INDEX

女性がトイレを使用する際のお花摘みの意味と由来・理由とは?

女性がトイレを使用する際のお花摘みの意味は「トイレに行く」

笑顔

女性がトイレを使用する際のお花摘みの意味は「トイレに行く」です。例えば、女性が「ちょっとお花摘みに行ってきます。」と言った場合、それは「ちょっとトイレに行ってきます。」という意味と同じとなります。「お花摘み」という言葉自体が何だかかわいい響きを持っていますよね。

女性がトイレを使用する際のお花摘みの由来・理由「登山時に用を足す姿」

山

女性がトイレを使用する際のお花摘みの由来・理由は「女性が登山時に用を足す姿」が元ネタとなっていると言われています。登山などで女性が用を足す姿が、まるでお花摘みをしている姿に似ていることからこの言葉が使われるようになったそうです。元ネタや語源を探っていくとおもしろいですね。

女性が使えるお花摘みに行くという隠語に似た表現5選!

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現①お手洗いに行く

かわいい人

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現の1つ目は、「お手洗いに行く」です。「お手洗い」とは「トイレ」と同義語となります。例えば、「少し失礼して、お手洗いに行ってきます。」などの形で使用することが可能です。この「お手洗い」という言葉は一般的に広く使用されていますよね。

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現②化粧直しに行く

化粧直し

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現の2つ目は、「化粧直しに行く」です。これは、実際にトイレで化粧直しをする際にはもちろんのこと、用を足すという行為を遠まわしに表現したい際にも使用できます。「化粧直しに行ってきますね。」とサラっと伝えて席を立ちましょう。

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現③手水に行く

石鹸

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現の3つ目は、「手水(ちょうず)に行く」です。この「手水」の語源は、神社にある参拝前に手を洗う場所にあります。トイレに行く際には必ず手を洗うことから、この元ネタが「トイレに行く」という意味に派生したと考えられているそうです。

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現④ご不浄に行く

美人

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現の4つ目は、「ご不浄に行く」です。この「不浄」の語源とは、トイレを丁寧に表現したもので、昔、上流階級の女性が使っていたとされています。現代ではあまり耳にすることはありませんが、トイレをかなり遠まわしに表現したい際には活用できます。

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現⑤用を済ませに行く

微笑み

女性が使えるお花摘みという隠語に似た表現の5つ目は、「用を済ませに行く」です。これは、語源としては「しなければならないことを済ませに行く」という意味を含みます。「少し用を済ませに行きますね。」と伝えてトイレに行きましょう。

ここまで、女性が活用できる「お花摘みに行く」という表現の語源と元ネタ、そしてその他のトイレにまつわる使える表現もご紹介してきました。下記関連記事内では、トイレのおしゃれなインテリアを実例画像と共にご紹介しています。自分のお家のトイレをおしゃれにしたいなという方は、ぜひチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 547769878
関連記事 トイレのおしゃれなインテリア実例画像34選!壁紙で素敵な内装に!

トイレって毎日使うものなのでインテリアがおしゃれだと気持ちがいいですよ

女子にお花摘みに行くと言われた時の返し方は?

女子にお花摘みに行くと言われた時の返し方①いってらっしゃい

散歩

女子にお花摘みに行くと言われた時の返し方の1つ目は、「いってらっしゃい。」です。これが、返し方としては一番ポピュラーなものでしょう。優しい口調で、小さな声で伝えてあげるようにしましょう。

女子にお花摘みに行くと言われた時の返し方②ごゆっくり

真心

女子にお花摘みに行くと言われた時の返し方の2つ目は、「ごゆっくり。」です。これは、「ぜひゆっくりしてきてね」という意味で使用します。特に仕事などで忙しくしている場合は、「トイレくらいゆっくりしてきてね」という優しい気持ちを込めて伝えてあげましょう。

女子にお花摘みに行くと言われた時の返し方③気を付けて

気を付けて

女子にお花摘みに行くと言われた時の返し方の3つ目は、「気を付けて。」です。これは、ユーモア溢れる切り替えしとなります。自分も「お花摘みに行く」という元ネタを理解しているものの、あえて「お花摘みに行くのに、道中気を付けて」という意味で使います。

語源や元ネタを自分で良く理解していない女性や、真面目すぎる女性には使えないかもしれません。しかし、ユーモアのセンスのある人にはクスっと笑えて受ける返し方でしょう。

男性が用を足す際の隠語は?その由来と理由とは?

男性が用を足す際の隠語は「雉撃ちに行く」

男性

男性が用を足す際の隠語は「雉撃ちに行く」です。男性の場合は、女性より「トイレに行く」や「用を足す」などの直接的な表現が許されることが多いです。しかし、場合によってはこの「雉撃ちに行く」という隠語を使用することもあります。

「雉撃ちに行く」の由来と理由は「登山時に用を足す姿」

野外

「雉撃ちに行く」の由来と理由は「男性が登山時に用を足す姿」です。女性の由来と同じですね。登山で男性が用を足す姿がこのように見えるため、この表現が使われるようになったとされています。おもしろいですね。

トイレ・お手洗いに行く際に知っておきたいマナーとは?

トイレ・お手洗いに行く際に知っておきたいマナー①直接的な表現を避ける

雑談

トイレ・お手洗いに行く際に知っておきたいマナーの1つ目は、「直接的な表現を避ける」です。特に女性の場合は、トイレに関わる直接的な表現を避けた方が無難です。また、男性の場合でも食事中などは隠語や遠まわしな表現を使用する方が良いでしょう。

トイレ・お手洗いに行く際に知っておきたいマナー②訪問前に済ませる

OK

トイレ・お手洗いに行く際に知っておきたいマナーの2つ目は、「訪問前に済ませる」です。例えば、ビジネスなどで訪問先に伺う際は、自分の会社や家で用を済ませておくのが基本です。訪問先で相手に許可を取ってトイレに行かせてもらうというのは失礼に当たることもあるので注意します。

トイレ・お手洗いに行く際に知っておきたいマナー③トイレは綺麗に使用する

キレイ

トイレ・お手洗いに行く際に知っておきたいマナーの3つ目は、「トイレは綺麗に使用する」です。自分の家や会社のトイレはもちろんのこと、出先でもトイレは綺麗に使用するよう心掛けましょう。使用後は便器を拭いたり、便器を閉めたり、トイレを保つためにできる最低限のことは行いましょう。

「お花摘みに行く」という言葉の意味を理解して日常生活に活かそう!

活用

この記事では、「お花摘みに行く」という言葉の意味とその使い方、由来などについて詳しくお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

この言葉を今まで耳にしたことがなかった、という方もいるかもしれません。今回ご紹介したような隠語というのは、「本来の意味を隠す言葉」ですので、意味を知らないと使用することができません。あなたもこの記事をきっかけに、「お花摘みに行く」という言葉の意味を理解してぜひ日常生活にも活用してみてください。

下記関連記事内では、「おすすめのトイレ消臭剤・芳香剤」をランキング形式でご紹介しています。トイレはいつも清潔に、そして匂いにも気を付けておきたいもの。いい匂い・アロマタイプのものなどの紹介もあります。自分の家のトイレに活用したい!という方は、ぜひこちらも参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 553194346
関連記事 おすすめのトイレ消臭剤・芳香剤ランキングTOP18|いい匂い/アロマ

毎日使うトイレは、いつもいい香りにしておきたいですよね。しかしトイレ用

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。