INDEX

シール剥がしスプレーの代用品として使えるものは?

代用品①酢

ビネガー イメージ

1つ目は酢です。酢の成分がシールの粘着部分の接着剤を溶かすことで、剥がれやすくする作用があります。表面がコーテイングされたシールは粘着部分まで酢がまわりにくいため、染み込みやすい紙製のシールに向いています。あらかじめシールにカッターなどで切れ込みを入れておくと、より染み込みやすくなります。

酢を使う場合はプラスチックやガラスなど、水洗いできるものに貼られたシールがおすすめです。匂いがきついことと、長時間放置するとシールが貼ってある物が変色する場合があるので注意してください。

代用品②除光液

マニキュア リムーバー

2つ目は除光液です。実は除光液にはシール剥がしスプレーと似たような成分が含まれているため、代用品として使うことができます。ただし、除光液には一部のプラスチックを溶かしてしまう成分も含まれているので要注意です。ガラスや陶器などの食器に貼られたシールに向いています。

代用品③台所用洗剤

キッチン 洗剤

3つ目は台所用洗剤です。台所用洗剤に含まれる界面活性剤がシールの粘着部分と貼られている場所の間に入り込み、隙間を作って剥がしやすくします。酢と同じような剥がし方のため、表面が紙のシールにおすすめです。洗剤が粘着部分まで入りやすくなるよう、あらかじめシールに切り込みを入れておきましょう。

家具など塗装された場所に貼られたシールに使うと変色する場合があるので、使う前に目立たない場所で試してみて大丈夫か確認してから使いましょう。剥がし終わったら残った洗剤を水拭きで拭き取ることのできる場所に向いています。

代用品④ハンドクリーム

ハンドクリーム

4つ目はハンドクリームです。ハンドクリームに含まれている油分がシールの粘着部分の接着剤を弱めて剥がしやすくします。水分量が多めの柔らかいクリームの方がシールに馴染みやすいのでおすすめです。

ハンドクリームの油分を染み込ませて剥がすため紙のシールに向いていますが、剥がすのに失敗してしまったコーティングされたシールの跡にも使えます。

代用品⑤ドライヤー

ドライヤー

5つ目はドライヤーです。ドライヤーの熱でシールの粘着部分を温めることによって接着剤を弱めます。液体を使わないので、紙や液体の成分で変色しやすい場所のシール剥がしに向いています。シールに染み込ませる必要がないので、表面がコーティングされたシールやステッカーのようなものにおすすめです。

ドライヤーの温風を使うため、樹脂系の塗装がされた場所やプラスチックは、熱で変形したり溶けたりする可能性があるので要注意です。簡単できれいな剥がし方ですが、剥がすときにシールが高温になってしまう可能性もあるので、ドライヤーを使う時には火傷にも注意してください。

代用品を使ってきれいにシールを剥がす方法とコツは?

①酢を使ったシール剥がしとコツ

ビネガー 瓶

1つ目は酢を使う場合の剥がし方です。食器など小さな物なら、直接シールの部分を酢に漬け置きします。大きな物や動かせないものなら、ティッシュペーパーや化粧用のコットン綿に酢を含ませてシールの上に置いて染み込ませます。上からラップなどで抑えると、より染み込みやすくなります。

そのまま10分ほど置いたら濡らした雑巾やスポンジなどでシールの端から拭き取るようにして剥がします。剥がれにくい場合は、酢を染み込ませる時間を長くしてみてください。

\ POINT /

剥がすときにはお湯を使って

シールを剥がすときはお湯を使ってシールの粘着部分を温めるようにすると、接着剤が更に緩んで剥がしやすくなります。お湯で濡らした雑巾を使ったり、小さな物ならお湯をかけながら拭き取るとより効果的です。

②除光液を使ったシール剥がしとコツ

リムーバー

2つ目は除光液を使った剥がし方です。シール部分全体に直接除光液をかけるか、化粧用コットンに染み込ませてシール部分に置きます。そのまま10分ほど置いたらヘラなどで端からゆっくりとシールを剥がしていきます。

除光液は有機溶剤を使用しているため、締め切った部屋で使うと中毒症状を起こす場合があります。必ず換気をしながら使ってください。発火しやすいという特徴もあるので除光液を使うときには火気厳禁です。シール剥がしスプレーを使うときも同様です。

\ POINT /

ティッシュペーパーはNG!

除光液は揮発性が高いため、ティッシュペーパーを使うとすぐに乾いてしまいます。シールに除光液が染み込ませるときには化粧用コットンを使いましょう。

③台所用洗剤を使ったシール剥がしとコツ

スポンジ

3つ目は台所用洗剤を使った剥がし方です。シール部分全体に台所用洗剤を染み込ませるようにかけ、上からラップなどで覆います。そのまま10分ほど置いたらヘラなどで端から剥がすか、濡らした雑巾などで拭き取っていきます。

シールを剥がし終わったら、シールが貼ってあった場所の周囲もしっかりと拭き取っておきましょう。台所用洗剤が残っていると変色などの恐れがあります。

\ POINT /

仕上げの拭き取りはしっかりと

洗剤は残りやすいので、シールを剥がし終わったらしっかりと水拭きしたあとに乾拭きもしておきましょう。のこった洗剤と水分が混ざったままだと変色の原因になってしまいます。

④ハンドクリームを使ったシール剥がしとコツ

ハンドクリーム チューブ

4つ目はハンドクリームを使った剥がし方です。表面がコーティングされているシールは、あらかじめ剥がせるだけ剥がしておきましょう。シール全体にハンドクリームを指でクルクルと馴染ませるように塗り込んでいきます。上からラップなどで覆って10分ほど置いたらヘラなどでシールの端から剥がしていきます。

剥がれにくい時には、めくった隙間から接着部分に直接ハンドクリームを塗りこんでいくと剥がれやすくなります。シール跡は、塗ってあるクリームごとヘラでこそげ落とすようにすると、きれいに取ることができます。シールを剥がし終わったら、ハンドクリームの油分をしっかりと拭き取っておきましょう。

\ POINT /

しつこいシール跡にはウェットティッシュで

強力なシール跡にはヘラよりもウェットティッシュがおすすめです。端から丁寧にこすっていくとシールがポロポロと剥がれていきます。ヘラを使うと傷が付いてしまう場所にもウェットティッシュが使えます。

⑤ドライヤーを使ったシール剥がしとコツ

ドライヤー いろいろ

5つ目はドライヤーを使った剥がし方です。あらかじめ剥がしたいシールの端を少しめくっておきます。ドライヤーをシールから20cmほど離してから、シールのめくった場所めがけて温風を当てていきます。

この時シールの接着部分に温風が当たるようにします。徐々に熱で接着が弱くなっていくので、簡単にめくれるようになったら端から少しずつシールを剥がしていきます。

温風を当てているとついシールに近付いてしまいますが、ドライヤーの吹き出し口は高温になっています。シールの温度が上がりすぎると、逆に接着剤がベトベトになって剥がしにくくなるので、シールから20cmほど離れた位置をキープするようにしてください。

\ POINT /

ドライヤーは焦らずじっくり

温風を当てるだけで簡単にきれいにシールが剥がせるドライヤーですが、焦って剥がそうとするとシール跡が残って剥がしにくくなってしまいます。気長に接着剤が緩むのを待ちましょう。

代用品以外にあると便利な道具は?

①ヘラ

ヘラ

あると便利な道具の1つ目はヘラです。スクレイパーともいい、ホームセンターなどで売っています。広い面積に均等に力を入れることができるので、シールの端をめくって少しずつ剥がしていくのに向いています。

②カッター

カッターナイフ

2つ目はカッターです。液体にシールに浸透させる剥がし方を使う場合に、ラベルにあらかじめ切り込みを入れておくことでより接着部分に液体が浸透しやすくなります。シールが貼ってある場所を傷つけないように使うときは注意してください。

シール剥がしを簡単にきれいにおこなうコツは?

①焦らずじっくり剥がす

待つ

シールを剥がす時に一番大切なのは、焦って剥がそうとしないことです。シールに浸透させる方法を使う場合には、ラップなどで覆って乾燥を防ぎながらじっくり待ちましょう。剥がれにくい場合は、更に時間を置いてみるのもきれいに剥がすコツです。

剥がすときも一気にめくるのではなく、端からじっくりとめくったり拭き取っていきます。一度でダメでも剥がせる部分だけシールを剥がして、もう一度残ったシールに浸透させるところから繰り返すという方法も効果があります。

②相性のよい方法を選ぶ

選ぶ

2番目に重要なのがどの方法で剥がすかということです。シールの表面がコーティングされているのか、素材全体が紙なのか。貼ってある場所は水分や油分を使っても大丈夫か。熱で変形したり変色しないかなど、それぞれの場合で剥がし方も変わります。まずは状況を確認して、相性の良い方法を使いましょう。

場所によってはやはりシール剥がしスプレーが一番向いている場合もあります。代用品もいいけど、シール剥がしスプレーも使いたいという人はこちらの記事をどうぞ。100均で簡単に手に入るスプレーもありますよ。

Small thumb shutterstock 540890020
関連記事 100均のシール剥がし6選!ダイソー・セリア別!スプレータイプも!

100均のシール剥がしは安くて機能性が高いのでいざ必要なときにとても便

シール跡が残ってしまったときの剥がし方は?

①消しゴムでこする

文房具

シール跡のベトベトが残ってしまったときに役に立つアイテムの1つ目が消しゴムです。使い方は簡単で、普通に字を消すようにこするだけです。シール跡の端からめくりあげるようにこするときれいに剥がせます。

②ウェットティッシュでこする

ティッシュペーパー

2つ目のアイテムはウェットティッシュです。雑巾で拭き取るときと同じように端から拭き取っていきます。アルコール成分入りのウェットティッシュだと、粘着成分を弱めてさらに簡単に剥がせます。

ウェットティッシュでこすってもまだ剥がしきれない場合は、乾いたティッシュペーパーで仕上げにこすっていくと更にきれいに剥がれます。ウェットティッシュとティッシュペーパーの組み合わせは紙に貼ってあるシールにも役立つ剥がし方です。

③セロハンテープでくっつける

セロハンテープ

3つ目のアイテムはセロハンテープです。セロハンテープをシール跡に貼って上からトントンと叩いてシール跡のベタベタをくっつけて剥がします。簡単なのでぜひ試してほしい剥がし方です。

スプレーが無くても代用品で簡単きれいに剥がせる

掃除 きれい

シール剥がしスプレーの代用品と簡単にきれいに剥がす方法を紹介しました。方法とコツを押さえれば代用品でも十分にきれいにシールを剥がすことができます。剥がしたいシールと場所にあった方法を選ぶことが重要ではないでしょうか。

簡単にきれいに剥がせるシール剥がしスプレーと、思い立ったらすぐに使える代用品とを上手く使い分ければ、残りっぱなしのシールにイライラなんてことも無くなります。家の中で気になっていたシールを剥がしてみませんか。

また下記には水垢掃除についての記事を用意しました。下記の記事と合わせれば家の中がもっと綺麗になりますよ。時間があればご覧ください。

Small thumb shutterstock 173363312
関連記事 鏡の曇り止めや水垢掃除のコツは?お風呂場のうろこ汚れを落とすテク!

鏡の曇り止めをきちんとしないと、水垢で汚れてしまい掃除が大変ですよね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。