INDEX

ミニマリストのクローゼットや押入れ収納のポイントは?

①不要な物を処分する

部屋の収納として重宝するクローゼットや押入れですが、ついとりあえずで詰め込みがちになります。ミニマリストと収納上手は少し意味合いが違ってきます。まずは自分の持ち物や洋服の量を把握しましょう。自分の家にある物の量を知ることで、思いの外たくさんの物が押し込まれていることに気付けます。

「いつか使うかも」などと、洋服などをなかなか捨てられずにいる方も多いと思います。そんな時は、「ここに入る分だけ」と収納スペースに中身の所有量を合わせていくことも大きなポイントになってきます。収納は不要な物を処分するところから始まります。

そのためには、まず今クローゼットや押入れに入っている物の中身を全て出してみることをおすすめします。そして、改めて今の自分にとっての要・不要を判別していくと、かなりの物が減らせます。次に全ての洋服を季節や用途によって分類します。そうすることで、どこに何をしまえばよいか全体的なイメージが見えてきます。

②アイテム別に揃える

これはただただシンプルに、クローゼットや押入れの中身を、ベルトや帽子といった小物類、洋服だったらコート、ジャケット、トップス、ボトムスなどとアイテム別に整理してハンガーにかけて収納するということです。

クローゼットや押入れを開けた際に、一目で判りやすくなり、探す手間も省け、同じアイテムの中での必要数が一目で分かります。同じものをダブって買うこともなく、常に最小限におさえることが出来、自然と今持っている物の把握もできます。こうすることで断捨離にもつながります。

③詰め込みすぎないように余裕を持たせる

ミニマリストの方のワードローブは基本的にシンプルです。数は少なくても、着まわしのきくアイテムを揃えることでおしゃれを楽しんでおられます。トップスは各シーズン3枚まで、ボトムは2本、アウターは1着など、自分の中での最大量を決めている方が多いです。

そうすると、自然に「今の自分に似合うアイテム」や「着心地の良いもの」「好きなデザイン」などが判ってきて、買い物をするときにもタンスの肥やしになるような無駄がなくなります。本当に好きな物で整然と揃えられたクローゼットや押入れは、見ていても気持ちがよくなります。

自分の本当に好きな物と、収納できる最大の量が判れば、「一つ増やすごとに一つ減らす」といった自分ルールを作ることができて、リバウンドも防げます。ミニマリストの収納と言うのは、ただきれいにに詰め込むのではなく、収納スペースに余裕があり、中の物が簡単に取り出せるくらいの量にしておくことです。

【洋服編】ミニマリストのクローゼット収納実例4選

①カラーを揃えて収納する

洋服に関しては、ある程度好きな色が決まっていても、あらゆる色の洋服があるものです。その様々な色の洋服をランダムに収納していると、いくら量を減らしてもスッキリ感が感じられません。

手持ちの洋服の色を揃えて、グラデーションのように収納することで、クローゼットや押入れがよりスッキリと見えます。洋服の量を減らすことが難しい方でも、色を揃えて収納するだけでも、かなり片付いた印象になりますよ。

②吊り下げ収納を活用する

ハンガーにかけて収納すると型崩れしてしまうニットや、帽子などの小物を収納するのにおすすめなのが、BOXタイプの吊り下げ型収納アイテムです。形をキープしてくれるという点では、スヌードやバッグを収納するのにも便利です。

③中身が見える引き出し収納

チェスト代わりになる引き出しタイプの収納です。この場合、中身の見える引き出しを使うと、引き出しを開けなくても中の物が判るのでおすすめです。もし、中身が見えるのは嫌だけど中の物を把握しておきたいという方は、ケース部分にマスキングテープなどでおしゃれにラベリングすることをおすすめします。

チェスト代わりになる引き出しタイプの収納です。この場合、中身の見える引き出しを使うと、引き出しを開けなくても中の物が判るのでおすすめです。もし、中身が見えるのは嫌だけど中の物を把握しておきたいという方は、ケース部分にマスキングテープなどでおしゃれにラベリングすることをおすすめします。

この時、きちんと立つように仕切り板やアイテム別のボックスなどがあると便利です。また幅広の洋服やニットのように柔らかい素材のものは丸めると比較的立ちやすくなります。また引き出しのサイズもいろいろあるので、奥行をジャストサイズにすると、すっきり見えておしゃれです。

④オフシーズンものは高い位置に

クローゼットの中身は、季節や暮らし方で収納方法を考えましょう。よく使う物はクローゼットの中でも手前に、そして更に取り出しやすい中央に配置します。その次に使う物はクローゼットの下の方に、使う頻度が少ない物を一番上の棚にという具合にしまいましょう。

全ての洋服を出しておいてもスペースがある場合は良いですが、収まりきらない場合は、オフシーズンの物を取り出しにくい位置にしまっておいて、衣替えをするという方法にしておきましょう。

【ハンガー編】ミニマリストのクローゼット収納実例3選

①同じ種類のハンガーに揃える

収納する時に狭いクローゼットの中で意外と幅をとるのがハンガーです。ご自宅のクローゼットや押入れを見てみると、ハンガーの種類がバラバラの方も多いと思います。クリーニング店でもらった物をそのまま使っていたり、太さの違うハンガーばかりだったりという具合です。

せっかく頑張って洋服を減らしてもハンガーの厚みが場所を取ってはもったいないですよね。このバラバラのハンガーを厚みの少ない物で同じ種類のハンガーにすることで、クローゼットや押入れの中がかなりスッキリします。クローゼットの中をより有効に活用できます。

この時も、ぎゅうぎゅうに詰め込むのではなく、取り出しやすい隙間を設けておくことが大切です。そして、ハンガーはできるだけスリムな物を選ぶのがおすすめです。これだけで、クローゼットや押入れの中身はかなりおしゃれになります。

②スカートは段式ハンガーを活用

スカートやボトムスは、3段式のハンガーに吊るして収納するのが省スペースになって便利です。最近は100円ショップでも豊富に取り揃えられていますので、こちらも統一させてスッキリさせるのがおすすめです。

③パンツは専用ハンガーで取り出しやすく

パンツは専用のパンツハンガーに掛けて収納するのがおすすめです。開いている部分を手前にすることで、取り出しやすさも抜群です。シワにもなりにくいので、安心です。パンツ以外にも、長さのあるストールやスカーフなどを掛けておくのにも便利です。

パンツが多い方には、一本ずつ掛けるタイプではなく、スラックスハンガーという、10本ほどまとめて掛けられる商品もありますので、所有量によってアイテムを変えるのもアリだと思います。

【小物編】ミニマリストのクローゼット収納実例3選

①アクセサリーも一緒に収納

アクセサリーだけは、メイクスペースの近くなど、クローゼットとは離れた所にまとめて置いておかれる方も多いと思います。そうなると、何があるかの把握が出来ず、どうしても使わなくなってしまう物が出てきてしまいがちです。

時計や帽子、アクセサリーなどの小物もまとめてクローゼットに収納すると、あちこちに取りに行く必要がなく、その場でコーディネートすることが出来ます。一か所で全てが完結できるので、時短にもなるのでおすすめです。

②クローゼットの壁面は小物収納に最適

壁面に、帽子やカバンなどをフックなどで吊り下げて収納している方も多いようです。デッドスペースも活用することで、収納力アップと、スペースの確保が叶います。

③空きスペースにスタンドミラー

洋服の量が少ないと、クローゼットの空きスペースも大きくなります。そこに姿見を置いて、クローゼットを開けたら、もうそこでスタイリングを完成させてしまいましょう。大きな姿見をクローゼットの中に収納することで、部屋の中も広くなります。

ミニマリストの押入れ収納実例3選

①奥行きを活かした収納

押入れは奥行きがあり、どうしても奥の方が暗くて見えにくくなりがちになります。すると、気が付けば使わない物の宝庫になってしまいがちです。押入れの収納は、奥行きをいかに活かすかが重要です。

押入れを前後に分けて、奥にオフシーズンの物を収納しておき、いつも使うものは手前に置いておくと、クローゼットのような使い方も可能です。

また、押入れの一番の特徴は、天袋があることです。あまり使わないけれど大切な物や思い出の品などは、押入れの天袋にしまうといいでしょう。

②襖を外してしまう

押入れの襖があると、どうしてもオシャレ感が出せないと悩まれる方も多いと思います。そんな時は思い切って襖を外してしまいましょう。襖を外すことで、スッキリと見えますし、中が見えていると、詰め込むことも出来ないので、自然と物を減らすことができます。

中が丸見えなのが苦手な方や、来客時などは、カーテンやロールスクリーンで隠すという手もあります。比較的簡単に手作り出来るようなので、挑戦してみてください。

③押入れ上段をデスク代わりに

押入れがある方は、押入れの中に書類や文具などを片付けている方も多いです。中には、押入れをワーキングスペースとして活用される方もいます。押入れだとは思えない、おしゃれな空間に仕上がっています。

ミニマリストのクローゼットや押入れ収納に使えるアイテムは?

①MAWAハンガー

21lfnxlfo3l. ac sr160 160

MAWA ドイツのすべらないマワハンガー レディースサイズ エコノミック 40P 10本組 ホワイト

Amazonで詳細を見る

ハンガーを統一する際に人気なのが「マワハンガー」という商品です。今や、ミニマリストのみならず、収納にこだわる人たちの中では、「おしゃれなデザインでいて機能的」とおなじみのアイテムです。

肩の部分が丸くなっているので、一見洋服が落ちやすそうに見えるのですが、洋服をかける部分がビニール加工されているので、滑りやすい洋服も全然滑らないと評価されています。肩幅のあるジャケットなどもしっかりキープしてくれるので、収納のサイズダウンをしながら型崩れしやすい洋服も綺麗にしまえます。

カラーもホワイトやブラックだけでなく、ライトグレーやゴールドもあります。カラーも選べるほどオシャレです。小さいサイズやメンズサイズもあるので、家族の洋服全てをマワハンガーにかけるのもおすすめです。

②IKEAの吊り下げ棚

Ikea%e5%90%8a%e3%82%8a%e4%b8%8b%e3%81%92

SKUBB 収納 6段 / ホワイト [イケア]IKEA(80245881)

Amazonで詳細を見る

最近では、300円ショップなどでも売られている吊り下げ収納ですが、おしゃれで人気が高く、おすすめなのがIKEAの吊り下げ収納です。シンプルな白のカラーが、クローゼットや押入れの中身をよりスッキリと見せてくれます。

③無印良品の衣装ケース

引き出しケースの中でも不動の人気を誇るのが、無印良品の商品です。サイズ展開も豊富で、他のアイテムと合わせて無印良品の物でおしゃれに統一する人も多いです。

無印良品 ポリプロピレン 衣装ケース引出式
商品名 外寸法 引き出し内寸法 価格
ポリプロピレン衣装ケース引出式 (小) 幅400×奥行650×高さ180mm 約幅 335 ×奥行 595 ×高さ125mm 2,237円
ポリプロピレン衣装ケース引出式 (大) 幅400×奥行650×高さ240mm 約幅335×奥行590×高さ185mm 2,330円

④押入れ収納ラック

奥行きを活かすためのアイテムです。奥の物が取り出しやすいように、キャスター付きの物が人気です。キャスターが付いていると、多少重たい物でも片付けておけるので便利です。

ミニマリストの収納を参考にしてみよう!

「ミニマリストは物が少なくて殺風景」というイメージを持ちがちですが、本当に自分に合う物や必要な物を熟知していて、その中でシンプルながらも洗練されたおしゃれな収納をしています。

いつでもどこでもあらゆる物を手に入れられ、物であふれる世の中で、自分が本当に欲しい物や必要な物、そしてそれをストレスなく収納できる許容量を把握しておき、おしゃれでスッキリとした収納を目指しましょう。

他にも、ミニマリスト的おしゃれなアイディアもあります。そちらも参考にしていただき、シンプルながらもおしゃれで充実した暮らし方を習慣にしていきましょう。

Small thumb shutterstock 424656016
関連記事 洋服の収納アイデア25選!ラック・ケースでおしゃれなクローゼットに!

着ていない洋服が捨てられない!クローゼットや収納がいつもごちゃごちゃ!

Small thumb shutterstock 1208112196
関連記事 ミニマリストのおすすめ洋服を紹介☆本当に残すべき服はこれ!

最小限の洋服で着まわしを楽しむ、ミニマリストファッションが注目を集めて

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。