大人女性向けのライフスタイルマガジン BELCY

CATEGORY

Large thumb shutterstock 130134731

ケアレスミスの対策6選!単純な凡ミスの原因を理解して防止する方法は?

更新:2019.09.07

作業をしているときのケアレスミスに悩んでいませんか?ミスをしてしまうのには必ず原因があり、その対策方法も存在します。今回はケアレスミスの原因や、意識・行動面での対策、事前にできる予防策などをご紹介します。日頃のケアレスミスに悩んでいる方は参考にしてください。

簡単なケアレスミスが多い人にありがちな特徴とは?

①プレッシャーに弱い

緊張

強いプレッシャーがかかっていると、集中力がなくなって十分なパフォーマンスができなくなると言われています。そのためプレッシャーを感じやすい人、プレッシャーに弱い人はケアレスミスが多くなるのです。大切な会議や仕事、入試やテストなど、「ミスができない」と思う場面で凡ミスが増えてしまうケースです。

程よいプレッシャーはパフォーマンスに良い影響を与えてくれますが、あまりに大きすぎる重圧は逆効果です。プレッシャーを軽減させる方法や、自分なりのリラックス方法を確立することが必要でしょう。

またこちらに、本番に弱い人が強くなるための方法についてまとめられた記事を載せておきます。プレッシャーに強い人の特徴や、緊張感を減らすための方法も載っていますので、是非参考にしてみてください。

RELATED ARTICLE

②注意力が散漫である

注意

凡ミスやうっかりミスが多い人には、注意力が散漫な場合が多いです。「注意力が散漫」な状態とは、色々なことに目移りして別の作業をしたりと、一つのことに集中できない様を表します。「これをしよう」と思って作業を始めても、ついつい別のことに気をとられる人は、うっかりミスが多いでしょう。

③自分に自信を持ちすぎている

自信

「自分がミスをするはずがない」と信じきっていることも、凡ミスが多い特徴の一つです。自分を信じることは良いことですが、実際の能力以上の力があると過信するのはよくありません。ミスを減らすためには自分の能力を見定めることが大切なのです。

過剰な自信は簡単なケアレスミスだけにとどまらず、やがて大きな失敗を引き起こすでしょう。また周りの人間からの信頼を失うことにもなります。何をするにも「間違いがあるかもしれない」と疑う気持ちが、ミスをなくす第一歩となるはずです。

単純なケアレスミスの原因とは?

原因①身体が疲れている

疲れ

今まで間違えていなかったような単純作業で、凡ミスが増えた場合は身体が披露している可能性があります。十分に休息が取れていなかったり、長時間労働が続いていると、身体にどんどん疲れが溜まっていきます。この状態を放置しておくと脳の集中力がなくなり、単純作業でのうっかりミスが増えてしまうのです。

原因②心配事がある

心配

仕事以外の面で心配事があるときも、うっかりミスが増えると言われています。人は2つのことを同時に考えることはできません。そのため、何か心配なことがあるとそちら側に気を取られ、仕事に集中することができなくなるのです。

作業中ぼんやりしてしまう、家庭や人間関係での悩みがある、という場合は、そういった心配事がミスを誘発しているかもしれません。ミスをなくすことができないことで焦り、更に集中力がなくなる…という悪循環が生まれることもあります。

原因③やりがいを見失っている

見失う

作業に対するやる気を見失っていると、凡ミスが増える傾向にあるといわれています。なぜ今この仕事をしているのか、作業をする意味をなくしてしまうと仕事がどんどん適当になっていきます。「ある程度」のところまでで満足し、細かいことを気にしなくなるため、単純な作業も失敗するようになるでしょう。

やりがいを見失っているのなら、今自分が仕事をする意味を見つめ直してみましょう。自分がこの作業をすることで得られるメリットや、明るい事柄を考えるのです。そうすればやりがいややる気も生まれ、単純作業にも意欲を取り組めるようになるはずです。

原因④感情が高ぶっている

怒り

感情が高ぶって落ち着きがないと、単純・簡単な作業がうまくこなせないようになります。またミスを指摘されてもそのことに腹を立て、ミスを減らす努力を怠るようになります。仕事や作業を始める時は感情を鎮めてから取り掛かるようにしてください。

【行動編】ケアレスミスへの対策方法!

行動面の対策方法①声に出して確認する

声

ケアレスミス対策として有効なのが「作業を確認する」ということですが、声に出すことで更に効果が高まります。声を出すために目で1度確認を行い、更に自分が発した言葉を耳で聞いて確認することができます。一度声に出すだけで2重確認ができる、というわけです。

声を出して確認すれば、見ただけでは気づかなかった問題点に気づくきっかけにもなるでしょう。大きな声を出す必要はありませんので、自分に聞こえる程度の声を出すようにしてください。

行動面の対策方法②凡ミスを記録する

記録

自分がしてしまった凡ミスやうっかりミスを記録する、という方法です。うっかりミスというものは、自分の意識が向いていないところで起こるものです。自分が凡ミスをした場面を書き出して記録することによって、失敗しやすい場面を自分で認識できるようになるのです。

うっかりミスがあったときには、うやむやにせずノートなどに記録してみましょう。自分で原因を自覚することで、ケアレスミスを減らすことができますよ。簡単にできる上に効果も高いので、是非やってみてください。

行動面の対策方法③誰かと一緒に確認をする

確認

ミスがあるかどうかを誰かに確認してもらうことで、ケアレスミスを減らすことができます。これは仕事でのケアレスミスを減らすのに有効な対策方法です。確認をしてもらうと「誰かに見られる」という緊張感が生まれます。そのため、簡単な単純作業にも気を抜かなくなり、凡ミスをなくすことができるのです。

確認作業をすることで、物理的にミスを減らすことにもなります。また人のミスを見つけることで「こういった場面でミスがおこる」という認識が生まれ、注意して作業にあたることができるでしょう。少し手間はかかりますが、必ず効果が現れる対策方法ですよ。

【意識編】ケアレスミスへの対策方法!

意識面の対策方法①初心を忘れない

初心

ケアレスミスは慢心によって起こる、という特徴があります。その特徴から生まれた対策が、この「初心を忘れない」というものです。うっかりミスは、単純・簡単なさぎょうに慣れてきたときに起こりがちです。ミスをなくすには、仕事に慣れていなかった頃を思い出しながら作業をすることが大切です。

なかなか初心が思い出せないという時は、初心者の時にしていたやり方で仕事をしてみると良いでしょう。慣れてきた頃の仕事は細かいことを疎かにしがちです。しかし初めてのときの仕事では、細かいことにも気を配れていたはずです。行動から意識を引き起こし、うっかりミスをなくしていきましょう。

意識面の対策方法②余裕を持って作業をする

余裕

常に100パーセントの力を出さずに余裕を持って作業をすることも、ミスを減らす対策になります。意識に焦りが生じていると脳が正常な判断を下せなくなり、簡単なことでも失敗します。焦りが出た瞬間作業の精度は低くなると覚えておきましょう。

細かいミスを減らすためには心に余裕を持つことが重要です。余裕があると周りがよく見えますし、細かい単純な作業でも正確に行えます。日頃から余裕を持って生活できるよう意識してくださいね。

意識面の対策方法③ミスをした時のリスクを考える

リスク

ミスをした時にどんなことが起こるか考えると、それだけでミスをなくすことができると言われています。ケアレスミスが多い人は、「ミスをしても大丈夫」と考える傾向があります。この甘えた意識がミスの原因です。「自分がミスをすることで周りに与える影響」を意識すれば、自然とミスは減っていきますよ。

ケアレスミスをなくすための防止方法!

防止方法①過去にミスをしたことを思い出す

ミスした女性

ケアレスミスを防止するためには、自分の過ちを思い出すことが有効です。自分が過去にしたミスを振り返ることで、ミスをしやすいポイントが再認識できますし、意識を引き締めることもできます。ミスをまとめたノートを作って毎日眺めたり、目にとまる場所にメモを残すなどの行動をとれば、ミスを防止できるでしょう。

防止方法②悩みを持ったまま仕事をしない

禁止

悩みがある状態で作業をすると、作業の精度が格段に落ちます。悩みは特に、細かい仕事や簡単な作業に影響を与えます。簡単な仕事は他のことに意識が飛びやすく、集中できなくなります。悩みのせいで感情が乱れ、細かい仕事がうまくいかなくなることもあるでしょう。

ミスをなくすためには、悩みを解決してから仕事に臨むようにしてください。スッキリした状態で作業をすれば、必ず良いパフォーマンスができるようになります。ミスの原因が悩みによる集中力を欠如である場合に試してみてくださいね。

またこちらに、誰にも相談できないような悩みを抱えている場合の対処法についての記事をご紹介します。是非、悩みをなくす方法を試してみて、ミスを防止できるよう努めてくださいね。

RELATED ARTICLE

防止方法③リラックスした状態を保つ

リラックス

身体や精神の緊張をほぐしてリラックスすることも、ミスを防止する方法の一つです。緊張状態が続くと脳が麻痺し、細かい部分に気が回らなくなります。張り詰めた状態を緩めることも大切ですよ。

自分の慣れない方法でリラックスしようとしてもかえって疲労が溜まります。自分がしたいと思っていたことや、少し贅沢な思いをするなど、小さな息抜きでも効果はあります。自分の欲求を開放することを意識して、心身をリラックスさせてみてください。

防止方法④作業の順序を決めておく

順序

ミスが起こる原因に、自分のすべきことを見失う・同時に複数の作業を並行して行う、などがあります。一つのことに集中できていない状態なので、必然的にケアレスミスが増えていくでしょう。細かい部分に気が配れなくなり、作業全体の効率が低下します。

事前に作業の順序立てを行い、同時に複数の作業をする癖をなくすことで、ミスを減らせるでしょう。おおまかなスケジュールでも良いので、自分の中での予定を決めておくとミスが事前に防止できますよ。

ケアレスミス対策をして仕事効率を高めましょう!

ケアレスミスが多発している状態は、作業効率が非常に悪いです。ケアレスミスをなくすことで全体的なパフォーマンス力が上がること間違いなしでしょう。自分のミスの原因を考え、それに合った対策をや予防策を実施してみてくださいね。

  • ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
     商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。