INDEX

フローリングに布団を敷くとカビが生える原因は?

寝ている間の「汗」で布団の下に湿気が溜まりカビが発生

アイマスクをして寝る女性

私たちは寝ている間に汗をかいており、汗で布団の下に湿気が溜まり、カビが発生する原因となっています。寝ながら汗をかいている実感はない人もいるかもしれませんが、実際には寝ている間に大量の汗をかいているんです。夏でも冬でも、コップ1杯ほどの汗をかいていると言われています。

大量の汗を布団が吸収し、そのまま放置してしまうと布団とフローリングの間に湿気が溜まります。湿度が70%以上になるとカビにとって快適な環境となり、お手入れをしていないとカビがどんどん繁殖してしまいます。洋室のフローリングはもちろん、和室の板の間に布団を直敷きする際はカビが発生しやすくなります。

布団とフローリングの温度差による「結露」も湿気・カビの原因

フローリングの床

私たちの汗だけでなく、布団とフローリングの温度差によってできる結露の湿気やカビの原因となります。私たちの体温により温まった布団とフローリングの間には温度差が生まれ、床が濡れるほどの結露が生じることもあります。夏場よりも冬場のほうが結露が生じやすく、布団と床の間に湿気が溜まりカビが発生してしまいます。

【直敷きの場合】フローリングに布団を敷く際の湿気・カビ対策4選

①フローリングに布団を直敷する場合は「換気」が必須

揺れるカーテン

フローリングに布団を直敷きする場合は、「換気」のお手入れが必須になります。敷き布団やマットレスを床に直置きしていると、どうしても湿気が溜まりカビが発生するのに最適な環境となってしまいます。直敷きする場合は、換気をして布団を乾燥させる必要があります。

②布団は押入れに収納して湿気・カビ対策する

両手を上げる女性

布団を床に直敷きしている人は、毎日布団を押入れに収納するようにしましょう。床に敷いている時間が長いほど湿気が溜まってしまうので、できるだけ湿っている時間を短くすることが大切です。布団を押入れに収納し、湿気が溜まるのを防いでください。

布団を押入れに入れる際は、ある程度乾燥させてから収納することがポイントになります。起きてすぐの布団はまだ湿っているので、すぐに押し入れに入れると押入れ内の湿度が高くなってしまいます。起きたら布団をめくり、半分裏返した状態で20~30分ほど乾燥させてください。その後に押入れに入れるようにしましょう。

板の間のある和室には押入れがあると思いますが、フローリングの洋室には押入れがない場合もありますよね。押入れがなくても、クローゼットを活用すれば布団を収納することができます。以下の記事では、布団の収納方法・アイデアをまとめて紹介していますので、併せて参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 697069822
関連記事 【状況別】布団の収納方法・アイデア|クローゼットや押入れをフル活用

布団の収納をするにはとてもたくさんの方法があります。クローゼットや押入

③週に1回以上は布団を天日に干して湿気を除去する

空の太陽

フローリングや板の間に布団を直敷きする場合は、週に1回以上は天日に干して湿気を除去することも大切です。布団の湿気を逃すことでカビが発生しにくい環境になるので、晴れた日には布団を天日干しして布団の湿気を除去しましょう。

布団を天日干しするのに適した時間は、午前10時~午後2時頃までの時間帯です。この時間帯に、2時間ほど天日干しすると布団がしっかり乾燥します。午後3時以降は空気中の湿気が増えるため、できれば午後2時頃までには布団を取り込むのが理想的です。

④布団が干せない場合は布団乾燥機を使う

51xbyr tv6l. sl1000

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ 温風機能付 マット不要 布団1組・靴1組対応 パールホワイト FK-C2-WP

Amazonで詳細を見る

雨の日など、布団が干せない場合は布団乾燥機を使ってお手入れしましょう。冬は温風モード、夏は冷風モードで布団を乾燥させます。布団乾燥機を使えば布団の湿度を除去できるほか、ダニの駆除も同時にできます。1年中使用できるものなので、湿気やカビ対策として布団乾燥機を持っておくと安心ですよ。

【夏の場合】フローリングに布団を敷く際の湿気・カビ対策2選

①夏は除湿シートを敷いて湿気・カビ対策する

81d8ns8pv3l. sl1500

西川(Nishikawa)

西川リビング からっと寝 調湿シート ブルー シングル 90×180cm

Amazonで詳細を見る

夏は空気中の湿度が高くなるので、布団と床の間に除湿シートを敷いて湿気・カビ対策するのがおすすめです。除湿シートが湿気を吸収してくれるので、布団に湿気がこもるのを防ぐことができます。夏は布団の中がジメジメとしてしまいますが、除湿シートを敷くことで睡眠も快適になります。

消臭効果のある除湿シートを使えば、汗による臭いや加齢臭などのイヤな臭いを抑えることもできます。除湿シートは布団と同じようにお手入れでき、夏だけでなく冬も敷くことができるので1枚持っておくと便利ですよ。

②通気性の良いすのこマットを敷いて湿気・カビ対策する

51wpslizryl

T3

ベッド ベット ふとん下すのこ8個セット シングルサイズ 日本製 押入れ マット ベット カビ 湿気

Amazonで詳細を見る

夏は通気性の良いすのこマットを敷いて湿気・カビ対策するのも効果的です。特に高床タイプのすのこマットは、布団に熱がこもりやすい夏やジメジメとした梅雨の時期に最適です。布団乾燥機を使わなくても、布団に湿気がこもらずカビを防ぐことができます。

フローリングや板の間にすのこマットを直敷きする際は、床が傷付かないように対策する必要があります。底にクッションが付いているすのこマットを購入するか、傷防止テープなどを活用して床が傷付かないようにしましょう。

【冬の場合】フローリングに布団を敷く際の湿気・カビ対策2選

①冬はコルクマットを敷いて湿気・カビ対策する

716hrbvwu2l. sl1100

タンスのゲン

タンスのゲン 安心の超低ホル コルクマット 大判 45cm 大粒 6畳 48枚セット サイドパーツ付き 天然コルク 防音 床暖房対応 1870000301 【61442】

Amazonで詳細を見る

寒い冬はコルクマットを敷いて湿気・カビ対策するのが効果的です。コルクマットをフローリングや板の間に敷くことで、床からの冷えを和らげて布団との温度差を少なくすることができます。除湿シートほどの除湿効果はありませんが、冬場に発生しやすい結露を防いでカビの発生を抑えることができます。

コルクマットは表面が柔らかいので、その上に敷き布団を敷いただけでも快適に眠ることができます。保温性があり寝心地も良いので、寒い冬のカビ対策に適していますね。

②アルミ断熱シートを敷いて湿気・カビ対策する

61iek1pdosl. sl1000

USER(ユーザー)

アルミ 保温マット 2畳 1.8×1.8m 厚4mm ホットカーペットほかほかデラックス U-P372

Amazonで詳細を見る

冬はフローリングや板の間の床が冷たくなるため、アルミ断熱シートを敷いて湿気・カビ対策するのもおすすめです。アルミは熱を反射する効果があるので、布団の熱と床の冷気が触れにくくなり、結露が起きるのを抑えることができます。結露を抑えることで湿気が溜まらず、カビの対策に効果を発揮します。

アルミ断熱シートは保温力に優れ、床からの冷気が体に伝わりにくくなります。カビ対策はもちろん、冬の寒さ対策にも効果的なアイテムです。ただし、アルミ断熱シートを床に敷きっぱなしにしていると湿気が溜まる原因となります。布団と同様に、アルミ断熱シートもこまめに乾燥させることが大切です。

フローリングにカビが生えた時のお手入れ方法

①フローリングにカビが発生したらすぐに拭き掃除する

拭き掃除をする女性

フローリングや板の間にカビが発生してしまったら、すぐに拭き掃除をしてカビを落とすようにしましょう。フローリングワイパーや濡れ雑巾でカビを拭き取った後は、掃除機をかけてホコリなどのゴミも綺麗にしましょう。

カビを拭き取る前に掃除機をかけるのは厳禁で、掃除機の動きによってカビの胞子が飛び散ってしまいます。床にカビが発生しているのを見つけたら、まずは拭き掃除をしてお手入れしてください。

②落ちにくいカビは無水エタノールを使って落とす

掃除道具

拭き掃除をしても落ちにくいカビは、無水エタノールを使って落とすようにします。無水エタノールと精製水を8:2の割合で希釈し、スプレーボトルに入れたらカビ部分に吹きかけていきます。スプレーした後は、雑巾で拭き取って乾燥させてください。

無水エタノールは除菌効果が高いので、フローリングや板の間に発生したカビの除去に効果的です。無水エタノールはフローリングのお手入れはもちろん、虫除けやルームスプレーなどに活用することもできます。以下の記事では無水エタノールの使い道について解説していますので、併せてチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 692739298
関連記事 無水エタノールの使い道10選!消毒・掃除・虫除け・ルームスプレーなど!

無水エタノールの使い道はご存知ですか?消毒・掃除・ルームスプレーにも使

③拭き掃除で落ちない頑固なカビは業者に依頼をする

スマホ操作する女性

拭き掃除でも落ちない頑固なカビは、専門の業者に依頼をして除去してもらいましょう。カビがフローリング表面のワックスの下まで浸食してしまうと、自力では落とすことができなくなります。その場合にはクリーニング業者に相談をしてみてください。

業者に依頼することになる前に、しっかりとカビ対策をしておくことが大切です。布団を床に直敷きしないよう対策したり、日頃から床掃除などお手入れをしてカビの発生を抑えるようにしましょう。

布団にカビが生えた時のお手入れ方法

①敷き布団のカビは重曹を使って落とす

白い粉

敷き布団にカビが生えてしまったら、重曹を使って落とすようにしましょう。スプレーボトルに水300ml、重曹大さじ2杯を入れて混ぜ合わせ、重曹スプレーを作ってください。布団のカビ部分にスプレーし、3分ほど放置したら雑巾で拭き取ります。

その後は消毒用のエタノールスプレーを吹きかけ、5分ほど置いて雑巾で拭き取ります。エタノールで殺菌した後は、風通しの良い場所で天日に干し、完全に乾燥させてください。

②布団カバーのカビは漂白剤を使って落とす

白い洗剤

布団カバーに発生したカビは、漂白剤を使って落とすことができます。白い布団カバーには塩素系漂白剤を、色や柄のある布団カバーには酸素系漂白剤を使用します。漂白剤を規定量水に溶かしたら、布団カバーを1時間ほど浸け置きします。その後は洗濯機にかけ、天日に干して乾燥させます。

漂白剤を使用する際は、必ずマスクとゴム手袋を着用してください。また、部屋の窓を開けて換気しながら作業するようにしましょう。

湿気・カビ対策をしてフローリングと布団を清潔に保とう

フローリングや板の間に布団を敷くと、湿気が溜まりカビが発生しやすい環境になってしまいます。特に布団を床に直敷きする場合は、押入れに収納したり、天日に干したりして湿気を除去することが大切です。

できれば床に布団を直敷きするのではなく、除湿シートやすのこマットなどを布団の下に敷くことでカビの発生を抑えることができます。夏も冬も、しっかり湿気・カビ対策をしてフローリングと布団を清潔に保つようにしてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。