INDEX

加湿器がない部屋の冬の乾燥対策にできることは?

①お風呂のドアを開放

お湯をためた浴槽

加湿器がないときにできる対処法として、お風呂のドアを開け放つものがあります。浴槽に湯を溜めた状態で、蓋をせずドアも開け放っておきます。こうすることで、部屋の空気を簡単に潤すことができます。ただし、このためだけにお湯を張るのは経済的ではないので、入浴後の湯を活用すると良いでしょう。

この際、浴室の窓は開け放たないようにしましょう。いつもは浴室内の湿気を外に出しているという場合でも、乾燥を防ぐことが目的の場合は窓を閉めた状態で、部屋に向かってドアを開け放ちましょう。

②霧吹きを使って水撒き

掃除する女性

100均でも手に入る霧吹きを使って水を撒くことで部屋全体を潤す方法もあります。部屋の空気が乾燥していることを感じたら、水を入れた霧吹きスプレーで満遍なく水を吹き出すだけで簡単に加湿することができます。手軽ですが、持続時間は長くないので、定期的に水を撒かなくてはならないという欠点があります。

とはいえ、テーブルの上に霧吹きを常備しておけばいつでも簡単に使うことができます。一度霧吹きの容器に水を入れれば中々なくならないので、手間もかかりません。入っているのはただの水なので、部屋中どこでも気軽に霧吹きできるのも嬉しいポイントです。乾燥が気になる時ポイント使いできるのも霧吹きの良いところです。

③石油ストーブを利用

暖炉のある部屋

石油を燃焼させることで水が発生します。これを利用して、石油ストーブを使い部屋を加湿する方法もあります。冬の寒さ対策も兼ねることができるので一石二鳥です。石油ストーブを動かさなくてはならないため手軽な方法とは言えませんが、防寒用にストーブを使いたいという人にはぴったりな乾燥対策の方法です。

④植物を置く

植物の鉢

インテリアにもなる観葉植物は、加湿器の代わりにもなってくれます。水分を吸って葉の部分から蒸発させるため、天然の加湿器とも言われています。中でも葉っぱが大きいものを選ぶと、水分の蒸散率が高くなり部屋が効率的に加湿されます。ただ、水をやりすぎると枯れる原因になるので、適度なタイミングで行いましょう。

観葉植物を置く場所としてベストなのは、日当たりがよく暖房の風が直接当たらないところです。あとは表面の土が乾いたタイミングで適度に水やりをするだけで、簡単に加湿器代わりのインテリアとしての役割を持続してもらうことができます。

加湿器がない部屋の冬の乾燥対策に使えるグッズは?

①マスクなど喉を潤すグッズ

美味しい紅茶

マスクがあれば、簡単に乾燥から身を守ることができます。喉を潤す効果の高い専用のマスクも販売されているので、風邪などウイルス対策にはバッチリです。マスクによって自分の発する呼気が体外に逃げるのを防ぎ、喉を潤すのに役立ちます。呼気が体内に戻る際も潤ったところを通るので乾燥する心配がありません。

②乾燥防止グッズに濡れたタオル

白いタオル

蒸発する水分で加湿をするために、タオルを用いるのもオススメです。ハンガーなどタオルを吊るせる場所を作り、水分を含ませたタオルを部屋の中にかけるだけで完了です。部屋の大きさに合わせてタオルの大きさを工夫したり、タオルの枚数を増やしても良いでしょう。タオル以外特別な道具もいらないので手軽に保湿できます。

③簡易加湿器グッズにペットボトル

たくさんのペットボトル

ペットボトルを加湿器代わりにする方法もあります。今では加湿器の代わりにするためペットボトルに差し込むタイプの専用のグッズもたくさん売られていますが、家にないという場合は自作することができます。用意するものはペットボトルと吸水性の良い紙のみです。コーヒーフィルターや新聞紙、フェルトで構いません。

吸水性の良い紙をペットボトルに差し込むだけで、簡易加湿器の完成です。加湿器がない場合でもペットボトルなら比較的簡単に手に入るでしょう。手軽に加湿器代わりにすることができるので、空の容器が家にある場合はぜひ試してみてください。

冬の乾燥は肌にも悪影響を及ぼします。そこで以下の記事にまとめられている冬の乾燥の原因の一つである目元のシワや小ジワにできる早めの乾燥対策を活用してみてください。加湿器がない部屋にグッズを用いて対策をするのと同様に、目元の乾燥にもそれに合った保湿の方法があります。乾燥に打ち勝つべく読んでみてください。

Small thumb shutterstock 387570406
関連記事 冬の乾燥の原因、目元のシワ・小ジワに早めの乾燥対策に保湿!?

目元の乾燥気になりませんか?1年の中でいちばん乾燥する冬。乾燥が気にな

加湿器がない部屋の冬の乾燥対策で手軽にできる工夫例は?

①洗濯物を部屋干し

溜まった洗濯物

洗濯物を部屋干しすることでも、乾燥は防ぐことができます。水分を含んだ洗濯物を部屋に吊るすことによって、蒸発して行く水分で部屋を潤すことができるのです。冬場は天日干しをしても洗濯物が満足に乾くことは少ないものです。そこで加湿も兼ねて部屋干ししてみてはいかがでしょうか。

匂いが気になるという場合は、部屋干し用の洗剤を活用してみると良いでしょう。部屋干し特有の匂いを防いでくれる商品も多数揃えられているので、生活に役立てられるはずです。

②掃除も兼ねて床を水拭き

掃除道具

霧吹きを用いた部屋の加湿方法は先にご紹介しましたが、他に床を水拭きするという方法もあります。掃除も兼ねて床を水拭きすることで簡単に部屋を潤すことができます。水拭きをすることによって床に残った水分が蒸発し、加湿につながるのです。加湿のためだけの行動は面倒でも、掃除を兼ねると効率的に感じられるでしょう。

③水を入れたコップを置く

注がれた水

部屋全体を潤す効果は期待できませんが、一部分だけを加湿することができるのがコップを用いた方法です。その方法とは、ただ水を注いだコップを置いておくだけです。部屋の一部分から基本的に動かないという場合、自身を乾燥から守りたい時に役立つでしょう。部屋の至る箇所に水を入れたコップを置くのも効果的です。

水を入れたコップを加湿器代わりにすれば、水分補給を兼ねることもできます。もちろんずっと置いておいたコップの水を飲むのは衛生的ではありませんが、定期的に入れ替えるようにすれば問題ないでしょう。綺麗なグラスのコップならインテリアにもなりそうです。また、間口の大きいコップを置くと加湿の効率が上がります。

ここで関連記事として、自作の簡易加湿器の作り方をまとめたものを用意しました。手作りフェルトのものやペットボトルで作るものなど、手軽にできるものばかりが紹介されています。お店で売られている本格的な加湿器代わりの手軽なものが欲しいというあなたは、ぜひ参考にしてみてください。実生活に役立てられるはずです。

Small thumb shutterstock 384225742
関連記事 自作の簡易加湿器12選|手作りフェルト・ペットボトルと簡単DIYも

身近なもので簡単に加湿器が自作できることをご存知ですか?家庭にあるペッ

④定期的に換気をして対策

換気する窓

特別なグッズがなくても部屋の乾燥を防ぐことはできます。それは定期的な換気です。寒いからといって、暖房をつけっぱなしにして窓を閉め切っていませんか?それでは部屋の乾燥は酷くなるばかりです。部屋の窓を2つ以上開けて空気の通り道を作り、定期的に換気しましょう。気分転換にも役立つこと間違いなしです。

⑤雨の日は窓を開けて乾燥対策

雨の天気

雨の日は天気を利用して部屋を潤しましょう。ただ窓を開けているだけで部屋が潤うので、特別な道具も必要ありません。ただ部屋の中が濡れてしまわないように配慮はしましょう。雨の中窓を開けることが難しいという場合は、雨上がりの良い天気の時に実践してみてください。地中の水分が蒸発することで湿度が保たれます。

【大型】冬の加湿器がない部屋での対策グッズは?

①洗面器にお湯を張る

花柄の洗面器

洗面器にお湯を張って机の上など自分の活動領域に近いところに置いておくだけで、効率的に部屋を乾燥から守ることができます。この時なるべく口の広い容器にお湯を入れることによって、より効果的に広範囲を加湿することができるでしょう。ただ、机の上など動線の近くに置く場合は引っくり返さないよう注意しましょう。

②鍋料理をする

鉄製の鍋

簡単にできるお部屋の加湿方法として、鍋料理を活用するものがあります。加湿のためにわざわざグッズを用意したりするのは面倒に思えるかもしれませんが、鍋料理をすればその蒸気によって部屋の乾燥が和らぐだけではなく、晩御飯を兼ねることもできるので手軽に加湿器がない部屋の乾燥対策に役立てることができます。

③熱帯魚を飼育

熱帯魚の水槽

熱帯魚を飼育することと乾燥には一見何の関係もないように感じられるかもしれませんが、実は乾燥対策に役立ちます。エアーポンプを使用して、水槽の蓋を半分ほど開けることで加湿につながります。蓋をどの程度開けるかによって加湿度合いを変えることができるのもポイントです。熱帯魚は癒しにもなるのでおすすめです。

【手軽】冬の加湿器がない部屋の対策グッズは?

①サーキュレーター

サーキュレーター

加湿器がない部屋では、サーキュレーターが活躍します。具体的にどのような使い方をするのかというと、洗濯物の部屋干しと組み合わせるのがおすすめです。サーキュレーターを用いると、部屋干しの洗濯物から出た蒸気を効率的に循環させることができるので、より一層乾燥対策をパワーアップさせることができるのです。

②やかん

お湯を入れるやかん

やかんを使って部屋を加湿することもできます。その方法は簡単で、やかんに水を入れて火にかけ沸かすだけです。沸騰させるとお湯になり湯気が立つので、その蒸気によって部屋が潤います。やかんにお湯を沸かせばそのまま料理に使うことができたりお茶を作ることもできるので、一石二鳥の方法といえるでしょう。

加湿器がない部屋でもグッズで冬の乾燥対策をしよう!

加湿器がない部屋で代わりにグッズなどを用いて簡単に冬の乾燥対策をすることは可能です。ここに紹介したようなタオルや霧吹きにペットボトルなど手軽な方法で、加湿器がない部屋の乾燥対策をしましょう。加湿器が手に入るまでの繋ぎとしてはもちろんのこと、加湿器なしでも部屋を潤すことができる方法はたくさんあります。

手軽にできるものなら、今日から始めることも可能でしょう。部屋が乾燥してしまうと様々な弊害が起こります。ちょっとした工夫で止められる乾燥なら、防いでおくに越したことはありません。加湿器代わりになる水の入ったコップやペットボトル、タオルなどを用いて、冬の厳しい乾燥に立ち向かいましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。