INDEX

ペンライトの種類は?

ペンライトの種類①電池式

乾電池

ペンライトの種類1つ目は、電池式です。乾電池を入れて使える電池式のものは、点灯と消灯を自由に切り替えられます。多色を切り替えるタイプもあり、ライブではアイドルごとや曲ごとにカラーチェンジできます。電池式なので、乾電池を入れ替えれば繰り返し使用できます。

ペンライトの種類②サイリウムやケミカルライト

ライト

ペンライトの種類2つ目は、サイリウムやケミカルライトです。本体をポキッと折り曲げて内部のガラスアンプルを割り、薬品が化学反応を起こして発光します。電池式とは違い、カラーチェンジができない単色になっています。さらに点灯と消灯を切り替えられず、使い切りというのが特徴です。

ペンライトの種類③充電式

USB

ペンライトの種類3つ目は、充電式です。多色のカラーチェンジペンライトが、USBケーブルで充電できます。ライブやイベントに、乾電池を持ち歩く必要がありません。サイリウムのような使い切りではなく、繰り返し使えます。

ペンライトの比較ポイントとは?

ペンライトの比較ポイント①明るさ

明るさ

ペンライトの比較ポイント1つ目は、明るさです。電池式のものは、明るさを調節できるものがあります。また、ボタン電池式よりも乾電池式の方が明るさが強めになっています。化学発光式のものは、明るさと発光時間が反比例するため、長時間発光させたい時は、明るさを抑えたものがおすすめです。

ペンライトの比較ポイント②ライトの色の種類

明かり

ペンライトの比較ポイント2つ目は、ライトの色の種類です。ライブなどではアーティストのテーマカラーが決まっていたり、曲で変化させたりすることもあります。何色も必要な場合は、カラーチェンジできるタイプを選んだ方が、カラーを合わせやすいでしょう。

ペンライトの比較ポイント③握りやすさ

手

ペンライトの比較ポイント3つ目は、握りやすさです。ライブではペンライトを握って振る場面が多いため、流線型や薄型の握りやすいものを選びましょう。ストラップ付きであったり、操作がしやすい位置にボタンが付いていたりすることも確認しましょう。

ペンライトの比較ポイント④サイズ

メジャー

ペンライトの比較ポイント4つ目は、サイズです。コンサートやライブなどでは、ペンライトを振り続けることが多くなります。本体重量が軽いものの方が、腕への負担が減るのでおすすめです。また、ライブでは長さ制限をされることもあり、一般的には全長250mm以下と明記されていることが多くなります。

ペンライトの比較ポイント⑤連続使用時間

時間

ペンライトの比較ポイント5つ目は、連続使用時間です。ライブの盛り上がりだけで使用したい場合には、サイリウムでも大丈夫ですが、連続発光時間を把握しておきましょう。長時間使用には電池式のものを選ぶのがおすすめです。乾電池を新品にしておくと良いでしょう。

ペンライトの比較ポイント⑥機能

スマホ

ペンライトの比較ポイント6つ目は、機能です。スマホやタブレットのアプリと連動させると、多色のカラーチェンジを自由にカスタマイズできるものもあります。通常よりも価格は割高になりますが、あらかじめ設定しておけるので便利です。

ペンライトのおすすめ|超初心者向けルミカのサイリウム3選

超初心者向けルミカのサイリウム①「大閃光アーク 極(きわみ)」オレンジ

71o qtw2ual. sl1500

ルミカ

「大閃光アーク 極(きわみ)」オレンジ 25本入り

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの超初心者向けルミカのサイリウム1つ目は、「大閃光アーク 極(きわみ)」オレンジです。サイリウムとは思えないくらいの明るさで、2~3分最大発光時間が続きます。単色のオレンジはライブの盛り上がる場面で欠かせない、定番のペンライトです。

大閃光アーク「極(きわみ)」オレンジ
最大発光時間 約2~3分
発光部直径 14~18mm
全長 190mm
Amazon価格(税込) 2,512円

超初心者向けルミカのサイリウム②光るブレスレット6色

61ohe7rxvwl. sl1200

ルミカ

光るブレスレット6色(300本セット)

Amazonで詳細を見る

おすすめの超初心者向けルミカのサイリウム2つ目は、「光るブレスレット6色(300本セット)」です。ライブで使わない時には、手に巻いておけて便利です。通常よりも細身のサイリウムになりますが、強く光り発色がキレイです。ドンキでは4本100円程度で販売されていますが、こちらは1本10円で使用できます。

ルミカ「光るブレスレット6色(300本セット)」
発光時間 約4~6時間
サイズ 6mm×200mm
カラー グリーン・ブルー・ピンク・オレンジ・イエロー・レッド
Amazon価格(税込) 3,000円

超初心者向けルミカのサイリウム③「大閃光 金煌(きんきら)」5本入り

51gqxivv60l

ルミカ

「大閃光 金煌(きんきら)」オレンジ 5本入り

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの超初心者向けルミカのサイリウム3つ目は、「大閃光 金煌(きんきら)」5本入りです。トリガーグリップで圧倒的なホールド力になっています。単色で5本入りなので、使いたい分だけ取り出して、残った分は長期保存が可能な個包装です。

ルミカ 「大閃光 金煌(きんきら)」オレンジ 5本入り
発光時間 約5分
サイズ 15mm×208mm
Amazon価格(税込) 449円

サイリウムは100均でも多くの種類が販売されています。下記の記事では、100均で販売されているサイリウムのペンライトを、ダイソー編・セリア編・キャンドゥ編に分けて紹介しています。ライブやイベントに参加する前にチェックしましょう。

Small thumb shutterstock 533720713
関連記事 100均のサイリウム13選!ダイソー・セリア別!ペンライトも紹介

コンサートやライブなどを盛り上げるのに欠かせないアイテム「サイリウム」

ペンライトのおすすめ|初心者向けコスパ抜群のルミカ2選

おすすめの初心者向けコスパ抜群のルミカ①大閃光ブレード100

71oonwvahtl. sl1500

ルミカ

大閃光ブレード100

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの初心者向けコスパ抜群のルミカ1つ目は、「大閃光ブレード100」です。左右のボタンを押すだけのシンプルな操作で、カラーチェンジできます。ボタン電池使用で軽量になっているため、ライブやコンサートでも疲れにくい設計です。

ルミカ「大閃光ブレード100」
全長 213mm
重量 68g
電池 アルカリボタン電池(LR44)×6個
色数 15色
Amazon価格(税込) 1,620円

おすすめの初心者向けコスパ抜群のルミカ②ルミエース スターライト

41fuaulrhpl

ルミカ

ルミエース スターライト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの初心者向けコスパ抜群のルミカ2つ目は、「ルミエース スターライト」です。簡単なスイッチ操作で、8色のカラーチェンジができます。単4電池1本のみで使用できるため、激しい動きにも対応できる軽量タイプです。

ルミカ「ルミエース スターライト」
サイズ 17mm×220mm
重量 40g
電池 単4×1本
色数 8色
Amazon価格(税込) 1,075円

ペンライトのおすすめ|多色カラーチェンジのキンブレ3選

おすすめの多色カラーチェンジのキンブレ①X10 V シャイニング

810ygw2klql. sl1500

ルイファン・ジャパン

キングブレード「X10 V シャイニング」

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの多色カラーチェンジのキンブレ1つ目は、「X10 V シャイニング」です。乾電池式のペンライトで、デフォルトは15色と多色で、カラーチューニング機能が搭載されて無限大の光を演出できます。発光色と明るさ、配色順のメモリーセッティングは、最大で30色を2パターン登録可能です。

色の設定はスマホと連動し、Bluetoothでアプリに接続して設定できます。登録した色に色替えが一発でできる「ホットボタン」が搭載されています。単4電池を使用しているので、やや重めですが、グリップは流線型で持ちやすくなっています。

キングブレード「X10 V シャイニング」
発光部 30mm×150mm
全長 250mm
重量 92g
電池 単4×3本
色数 15色+α
Amazon価格(税込) 3,093円

おすすめの多色カラーチェンジのキンブレ②X10II Neoシャイニング

61qlxkgk1dl. sl1500

ルイファン・ジャパン

キングブレード「X10II Neo シャイニング」

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの多色カラーチェンジのキンブレ2つ目は、「X10II Neo シャイニング」です。ライブではいつでも好きな色にジャンプして、推し色に切り替えられます。RGBW-LEDによって、鮮明な白色発光が可能になっています。

キングブレード「X10II Neo シャイニング」
発光部長さ 150mm
全長 250mm
重量 90g
電池 単4×3本
色数 15色
Amazon価格(税込) 2,400円

おすすめの多色カラーチェンジのキンブレ③X10III Neo スーパー

51kkvjzvyol. sl1500

ルイファン・ジャパン

キングブレード「X10III Neo スーパーチューブ」

Amazonで詳細を見る

おすすめの多色カラーチェンジのキンブレ3つ目は、「X10III Neo スーパーチューブ」です。全長が短めのため均一な光を発し、長さ制限のあるライブでも使用できます。スマホやタブレットのアプリでチューニング機能が使用可能です。

キングブレード「X10III Neo スーパーチューブ」
発光部 26mm×100mm
全長 200mm
重量 90g
電池 単4×3
色数 15色+α
Amazon価格(税込) 3,963円

ペンライトのおすすめ|単色の定番キンブレ2選

おすすめの単色の定番キンブレ①MAX2 スーパーチューブ(オレンジ)

61fu3cow4ol. sl1500

ルイファン・ジャパン

キングブレード「MAX2 スーパーチューブ(オレンジ)」

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの単色の定番キンブレ1つ目は、「MAX2 スーパーチューブ(オレンジ)」です。輝度の高い単色のMAXシリーズの中でも、光が凝縮されるスーパーチューブを使用しています。LEDはオレンジではなく、白色を使用しているため、輝きの強さは随一です。

キングブレード「MAX2 スーパーチューブ(オレンジ)」
発光部 26mm×99mm
全長 199mm
重量 99g
電池 単4×3
Amazon価格(税込) 1,542円

おすすめの単色の定番キンブレ②MAX2 シャイニング ホワイト

61up9eox2wl. sl1500

ルイファン・ジャパン

キングブレード「MAX2 シャイニング ホワイト」

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめの単色の定番キンブレ2つ目は、「MAX2 シャイニング ホワイト」です。単色の白色LEDは、他の色より強い光を発します。カラーシートを入れると、白抜きのオリジナルのペンライトができます。明るさは4段階に切り替え可能です。

キングブレード「MAX2 シャイニング ホワイト」
発光部 26mm×150mm
全長 250mm
重量 95g
電池 単4×3本
Amazon価格(税込) 1,653円

人気のキンブレのペンライトは、シリーズ別やモデル別におすすめの種類を紹介した記事で、特徴や違い、値段などを詳しく比較しています。キンブレのペンライト選びに迷った時には、下記の記事をあわせてご覧ください。

Small thumb 29087737551 fe006b75a1 o
関連記事 【人気ペンライト】キンブレのおすすめの種類は?特徴・違い・値段・比較も!

キンブレは、コンサートなどで使うペンライトのなかでも人気のタイプです。

ペンライトのおすすめ|サイズが小さいミックス2選

サイズが小さいミックス①ミックスペンラ PRO(ベーシック Mサイズ)

61i8ppial3l. sl1500

ターンオン

ミックスペンラ PRO(ベーシック Mサイズ)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめのサイズが小さいミックス1つ目は、「ミックスペンラ PRO(ベーシック Mサイズ)」です。新規開発された特許取得済の5LEDライトは、明るさや発光のキレイさがアップしています。色数や色順をカスタマイズ・保存でき、どんなライブにも対応できます。また、重量が軽く女性にも扱いやすくなっています。

本体側面に操作ボタンが設置されているため、握ったままの操作が可能になっています。また、「自動ロック機能」で誤作動を防ぎ、落下しても電池が飛び出さない「電池BOX構造」を採用されています。明るさを求めている場合にはおすすめのペンライトです。

ターンオン「ミックスペンラ PRO(ベーシック Mサイズ)」
発光部 26mm×125mm
全長 214mm
重量 60g
色数 24色
電池 アルカリボタン電池(LR44型)×6個
Amazon価格(税込) 1,827円

サイズが小さいミックス②ミックスペンラ PRO(キラキラハート)

71w  mrxytl. sl1500

ターンオン

ミックスペンラ PRO(キラキラハート)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

おすすめのサイズが小さいミックス2つ目は、「ミックスペンラ PRO(キラキラハート)」です。こちらのペンライトも5LEDが採用されているため、発色が強くて明るくなっています。色数と色順をカスタマイズして保存できることや、かわいいハート型と軽量さが人気です。

誤作動を防止する自動ロック機能が搭載されているため、勝手に点灯して電池を消耗するというリスクがありません。スティック状のペンライトが多い中、見た目が華やかなハート型は目立ちます。ライブやイベントにも大活躍するでしょう。

ターンオン「ミックスペンラ PRO(キラキラハート)」
発光部 119mm×108mm×33mm
全長 209mm
重量 84g
色数 24色
電池 アルカリボタン電池(LR44型)×6個
Amazon価格(税込) 2,149円

好みのペンライトでライブを盛り上げよう

コンサート

ペンライトは使い切りのものと、繰り返し使える電池式や充電式のものがあります。参加するライブやコンサートによって、ペンライトの色や使い方が変わってくるため、自分に合ったペンライトを選ぶようにしましょう。

ライブに欠かせないペンライトは、使用しない時の保管方法に困っていませんか?100均のアイテムを利用した、便利でおしゃれな収納方法は下記の記事をご覧ください。コンパクトに収納したり、すぐに取り出せるようにしたりと、100均のグッズを利用したアイデアが紹介されていますので参考にしてください。

Small thumb music 54e8d5464f 1280
関連記事 ペンライトの収納術!ジャニオタグッズの収納方法や100均アイテムも

ライブなどで使うペンライト、どうやって保管していますか?今回は、ペンラ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。