INDEX

引く手あまた(数多)の意味とは?

引く手あまた(数多)の意味①引き合いの多い様子

ビジネスマン

引く手あまた(数多)の意味の1つ目は、引き合いの多い様子のことです。引き合いが多い様子とは、簡単に言えば常に評価の基準として出されやすい状態のことを言います。こちらは、人物でも物事にも当てはまる意味で、優れた評価を受けているということが前提として成り立つ意味です。

引く手あまた(数多)の意味②誘われやすい様子

飲み会

引く手あまた(数多)の意味の2つ目は、誘われやすい様子のことを言います。誘われやすいということは、つまり声をかけやすい人とか、声がかけられやすい人と言う意味でも使われたり、捉えたりすることができます。誘われやすいという意味において、この場合は人物に対して使う意味となります。

引く手あまた(数多)の意味③人気である様子

人気者

引く手あまた(数多)の意味の3つ目は、人気である様子のことを言います。引く手あまた(数多)の意味の中でも人気という意味は、人物でも物事でも当てはまる意味です。多くの人の心を掴んでいる時に、引く手あまた(数多)の意味の中でも、人気である様子という意味が大きく当てはまります。

引く手あまた(数多)の意味④能力が買われている様子

できる人

引く手あまた(数多)の意味の4つ目は、能力が買われている様子のことです。優れた能力に対して、多くの人がそれをぜひ自分も利用したり、自分のために使ってもらいたいと思うものですが、能力が買われているという意味は、そんな時に当てはまる意味です。この場合、人物でも物事にも当てはまる意味です。

引く手あまた(数多)の意味⑤好評である様子

多くの手

引く手あまた(数多)の意味の5つ目は、好評である様子のことです。好評である様子とはつまり、売れ行きが良い商品などに対し、多くの人から定評を得ていることを言います。引く手あまた(数多)には、評価が高いイコール好評であることもまた、意味に含まれます。こちらの意味は、人物でも物事でも当てはまる意味です。

引く手あまた(数多)の意味⑥引っ張りだこ

人気者

引く手あまた(数多)の意味の6つ目は、引っ張りだこです。あちこち色々な場に誘われている人気者のことを、引っ張りだこと言います。引っ張りだこの、色々な場に誘われている状態こそがまさに、引く手あまた(数多)なのです。つまり、引っ張りだことは、引く手あまた(数多)の意味であり、類義語でもあります。

ちなみに、引く手あまた(数多)な人には、特徴があります。仕事や職業、性格など、あらゆる人に好かれる要素がある人こそが、引く手あまた(数多)な人なのです。次の記事では、そんな引く手あまた(数多)な人の特徴を紹介していますので、ぜひこちらの記事と合わせてご覧になってください。

Small thumb shutterstock 558995770
関連記事 引く手あまたな人の特徴は?ビジネスで引っ張りだこな仕事・職業&モテる女性も

引く手数多になりたいと思ったことはありませんか?引く手あまたな人の特徴

引く手あまた(数多)の使い方とは?

引く手あまた(数多)の使い方①人物に対して使う

調子にいい人

引く手あまた(数多)の使い方の1つ目は、人物に対して使うことです。引く手あまた(数多)な人と言う言葉は、例えそれが特定の人物であっても使用することができる言葉です。人物に使う場合は、大抵の場合がポジティブな意味で使える言葉ですので、良い誉め言葉としても使用できます。

引く手あまた(数多)の使い方②物に対して使う

パソコン

引く手あまた(数多)の使い方の2つ目は、物に対して使うことです。引く手あまた(数多)と言う言葉は、物事であっても例外なく使用できます。実在する物はもちろん、企画やネタ、さらには時間に対しても使用できる便利な言葉です。その便利さから、多様して使える特徴が引く手あまた(数多)と言う言葉にはあります。

引く手あまた(数多)の使い方③ビジネスシーンで使う

パソコンを覗く人たち

引く手あまた(数多)の使い方の3つ目は、ビジネスシーンで使うことです。引く手あまた(数多)と言う言葉は、ビジネスシーンでも多用することができます。特定の人物に使うことはもちろんのことですが、ビジネスシーンなら商品や企画などに対しても使用することができるため、様々な場で多用できる利便性があります。

引く手あまた(数多)と同じ意味を持つ類義語は?

引く手あまた(数多)の類義語①引っ張りだこ

たこ

引く手あまた(数多)の類義語の1つ目は、「引っ張りだこ」です。引っ張りだこは、引く手あまた(数多)の意味であり類義語である言葉です。たこを干物にする際、足を引っ張る様子からつけられた言葉だと言われています。その状態がまさに、引く手あまた(数多)の状況に似ていることからも類義語であることがわかります。

引く手あまた(数多)の類義語②売れっ子

ライブ

引く手あまた(数多)の類義語の2つ目は、「売れっ子」です。今をときめくアイドルや、芸人、歌手、俳優は、売れっ子という言葉で表現されます。これは、多くの人に売れていることを表す言葉です。その様子はまさに、引く手あまた(数多)である状態に近いことからも、売れっ子と言う言葉が類義語であることがわかります。

引く手あまた(数多)の類義語③バズる

猫

引く手あまた(数多)の類義語の3つ目は、「バズる」です。最近はSNSでも簡単に評価を得ることができ、特に人気の多い様子はバズると表現することがあります。ポジティブな意味でもバズるは、人気である場合に使われているため、引く手あまた(数多)にも非常に近しい意味を持つ類義語であると判断できます。

ちなみに、バズる以外にも、マウントという言葉が注目を集めています。マウントとは、いかに自分が優位にいるかを投稿することです。とくに、幸せアピールをする女性は、実はマウントを取っている可能性も高いのです。次の記事では、そんな幸せアピールをする女性の心理を紹介しています。参考までに読んでみて下さい。

Small thumb shutterstock 718695400
関連記事 幸せアピールをする心理4つ|SNS上でのうざい子供自慢への対処法は?

FacebookなどのSNSで幸せアピールや自慢をする人がいます。その

引く手あまた(数多)と反対の意味を持つ対義語は?

引く手あまた(数多)の対義語①閑古鳥が鳴く

連絡を待つ人

引く手あまた(数多)の対義後の1つ目は、「閑古鳥が鳴く」です。閑古鳥が鳴くとは、閑古鳥(かっこう)が鳴く様子を寂し気であるとしたことから、寂れているとか声がかからないという意味を込めて使われるようになった言葉です。そのため、誘いの声が絶えないイメージの引く手あまた(数多)とは、反対の意味を持ちます。

引く手あまた(数多)の対義語②不人気

スーパーマーケット

引く手あまた(数多)の対義後の2つ目は、「不人気」です。不人気、つまり人気がない状態のことを指します。よく商品に対して使われる言葉で、売れていないと判断することができます。そのため、好評であるとか売れっ子であるといった意味を持つ引く手あまた(数多)とは反対の意味の対義語であると判断できます。

引く手あまた(数多)の対義語③招かれない

携帯を見つめる男性

引く手あまた(数多)の対義後の3つ目は、「招かれない」です。招かれないとはつまり、声がかからないということで、不人気と同じ意味である、人気がない様子を表します。そのため、招かれないという言葉もまた、引く手あまた(数多)とは反対の意味の対義語であると判断できます。

引く手あまた(数多)を使ったビジネスシーンで使える例文は?

ビジネスで使える例文①あの人は能力が高いから引く手あまたな人材だ

キャリアウーマン

ビジネスで使える例文の1つ目は、「あの人は能力が高いから引く手あまた(数多)な人材だ」です。能力が多くの人から評価を得ており、会社内外を通して人気がある様子が、この例文から伝わってきます。具体的な例で言うと、ヘッドハンティングを受けている人などによく使われる例文です。

ビジネスで使える例文②あの商品は珍しい特徴を持つ引く手あまたな商品だ

市場

ビジネスで使える例文の2つ目は、「あの商品は珍しい特徴を持つ引く手あまた(数多)な商品だ」です。他にはない特徴を持つ商品が、大ヒットして売れることも多いですが、この例文はまさにその様子を表した文章です。特徴が買われているために、人気を集めており引く手あまた(数多)な状態になっていることがわかります。

ビジネスで使える例文③今回の企画は引く手あまたな鉄板ネタだ

書類

ビジネスで使える例文の3つ目は、「今回の企画は引く手あまたな鉄板ネタだ」です。毎回同じような企画をすることも多いですが、この場合定番化していることの他に、人気となった恒例企画であることも挙げられます。まさにこの例文は、後者の方に該当する文章で、毎回多くの人からウケる企画であることを説明した例文です。

ビジネスで使える例文④この言葉は色々な書類に使える引く手あまたな言葉だ

言葉

ビジネスで使える例文の4つ目は「この言葉は色々な書類に使える引く手あまたな言葉だ」です。企画書や報告書、通知文書と多くの文書に使える言葉が世の中には存在します。そんな便利な言葉を、ビジネス中では引く手あまた(数多)な言葉と表現することが可能です。まさにこの例文は、その状態を文章にしたものです。

ビジネスで使える例文⑤A社は今や引く手あまたな大手企業である

打ち合わせ

ビジネスで使える例文の5つ目は、「A社は今や引く手あまた(数多)な大手企業である」です。こちらの例文は、昔は小さい会社だったのに、今やヒット商品を連発する大手企業へと成長した!という場合に使える例文です。著しい成長を遂げるA社への賛辞を込めた、ポジティブな意味が込められた例文なのです。

引く手あまた(数多)の意味や使い方を理解しよう!

言葉を話す人

引く手あまた(数多)と言う言葉は、人物でも物事でも、多くの人から人気を集めている状態などをひっくるめて使うことができる便利な言葉です。しかし、便利さがあるが故に、意味や使い方を知らずに使うと、多くの人から疑問を持たれることもあります。

とくに引く手あまた(数多)という言葉は、ビジネスシーンでも、色々な状況に多用することができる言葉ですので、意味を知らないと恥をかくことにもつながりかねません。ぜひみなさんも、今回紹介した内容を理解し、引く手あまた(数多)という言葉を便利に使ってみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。