INDEX

元日と元旦のそれぞれの意味とは?

元日とは1月1日自体の事を指す言葉

卓上カレンダー

元日とは、1年の中で一番最初の日である1月1日そのものの事を指します。その為、もう少し詳しく説明すると、1月1日の0時0分から23時59分までを指すという事になります。法律においても、1月1日を元日と定めるという規定がありますので、1日を通して元日という言葉を使う事に関しては矛盾はありません。

元旦とは1月1日の朝を指す

年越しの様子

元旦というのは、1月1日の朝を指す言葉です。元旦の「旦」という漢字には、朝という意味があります。「旦」という漢字に元という言葉が付くと、「1月1日の朝日が昇る時間」という意味になります。しかし、元旦が1月1日の朝と理解したとしても、朝自体がどのくらいの時間帯までを指すのかご存知でしょうか?

元旦と言われる時間帯は厳密に言うと、1月1日の夜明けから午前10時頃までを指すという事になります。その為、年賀状に「元旦」という言葉を使ったとすれば、1月1日の朝10時までに相手に到着しなければ辻褄が合わなくなるという事になるのです。

こちらに、お年始のビジネスマナーを詳しく紹介している記事があるので、この記事を参考にして元旦と元日の違いと併せて参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 347568323
関連記事 お年始のビジネスマナーとは?お正月の贈り物/新年の挨拶/お年賀

お年始のビジネスマナーをご存知ですか?新年を迎えたら、お世話になった親

シーン別に見る元日と元旦の使い分け方は?

①年賀状の場合

置かれた年賀状

年賀状に使う場合には、元旦と元日どちらを使っても間違いではありません。しかし、なるべく早めに年賀状を贈る姿勢を相手に示す為にも、元旦という言葉を使うのが理想です。そうであってもこれは、あくまでも1月1日に年賀状が届くように出した場合にのみ、当てはまります。

年賀状を出すのが遅れた場合には、どちらも使うべきではありません。万が一、元旦や元日という言葉を書いて出した場合、恥を掻く事にもなってしまいかねません。その為、少しでも1月1日に到着するのが不安な場合には、書かないというのが無難です。

②カレンダーの場合

めくれるカレンダー

カレンダーの場合には、1月1日は祝日になるので元日と書くのが正しいという事になります。元旦と元日は混同して考えられがちですが、祝日としての認識で考えるのであれば、あくまでも元日と言う事になるのは覚えておきましょう。

③祝日の場合

珈琲とカレンダー

祝日の表記では、元日というのが正しいです。これは、国民の祝日に関する法律にも記載されており、法的にも定められています。こちらに、お正月の初詣の歴史や由来などを紹介している記事があるので、こちらの記事でお正月に行う恒例行事の背景を確認してみて下さい。

Small thumb shutterstock 552164044
関連記事 お正月の初詣の歴史的背景や由来・意味とは?お参り期間はいつまで?

お正月に初詣に行くことが恒例行事になっている方も多いですよね。でもみな

元日の正しい過ごし方は?

①おせち料理を食べる

おせち料理

元日には、親戚や家族が集まっておせちを食べる、というのも元日の楽しみな過ごし方です。普段、なかなか食べないような豪華な食事を食べますが、おせちを食べる意味には無病息災や家族の繁栄を願うという意味が込められています。また、おせちと一緒に飲むのがお屠蘇ですよね。

元日には、親戚や家族が集まっておせちを食べる、というのも元日の楽しみな過ごし方です。普段、なかなか食べないような豪華な食事を食べますが、おせちを食べる意味には無病息災や家族の繁栄を願うという意味が込められています。また、おせちと一緒に飲むのがお屠蘇ですよね。

こちらにおせちに入っている料理の意味を詳しく紹介している記事があるので、おせちを食べている最中に意味が気になった時に確認する参考にして下さい。今まで知らずに食べていたものも、意味を理解して食べればまた気持ちも新たになるはずです。

Small thumb shutterstock 323107886
関連記事 おせちの意味は?正月に食べる由来や種類・たこやエビや煮物の意味も

お正月の料理の代表とも言える「おせち料理」ですが、中身の種類や由来につ

②親戚まわりをする

家族で過ごす様子

子供時代に経験した事がある人も多いと思いますが、親戚まわりをして新年の挨拶をするというのも昔からの元日の過ごし方です。普段、なかなか会えない親戚に会える機会というのも、お正月の醍醐味です。親戚のつながりを維持するという意味合いもありますので、大事な習慣と言っても過言ではありません。

元旦の正しい過ごし方は?

①初日の出を見る

鳥居と太陽

元日の過ごし方として、まず思い浮かぶのは初日の出を見るという事でしょう。無病息災を願い、豊作を司る神様が降臨すると言われる初日の出を拝むのには、縁起の良い習慣としても広く知られています。ご利益を迎えに行くという意味合いもありますので、神聖な元日の過ごし方としてもおすすめです。

②初詣に行く

神社に初もうでに行く女性

初詣に行くというのは、氏神様に由来する習慣になります。参拝者の多い人気の神社に出掛ける人が多いですが、実際にはいつも身近で見守ってくれている氏神様に参拝するというのが適切な初詣です。昨年、購入したお札やお守りを返納し、新たな物を購入するというのも昔からの習わしになります。

こちらにお正月の初詣の歴史的背景を紹介している記事があるので、初詣する意味や由来を知る参考にしてみて下さい。お参りの期間や何時にするのが適切かなど初詣に対しての知識を得る為にも参考になると思います。

Small thumb shutterstock 552164044
関連記事 お正月の初詣の歴史的背景や由来・意味とは?お参り期間はいつまで?

お正月に初詣に行くことが恒例行事になっている方も多いですよね。でもみな

元日と元旦のそれぞれの意味を理解して正しく使おう

元日と元旦という言葉は、一見すると同じ意味のように感じますが使い分けが必要です。元日は、1月1日自体を指す言葉ですが、元旦というのは1月1日の朝だけを指す言葉ですので、元旦を1月1日の夕方に使うというのは間違いです。お正月の習慣の中でも元旦という言葉を使う機会というのは、年賀状ですよね。

その為、年賀状が1月1日の午前中に到着するというのがわかっている場合には問題ないのですが、もし少しでも遅れそうな場合には使わない方が無難です。ぜひこの機会に、元日と元旦の使い分けや意味を理解して、正しく使えるようにして下さい。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。