Large thumb shutterstock 537583432

キッチン作業台のDIYアイデア13選!おしゃれなカウンターを簡単に手作り!

更新:2020.03.28

キッチンは意外と物の数が多く、作業する場所がないとお困りの方も多いのではないでしょうか。そんな方には、キッチンに作業台をおくことをおすすめします。ここでは初心者でもできる、キッチンの作業台簡単DIY法についてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

材料別!簡単キッチン作業台のDIY方法

①すのこ

すのこは様々なものを作ることができる便利なDIY素材ですが、キッチンの作業台も簡単に作ることができます。すこはは簡単に100均などでも手に入るので、ぜひ挑戦してみて下さい。天板にタイルやタイルシールを貼れば、雰囲気が出て作業台らしくなりますよ。

すのこなので、あまり耐荷重は期待しないほうがいいでしょう。力を入れることは避けたほうが無難です。棚板は収納ボックスを入れれば、収納棚にもなりますよ。簡単に作れるので初心者の方にもおすすめです。

すのこ作業台材料

  • 背板用すのこ1枚
  • 側板用すのこ2枚
  • 天板用ベニヤ板1枚
  • 棚板用ベニヤ板数枚(好きなだけ)
  • タイルやタイルシール

すのこ作業台の作り方

  1. 背板と側板のすのこを組み立てたら、養生テープで固定する
  2. 背板と側板のすのこをビス止めする
  3. 天板用のベニヤ板をすのこに固定する
  4. 内側の桁に側板用のベニヤ板をのせる
  5. 天板用のベニヤ板にタイルやタイルシールを貼る

②カラーボックス

カラーボックスを使ったキッチン作業台の作り方をご紹介します。カラーボックスは、天板を支える柱部分になりますが、そのまま置いておいても収納棚にもなるので、とても便利なDIYアイテムです。

カラーボックスを組み立てたら、背板を後ろにして並べます。2つのカラーボックスが接する側板の上下にDIY用の強力な両面テープで貼り合わせ、背板の部分にも両面テープを貼り付けたら、カットしたベニヤ板を固定します。最後に天板を置き、金具でしっかりビス止めしたら完成です。

カラーボックスを利用したキッチン作業台の材料

  • カラーボックス2個
  • 天板用板1枚
  • 背板用ベニヤ板1枚
  • DIY用強力両面テープ
  • 天板取付用金具

カラーボックスを利用したキッチン作業台の作り方

  1. カラーボックスを組み立てて、2個を両面テープで貼り合わせる
  2. 貼り合わせたカラーボックスの背板部分に、ビス又は両面テープでベニヤ板を固定する
  3. カラーボックスの上に天板用の板を載せ、金具で固定する

③ラブリコ・ディアウォール

人気のラブリコやディアウォールを使えば、キッチン作業台を簡単に作ることができますよ。作り方は、ラブリコやディアウォールで設置した柱部分に、幅広の棚板を設置すれば完成です。金属製の棚受けを付けることで強度が増しますので、調理台として使用することも可能です。

ラブリコは棚板の位置や数も自由に設定できるので、棚板を数枚設置して収納棚として使用することもできますので便利です。作業台用の棚板の幅が広く、キッチンには合わないという方には、折りたたみ式の棚受けがおすすめです。折りたたみ式に変えることで、狭い幅にもぴったりの調理台兼作業台が作れます。

ラブリコ・ディアウォールを使ったキッチン作業台の材料

  • ラブリコ又はディアウォールのアジャスター1組
  • 柱となる木材2本
  • 棚板になる木材数枚
  • 金属製の棚受け(折りたたみ式だと便利)1個

ラブリコ・ディアウォールを使ったキッチン作業台の作り方

  1. ラブリコ(又はディアウォール)のアジャスターを柱になる木材に固定する
  2. キッチンカウンターを作りたい場所に、柱を立てて設置する
  3. 作業台用の棚板を設置する高さに、棚受けを設置する
  4. 棚板用の木材を棚受けにビス止めする

【キッチンと一体式】キッチン作業台の簡単DIYアイデア4選

①カラーボックスを使う

カラーボックスを使ったキッチン作業台は、キッチンに置いてある細々したものを、一気に収納してすっきりしたいという方におすすめです。カラーボックスの中にデザイン性のある収納ボックスを入れれば、外側から見えずにおしゃれな印象のキッチンにもなりますよ。

②対面式の調理台で小さい子供がいても安心

小さなお子さんがいるご家庭におすすめなのが、手作りの作業台を対面式に設置することです。対面式なので、見守りが必要な小さなお子さんの様子を見ながら、食事作りができますよ。作業台の裏にはテーブルと椅子を置けば、食事スペースも作れます。キッチンから作り立ての料理をすぐに運べて便利ですよ。

③キッチンカウンターの下に新たな作業台をDIY

キッチンカウンターのすぐ下に、もうひとつ低い作業台を作ることで、子供が一緒に作業できるお手伝い用の調理台ができます。対面式なので、お母さんが食事を作りながら、子供の勉強を見るのにも便利ですね。

④引き出しタイプ

天板の下にもう一枚の板を引き出して使うようにすれば、作業をするスペースが広がって便利です。調理台として利用する際も、子供のお手伝いにも夫婦で料理する時にもおすすめです。使わない時は収納しておけるので、スペースが気になる方も安心ですね。

【独立式】キッチン作業台の簡単DIYアイデア3選

①忙しい時に便利なカウンターテーブル

キッチンとリビングの間に手作りの作業台を設置することで、カウンターテーブルのように使えます。普段はキッチンの調理台や作業台として使用できますし、軽く食事を済ませたい時や忙しい合間に一息つく場所としてもおすすめです。

折りたたみ式の椅子は、使わない時はコンパクトに収納できるので場所も取りません。カウンター下には、収納場所もあるので、キッチンの細々したものを片付けることもでき、限られた空間を活用できるアイデアです。

②折りたたみ式のバタフライテーブル

天板を折りたたみ式のバタフライテーブルに手作りしましょう。折りたたみ式は、限られたスペースを有効活用したい方におすすめです。折りたたみ式にすることによって、オンオフのスペースの確保ができ、狭い場所でも有効に活用できますよ。

折りたたみ式作業台の材料(天板のみ)

  • 天板用板2枚(大・小)
  • 平蝶番各2個(天板用・支え用)

折りたたみ式作業台の作り方

  1. 天板用の2枚の板を蝶番で固定する
  2. 側板に天板を支える板を蝶番で固定する
  3. 側板と天板を固定する

便利な折りたたみ式のテーブルの作り方をもっと知りたいという方には、こちらの記事がおすすめです。限られたスペースだけではなく、持ち運びにも便利な折りたたみ式のテーブルを、簡単に手作りするDIY法をご紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

③シンプソン金具

木材を四角の枠組みに並べて、シンプソン金具をはめ込んでビス止めしていくだけで、簡単に手作りのキッチン用作業台が作れます。シンプソン金具は、2×4材を使って、様々な手作り家具が作れる便利なDIYアイテムです。キッチンの調理台が足りない時など、重宝できますよ。

シンプソン金具を使ったキッチン作業台の材料

  • それぞれカットした2×4材計12本
  • シンプソン金具8個
  • ビス
  • 天板用板1枚
  • 棚板用板1枚

シンプソン金具を使ったキッチン作業台の作り方

  1. カットした木材を組み立てて、四角のフレームを2個作る
  2. 2個のフレームを木材でつなぐようにセットし、枠組みが完成したら、シンプソン金具を設置
  3. 天板用板と棚板を設置したら完成

【可動式】キッチン作業台の簡単DIYアイデア3選

①隙間収納にもぴったり

可動式のキッチン作業台は、使いたい時に使いたい場所に持ってきて使えるので便利です。幅を細くすれば、隙間収納にもぴったりなので、コンパクトに収納しておけますよ。カットした板をペイントして、おしゃれなタイルを貼れば、北欧風の家具が簡単に作れます。

作り方は、すのこの作業台の作り方をご参考にしてください。可動式にする場合は、土台の床板にキャスターを取り付けます。ストッパー付きのキャスターにすれば、動かないようにすることで調理台として使用する時に安心ですよ。

②アウトドアにも便利

可動式にすれば、アウトドアの使用にもおすすめです。こちらの作業台は、収納スペースを増やすアイデアとして、天板が上に上がるようになっていて、使用する道具の片付けに便利です。また調理台として、バーベキューの時など大活躍してくれそうですね。

ナチュラルな風合いは、オルステインという塗料を使って雰囲気を出しています。それだけで、アウトドア向けのおしゃれな作業台になります。オイルステインは初心者にも簡単に使える塗料です。下記の記事で、どんな塗料なのか、どのように使うのかなど詳しく説明していますので、参考にしてくださいね。

③使い勝手も抜群

あまり大きなものは置く場所がないが、ちょっと作業する場所が欲しいという方におすすめなのが、コンパクトで可動式の作業台です。キッチンワゴンのように、動かして使うことができ、収納場所も考えて手作りすることで、狭いスペースも便利に使うことができますよ。

サイドに取っ手をひとつ付けておけば、動かすときにも便利です。カットした板はオイルステインを塗って、今風のおしゃれな感じを演出しましょう。一枚板を使わずに幅の狭い木材を並べて棚板を作ることで、よりおしゃれな作業台になっています。

【置くだけ簡単編】キッチン作業台の簡単DIYアイデア3選

①カラーボックスの上に天板を置くだけ

置くだけで簡単に作業台を作るアイデアも、初心者の方におすすめです。カラーボックスを使えば、工具は一切使わずにあっという間に作業台兼調理台が手作りできますよ。

カラーボックスを使用したキッチン作業台の材料

  • カラーボックス2個
  • 天板用板1枚
  • 滑り止めシート

カラーボックスを使用したキッチン作業台の作り方

  1. 土台となるカラーボックスを作業台を設置したい場所に置く
  2. カラーボックスの上板に滑り止めシートを両面テープで貼りつける
  3. 天板用の板を置く

カラーボックスはそれだけで収納スペースが確保できるので、便利なDIY素材ですが、そこへ100均のワイヤーラックを設置することで、隙間スペースも収納場所に変身します。100均には他にも便利なワイヤー素材が置いてありますよ。下記の記事でも、様々な商品をご紹介しているので、ご参考にしてください。

②ソーホースブラケット

ソーホースブラケットとは、2×4材に専用の金具を設置することでテーブルなどの足部分を簡単に作れるDIY素材です。木材を挟み込んで設置するので、基本ビス止めも不要です。使わない時は、それぞれを取り外して折りたたみ収納ができるので、スペースも取らず、どこでも使える簡易テーブルとしても重宝できますよ。

ソーホースブラケットを使った作業台の材料

  • ソーホースブラケット4セット
  • 脚用木材8本(テーブルの高さから-75mmのもの)
  • 天板用板1枚
  • 天板に取り付ける木材2本
  • L字金具4~6個程度

ソーホースブラケットを使った作業台の作り方

  1. 作業台の脚に使用する木材にブラケットを固定する
  2. 天板用の板にブラケットを挟む木材をL字金具で固定する
  3. 天板用の木材にブラケットを付けた作業台の脚を挟み込む

③既存の家具に天板をのせるだけ

既存の家具でちょうどいいものがあったら、その上に天板をのせるだけで、簡単に調理台兼作業台が手作りできますよ。材料も天板の板一枚のみです。滑り止めシートを使えば、釘打ちも不要なので誰でも簡単に作れます。

簡単DIYで便利な自分好みのキッチン作業台を作ろう!

自分好みの作業台でキッチンを便利に

ちょっとしたアイデアでキッチンは便利でおしゃれになれます。作業台のDIYというと難しそうですが、置くだけで簡単な手作りテーブルのアイデアがいくつもあり、初心者の方でも作れそうなものばかりです。キッチンの作業スペースがないとお困りの方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。