INDEX

ズボラな人のための収納術5選

①ついでに片付ける

部屋

ズボラな人の収納術は、何かのついでに片付けることです。立ち上がったついでに、トイレに行くついでに、歯を磨くついでに、普段の生活の中で何かをやるついでに片付ける習慣をつけると、面倒くさがりの人でも整理整頓が簡単にできます。

②住所を作る

地図

ズボラな人は収納する物の住所を作りましょう。面倒くさがりでどこに何を片付ければ良いがわからないという場合には、まず物の定位置を作ります。物の住所がわかればどこに片付けるが迷うことなく、すぐに元に戻せて整理整頓が簡単になります。

③使う場所の近くに収納する

キッチン

ズボラ人の収納術として、使う場所の近くに収納するという方法もあります。使う場所と収納する場所が離れていると、使った後に出しっぱなしになってしまいます。近くに収納があれば、使った後すぐに片付けられる簡単テクです。

④収納グッズの大きさや色を揃える

収納BOX

ズボラな人は収納グッズの大きさや色や形を揃えるとキレイに収納できます。収納場所によって、大きさや形や色などを揃えて見せる収納にします。収納BOXやケースの中はきちんと整理されていなくても、収納BOXやケースの大きさや色が同じだと整理整頓されているように見えます。

⑤寝る前に元に戻す

夜

ズボラな人の収納のコツは、寝る前に元に戻すことです。朝起きてからや帰宅してからと思っていても、片付ける物が増えると手間がかかるため後回しになってしまいます。寝る前に住所を決めた場所に戻す習慣をつければ、いつでもキレイな状態をキープできるようになります。

ズボラな人の収納術・簡単な整理整頓テク|キッチン編4選

①カラーを統一させる

キッチングッズ

ズボラな人のキッチンは、カラーを統一させましょう。キッチンツールや食器など、大きさや形が違うものがたくさんあるキッチンでは、カラーを統一させるだけで整理整頓されたようにスッキリ見えます。ズボラな人にも簡単な片付けテクです。

②乾物や調味料は未開封と開封済みに分ける

調味料

ズボラな人は乾物や調味料は、未開封と開封済みに分けるようにしましょう。キッチンに保管する乾物や調味料などは、一度で使い切らないため、使いかけのまま忘れてしまうこともあります。未開封と開封済みに分けて収納しておけば、使い忘れて期限切れになることも防げます。

③アイテムごとに分類する

引き出し

ズボラな人はまず、アイテムごとに分類しましょう。キッチンツールなどは決まった置き場所を決めて元の場所に戻すだけにすると、簡単に片付けられます。すべての物をきっちりとするのではなく、1段目の引き出しは調理器具、2段目はお弁当グッズとアイテム別に住所を決めれば、面倒くさがりでも簡単に整理整頓できます。

食事に使うフォークやナイフをカラトリーと呼びますが、このカラトリーもキッチンでは散らかりやすいグッズです。普段使いのカラトリーをキッチンに便利に収納する方法や、おしゃれなカラトリーを見せる収納にする方法なども紹介された下記の記事もあわせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 538323736
関連記事 カトラリーの収納は?キッチンの引き出しや食器棚を使った整理法20選

なにかと散らかってしまうのがカトラリーです。できればいつも使いやすく、

④吊戸棚ストッカーを使用

戸だな

ズボラな人のキッチンの吊戸棚には、吊棚ストッカーを使用しましょう。ズボラな人は面倒くさがりで吊戸棚に入れた物を使わなくなることもあります。また使った後に吊戸棚に戻すのも面倒と感じるでしょう。吊戸棚ストッカーを使用すれば、簡単に取り出せて元に戻すのも簡単なので、スペースを有効活用できます。

ズボラな人の収納術・簡単な整理整頓テク|クローゼット・押入れ編5選

①何も置かないスペースを作る

クローゼット

ズボラな人はクローゼットや押入れに、何も置かないスペースを作りましょう。突発的な荷物や新しい物が増えた時に、収納場所がないと床に置きっぱなしにしてしまうこともあります。面倒くさがりな人でも、とりあえず何も置かないスペースに入れるだけなので簡単に片付けられます。

②ハンガーの数を決める

ハンガー

ズボラな人はハンガーの数を決めましょう。まずハンガーの数を決めて、クローゼットの洋服はハンガーにかけられるだけの数にしましょう。片付ける時には洗濯物を畳む作業がなくなり、洋服をハンガーにかけるだけのクローゼットの収納術です。

洋服をクローゼットや押入れの引き出しや棚に収納する場合も、スペースに入る量だけにすると、はみ出した洋服が溢れて散らかることがなくなります。クローゼットや押入れの収納スペースは限りあるものなので、一定の量を超えないようにするのが収納術です。

③帽子や小物はかける収納

ストール

ズボラな人は帽子や小物などは、かける収納をしましょう。クローゼットや押入れに突っ張り棒を利用して、帰宅したらすぐにかける習慣をつけておきます。面倒くさがりな人でも部屋が散らからない収納術です。ストールなどもかける収納にすると、次に使用する時にも絡まることなくスッと取り出せます。

④バッグは立てる収納

かばん

ズボラな人はクローゼットのバッグを立てる収納にしましょう。バッグは大きさや素材がバラバラで片付けにくい物とされますが、立てて収納するとどこにどのバッグがあるか探しやすく散らかりません。クローゼットの上の棚などにブックエンドを利用すると、キレイに立てられる収納術です。

⑤靴下は畳まない収納

靴下

ズボラな人の靴下は畳まない収納にしましょう。洋服などと違いしわが気にならない靴下は、カゴや小物入れを利用して畳まずに丸めて入れるだけにすると簡単に片付けられます。片方だけ無くなるということの無いように、両足をまとめて丸めるようにしましょう。

ズボラな人でも収納術で整理された洋服を、さらにおしゃれなクローゼットに変えたい時には、下記の洋服の収納アイデアをご覧ください。ラックやケースを利用して、クローゼットの洋服をスッキリさせる方法を紹介していますので参考にしましょう。

Small thumb shutterstock 424656016
関連記事 洋服の収納アイデア25選!ラック・ケースでおしゃれなクローゼットに!

着ていない洋服が捨てられない!クローゼットや収納がいつもごちゃごちゃ!

ズボラな人の収納術・簡単な整理整頓テク|トイレ編3選

①掃除道具は壁と同じカラー

トイレ

ズボラな人のトイレは、掃除道具を壁と同じカラーにしましょう。収納する場所がない場合やすぐに掃除しやすいように近くに置く場合など、見せる収納にするために壁と同じカラーの物を揃えましょう。壁と同じ色の物を見える場所に置いてあっても、視界の邪魔にならずスッキリして見えます。

②つっぱり棒

トイレットペーパー

ズボラな人でも、トイレにつっぱり棒を設置すれば簡単に収納できます。トイレに収納がないという時には、つっぱり棒を取り付けるだけで、置き場所に困っていたトイレットペーパーのストックがキレイにできる収納術です。

③トイレラック

ラック

ズボラな人はトイレラックに収納するのもおすすめです。面倒くさがりな人は必要な物を近くに置くのが散らからないコツです。トイレラックを利用して必要な物をすべてその中に収納しましょう。トイレシートは一番取り出しやすい場所に入れておくと、気になった時にすぐにキレイにできるためトイレ掃除が苦になりません。

ズボラな人の収納術・簡単な整理整頓テク|バスルーム編3選

①吊るし収納

チューブ

ズボラな人の収納術として、バスルームの洗顔フォームやトリートメントなどは吊るし収納にしましょう。挟めるタイプのS字フックを使って吊るしておけば、カビが生えにくくなり掃除もとても楽になる収納術です。また詰め替え用シャンプーなどを吊り下げたまま使えるホルダーとポンプのセットを使用するのも良いでしょう。

②ステンレスカゴ

シャンプー

ズボラな人はステンレスカゴを利用して収納するのも良いでしょう。棚の高さを調整して入れやすい場所に設置しましょう。元の場所に戻すだけの収納術です。お風呂のアイテムがまとめてあるので、見た目にもスッキリします。

③珪藻土マット

バスルーム

ズボラな人はバスマットを珪藻土に替えましょう。珪藻土マットは、洗濯の必要がない便利なマットです。水分をすぐに吸い取ってくれるので、バスマットのように洗濯・片付けの手間がなくなります。面倒くさがりの人でも立てかけるだけの簡単な収納術です。

ズボラな人の収納術・簡単な整理整頓テク|洗面所編2選

①浮かす収納

ハブラシ

ズボラな人は洗面所のグッズを浮かす収納にしましょう。歯ブラシやコップなどをフックにかけて収納すると、洗面所が散らかりません。整理整頓の習慣ができて、掃除の時も物を持ち上げる作業がなくサッと拭き掃除できます。

②タオルを白にする

タオル

ズボラな人の簡単な整理整頓テクはタオルを白に統一しましょう。洗面所のタオルの色が揃っていると、それだけで整理整頓されているような見た目になります。面倒くさがりでも、手間をかけずに片付いたように見える収納術です。

ズボラな人の収納術・簡単な整理整頓テク|リビング編3選

①とりあえずBOXを作る

箱

ズボラな人のリビングには、とりあえずBOXを設置しましょう。郵便物やお知らせのプリントなど、長期間保管する大事なものではないけれど、まだ捨てられないというものを専用のBOXを作って保管しましょう。リビングに出しっぱなしになっていた物がなくなり、テーブルや棚がスッキリします。

②見えない収納アイテムにする

収納アイテム

ズボラな人は見えない収納アイテムを利用するのも良いでしょう。普段使う物は面倒くさがりで出しっぱなしになってしまう時には、中身が見えない収納アイテムを利用しましょう。扉の付いた棚や、中身の見えないBOXにすれば、整理されていなくても収納にポンと投げ入れるだけで片付きます。

③家族ごとの収納スペースを作る

収納

ズボラな人にはリビングに家族ごとに収納スペースやBOXを作りましょう。リビングには家族の物が混在して、何をどこに片付ければ良いのかわからず散らかしっぱなしになってしまいます。リビングに家族一人一人の収納スペースがあれば、リビングにある物はそのスペースに入れるだけで片付きます。

ズボラな人の収納術や整理整頓テクを試してみよう

リビング

ズボラな人は掃除や片付けを始めるのを面倒に感じてしまいます。今回ご紹介した収納術や整理整頓テクを使えば生活の導線に物があるので、使った物を戻すだけ、面倒くさい片付けの時間は要りません。トイレやバスルームも、汚れにくい収納になっていますので掃除が簡単です。

整理整頓ができない人にはいくつかの特徴があります。下記の記事では整理整頓が苦手な人の心理や原因、また苦手を克服するための心がけや片付けのコツまで紹介されています。整理整頓が苦手だなと悩んでいる人は参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 578007733
関連記事 整理整頓できない人の特徴5選!苦手な心理5選や部屋の収納のコツは?

整理整頓ができないと悩んではいませんか?できて当たり前という風潮もあり

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。