Large thumb shutterstock 234082579

【究極の選択】ミニマリストにタオルは必要or不要?生活に必要最低限の枚数を調査!

更新:2020.01.12

タオルを何枚持っていますか?ミニマリストに、タオルは必要でしょうか?タオルを使う日常の場面を考えながら、代用製品よりタオルの方が優れているか、便利なのか、ミニマリスト視点で検討しながら、タオルの最低限必要な枚数を考えてみました。

ミニマリストにタオルは必要?

水気を拭うものは必要

バスタブ

手や身体を洗った時に、水気を拭き取るものは必要ですね。ミニマリストは、必要最低限の持ち物でシンプルに暮らしたいと思っていますが、必要なものまで減らしては本末転倒です。最低限必要なタオルの枚数を把握して、使わないタオルが多くあれば断捨離をしてシンプルに過ごしましょう。

水気を拭うにはタオルが優秀

タオル

水気を拭きとる製品は他にもありますが、タオルがいいと考えます。その理由を次の項目で、吸水性、肌へのやさしさ、コスト、シンプルさなどを比較しながら説明していきます。

それぞれの製品にメリットとデメリットがあり、タオルと他の製品を合わせて使うのもありです。ただ、幾種類もの製品を持つよりタオルだけを必要最低限の枚数持つ方が経済的で、収納面でもシンプルです。

ミニマリストにタオルが必要な理由

理由①吸水性に優れている

バスケットの中のタオル

タオルは、吸水性に優れています。押し当てるだけでも、しっかり水分を拭ってくれます。手ぬぐいやハンカチも吸水性はありますが、薄いので、湯上りに身体全体を拭ったり洗い髪をまとめるには物足りず、適していません。

丁寧に水気を拭き取ることはスキンケアの基本です。拭き落としがあると、肌荒れ(特に乾燥肌)の原因になります。若い頃は大丈夫でも、女性は30歳前後からは気を付けておきましょう。肌が荒れるとスキンケアのグッズを増やさなくてはなりません。吸水性のよいタオルを使うことは、日々のシンプルなケアともいえます。

理由②肌にやさしい

赤ちゃんとタオル地

ふかふかのタオルは、肌触りが抜群です。この点においては、綿製品の手ぬぐいやハンカチも優れています。ペータータオルは、手を拭くにはいいですが、お手頃価格の製品は顔にはややごわつきます。ペーパータオルを使うなら、少し値段が高めでも、質の良い柔らかい製品がいいですね。

ジェットタオル(ハンドドライヤー)は家庭用もあり便利ですが、肌にやさしいとはいえないでしょう。ペーパータオルやジェットタオルは、身体や洗い髪用には適しませんね。ヘアドライヤーを使う前に、水分をある程度拭き取っておかなくてはなりません。

理由③収納や洗濯の場所を取り過ぎない

洗濯もの干し

フェイスタオルは数枚持っていてもさほど収納場所を取らず、洗濯量もそれほど増えません。干す場所もあまり取らないのがいいですね。ただ、後で詳しく述べますがバスタオルはボリュームがあって場所を取ります。

バスローブは羽織るだけで湯上りの水気を拭ってくれます。それだけでなく、冬場は保温してくれますので湯冷めしにくく、よいアイテムではあります。ただ、収納に場所をとり、洗濯量を増やし、乾きにくく、干す場所を取るのが難点です。

理由④コスパがいい

コイン

濡れた手を何度も拭くキッチンや手洗い用には、使い捨てのペーパータオルが衛生的です。ただ、手洗い用すべてをペーパータオルにするとコストがかかるので、タオルを使うのが経済的です。速乾性のあるマイクロファイバー生地のものなどをおすすめします。

トイレとキッチン用は別のタオルにするのがいいですね。フェイスタオルの半分サイズのハンドタオルにすれば、洗濯の量はさほど増えず、収納をシンプルにすることができます。または、トイレだけペーパータオルにすれば、コストを抑えることができます。お徳用のキッチンタオルも使えます。

ミニマリストに必要なタオルの枚数

①洗面所用

洗面台とタオル

まず、洗面所に洗顔用のフェイスタオルと手拭き用タオルがそれぞれ別に必要です。(なお、トイレに手洗い所がついている場合はそちらに手拭きタオルを準備します。)洗顔用は、家族の数だけ必要ですね。ここでは、一人暮らしの場合のタオル枚数をカウントしていきます。

必要枚数

  • 2枚

②キッチン用

キッチン

キッチンは何度も手を拭く場所です。衛生面でも、他の手拭きとは別のタオルを準備しましょう。速乾タオルがおすすめです。タオル掛けは、広げて掛けられるものがよく、乾いているところで拭くようにします。

必要枚数

  • 1枚

③湯上り用

入浴

脱衣所には、湯上り用のタオルが必要です。こちらも家族の数だけ要りますね。必ずしもバスタオルでなくてもよく、やや小さめのスポーツタオルもしくはフェイスタオルで体を拭くのがおすすめです。

また、タオルで身体を洗う人は、洗う専用のタオルが必要ですね。ここでは、これはカウントしません。ボディースポンジなどを使わずにタオルを使う人は1枚増やしてください。

必要枚数

  • 1枚

④洗髪用

タオルを髪に巻いた少女

髪を洗う時には、洗い髪をまとめて水分を吸収してもらうタオルが必要です。バスタオルを使う人もいますが、フェイスタオルで十分でしょう。こちらも家族の数必要ですね。

必要枚数

  • 1枚

【合計】最低限必要な枚数

タオル

ここまでの数を合計すると、一人暮らしの場合の枚数は5枚です。来客の手洗い用に新品の1枚を加えて合計6枚です。それから、洗濯ごとの予備を足した枚数が、必要最低限の枚数になります。

予備の枚数は、洗濯頻度と干す場所が乾きやすいかどうかによって変わります。毎日洗濯してその日のうちに乾く場合は、予備はほとんど不要です。最大でもそれぞれ1枚ずつの予備で、合計10枚に来客用(予備は不要)の1枚を足した合計11枚でいいでしょう。ご家族がいる場合は、別々にする分を加えてください。

ミニマリストに必要・不要なタオルの種類は?

フェイスタオルが適している

バスタオル

フェイスタオルは、幅が約30cmで長さが80cm程度のタオルで、タオルというときには、ほとんどの場合フェイスタオルのことです。洗顔用、洗い髪をまとめるのにほどよい長さで、手拭き用にも適しています。身体を拭く場合にも使えます。

ハンドタオルも便利

ハンドタオル干し

ハンドタオルは、フェイスタオルの約半分サイズのタオルです。一人暮らしで日中働いている場合は、洗面所などの手拭きタオルはハンドタオルで十分で、洗濯量を少し減らすことができます。

フェイスタオルを2等分して端を縫い、ハンドタオルを作ることもできます。手拭きタオル2枚をハンドタオルサイズにすれば、使用枚数はフェイスタオル4枚分で済みます。必要最低限枚数は、最大値の予備を含めてフェイスタオル9枚分になり、経済的で収納量も減らせます。

バスタオルは不要

タオルを干している

湯上りにフェイスタオルを使えば、バスタオルは不要です。バスタオルを使わないで、フェイスタオル2枚で十分に身体を拭くことができます。小柄で細身の方なら、1枚でいいかもしれません。

バスタオルが不要な理由は、まず収納に場所を取ることです。さらに、洗濯の量が増えて干す場所を取り、乾きにくいこともバスタオルの難点ですね。フェイスタオル2枚の方が、バスタオル1枚よりも乾きやすく場所を取りません。

身体拭きをフェイスタオルの2枚使いにする場合は、先ほどの必要枚数に1枚と予備を加えて下さいね。枚数は増えますが、収納や洗濯の量的には減っています。

予備のタオルは最低限でいい

タオル2枚

予備のタオルは、洗濯が乾かなかった場合の最低限の枚数で十分でしょう。2枚を洗濯しながら使いまわしていると、1年くらいでくたびれて肌触りが悪くなってきます。1年に1度か2度取り替えましょう。急に使えなくなる種類のものではないので、肌触りが悪くなったと感じた時に買い替えるといいでしょう。

来客用の予備をどうするかは、ライフスタイルによります。一人暮らしなら、来客の手拭き用だけで十分で、お泊り用の備えは不要です。気心の知れている人でしょうから、お泊りすることが決まってから必要なら買いましょう。

ほとんど泊り客が来ない家庭も、泊まりに来る予定がわかってから買っても大丈夫で、来客用のストックは不要です。親戚などがよく泊まりに来る家庭なら、その分のタオルを準備しておくといいでしょう。

使わないタオルの断捨離と活用方法

場所を取るので断捨離する

クローゼット

クローゼットや収納棚に、使わないフェイスタオルやバスタオルが眠っていませんか?最低限必要な枚数以外は断捨離して、収納棚をシンプルにましょう。使わないタオルは収納の場所を取るだけでなく、保存状態が悪いとシミがついたりして、使わないまま劣化していきます。

不要とはいっても、タオル地は役に立ちます。そのまま捨ててしまわず、一度でも何かに使ってからの方が気持ち的にも断捨離しやすいものですよね。

活用①バスマットにする

浴槽とタオル

まずおすすめの使い方は、バスマットにすることです。不要なフェイスタオルはそのまま二つ折にして使います。使わないバスタオルは、半分に切ってバスマットにすると、ザブザブ洗濯しやすく乾きやすいです。切り端はほつれないように縫っておきます。手縫いでも構いません。

活用②防災袋に入れておく

非常時のピクトグラム

タオルは非常時の避難の時に役立ちます。雨などに濡れた身体を拭ったり、敷物にしたり、防寒になったりします。非常用持ち出し袋にフェイスタオルを2~3枚入れておきましょう。バスタオルとフェイスタオルを縫い合わせて、簡単な防災頭巾を作っておくのもいいでしょう。

活用③台拭きや雑巾にする

タオル布巾

不要なタオルが多くあるなら、今使っているタオルを新品のタオルに替え、使っていたタオルを徐々に断捨離していきましょう。台拭きから床拭きの順に使い、最後に捨てます。使い捨てにしていいタオルがたくさんあれば、いつもその場で「ちょい拭き」ができ、部屋が綺麗になりますよ。

雨の日用にシューズボックスにも置いておきましょう。泥などを払い落とすことができます。シューズ棚にシートの替わりに敷いてもいいですね。このように、一度使っての断捨離をすると気持ちが楽になります。

ミニマリストにおすすめのタオル

見た目より吸水性のいいタオル

Large thumb %e6%b3%89%e5%b7%9e%e3%82%bf%e3%82%aa%e3%83%ab
日本製 泉州タオル 瞬間吸水 速乾 泉州フェイスタオル 260匁 10枚セット ¥1,850
Amazonで商品の詳細を見る

見た目はふかふかでなくても、吸水性の優れたタオルがおすすめです。ホテルで使われているようなふかふかのタオルは素敵ですが、厚みがあり収納場所をとります。わざわざ買い替える必要はありません。今あるタオルを使い切って、くたびれた時に買い足す参考になさって下さい。

ここでご紹介するフェイスタオルは、10枚セットでお手頃価格です。カラーバリエーションがあるので、使う場所ごとに替えるのもいいでしょう。

泉州タオルは、大阪のタオル産地泉州で生産されるタオルで、伝統があり吸収性に優れています。普段使いから贈答用、業務用など様々な製品があり、粗品でもらうタオルによく使われていたりします。会社名の入ったタオルはおしゃれではないかもしれませんが、吸収性抜群なので、目立たないところで使うといいですよ。

速乾マイクロファイバータオル

Large thumb %e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bf%e3%82%aa%e3%83%ab
速乾 フェイスタオル マイクロファイバー ブルー シービージャパン タオル carari
Amazonで商品の詳細を見る

キッチンやトイレの手拭き用には、速乾のマイクロファイバー生地のタオルがおすすめです。こちらは一日のうちに何度か使うものなので、乾きやすさが重要です。

ミニマリストはタオルを上手に使う!

ミニマリストにもタオルは必要で、上手に使っています。自分にとっての最低限必要な枚数とタオルの種類を考えてみましょう。そして、使わないタオルは賢く断捨離して、洗濯や収納の暈を減らし、できるだけシンプルに暮らしたいですね。

こちらの記事では、使わないものをほどよく断捨離してシンプルに暮らすミニマリストの部屋を紹介しています。こちらも参考になさって下さい。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。