INDEX

もちもちタピオカの作り方|キャッサバ粉での自家製本格派

①材料&分量

水と粉の入った入れ物

もちもちタピオカの本格的な材料といえば、キャッサバ粉です。本格的な作り方に挑戦するなら、やはりャッサバ粉から始めたいですよね。Amazonなどの通販サイトで探せば、タピオカ用のキャッサバ粉をすぐに見つけることができますよ。

タピオカの正体は芋のデンプンですが、地域によって名称が異なります。アジア圏では「タピオカ芋」、英語圏では「キャッサバ芋」となります。通販サイトなどでタピオカ用の粉を探す場合は、「キャッサバ粉」「タピオカ粉」「タピオカスターチ」などの名称で検索すればヒットします。

自家製本格派のタピオカを作るには、下記の材料と分量を参考にしてください。ドリンク1杯分のタピオカであれば、キャッサバ粉20~30gでOKなのですが、分量が少なすぎると作りにくいので5杯分を目安に計算しています。

自家製本格派の材料&分量
  • キャッサバ粉100g
  • 熱湯50cc

②自家製本格派の作り方

材料を混ぜる

もちもちタピオカの自家製本格派の作り方は、下記のレシピ通りに行えばOKです。こちらは基本となるレシピなので、材料&分量通りに作っていくと、無色透明&無味の「パールタピオカ」が完成します。色や甘みを付けたい場合は、ご紹介するレシピをアレンジすればOKなので、まずは基本の作り方をおさえておきましょう。

自家製本格派の作り方のポイントとなるのは、熱湯の温度です。最低でも70℃以上の温度のものを使うようにしましょう。お湯がぬるいとキャッサバ粉の生地が固くなりすぎて、茹でた後の食感も悪くなる可能性があります。お湯を入れすぎてしまった場合は、キャッサバ粉を追加して固さを調整してください。

自家製本格派の作り方
  1. ボウルにキャッサバ粉を入れて、熱湯を少しずつ注ぎます。
  2. スプーンで混ぜて、ダマがなくなるまで生地をまとめていきます。
  3. 生地がまとまったら直径5mmぐらいの大きさに丸めます。
  4. 鍋でお湯を沸騰させ、丸めた生地を入れて混ぜます。
  5. 透明感が出るまで弱火で40分ほどかけて茹でます。
  6. 流水で冷やしてタピオカをザルにあけます。

キャッサバ粉から作る自家製タピオカは、格別の美味しさですが、栄養面やカロリーなどは気になりませんか?手作りタピオカの栄養などをチェックしたい方は、こちらの記事にも目を通してみましょう。

Small thumb shutterstock 98095145
関連記事 タピオカに栄養ってあるの?健康や美容への影響は?原材料やカロリーをご紹介

今回は「タピオカの美容効果や栄養」などをテーマに、原材料やカロリーにつ

もちもちタピオカの作り方|片栗粉での手作り本格派

①材料&分量

お茶と砂糖

もちもちタピオカを、もう少し身近な食材で手作りしたい場合は、キャッサバ粉の代わりに片栗粉を使う作り方がおすすめです。キャッサバ粉は購入する場所を選びますが、片栗粉であれば、どこでも買うことができますね。今すぐ手作りに挑戦したい方は、片栗粉で試してみましょう。

片栗粉で手作りした場合、キャッサバ粉の自家製のものと比べると、もちもち感が少し下がります。しかし、かわりにプルプル感が出てきますよ。以下の材料と分量を参考にして、片栗粉の手作りタピオカに挑戦してみましょう。ドリンク3杯分を目安に計算したものです。

手作り本格派の材料&分量
  • 片栗粉 150g
  • 黒糖 40g
  • 水 100cc

②手作り本格派の作り方

ふるいにかける

片栗粉を利用した手作り本格派のレシピの場合、材料&分量に黒糖が追加されていますね。材料に黒糖が加わると、色と甘みがつくので「ブラックタピオカ」が完成します。片栗粉の作り方でも、黒糖なしで手作りすることは可能です。逆に、キャッサバ粉の自家製のレシピに黒糖を加えて色と甘みを追加してもOKです。

下記のレシピを参考にして、ほんのりとした甘みとブラウンの色合いが綺麗な、片栗粉のタピオカを手作りしてください。こちらのレシピでも、熱湯が多すぎて生地にまとまりが出ない場合、片栗粉を追加して固さを調整することができます。固くなりすぎた場合は、熱湯を加えて生地を柔らかくしましょう。

手作り本格派の作り方
  1. 鍋に黒糖と水を入れて沸騰させ、1~2分ほど煮詰めます。
  2. 火を止めて鍋に片栗粉を投入してスプーンで混ぜます。
  3. 生地がまとまって粗熱が取れたら、直径5mmに丸めます。
  4. 鍋で水を沸騰させて丸めた生地を入れ、軽く混ぜます。
  5. 生地が浮いてきたら蓋をして、弱火で20分茹でます。
  6. 火を止めて、予熱で10分蒸します。
  7. 流水で冷ましてザルにあけた後、氷水にさっと通せば完成です。

手作りタピオカの手順を動画で確認したい方は、こちらのものがオススメです。生地の固さや丸め方などは、キャッサバ粉で作る自家製パールタピオカにも共通するので、参考にしてくださいね。

もちもちタピオカの作り方|乾燥タピオカでのお手軽簡単派

①材料&分量

粉と四角い生地

もちもちタピオカをお手軽簡単に作りたい場合は、乾燥タピオカを材料にした作り方を活用しましょう。自家製タピオカのように、粉から手作りするのではなく、茹でるだけの状態にしてある便利な材料ですね。完全なハンドメイドとは言い難いですが、自宅で手作りするには茹で方のコツを知っておく必要があります。

お手軽簡単な乾燥タピオカは、長時間の茹で時間を必要します。類似品に短時間で作れるインスタントの冷凍タピオカがあるので、購入時に間違えないよう注意しておきましょう。完成時のもちもち感がまったく違います。乾燥タピオカの分量は、ドリンク1杯分で、20~30gほど準備すればOKです。

②お手軽簡単派の作り方

フライパンで調理する女性

お手軽簡単派のレシピは、とてもシンプルです。基本的に茹でるだけなので、茹で時間に気をつけておくだけで完成します。しかし、インスタントのように秒単位で完成するわけではないため、乾燥タピオカといえども、手作りしようと思えば長時間かけて行う必要があります。

乾燥タピオカでの簡単な作り方
  1. 鍋に水を入れて沸騰させたら乾燥タピオカを入れます。
  2. タピオカ同士がくっつかないようにヘラで軽く混ぜます。
  3. タピオカが浮いてきたら弱火にして鍋に蓋をします。
  4. 25分茹でたら火を止め、蓋をしたままさらに25分蒸します。
  5. 流水で冷やしてザルにあければ完成です。

\ POINT /

浸け置きで時短

長時間茹でるタイプの冷凍タピオカは、あらかじめ一晩水に浸けておくことで茹で時間を短縮することができます。ちょっとした裏技ですね。時間がかかることは同じですが、浸け置きは放置でOKという点が気軽です。さらに茹で時間が3分ほどになるので、次の日にタピオカを飲みたい気分のときに試してみましょう。

もちもちタピオカの作り方|色&味付けアレンジ方法

①カラータピオカの作り方

タピオカパール

ハンドメイドでもちもちカラータピオカを作りたい場合は、「キャッサバ粉での自家製本格派」で紹介した、基本の作り方をもとにしてください。

ポイントは、粉の段階で食用色素を加えて、よく混ぜておくことです。色ムラを防ぐために、熱湯は後から加えるようにしましょう。あとは「キャッサバ粉での自家製本格派」のレシピ通りに進めていけば、カラータピオカが完成します。ドリンク1杯分の材料&分量をまとめたので、色々なカラーをハンドメイドしてみてください。

カラータピオカの材料&分量
  • キャッサバ粉 20g
  • 食用色素 0.5g
  • 熱湯 10cc

②甘みを強める作り方

親子でクッキング

もちもちタピオカには、甘みを強める作り方もあります。片栗粉と黒糖でハンドメイドしたものは、ほんのりとした甘みがつきますが、さらに強めることも可能です。また、キャッサバ粉でハンドメイドしたものや乾燥タピオカなど、味がほとんどついていないタイプにも、甘みをつけることができます。

甘みを強めるには、いくつかの作り方があるので、好みの方法でハンドメイドしていきましょう。浸けるときは冷蔵庫ではなく常温で行います。冷やすとタピオカのもちもち感が消えて、固くなってしまう可能性があります。

甘みを強める作り方
  • ガムシロップ:茹でたタピオカをガムシロップに1時間ほど浸けます。
  • 砂糖水:三温糖100g・水50ccで作ったシロップに1時間浸けます。
  • 砂糖:茹でたタピオカが温かいうちに砂糖を加えて、1時間浸けます。

\ POINT /

好みのドリンクに入れて使おう

タピオカを手作りした後は、好みのドリンクに入れて使うだけでOKです。市販のドリンクと混ぜても良いですし、ミルクティーなどは茶葉から作っても楽しいですね。自分だけのオリジナルタピオカドリンクを作ってしまいましょう。

完成したタピオカをドリンクにアレンジしたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。いろいろなアレンジレシピに加えて、ミルクティーなどの基本のドリンクの本格的な作り方もチェックすることができますよ。

Small thumb shutterstock 490921171
関連記事 業務スーパーの冷凍タピオカのアレンジレシピは?ミルクティーの作り方も

業務スーパーでは流行のタピオカも売っています。ここでは業務用の冷凍タピ

もちもちタピオカの保存と解凍方法

①保存法

冷蔵庫の中身をチェックする女性

ハンドメイドのもちもちタピオカは、簡単に冷凍保存させてしまうこともできます。茹でる前と茹でた後の二通りの方法が可能なので、好みの方を選んでくださいね。冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫に入れておけば、2週間ほど保存しておくことができますよ。作り置きしておけば、いつでも簡単にタピオカドリンクが飲めますね。

茹でる前の保存法
  1. 生地を5mmほどに丸めて、冷凍用保存袋に入れます。
  2. さらにタッパーに入れて、冷凍庫で保管しましょう。
茹でた後の保存法
  1. ドリンク1杯分に小分けしてラップに乗せます。
  2. 茹でたタピオカに砂糖を少々まぶし、ラップを包みます。
  3. 冷凍用保存袋&タッパーに入れて、冷凍庫で保管します。

②解凍法

キッチンと道具

ハンドメイドのもちもちタピオカの解凍法は、茹でる前に保存したのか、茹でた後で保存したのかによって異なってきます。茹でる前に冷凍保存したのであれば、「作り方」で紹介した通りに鍋で茹でていけば簡単に解凍することができますよ。

茹でた後でラップに包んで保存した場合は、電子レンジで解凍することができます。以下の手順で、もちもち食感を維持したまま解凍していきましょう。

茹でた後の解凍法
  1. タピオカを包むラップの口を少し開きます。
  2. 600Wの電子レンジで30秒ほど加熱します。
  3. ラップを開き、スプーンで軽くほぐせば完了です。

もちもちタピオカの作り方を知って完全ハンドメイドに挑戦しよう

ハンドメイドと聞くと難しそうですが、タピオカの場合は、もちもちのものを意外と簡単に作ってしまうことができます。茹でるのに多少時間をとられてしまうことはありますが、色や甘みなども自由自在にできる点が魅力的ですね。

ドリンクにも工夫して、理想通りのオリジナルタピオカドリンクを完成させてしまうことも夢ではありません。作り方を押さえて、完全ハンドメイドに挑戦してみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。