INDEX

賑やかで楽しい!子供3人だとこんなメリットがある!

①子供3人は子育てや育児の苦労の分を超えて賑やかで楽しい

子供が遊ぶ

子供3人の生活におけるメリットの1つ目は、子育てや育児の苦労の分を超えて賑やかで楽しいことです。やはり生活は子供が多ければ多いほど賑やかで楽しいものです。もちろんその分子育てや育児は本当に大変ですが、その苦労なんか忘れてしまうくらい賑やかで楽しい毎日を送ることができます。

子育てや育児が大変過ぎてストレスが溜まり、後悔する時期も中にはあるかもしれませんが、後から振り返ればとても楽しかったと思えるものですし、何より3人子供がいることで子供1人の生活の3倍以上の刺激があります。迷って後悔するくらいなら、子供3人の生活についてポジティブに考えてみましょう!

②長子が子育てやお手伝いをしてくれれば育児や子育てが楽な時期が来る

子供が遊んでいる

子供3人の生活におけるメリットの2つ目は、長子が子育てやお手伝いをしてくれる時期がくれば、育児や子育てが楽になることです。子供3人の生活の場合、お兄ちゃんやお姉ちゃんが育児や子育てを手伝ってくれるメリットがあります。

そしてそのお兄ちゃんやお姉ちゃんの責任感の芽生えを見守るのも子供3人の生活の醍醐味でもあります。ただ子育てが楽になるだけではない楽しみがあるのも子供3人での生活のメリットの一つです。

③第三子を上手に育てることができる可能性が高い

ボールで遊ぶ風景

子供3人の生活におけるメリットの3つ目は、長第三子を上手に育てることができる可能性が高いことです。父親も母親も長子の時には子育てや育児の初心者ですが、長子の時の教訓を第二子や第三子には生かすことができます。また第三子の場合は上2人が良い意味でも悪い意味でも見本になります。

④支出が多いデメリットはあるがその分収入や税金の控除額も多い

お金と電卓

子供3人の生活におけるメリットの4つ目は支出が多いデメリットはありますが、その分収入や税金の控除額も多いことです。子供3人の生活は当然子供1人よりも支出は増えますが、その分優遇も多くあります。そのため想像よりも負担が軽いことも少なくないのです。そのため経済的な部分での後悔は意外に少ないものなのです。

ちなみに下記の関連記事は母子手当について書かれています。子供に対する補助に関しての情報も満載で子育ての参考になる記事です。経済的にうまく育てられないなど自信がない人や不安な人は是非覗いてみてください。

Small thumb shutterstock 390216088
関連記事 母子手当はいつから・いくらもらえるの?母子家庭への支援&補助17選も

母子手当は聞いたことがあるけれど詳細はわからない、という母子家庭の方は

⑤子供1人や2人よりも子供3人の方が老後が楽しい

老夫婦の笑顔

子供3人の生活におけるメリットの5つ目は、子供1人や2人よりも子供3人の方が老後が楽しいことです。老後になると身体の衰えがあり病気になる可能性も上がりますが、そんな時に一緒に暮らしていなくても子供が3人いると遊びに来たり遊びにいったりで楽しいものです。

子供3人ならではの育児や子育てのデメリット5選

①父親と母親で1人ずつ見ると1人どうしても手が離れてしまう

バーベキューの風景

子供3人ならではの育児や子育てのデメリットの1つ目は、父親と母親で1人ずつ見たとしても、1人どうしても手が離れてしまうことがあるデメリットがあることです。特に買い物や旅行など移動が伴う時の苦労は大変です。移動の苦労を考えて極力移動しない方法を考えることもあるくらい大変であることも少なくありません。

②育児中に3人同時にぐずり出すと収めるのが本当に大変

泣く子供

子供3人ならではの育児や子育てのデメリットの2つ目は、育児中に3人同時にぐずり出すと、ぐずりを収めるのが大変なことです。子供は一人がぐずりだすと、みんながぐずり出すことも少なくありません。

特に3人の年の差がほぼない状況だとこういったことも往々にして起こりえます。このような状況が移動中に起きると目も当てられません。

③転勤等の引っ越しでは大規模な移動になるデメリットがある

家族の光景

子供3人ならではの育児や子育てのデメリットの3つ目は、転勤等の引っ越しでは大規模な移動になるデメリットがあることです。転勤等の移動は、子供3人だと苦労が多いものです。引っ越しに対する不安のケアをする必要もあり、同時に移動の準備も家族全員分行わなければなりません。これは本当に大変なことです。

④自分が病気になった時の育児や子育ての苦労は想像を絶する

病気になってしまった時

子供3人ならではの育児や子育てのデメリットの4つ目は、自分が病気になった時の育児や子育ての苦労は想像を絶することです。もちろん子供が病気になった場合は看病等大変ではあるものの、配偶者の手を借りることができます。

一方で親の側が病気になってしまうと、自分自身の体調が病気で悪い中でも炊事等の家事が強要されます。病気になったとしても配偶者でカバーできる状況であれば何とかなるのですが、配偶者の仕事が忙しくカバーできない場合は病気で苦しい中動かなければなりませんし、家族に病気がうつらないように気を遣う必要もあります。

⑤育ち盛りの時の夜ご飯はバトル

食事の風景

子供3人ならではの育児や子育てのデメリットの5つ目は、育ち盛りの時の夜ご飯はバトルであることです。子供3人の晩御飯は食べ物の好き嫌いや自分の分が少ないなど、子供が駄々をこねたり拗ねたりする要素満載であり、バトルになることが少なくありません。

そんな日が続くと親として子供3人を育てられないと自信を失ったり後悔したりすることがあるものですが、こういったデメリットを差し引いてもやはり子供3人で良かったと思える日は来るものです。

子供3人家族の家計モデル

子供3人でも生活費は工夫次第で上昇しない

2人での仕事

子供3人だと子供の人数分家計が圧迫しそうなものですが、工夫次第で生活費は意外に上昇しないものです。例えば食費に関しては食材が増えた分材料費が上がりますが、まとめ買いできる分単価は下がりますので丸々1人分が上がるような計算にはなりづらくなっています。

また子供3人の場合は3人目の子供は多くのものをおさがりで衣料費等を節約もできますので、子供3人だからと言ってシンプルに3倍にはならないものなのです。また児童手当の支給もあり、生活費の面では子供1人と子供3人ではシンプルに3倍ではないので意外に気にならない部分ではあります。

ポイントは教育費で進学する学校や習い事・塾は制限される可能性がある

学校の風景

子供が3人になっても生活費は意外に負担にならない反面、教育費はシンプルに3倍になったり、3倍以上になることが少なくありません。子供3人の場合の家計においてはこの部分が最も深刻で真剣に考えて計画を立てなければならない部分になります。下手をすると家計が破綻して育てられないという事態にもなってしまいます。

ちなみに下記の関連記事では日本のお嬢様校と呼ばれる学校をまとめて紹介しているおすすめの内容です。学校の特色や学費が分かりますので、自分の子供がどういう学校に通うのか、また通えるのかを考えるヒントになりますので、こちらも是非参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 473874289
関連記事 日本のお嬢様学校ランキングTOP12!小学校/中学校/高校/大学

日本には数多くのお嬢様学校があります。女性としての身だしなみやマナーは

子供3人家族の家計モデルが組めるのは世帯年収で600万円以上

お金と人

子供3人家族の家計モデルが組めるのは、世帯年収で600万円以上が目安となります。持ち家がある、資産があるなど状況により低い年収でも3人の子供を育てるのは可能ですが、現実的に600万円を切ると子供3人を育てられない局面に遭遇することもあり得ます。

イメージとしては夫婦でメインで働く側の年収が500万円前後、そしてもう片方の年収が扶養の範囲内になる100万円ほどになると税金面を考えても理想と言えます。

子供3人家族でも年の差でこんなに違う!

年子の場合は育児や子育ての負担が増し親としてのデメリットは多いと感じる

向き合う親子

子供の年の差における違いの1つ目ですが、年子の場合だと育児や子育ての負担が増し、親としてのデメリットは多いと感じることです。また年子の場合、大変な時期が続きやすくこのままじゃ育てられないと不安になったり後悔したりすることが少なくないものです。また、経済的な負担が増える時期も重なってしまいます。

年が離れ過ぎていると兄弟姉妹が一緒に過ごす時間が少ないデメリットがある

家族写真の風景

子供の年の差における違いの2つ目ですが、年が離れ過ぎていると兄弟姉妹が一緒に過ごす時間が少ないデメリットがあることです。一回り以上離れていると、兄弟姉妹同士があまり家族の実感がないことも往々にしてあります。

理想は3~4歳の年の差だとデメリットよりもメリットが多い

家族の食事

子供の年の差における違いの3つ目ですが理想は3~4歳差であり、このくらいの年の差だとデメリットよりもメリットが多いと感じることです。子供は授かりもので欲しい時に産めるといった簡単なものではありませんが、3~4歳差だとここまで紹介してきたメリットが大きくなる傾向にあります。

長子がちょうど主体的に子育てを手伝おうとする年の差ですし、引っ越し等の移動も自分で準備ができ負担にならないという状況も想定されます。また晩御飯の時も弟妹を制してくれることもあるでしょう。

子供3人で注意すべきこと3選

①年の差と家計を考えて計画的に出産するのが理想

家族の風景

子供3人で注意すべきことの1つ目は、年の差と家計を考えて計画的に出産するのが理想であることです。子供3人は年の差によってその苦労は大きく違ってきます。間違っても後悔しないよう、また育てられないと自信を失うことがないよう、計画し計画に近い家族計画を実行することが大切です。

②3人の子供が不公平に感じないような育て方が大切

5人で集まる

子供3人で注意すべきことの2つ目は、3人の子供が不公平に感じないような育て方が大切であることです。子供の不平が多くなると親も育てられないと自信を失う可能性が上がります。また子供が間違った道に走ってしまうこともありますので、一人一人としっかりコミュニケーションをとることが大切です。

③家族全員での時間をいつでも大切にする

家族で楽しむ風景

子供3人で注意すべきことの3つ目は、家族全員での時間をいつでも大切にすることです。仕事が忙し過ぎると自分は育てられないと思うこともあるかもしれません。しかし子供を育てられないと自信を失うくらい仕事に忙殺されてしまっては子供3人の生活を満喫できません。

もちろん子供3人を育て上げるためには経済条件も大切ですが、家族全員の時間を持てるように仕事を調整し、その時間を大切にし楽しむことが大切です。

賑やかな子供3人家族はやっぱり最高!

子供3人の生活には後悔はなく、賑やかで楽しいと感じることの方が圧倒的に多いはずです。しかし家族計画や家計を間違えると後悔することもあるかもしれません。ここで紹介した情報を元に楽しく賑やかな子供3人の生活を、後悔なく楽しんでもらえたらすごくうれしいです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。