをおすすめします。トランプやボードゲームは、持ち物としても場所を取らないので、初心者にも嬉しいですね。

②雨の日ならではの虫にも出会える自然観察

雨のキャンプで、「雨の日ならではの虫にも出会える自然観察」をしてみるというアクティビティを楽しむことができます。晴れの日になかなかお目にかかれない、雨の日だからこそ出会える虫たちが、キャンプ場やその付近には沢山いるはずです。

雨もそこまで強くなく、視界もある程度確保できるくらいの雨なら、レインコートを羽織ってゆっくり自然散策をしてみましょう。傘があれば傘もさしながら、ゆっくり歩くのがおすすめです。見たことのない、珍しい虫の姿をカメラに収められる、そんなラッキーなシーンも訪れるかもしれませんよ。

③テント内や椅子に座ってゆっくり読書

「テント内や椅子に座ってゆっくり読書」というアクティビティもおすすめです。キャンプに出かける前に、ぜひ自分のお気に入りの本を何冊か荷物に忍ばせておきましょう。雨の音を聞きながら、テントや野外に設置した椅子に座って、ゆっくり読書を楽しむ、というのはまた格別です。

準備する本も、文庫本などの小さなサイズにしておけば、荷物の邪魔になることもありません。このアクティビティは、野外で雨に濡れることなく、また一人でも楽しむことが可能です。ぜひ普段ではなかなか楽しめない、贅沢な時間の過ごし方を体験してみてくださいね。

【料理・メニュー編】雨の日でもキャンプを楽しむおすすめの方法3選!

①煮込み料理を作る

雨の日のキャンプでの楽しみ方の料理・メニュー編として、「煮込み料理を作る」という方法があります。やはり、雨の日と言うと、普段と比べて気温が落ち、肌寒く感じることが多いですよね。そんな時にやっぱり料理したくなのが、温かな煮込み料理です。

この煮込み料理の魅力は、食材もシンプルで良く、料理方法も食材を切って煮込むのみという、その手軽さです。そのため、キャンプ初心者の方でも気軽にトライできます。雨の日のキャンプでも、心と体を芯から温めてくれる、そんな煮込み料理を作ってみましょう。

②ガス式コンロでバーベキュー

雨の日のキャンプの楽しみ方の料理・メニュー編として、「ガス式コンロでバーベキュー」というメニューもおすすめです。この方法も、コンロを用意してその上で切った食材を焼くだけ!という、手軽さが魅力と言えます。また、バーベキューは、ちょっとしたアクティビティにもなりますので楽しいですよね。

雨の日のガス式コンロの使用には、必ず雨で濡れないタープ内で行う、などいつくかの注意が必要ではありませんが、初心者でも十分楽しむことができます。キャンプの際の定番メニューでもあるバーベキュー、雨の日だからこそトライしてみるのもおすすめです。

③燻製料理を楽しむ

雨の日のキャンプで、燻製スモーカーを持ち込んで「燻製料理を楽しむ」という楽しみ方もできます。燻製とは、肉や魚などの食材をスモークし、独特の香りを楽しむ食べ方です。この燻製は、スモーカーとチップの準備・食材の準備さえあれば、簡単にできてしまうメニューです。

雰囲気のある雨のキャンプ場で、いつもとは違うメニューを味わいたい!という方にはかなりおすすめです。やってみるとかなり簡単なので、初心者の方も、ぜひ挑戦してみてくださいね。

下記関連記事では、初心者でもOK!の「キャンプでできるおすすめの簡単料理15選」を分かりやすくまとめています。キャンプでの料理って準備なんかも大変で、難しそう、と感じる方も多いかもしれません。しかし、中には簡単にできてしまうメニューや、キャンプ料理ならではの魅力もあります。チェックしてみましょう。

雨の日だから楽しめる雨の日のキャンプの魅力とは?

①いつもより静かな時を過ごせる

何と言っても、「いつもより静かな時を過ごせる」というのが雨の日だから楽しめるキャンプの魅力と言えるでしょう。雨の日のキャンプ場は、やはり晴れの日の時に比べて人出も少ないはずです。また、他に人がいたとしても、野外で騒いでアクティビティをする、という人はなかなかいません。

このため、普段はガヤガヤしがちな人気のキャンプ場だったとしても、静かな時を過ごすことができます。いつも忙しくしていて、落ち着いた時間を過ごしたい方におすすめです。

②気の置けない仲間や家族と語り合える

仲間

「気の置けない仲間や家族と語り合える」というのも、雨の日のキャンプの魅力です。雨が降っているからこそ、予定していたアクティビティをキャンセルし、お互いに語り合う時間をもつことができます。これには、何の準備もいりませんし、道具もいらないので、すぐに楽しめます。

外の雨の音に耳を傾けながら、目の前の大事な人とより深い絆を深めてみるのはいかがでしょうか?普段ではなかなか踏み込んで聞けない話や、意外な本音を聞けることになるかもしれませんよ。仲の良いカップルにももちろんおすすめします。

③雨ならではの景色を楽しめる

雨の日のキャンプ場の景色というのは、晴れの日の景色とまた一味違います。そのため、「雨ならではの景色を楽しめる」というのも雨の日のキャンプの魅力の一つに数えられるでしょう。雨に濡れた地面や木々の様子はもちろんですが、雨が上がった後の空の景色は格別です。

運が良ければ、雨が上がった後に綺麗な虹を楽しむこともできるかもしれませんね。また、一雨降って、カラっと晴れた空には何とも言えない風情があります。ぜひ雨の日にしか味わえない、美しい景色を楽しんでみてください。

雨の日のキャンプで注意したいことは?

①キャンプサイトの状況をしっかり把握

雨の日にキャンプを決行することは可能ですが、その場合、キャンプサイトの状況をしっかり把握することは徹底しておきましょう。例えば、地面はどれくらい濡れているのか?山が近い場合は、地崩れなどの心配はないか?などの点に特に注意しておきます。

また、合わせてキャンプ中の天気予報もチェックしておき、雨量が増しそうな場合は、サイト内の避難経路なども念のためチェックしておくと安心です。特に、お子様連れのご家族の場合、大人が子供の安全を確保する、というのは必須です。天気は急に変わりやすいという特性があるので、注意してくださいね。

②タープなどのアイテムは必ず用意しておく

雨の中でも料理をしたり、他アクティビティを楽しむつもりの人は、タープなどの風・雨よけになるアイテムを必ず準備するようにしておきます。タープがあれば、少々の風・雨ならしのぐことができます。しかし、あまりに雨が強い場合などは、撤去した方が安全な場合もありますので、注意してくださいね。

③あまりの雨量の場合は車などでの待機も

雨の日のキャンプを決行後も、あまりに雨量が高まった場合は、車での待機なども視野に入れておきましょう。テント内ではなかなか外の雨の様子が分からなかったりするので、注意が必要です。あまり敏感になりすぎる必要もありませんが、常にその時の雨の様子に注意を払って、柔軟な対応をできるようにしておきましょう。

初心者必見!雨の日のキャンプの前にできる準備3選!

①着替えやタオルを準備する

タオル

雨の日のキャンプに備え、事前に着替えやタオルを準備しておきましょう。テント内で過ごしたとしても、移動の際などに雨に濡れることは避けられません。雨量にもよりますが、場合によっては着替えも必要になるかもしれません。タオルも1枚ではなく、複数準備するよう注意してくださいね。

②防寒対策をしっかり行う

防寒

特に冬場の雨の日のキャンプでは、気温が下がることも予想されますので、防寒対策をしっかり行うようにしましょう。例えば、ダウンジャケットやレインコートを用意したり、手袋やニット帽を準備することもできます。初心者の場合は、なるべく多く防寒対策グッツを備えておいた方が無難だと言えるでしょう。

③大きめのビニール袋を準備しておく

雨に濡れてしまった着替えやタオルを入れるため、大きめのビニール袋を準備しておくこともおすすめします。スーパーの袋や、大きなサイズの方が使いやすい場合は、ゴミ袋でも構いません。袋に穴が開いてないか?にしっかり注意してくださいね。このように、雨に濡れた後のことについても考えておくと後々安心です。

魅力溢れる雨の日のキャンプを存分に楽しもう!

キャンプ初心者にはハードルが高いように思えるかもしれませんが、実は雨の日のキャンプには、沢山の魅力があります。もちろん、料理できるメニューが限られたり、注意点も複数あったりなどはありますが、普段のキャンプでは楽しめないことを楽しめるという醍醐味があるのも確かです。

キャンプ初心者で、今まで雨のキャンプには挑戦したことがない!という方も、この記事内容を参考にして、魅力溢れる雨の日のキャンプを堪能してみてくださいね。

下記関連記事では、「キャンプの便利グッズ15選」をご紹介しています。キャンプに行った際に、あると便利なアイテムばかりが集められています。キャンプで使える、実践的なアイテムをぜひ知りたい!色んなアイテムを比較検討したい!という方にはおすすめの内容です。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。