INDEX

ハードルが高い・敷居が高いの意味の違いとは?

ハードルが高い・敷居が高いの意味の違い①ハードルが高いの意味

悔しがる

ハードルが高い、敷居が高いの意味の違い一つ目は、ハードルが高いの意味についてです。「ハードルが高い」とは、「簡単には到達できない困難な障壁のこと」「乗り越えなければならない壁が高いこと」を表す言葉です。ハードルが高いとは、実力が不十分であるため、自分には到底成し遂げられないことを指す表現なのです。

ハードルが高い・敷居が高いの意味の違い②敷居が高いの意味

うんざりする

ハードルが高い、敷居が高いの意味の違い二つ目は、敷居が高いの意味についてです。先ほどの「ハードルが高い」という表現と混合してしまう人の多い言葉ですが、実際にはこの二つは大きく違う意味を持つ言葉です。敷板が高いとは、「不義理なことがあるため、精神的に行きづらい」ことを意味する言葉です。

例えば、突然連絡を途絶えさせて、無理矢理やめたアルバイト先があったとします。そうすると、アルバイト先の人たちには顔向けできなくなるはずです。お店に入ることに抵抗を覚えない人などいないでしょう。むしろ、店の前を通ることすら躊躇するに違いありません。この状態こそ「敷居が高い」と表現できるものです。

ハードルが高い・敷居が高いの意味の違い③両者の意味における違い

面食らう

ハードルが高い、敷居が高いの意味の違い三つ目は、両者の意味における違いについてです。ハードルが高いと敷居が高いのそれぞれの意味を見てきたところで察しはついているでしょうが、この二つは全く違う意味を持つ言葉です。しかし現在では、「敷居が高い」をハードルが高いという意味で誤用しているケースが見られます。

例えば、高級なお店に入る時、「あの店は私にとって敷居が高い」とする人がいますが、これも誤用です。無礼なことをしてしまった相手の家に入ることを拒む心理のことを「敷居が高い」と表現するので、高級店に入る際に気後れする気持ちには当てはまりません。ここでは「ハードルが高い」を使うのが正解です。

以下に関連記事として、日本語のかっこいい言い回しについてまとめられているものがあります。ハードルが高い、敷居が高いの違いなど、世の中には様々な難しい日本語が氾濫しています。しかし、意味さえ覚えれば、日本語は他の言語に類を見ない、美しく丁寧な言葉です。そんな日本語をより深く知るべく参考にしてください。

Small thumb shutterstock 365175962
関連記事 日本語は難しい言葉?日本語のかっこいい言い回し15選!

日本語は世界的に見ても覚えたり、話したりするのが難しいとされる言葉の一

ハードルが高い・敷居が高いの使い方とは?

ハードルが高いの使い方①実力不足を感じた時に使う

暗い女性

ハードルが高いの使い方一つ目は、実力不足を感じた時に使うということです。自分の今の実力では完全に成し遂げることが不可能だと感じることがあった時、「ハードルが高い」という言葉を使って表現することができます。例えば、課せられた課題が難しく、完遂に時間を要する時、「私にはハードルが高い」と表せます。

ハードルが高いの使い方②不得手な分野に挑戦する時

頭を抱える

ハードルが高いの使い方二つ目は、不得手な分野に挑戦する時に使う方法です。普段生活している環境とは全く違う人種の人と接したり、訪れたことのないような場所に行ったり、何かに参加をする時、ハードルが高いと表すことができます。格上の相手と接する場合においても、ハードルが高いということができるでしょう。

敷居が高いの使い方➀気まずさを感じる時に使う

げっそりする

敷居が高いの使い方一つ目は、気まずさを感じる時に使うということです。自分の起こした不祥事や、相手に働いた不義理な行為などによって、そのあと顔をあわせることに気まずさを覚え、難しいと感じることを敷居が高いと表現することができます。精神的に、相手と顔を合わせたくないと思う時に使えるのがこの言葉です。

以下に関連記事として、ハードルが高いと感じる瞬間をまとめているものがあります。人はどのような時にハードルの高さを感じるのでしょうか。仕事やビジネス、趣味に恋愛で敷居が高いと感じることを、それぞれ紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。ハードルが高いことについて知れば、より言葉の意味に迫れます。

Small thumb shutterstock 589473767
関連記事 ハードルが高いと感じること25選!仕事・ビジネス・趣味・恋愛で敷居が高いことは?

日常生活において敷居が高いと感じることにはどのようなことがあるのでしょ

ハードルが高い・敷居が高いを使ったビジネス例文とは?

ハードルが高いを使ったビジネス例文①目標の実現はハードルが高いことだ

怒られる人

ハードルが高いを使ったビジネス例文一つ目は、「目標の実現はハードルが高いことだ」です。仕事において、目標を設定するのは大切なことです。しかし、それを実現するのは簡単ではないことの方が多いでしょう。会社全体の業績が下がってきているのに、高い目標を掲げているような場合はより事態が深刻に思えます。

そこで、この例文のように「掲げている目標の実現はハードルが高い」とすることができます。期限までに目標を達成することは不可能に近い場合において、これほどまでに事態をよく表すことのできる表現はないでしょう。

ハードルが高いを使ったビジネス例文②商談を成功させるのはハードルが高い

プレッシャーな人

ハードルが高いを使ったビジネス例文二つ目は、「商談を成功させるのはハードルが高い」です。取引先との商談があったとして、それを成功させるのは多くの社会人にとって苦難を感じさせるものでしょう。上司から命令されて商談をする羽目になったとしても、ついこのような弱音を吐きたくもなるはずです。

敷居が高いを使ったビジネス例文①取引先に向かうのは敷居が高い

トラウマがある人

敷居が高いを使ったビジネス例文一つ目は、「取引先に向かうのは敷居が高い」です。以前一悶着あった取引先や、こちらが無礼を働いてしまった相手の会社に向かうのは、誰にとっても気の重いことでしょう。そこで、「取引先に向かうのは敷居が高い」という表現がしっくりとくるはずです。

過去にトラブルのあった相手とは、なるべく顔を合わせたくないというのが、ほとんどの人の本音でしょう。それでも商談に行かなくてはならない時、「敷居が高い」という言葉を使って、いかに精神的に苦痛を感じているかということを表すことができます。

敷居が高いを使ったビジネス例文②辞めた職場の前を通るのは敷居が高い

ぼんやりする

敷居が高いを使ったビジネス例文二つ目は、「辞めた職場の前を通るのは敷居が高い」です。一身上の都合で辞めた職場の人間とは、なるべく顔を合わせたくないというのが人間の心情というものです。それでも、近くを通らざるを得ないことはあるでしょう。そんな時、敷居の高さを感じる場合にこの例文を使うことができます。

ハードルが高い・敷居が高いの類語とは?

ハードルが高いの類語①分不相応

たくさんの本

ハードルが高いの類語一つ目は、「分不相応」です。分不相応とは、自分の身分や立場などに見合わないこと、それを越えていることを表す言葉です。自分にとって難易度が高いと感じる場合に使う「ハードルが高い」という言葉と似た意味を持つ表現であることがわかるでしょう。ちなみに読み方は「ぶんふそうおう」です。

ハードルが高いの類語②レベルが高い

重なった本

ハードルが高いの類語二つ目は、「レベルが高い」です。「ハードル」を「レベル」に置き換えただけの言葉ですが、類語関係にあることがわかります。「レベルが高い」とは、標準よりも水準が上を行くことを意味する言葉だからです。「ハードルが高い」が難易度が高いことを意味すると考えると似たような意味を持つ表現です。

敷居が高いの類語①気後れする

赤い背表紙

敷居が高いの類語一つ目は、「気後れする」です。意味は、「相手の勢いに押されて怯み、なかなか決心がつかないこと」です。敷居が高いという言葉も、「相手との間の軋轢における気まずさ故に踏み込むことができない」という意味を持つことを考えると、この二つには類似性があることがわかるでしょう。

ハードルが高い・敷居が高いの反対語とは?

ハードルが高い①ハードルが低い

白い本

ハードルが高い一つ目は、「ハードルが低い」です。これはそのまま、「ハードルが高い」という言葉を反転させたものです。ハードルが低いとは、何か物事行う上で抵抗を感じることがなく、安易に感じるという意味の言葉です。障壁を感じるという意味のハードルが高いとは反対に位置することがわかるでしょう。

ハードルが高い②垣根がない

クローバーと本

ハードルが高い二つ目は、「垣根がない」です。「垣根がない」とは、「間を隔てるものがない」という意味の言葉です。つまり、障壁がないというニュアンスを持つ表現であることがわかります。これに対し「ハードルが高い」とは高い障壁を感じるという意味の言葉なので、この二つは正反対に位置するということになります。

敷居が高いの反対語①気の置けない

白いノート

敷居が高いの反対語一つ目は、「気の置けない」です。「気の置けない」とは気を遣う必要性のないほど親密な仲のことを指す言葉です。相手に対して全く遠慮のいらない様子を表す言葉なので、敷居が高いとは正反対に位置する言葉と言えるでしょう。相手に気まずさを感じることは愚か、気を遣うこともない関係を指すからです。

ハードルが高い・敷居が高いの意味の違いを知って上手に使い分けよう!

日本人のほとんどは、ハードルが高いと敷居が高いを混合して覚えてしまっているでしょう。しかし、年配の人の中には、こうした誤用を過度に嫌う人が多く見られます。そのため、あなたが軽い気持ちで「敷居が高い」を誤用してしまうと、思わぬ顰蹙を買ってしまうことにつながる可能性があります。

これらの言葉を誤認識してしまっていたというあなたは、この機会にしっかりと正しい意味で覚え直しておきましょう。ハードルが高いという言葉と敷居が高いという言葉をきちんと使い分けることは、あなたの人間としての品格を上げることにもつながります。また、豆知識にもなるのが、これらの言葉の使い分けです。

正しい意味を認識している人が少ないからこそ、本当の意味を知ることの価値は高くなります。ビジネスシーンにおいてはもちろんのことですが、日常生活の中でも正しい言葉を使うことができるようにしておいてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。