INDEX

朝シャンのメリット6選

朝シャンのメリット①朝からシャンプーで髪を濡らすと寝癖が簡単に直せる

キレイなストレートヘアの女性

朝シャンのメリット1つ目は、朝からシャンプーで髪を濡らすと寝癖が簡単に直せることです。髪が多い人や髪が太くてしっかりしている人の中には、毎朝の寝癖直しにかなりの時間を費やしているという人も多いのではないでしょうか。鏡で見える部分であれば気付いて直せますが、後頭部などは直し忘れることもあるでしょう。

こうなるくらいであれば、思い切って朝からシャンプーをして髪全体を濡らしてしまった方が寝癖も直せますし、スタイリングもしやすくなるでしょう。

朝シャンするメリット②髪を洗うと共に寝汗も一緒に洗い流せる

寝ている女性

朝シャンするメリット2つ目は、髪を洗うと共に寝汗も一緒に洗い流せることです。人間は、寝ている間にコップ1杯以上の汗をかくといわれています。この汗には、頭皮からの汗ももちろん含まれています。となると、中には寝汗で髪がべたつくという人もいるでしょう。

このような人は、朝シャンをすれば頭皮の寝汗をスッキリと洗い流し、髪のべたつきもスッキリさせることができます。また、洗面台での朝シャンではなく、お風呂場で朝シャンをすれば頭皮の寝汗だけではなく体の寝汗も洗い流せることができ、より一層スッキリできるでしょう。

朝シャンするメリット③血液やリンパの流れが良くなる効果が期待できる

リラックスしている女性

朝シャンするメリット3つ目は、血液やリンパの流れがよくなる効果が期待できることです。朝起きた時というのは目も冷めていませんが、体の内部も目覚めておらず、血液やリンパの流れも鈍くなっています。なかには、血圧が低かったり血糖値まで低い人もいるでしょう。

そこで、朝シャンをして頭に温かいお湯をかけたり、指の腹でマッサージをすると、血液やリンパが流れている部分を優しく刺激できるため、滞っていた血液やリンパの流れがよくなる効果が期待できます。

朝シャンするメリット④朝からシャンプーをすると健康的に目覚められる

朝気持ちよく目覚める女性

朝シャンするメリット4つ目は、朝からシャンプーをすると健康的に目覚められることです。朝シャンすると、血液やリンパの流れがよくなる効果も期待できますが、気持ち的な効果も絶大です。

朝から朝シャンで頭に温かいお湯をかけると、気持ち良いですよね。この気持ちいいと言う感覚は、脳内を目覚めさせる効果が期待できると共に、リラックスしたときに出るといわれるα波が出るといわれています。こうなると、だるくなりがちな目覚めが少しは健康的でスッキリとしたものになるのではないでしょうか。

朝シャンするメリット⑤香水をつけなくてもシャンプーのよい香りがする

走り去ろうとする女性

朝シャンするメリット5つ目は、香水をつけなくてもシャンプーのよい香りがすることです。夜にシャンプーをしても、寝ている間にその香りのほとんどはなくなってしまいます。しかし、朝にシャンプーをすれば、シャンプーのほどよい香りが残ります。

せっかくシャンプーの香りをまといながら出かけられるのであれば、よい香りのシャンプーで朝シャンしたいですよね。下記の「いい匂いの人気シャンプー12選!」では、朝シャンにおすすめのよい香りのシャンプーをご紹介すると共に、香りを持続させる方法もご紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 111656897
関連記事 いい匂いの人気シャンプー12選!甘い香り持続させる方法はある?

電車や街ですれ違った人から、ふわっとシャンプーのいい匂いがすることはあ

朝シャンのメリット⑥夜に髪を洗う手間がなくなる

月を眺める後姿

朝シャンするメリット6つ目は、夜に髪を洗う手間がなくなることです。髪を洗うと、洗うという作業以外に髪をタオルで拭いたり、髪が長い人であればドライヤーでも乾かした上にブローをしなければなりません。

この作業を仕事や勉強などで疲れきって帰ってきた夜に行うのは、面倒だと感じてしまいますよね。面倒だというのであれば、髪を洗う作業だけを朝に回す朝シャンに切替えれば、夜はお風呂に入るだけで済ませることができます。

朝シャンのデメリット6選

朝シャンのデメリット①夜シャンしたのに朝シャンすると皮脂を洗いすぎる

頭をかく女性

朝シャンのデメリット1つ目は、夜シャンしたのに朝シャンすると皮脂を洗いすぎることです。このケースだと、約12時間以内の間に2回もシャンプーをすることになります。こうなると、シャンプの洗浄成分によって頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流してしまい頭皮によくないです。

朝シャンのデメリット②頭皮の皮脂を洗いすぎると分泌か過剰になりよくない

こちらを見つめる女性

朝シャンのデメリット2つ目は、頭皮のひじを洗いすぎると分泌が過剰になりよくないことです。特に、頭皮の皮脂が気になる方は夜シャンと朝シャンで徹底的に皮脂を洗おうとするでしょう。しかし、頭皮は皮脂取られすぎると足りないと思い分泌を促します。したがって、皮脂を洗っては増えるという堂々巡りになるのです。

朝シャンのデメリット③朝は忙しいのですすぎが甘くなるのでよくない

水が出ているシャワーヘッド

朝シャンのデメリット3つ目は、朝は忙しいのですすぎが甘くなるのでよくないことです。出かける身支度をしなければいけない朝に髪を洗って、乾かして、スタイリングしなければならないとなるとすすぎが雑になりがちです。特に、お風呂場ではなく洗面所で朝シャンしている人は洗いにくく、すすぎ残しが多いでしょう。

朝シャンのデメリット④頭皮の環境が悪くなるのでよくない

頭を抱える女性

朝シャンのデメリット4つ目は、頭皮の環境が悪くなるのでよくないことです。皮脂を洗いすぎたり、すすぎが甘いような頭皮の環境が続くと菌などが繁殖しやすくなってしまいます。菌などが繁殖すると、頭皮に炎症が起こったり、フケやかゆみが増えるため、ひどくなってしまうと皮膚科のお世話になることもあるでしょう。

朝シャンのデメリット⑤時間がなくなり朝ごはんを抜くことが増えよくない

時間を気にする女性

朝シャンのデメリット5つ目は、時間がなくなり朝ごはんを抜くことが増えてよくないことです。朝シャンしようとすると、忙しい朝はどうしても時間がなくなり結果として朝ごはんを抜いてしまうという人も多いでしょう。朝ごはんを抜くと、午前中の忍耐力や集中力に影響が出やすくよくないです。

朝シャンをして、どうしても朝ごはんを用意する時間がないという人は用意する必要がないコンビニの朝ごはんを利用してみてはいかがでしょうか。下記の「【コンビニ別】おすすめ朝ごはん25選!セブン/ローソン/ファミマ」の記事では手軽なコンビニ朝ごはんをたくさんご紹介してますので、ぜひ参考にして下さいね。

Small thumb shutterstock 609739646
関連記事 【コンビニ別】おすすめ朝ごはん25選!セブン/ローソン/ファミマ

朝ごはんは一日の調子を整えるために大事な存在です。忙しくて朝ごはんを作

朝シャンのデメリット⑥朝に頭皮の皮脂を洗うとバリア機能を失いよくない

青空に輝くキレイな太陽

朝シャンのデメリット6つ目は、朝に頭皮の皮脂を洗うとバリア機能を失いよくないことです。何かとべたつきがちな頭皮の皮脂ですが、頭皮を守るというバリア機能を持っています。この皮脂を朝シャンで洗ってしまい出かけると、紫外線などの刺激をダイレクトに受けてしまいます。

正しい朝シャンの方法とは?朝シャンのメリットとデメリットから考えよう

夜シャンをした上で朝シャンはお湯だけを使う湯シャンがおすすめ

お湯が出ているシャワー

朝シャンのメリットやデメリットをふまえた上、正しい朝シャンの方法を考えるとお湯だけを使う湯シャンがおすすめです。お湯だけ使う湯シャンなら、夜シャンした上に朝シャンしても頭皮の皮脂を洗いすぎるデメリットは生じません。つまり湯シャンなら、頭皮環境が悪くなるやバリア機能を失うデメリットもなくなるでしょう。

また、お湯だけしか使いませんから忙しい朝でもすすぎが甘くなるというデメリットもなくなります。さらに、湯シャンは5~10分と短い時間で行えますので朝ごはんを抜いてしまうというデメリットも生じにくくなるでしょう。

朝シャンにおすすめのお湯だけを使う湯シャンのやり方

お風呂に入る影絵

朝シャンにおすすめのお湯だけを使う湯シャンのやり方は、非常に簡単です。ブラッシングをした髪に、シャワーのお湯だけを当てながら頭皮を中心に指の腹で洗うだけです。湯シャンの理想的な時間は5~10分で、お湯の温度は低めの38度以下がおすすめです。

実は健康に良くない髪の洗い方とは?

実は健康に良くない髪の洗い方①皮脂を落とすシャンプーやブラシを使う

シャンプーブラシ

実は健康に良くない髪の洗い方1つ目は、皮脂を落とすシャンプーやブラシを使うことです。皮脂を落とすシャンプーやブラシは、頭皮の皮脂を洗い流せると同時に髪や頭皮に強い刺激を与えます。したがって、髪や頭皮にトラブルが起こる可能性があります。

実は健康に良くない髪の洗い方②長い時間シャンプーをつけたままにする

シャンプーを泡立てる

実は健康に良くない髪の洗い方2つ目は、長い時間シャンプーをつけたままにすることです。長い時間シャンプーをしたり、シャン尾y-をつけたまま放置するなどすると頭皮を傷めるだけではなく、洗浄成分が髪に浸透し髪まで傷めてしまいます。

実は健康に良くない髪の洗い方③うすめたシャンプーを使ったり泡で洗う

手であわを作る

実は健康に良くない髪の洗い方3つ目は、うすめたシャンプーを使ったり泡で洗うことです。最近よく聞くこの方法は、シャンプーの本来の機能を弱めてしまいますので、十分な洗浄効果が得られずよくありません。

健康に良い髪の洗い方の手順とは?はげない洗い方とは?

健康に良いはげない髪の洗い方の手順①まずはお湯だけで髪と頭皮をよく洗う

頭を洗っている人

健康によいはげない髪の洗い方の手順1つ目は、まずはお湯だけで髪と頭皮をよく洗うことです。髪を濡らすだけの人が多いとは思いますが、3分程度しっかりとシャワーのお湯で表面についたほこりなどや頭皮の軽い汚れを落としましょう。

健康に良いはげない髪の洗い方の手順②シャンプーを数ヶ所に分けてつける

お風呂場においてあるシャンプー

健康によいはげない髪の洗い方の手順2つ目は、シャンプーを数ヶ所に分けてつけることです。シャンプーは適量を心がけ、大量に使うことはやめましょう。ショートヘアならプッシュ、ミディアムやセミロングは1.5~2プッシュ、ロングヘアは2~3プッシュが適量です。

健康に良いはげない髪の洗い方の手順③指の腹で頭皮を30秒~1分洗う

時計

健康によいはげない髪の洗い方の手順3つ目は、指の腹で頭皮を30秒~1分洗うことです。健康によくない洗い方でもご紹介したように、シャンプーは長い時間付けておかないように短い時間で洗い上げます。

健康に良いはげない髪の洗い方の手順④しっかりとすすいだ後に髪を乾かす

ドライヤーをかける女性

健康によいはげない髪の洗い方の手順4つ目は、しっかりとすすいだ後に髪を乾かすことです。洗いは短い時間ですが、すすぎは時間をかけてしっかりと行いましょう。髪を乾かす時は、タオルドライをした後に必要であればドライヤーを使用してキチンと乾かしましょう。

朝シャンば正しい方法でデメリットをなくしメリットを最大限に引き出そう!

いかがでしたでしょうか。朝シャンにはメリットもたくさんありますがデメリットもあります。したがって、デメリットがなくなる方法を考えてメリットを最大限に引き出し、気持ちのよい正しい朝シャンライフを送りましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。