INDEX

【少人数編】忘年会の余興で盛り上がる出し物3選!

①マジック

手品

少人数の忘年会の余興に是非おすすめしたいのが、マジックです。大人数の飲み会だと手元が見えにくいため、いまいち盛り上がりに欠けます。しかし少人数の忘年会ならば手元がしっかり見えるため、かなり盛り上がりますよ。手品用のアイテムを購入すれば誰でも簡単にできます。

②カラオケ

歌

歌に自信のある人は、是非歌を披露してみましょう。大人数だとあまり注目を集めることができませんが、少人数ならみんなで楽しめます。デュエットの曲を選び、誰かと2人で歌い上げるのもおすすめです。ただし何曲も歌い続けてしまうと聞いている人は飽きてしまいますよ。余興として披露するのは2曲程度にとどめましょう。

③ラップバトル

ラップ

現在、ラップ人気が非常に高くなっています。隠しているけれど実はラップが得意、という人は意外と多いものですよ。そんな人と組んでラップバトルを行えば、盛り上がること間違いなしです!自信のある方は即興バトルに挑戦してみても良いでしょう。

【大人数編】忘年会の余興で盛り上がる出し物4選!

①PERFECT HUMAN

ダンス

大人数の忘年会の余興に大人気なのが、こちらの「PERFECT HUMAN」です。こちらはオリエンタルラジオの2人のネタで、独特な歌詞と振り付けで人気を博しています。主役である中田役、ボーカル役、ダンス隊を決めて踊りましょう。人物に合わせたオリジナルの歌詞を考えるのもおすすめです。

②PPAP

笑顔の男性

PPAPも、かなり人気の高い余興の1つです。流行ったのは少々前のネタですが、世界的な歌手が紹介したことから非常に知名度は高いです。衣装やサングラス、小物をしっかり用意して余興に臨みましょう。またこういったネタを大人数の前で披露するときは、役になりきるのがコツです。恥を捨ててやりきりましょう!

③ショートコント

漫才

お笑いに自信がある方は、是非ショートコントに挑戦してみてください。会社の中の内輪ネタを使ってコントをすれば、かなり盛り上がりますよ。普段はいじれない上司をあえて取り上げてみたり、いじられキャラをネタにすることがおすすめです。

ただしあまりに過激なネタを披露してしまうと、聴いている人の気分を損ねることになります。誰かの名誉を傷つけるようなネタは作らないようにしてください。また忘年会が始まってすぐではいまいち盛り上がりませんし、忘年会後半ではネタを聞いてもらえません。コントは中盤に持ってくるのがおすすめです。

④バンド演奏

バンド

楽器が得意な社員が多いのなら、バンド演奏もおすすめです。誰もが知っているようなノリノリの曲を選ぶことが余興を盛り上げるコツです。あまりにマイナーな曲では自分本位の出し物になります。演奏する曲目は慎重に選んでくださいね。

【少人数編】忘年会の余興で盛り上がるゲーム4選!

①ドリンクを線まで飲むゲーム

ドリンク

こちらのゲームは、簡単にできる上に盛り上がるゲームです。目隠しをした状態で、定めた線ぴったりまでドリンクを飲むことができるか、というゲームです。グラスにペンで線を引くのはお店だと難しいでしょう。線は直に引くのではなく、輪ゴムなどを巻きつけるのがおすすめですよ。

準備するもの
  • 輪ゴム
  • ストロー
  • アイマスク
ドリンクを線まで飲むゲームのやり方
  1. ドリンクの入ったグラスに輪ゴムを巻きつけて印を作ります。
  2. グラスにストローを刺してください。
  3. ドリンクの位置を確認し、アイマスクをします。
  4. 幹事の掛け声で、ドリンクを飲みます。
  5. 輪ゴムの位置ぴったりにドリンクを飲めていた人の勝利です。

②ぐるぐるストロー早飲みゲーム

ぐるぐるストロー

こちらは長いストローで飲み物を早く飲み干す、というシンプルなゲームです。飲み物を早く飲み干した人が勝利ですので、勝ち負けもわかりやすいです。ぐるぐるととぐろを巻いたストローを使うため、思うようにドリンクが飲めず盛り上がりますよ。

なるべくドロドロとしたドリンクを競争に使うと、より難易度が上がって盛り上がるでしょう。ヨーグルト系のドリンクや、ゼリーなどがおすすめです。またこのゲームでは早飲みをしますので、度の強いアルコールは控えてください。また人数分のストローを用意しなくてはいけないため、少人数向けのゲームです。

③ナンジャモンジャ

カードゲーム

ナンジャモンジャは、数種類のヘンテコなキャラクターの絵が書かれているカードゲームです。YouTuberが取り上げたことをきっかけに人気が出た、おすすめのゲームです。爆笑必至のおすすめ余興ですよ。カードゲームですので、少人数で忘年会を行う時にやってみてください。

ナンジャモンジャゲームのやり方
  1. 順番を決め、1人ずつカードを引いていきます。
  2. カードを引いた人は、出てきたモンスターに名前を付けましょう。
  3. 新しいモンスターが出てきたら、その都度名前を付けていきます。
  4. 同じモンスターが出てきたら、付けられた名前を叫びましょう。早く叫んだ人がカードをゲットします。
  5. 最も多くカードを獲得した人の勝利です。

④割り箸キャッチゲーム

割り箸

こちらのゲームは、非常に簡単にできるゲームです。やり方は単純で、落ちてくる割り箸を掴むことができるか競います。用意するものは割り箸だけなので、特別な準備もいりません。簡単なのに盛り上がる、非常におすすめの人気ゲームです。

簡単なように見えますが、落ちる距離が短かったりお酒が入って酔っていると、なかなか思うように掴めないものです。是非少人数の忘年会でチャレンジしてみてくださいね。

【大人数編】忘年会の余興で盛り上がるゲーム4選!

①最大数当てゲーム

盛り上がる

こちらは大人数で盛り上がることのできる人気ゲームです。1〜100までの間で数字を書き、誰とも被らない大きな数を書いた人の勝利、というルールです。簡単なルールながら心理戦が必要なので、みんなで盛り上がれますよ。幹事の方は参加人数分のペンと紙だけ用意しておきましょう。

②後出しじゃんけん

じゃんけん

こちらのゲームは、大人数ならではの盛り上がるゲームです。ルールは非常に簡単で、司会者が出したじゃんけんの手に後出しで負けるだけです。大掛かりな設備や用意するべきアイテムもないので、幹事の人の負担が軽いゲームです。簡単そうに見えて意外と頭を使いますよ。忘年会中盤にやると一層盛り上がるでしょう。

③ジェスチャーゲーム

ジェスチャー

こちらはチーム戦で盛り上がれるゲームです。大人数の忘年会でも、チームに分けることで全員が楽しめますよ。ルールを知っている人が多いので、年齢の幅が広い忘年会でも楽しめるゲームです。

またこちらにジェスチャーゲームのネタやお題がまとめられた記事を紹介しておきます。幹事の方はこちらを参考にしつつ、お題を考えてみましょう。

Small thumb shutterstock 193994495
関連記事 ジェスチャーゲームの面白いお題やネタ24つ|小学生/クイズ/レク

ジェスチャーゲームはお題の選び方が肝心です!今回は、レクリエーションと

④ビンゴ

ビンゴ

ビンゴは、大人数の忘年会のテッパンと言える人気ゲームです。気軽に参加できる上に非常に盛り上がりますよ。普通のビンゴでも楽しいですが、おすすめはお題を決めて行うビンゴです。マスのみ書かれた用紙に言葉を記入し、書いたワードが出たら消す、というルールです。お題を営業所名や製品名にするとより盛り上がります。

またこちらに、ビンゴゲームにおすすめの景品がまとめられている記事を紹介します。景品の種類にお悩みの方、予算の決め方がわからない方は、是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 523239016
関連記事 結婚式のビンゴゲームにおすすめの景品7選|ビンゴ種類や景品の予算も

結婚式の定番のゲームといったらビンゴゲームですよね。でも、幹事の方は、

人数に合わせたゲームや出し物で忘年会を盛り上げましょう!

忘年会の出し物やゲームは、人数によって盛り上がる内容が異なります。忘年会の参加人数に合わせて出し物やゲームを選び、楽しい忘年会を作りましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。