Large thumb shutterstock 454727845

【トイレ×100均】簡単おしゃれなDIYを実現!場所別リメイク方法をご紹介!

更新:2020.03.28

トイレは毎日使うからこそ、自分好みにしたくありませんか?最近は100均にDIYグッズがたくさん売られており、トイレのDIYも100均グッズでできてしまいます。今回は100均グッズを使用したおしゃれなトイレのDIY方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね!

タンクレス風|100均グッズを活用したトイレのDIY方法

①突っ張り棒とリメイクシートでタンクレス風

最近のおしゃれなトイレはタンクレスが多いです。ですが、自宅のトイレをタンクレスにするのは費用もかかり簡単なものではありません。そんなときは100均グッズを使って、簡単に手作りタンクレス風トイレにDIYすることができます。

壁に穴をあけたりもしていないので、賃貸のトイレでも簡単におしゃれな空間にできるのも良いですね。古いタンクありのトイレも最新のトイレ風にアレンジできます。何よりすべての材料が100均で揃えられるので、費用も1000円前後ででき、コスパも抜群です。

下記の方法であれば、接着剤も必要なく簡単にタンクレス風トイレに手作りすることができます。手洗い周りの天板部分は、手前側をL字型に折ると厚みがあるように見え、手作り感がなくなります。

タンクレス風トイレのDIY材料

  • 突っ張り棒2本(トイレ幅に合う長さ)
  • 突っ張り棒2本(手洗い部分から床までに合う長さ)
  • プラスチックダンボール(手洗い周り分)
  • プラスチックダンボール(便器背面分)
  • リメイクシート(手洗い周り分・便器背面分)

タンクレス風トイレのDIY方法

  1. 手洗い部分の高さに合わせて、突っ張り棒を2本平行に取り付ける
  2. 手洗い周りに付けた突っ張り棒手前側の両端に合わせ、縦に突っ張り棒を床まで垂直に取り付ける
  3. 手洗い周り・便器背面の寸法を測りプラスチックダンボールをカットする
  4. カットしたプラスチックダンボールをはめてみて、サイズを微調整する
  5. プラスチックダンボールにリメイクシートを貼る
  6. 便器背面のプラスチックダンボールをはめ込む
  7. 手洗い周りにプラスチックダンボールを乗せる

②手洗い部分はフォトフレームで囲う

100均に売られているフォトフレームを使って、手洗い部分を囲うアレンジ方法もあります。フォトフレームなら手作りで枠組みする手間もなく、手洗い部分に乗せるだけです。

トイレの雰囲気に合った物や自分好みのものを選べば、とても簡単におしゃれな手洗い場にアレンジできます。フォトフレームも100均に売られているので、タンクレス風トイレにアレンジする際は、+100円でおしゃれな手洗い場にできるのが嬉しいですね。

③カーテンを付けて隠れ収納スペース

手前に付けるプラスチックダンボールをカーテンに変える方法もあります。カーテンにすれば開閉することができ、カーテンの後ろを収納スペースとして使えます。

掃除道具やトイレットペーパーの予備など、カーテンの後ろ側に収納することで生活感を隠すことができ、おしゃれで広々としたタンクレス風トイレになります。賃貸や古いトイレなどで、収納スペースがない場合は、カーテン収納にするのがおすすめです。

こちらの記事ではリメイクシートの貼り方やコツをご紹介しています。初心者でも簡単に貼ることができるので、事前にチェックしてからDIYするのがおすすめです。ぜひ参考にしてみて下さいね!

壁|100均グッズを活用したトイレのDIY方法

①壁にリメイクシートを貼ってアクセントクロス風

100均のリメイクシートを壁紙のように壁一面に貼ることで、アクセントクロスのようになりおしゃれなトイレにアレンジすることができます。レンガ調ならカントリー風、木目調ならナチュラルな雰囲気のトイレなどと、テーマに合わせて簡単にアレンジできるのが良いですね。

材料はリメイクシートのみなので、賃貸でも挑戦しやすいアレンジ方法です。古い壁紙になってくると、壁紙のヒビ割れが気になったり端が剥がれてきてしまうこともあります。そんなときにも、簡単にきれいな壁紙風にリメイクできておすすめです。

②ウォールシールでトイレにもグリーンを

壁紙のように壁全体をアレンジするのではなく、一部分にアクセントを入れたいならウォールシールを使うのがおすすめです。100均にはグリーンやお花のウォールシールが売られており、殺風景のトイレの壁に貼るだけで自然を取り入れることができます。

壁紙のように全体的に貼る手間もかからないので、手軽で簡単です。古い壁紙やトイレの壁紙はシミができやすいです。シミを隠したり、賃貸などの狭いトイレでも場所を取らずに、自然を取り入れた空間にできるのも良いですね。

③壁一面に造花をつければ華やかに

壁紙のようになるリメイクシートやウォールシールよりも存在感のあるアレンジ方法が、造花を壁に貼り付けるといった方法です。壁紙よりも立体感が出て、インパクトのあるトイレにアレンジすることができます。

造花だけでなくフェイクグリーンにしてもおしゃれです。材料のすべてが100均で揃うので、費用が安く済むのが嬉しいですね。プラスチックダンボールを壁に貼り付ける際に画鋲を使用しますが、賃貸で壁に穴をあけたくない場合はマスキングテープを使ってしっかりと貼り付けましょう。

壁一面に造花をつけるDIY材料

  • 造花
  • プラスチックダンボール
  • 接着剤やグルーガン
  • 画鋲やマスキングテープ

壁一面に造花をつけるDIY方法

  1. プラスチックダンボールを壁などのつけたい部分に合わせたサイズにカットする
  2. プラスチックダンボール一面に接着剤で造花をつける
  3. プラスチックダンボールを画鋲やマスキングテープで壁に貼り付ける

こちらの記事では100均に売られている造花をご紹介しています。100均には造花の種類が多く、様々な色やサイズがあるので自分好みのものを選びやすいです。自分好みの造花を使っておしゃれなトイレにアレンジできるよう、ぜひチェックしてみて下さいね!

床|100均グッズを活用したトイレのDIY方法

①床にリメイクシートを貼る

床も壁の様にリメイクシートを貼れば、簡単におしゃれなトイレにすることができます。リメイクシートを貼る前に新聞紙などでトイレ床の型紙を取り、型紙に合わせてリメイクシートを切れば床の寸法に合い、ピッタリと貼ることができます。賃貸や古いトイレの汚れが染みついた床でも、おしゃれにリメイクできておすすめです。

②タイル風ならさらに手間なし

タイル風のリメイクシートであれば、四角いタイルの柄に合わせてトイレの便器周りの床や角まで微調整しやすく、床の隅々まで柄がずれずにサイズを合わせやすいです。この方法なら床の型紙を取らずにそのまま貼ることができ、手間がかかりません。

棚|100均グッズを活用したトイレのDIY方法

①突っ張り棒とリメイクシートで収納棚

賃貸や古いトイレは棚がついていないことが多く、収納に困ってしまいます。そんなときは、100均の突っ張り棒や板を使って収納棚を作ることができます。突っ張り棒を自分で取り付けるので、好きな高さに調整できるのが良いですね。

タンクレス風トイレを手作りした際と同様に、突っ張り棒に乗せるプラスチックダンボールがカウンターのようになるので、手前側をL字に折ると厚みがあるように見え手作り感がでないのでおすすめです。

棚に合わせて背面のみリメイクシートを貼ると、さらにおしゃれに見えます。色の系統を合わせると、トイレの中でも統一感が出て一気におしゃれな空間に仕上がります。

突っ張り棒と板で作る収納棚のDIY材料

  • トイレの幅に合う突っ張り棒2本
  • プラスチックダンボール
  • リメイクシート

突っ張り棒と板で作る収納棚のDIY方法

  1. 棚を作りたい高さに張り棒を2本平行に取り付ける
  2. 突っ張り棒ほ幅に合わせてプラスチックダンボールをカットする
  3. プラスチックダンボールにリメイクシートを貼る
  4. リメイクシートを貼ったプラスチックダンボールを突っ張り棒の上に乗せる

②すのこで収納棚

100均に売られているすのこを使って、収納棚を手作りすることもできます。すのこはナチュラルな木目カラーですが、ペンキを使えば好きなカラーにすることもでき、リメイクシートを貼って柄ありにしてもおしゃれです。

天板・床面に使う小さいサイズのすのこが売っていない場合は、好きなサイズにカットしやすいプラスチックダンボールを使うのがおすすめです。天板と床面に使う分なので、同じサイズにカットしましょう。

100均には小さい木材も売られているので、カットする手間をかけないのであれば小さい木材を2枚使っても良いですね。この方法なら好きなサイズの収納棚を手作りすることができ、トイレの入り口やタンク横など好きな場所に置くことができます。

すのこで収納棚を作るDIY材料

  • すのこ 背面分・側面分2枚・天板分・床面分
  • プラスチックダンボール(天板・床面分に使う小さいサイズのすのこがなければ)
  • 接着剤やグルーガン
  • 必要ならペンキやリメイクシート

すのこで収納棚を作るDIY方法

  1. 色つき・柄ありにするならすのこにペンキで色を塗るorリメイクシートを貼る
  2. 背面・床面・側面・天板とすのこを組み立てて接着剤でフチをくっつけていく

ペーパーホルダー|100均グッズを活用したトイレのDIY方法

①ミニまな板でスマホも置ける便利スペース

100均には小さなまな板や木材が売られています。ミニまな板や木材をペーパーホルダーの上に乗せれば、簡単にスマホなどが置ける便利スペースを作ることができます。

スマホを一時的に置きたいときなど、少しのスペースが欲しいときにあると便利なトイレのアレンジ方法です。賃貸や古いトイレでペーパーホルダーが黄ばんでいる・汚れているといった場合、黄ばみや汚れを隠しつつペーパーホルダーをおしゃれなカウンター風に魅せられるのも良いですね。

ミニまな板でスマホも置ける便利スペースのDIY材料

  • ミニまな板or木材
  • リメイクシート
  • 接着剤(マスキングテープ)

ミニまな板でスマホも置ける便利スペースのDIY方法

  1. ミニまな板or木材にリメイクシートを貼る
  2. 接着剤を直接ペーパーホルダーに付けたくない場合はマスキングテープをペーパーホルダー上部に貼っておく
  3. 接着剤でペーパーホルダーの上にミニまな板or木材を取り付ける

②フチあり小物入れでさらに置きやすく

ミニまな板とリメイクシートを使って棚を作るよりも簡単なのが、フチありの小物入れをペーパーホルダーの上に乗せる方法です。100均にはおしゃれな小物入れが売られており、柄や色がついているものもあります。深さがなく小さいものであれば、ペーパーホルダーの上に乗せるだけで、フチありの便利スペースが完成します。

③フェイクグリーンでホルダー上もインテリアに

賃貸や古いトイレなどのシンプルなペーパーホルダーをおしゃれにアレンジするなら、ペーパーホルダーごとインテリアに変えてしまう方法もあります。100均にはシールタイプのフェイクグリーンが売られており、貼るだけでグリーンにすることができます。

貼り付けたフェイクグリーンの上に動物やキャラクターなどのフィギュアを固定すれば、小さくてもおしゃれなインテリア空間に早変わりします。

100均グッズを賢く使ってトイレをおしゃれにDIYしよう

DIY

100均にはトイレをDIYできる様々なアイテムが売られており、賢く使えば費用もかなり抑えられます。手作りは苦手といった人でも、壁や床はリメイクシートを貼るだけなら手間もかからず、がらりと雰囲気を変えられます。古いお家や賃貸でも手軽にできる方法がたくさんあるので、ぜひ挑戦してみて下さいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。