INDEX

ハローワーク(職安)に行くときの服装は?

ハローワーク(職安)とは職業紹介や職業訓練をするところ

握手をする男性

ハローワークに初めて行くとなると、どんな服装を選んだら良いか迷いますよね。まず、そもそもハローワークとはどういった場所かを理解しておくことが大切です。ハローワークとは、職安(公共職業安定所)ともいいます。

ハローワーク(職安)は国が運営しており、その目的は主に職業困難者に対したフォローやバックアップです。そのため目的によっては服装を使い分けなければならず、いつでも私服で良いというわけではありません。

ハローワーク(職安)はスーツである必要はない

ハローワークに行こうとしている女性

ハローワークと一口にいっても、その目的は行く人によって異なりますよね。ある人は職業を探しに行き、ある人は公的手続きに、そしてある人は面接や職業訓練に…と目的は人それぞれです。

ハローワークは私服でも行って良い場所ですが、これは公的手続きや職業を探しに行くときだけに留めると良いでしょう。ただ仕事・職業を探しに行くだけなら、スーツなど正式な服装は必要ありません。

ハローワーク(職安)に行く際の服装は目的で変える

ハローワークにどんな服装で行こうか悩んでいる人

ハローワークに行く目的は人によって異なりますよね。そのため、自分がどんな目的でハローワークに行くかが大切です。その目的に合わせて服装を変えれば、特に悪い印象を与えることもないでしょう。

特に新卒や社員が初めてという人にとっては、スーツで行くべきか悩むことも多いでしょう。しかし自分の目的によってはスーツが必至というわけではないため、目的や状況に合わせた服装・格好でハローワークに行きましょう。

ハローワークで面接や企業の説明会に行く場合の服装は?

ハローワークで面接や説明会に行く場合の服装①スーツ

ハローワークに行こうとしているスーツ女子

ハローワークで面接や説明会に行く場合の服装1つ目は「スーツ」です。面接や職業訓練をする場合には、本番同様にスーツの格好で挑むのが好ましいとされています。面接も所業訓練もいわば「練習」ですが、ここで気を抜けば本番でも失態する可能性が高くなります。

本番同様の緊張感を持つためにも、スーツで行くことをおすすめします。また説明会を行う企業や職員に対して良いイメージを与えられるため、スーツで行った方がメリットが大きいでしょう。

ハローワークで面接や説明会に行く場合の服装②清潔感ある服装

清潔感ある服装でハローワークに行こうとしている女性

ハローワークで面接や説明会に行く場合の服装2つ目は「清潔感ある服装」です。スーツがどうしても用意できない、スーツの着用が難しいという場合には、清潔感ある服装でも構いません。説明会や面接を行う企業や職員に対して良い印象を与えられる格好なら良いのです。

どうしてもスーツで参加しなければいけないというルールはないので、それに代わるような服装・格好であれば問題ありません。できるだけ誰から見ても好印象を持たれる、清潔感ある服装で参加しましょう。

ハローワークで面接や説明会に行く場合の服装③ジャケットに合う服装

これからハローワークに行こうとしている男性

ハローワークで面接や説明会に行く場合の服装3つ目は「ジャケットに合う服装」です。スーツはないけれど、おしゃれとしてジャケットを持っているという人は、それを活かさない手はありません。ジャケットは清潔感もあるため、合わせる服装によってはかなり好印象を与えられます。

ハローワークには新卒だけでなく、既卒・ニートなどさまざまな事情の人が来ます。自分と違う服装を見るとついつい「スーツでくれば良かった」と思ってしまいますが、それに代わるような服装でも問題ないので、自信を持って参加するようにしましょう。

ハローワークでの面接・企業の説明会に適した服装

面接・説明会に適した服装のポイント①スーツなど正式な格好

スーツを着ている女性

面接・説明会に適した服装のポイント1つ目は「スーツなど正式な格好」です。ハローワークは私服でも通うことはできますが、やはり面接練習や説明会は企業の担当者や職員の目が光るときです。

それなのにだらしのない格好で参加すれば、たちまち「この人はやる気がない」と思われてしまいます。服装は自分のやる気を表すものでもあるので、自分の就職がかかっているときには正式な格好をするようにしましょう。

また面接や説明会のためにスーツを新調したい人は、以下の記事を一度ご覧になってください。レディーススーツについて詳しく書かれているので、自分に合うスーツが見つかるでしょう。

Small thumb shutterstock 593978150
関連記事 レディーススーツ講座!オシャレな女性のおすすめコーデ22選&ブランド

毎日仕事でレディーススーツを着用しているあなた!今のスーツコーデに満足

面接・説明会に適した服装のポイント②フィットしている格好

サイズの合っていない靴

面接・説明会に適した服装のポイント2つ目は「フィットしている格好」です。例え正式な格好をしていても、サイズ感がぶかぶかでフィットしていないものは論外です。スーツや清潔感ある格好でも、サイズが合わなければだらしなく見えてしまいます。

よりきっちりとしている印象を与えるには、やはりサイズ感は大切です。ぶかぶか、パツパツといった服はスーツであってもやめましょう。ぶかぶか・パツパツのスーツを着るなら、清潔感あるサイズがフィットした服装の方が好感度も高いでしょう。

面接・説明会に適した服装のポイント③シワや汚れのない格好

手や足が汚れている

面接・説明会に適した服装のポイント3つ目は「シワや汚れのない格好」です。面接や説明会に行くのに、シワや汚れがある格好で参加するのは、相手に大変失礼に当たります。それこそ普段の生活を疑われてしまうでしょう。

企業側や職業を紹介する側は、やはりまともで真面目な人材を求めています。服にシワや汚れがある人は、見た目からだらしなさを感じてしまうため、面接や説明会では不利になってしまうでしょう。

ハローワークでの面接・企業の説明会に適さない服装

面接・企業の説明会に適さない服装①だらしのない格好

髪がだらしない女性

面接・企業の説明会に適さない服装の1つ目は「だらしのない格好」です。例えば、シワがよっていたり汚れがついている服装はやめましょう。また服装以外にも、髭は剃ったか、髪は整えているかなど、服装以外の部分にも目を配ります。

例え服装がきちんとしたスーツであっても、髭を剃っていない、髪を整えていないなど、全体的に「だらしのない格好」と判断されては意味がありません。スーツを着れば良いというわけではなく、スーツであってもだらしのない格好にならないよう気をつけましょう。

面接・企業の説明会に適さない服装②ラフすぎる格好

ハローワークに行くにはラフすぎる格好

面接・企業の説明会に適さない服装の2つ目は「ラフすぎる格好」です。清潔感があっても、ラフすぎる格好は相手によっては不快に映る可能性があります。場にふさわしくないとされるラフすぎる格好はやめておいた方が良いでしょう。

これがアルバイトやパートなどの面接であれば問題ないでしょうが、正社員や派遣社員の面接・説明会ならラフすぎる格好はふさわしくありません。清潔感があっても良い・悪いとされる服装もあるため、あまりにラフすぎる、露出が多すぎる服はやめておきましょう。

面接・企業の説明会に適さない服装③派手な格好

派手な洋服

面接・企業の説明会に適さない服装の3つ目は「派手な格好」です。例えばゴテゴテのネイルやアクセサリーなど、派手と思われる服装もやめておきましょう。派手すぎる格好もハローワークという場所にはふさわしくありませんよね。

服は場所によって着ていくにふさわしい場所というものがあります。派手な服装はハローワーク以外の場所で着れば良いので、ハローワークには清潔で相手に好印象を与える服装で行きましょう。

その他のハローワークに行くときのポイントは?

スーツにこだわらずに私服でも気兼ねなく行く

受付にカードを渡す人

ハローワークに初めて行くという場合には、緊張してしまい、スーツなど正式な格好が良いと思いがちですよね。しかしハローワークには新卒をはじめ、さまざまな人がいます。確かに新卒で早く就職をするために、スーツで訪れている人も多くいます。

しかしハローワークに初めて行くなら、スーツだけに囚われず、まずはどんな場所かを私服で良いので確かめに行ってみると良いでしょう。いきなり面接や説明会を受けるという人も少ないので、まずは新卒・既卒など関係なく、話を聞くために訪れてはどうでしょうか?

職員には分からないことを何でも聞いておく

握手する人

ハローワークに行く目的は人によって違いますが、初めて行くとなると、何をどうしたら良いか分からなくなりますよね。そうした場合には、ハローワークの職員に何でも良いので質問・相談してみましょう。

ハローワークには新卒や既卒を含め、ニートや職業困難者などさまざまな人が集まります。当然初めて利用する人も多いので、そうした人に向けたサポートも行っています。私服だから…、新卒だから…、ニートだからと相手にされないわけではないので、気軽に相談してみましょう。

必要な持ち物を事前に調べておくと吉

電話しようとしている人

ハローワークには日々さまざまな人が集まります。新卒、既卒、ニートなど、その目的は人によって違いますし、また人によって必要となる持ち物も異なります。ただ職業を探しにいくだけなら筆記用具だけでも問題ないでしょう。

ただし説明会や面接など、就職がかかっている場合は別です。それこそ私服ではなくスーツやフォーマルな格好を求められる場合もありますし、履歴書や証明書が必要になる場合もあります。心配な場合には電話や窓口で必要となる持ち物を確認しておきましょう。

また面接や説明会では軽装でといわれることもありますよね。そうした場合の服装について以下の記事が紹介しているので、一度ご覧になってください。私服・軽装など、どういったものが範囲内かが分かるでしょう。

Small thumb shutterstock 598417454
関連記事 軽装でお越しくださいと指示された場合の服装例5選|就職活動/面接

就職活動・面接の際の服装はみなさんだいたいスーツを着ています。ですがも

ハローワークには目的に適した服装で行こう!

ハローワークに通い慣れていないと、どんなときにどんな服装で行けば良いのか迷ってしまいますよね。ハローワークには日々人が集まり、どの人もさまざまな服装をしているので、どれが本当かも見失いやすいでしょう。

しかしハローワークは、必ず「この服装できてください」という決まりはありません。ただし決まりはないものの、状況や目的を考えると、それにふさわしい服装が好まれることは覚えておきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。