INDEX

簡単にできるフライパンの焦げの落とし方

簡単にできるフライパンの焦げの落とし方①水を入れて沸騰させる

しっかり沸騰させる

簡単にできるフライパンの焦げの落とし方の1つ目は、水を入れて沸騰させることです。洗ったフライパンに水を入れて、底から大きな泡が出てくるまで沸騰させましょう。中の水を沸騰させると、フライパンの内側の焦げ付きがふやかされて、取れやすくなります。

沸騰させた後はすぐに水を捨てずに、しばらくそのままにしてから洗いましょう。中のお湯を捨てて冷水をかけるなどしてしまうと、せっかくふやかした焦げがまた固まってしまうので、ご注意ください。鉄、ステンレス、ホーローなど基本的にどのフライパンでも使える方法なので、あまり慣れていない方にもおすすめです。

簡単にできるフライパンの焦げの落とし方②空焼きする

フライパンの空焼き

簡単にできるフライパンの焦げの落とし方の2つ目は、空焼きすることです。焦げた鉄製のフライパンを一度洗って乾かしてから、何も入れずにコンロで熱しましょう。空焼きする方法は、焦げた部分を焼き切ってしまい、その後、擦って物理的に焦げ付きを落とすという方法です。

空焼きした部分を擦って落とす際は、割り箸を使うことがおすすめです。割り箸を使うと、木ベラなどよりも細かい部分までしっかり落とせることでしょう。最後に、サンドペーパーで焦げの部分を擦って仕上げても良いですね。

ただし、フッ素加工のフライパンは、塗装が溶けてしまい危険なので、空焼きは避けましょう。また、焦げた部分から煙や匂いが出てしまうので、十分に換気しながら取り組みましょう。

簡単にできるフライパンの焦げの落とし方③水溶き片栗粉を使う

あんかけの片栗粉も使える

簡単にできるフライパンの焦げの落とし方の3つ目は、水溶き片栗粉を使う方法です。洗っても焦げが残ったフライパンに、薄焼き卵を作るように水溶き片栗粉を入れて加熱しましょう。白い水溶き片栗粉が透明になったら火を止め、手で触れるまで冷ましてから片栗粉の膜を鍋から剥がして行きましょう。

中華のあんかけ、肉にまぶすなど、調理中はこびりつきの元になりがちの片栗粉ですが、焦げを落とす際は、しっかり焦げを絡め取ってくれるので、片栗粉を使う方法もおすすめです。片栗粉をぺりぺりと剥がす感触にハマることでしょう。

時間をかけて行うフライパンの焦げの落とし方

時間をかけて行うフライパンの焦げの落とし方①天日干しをする

フライパンも干しましょう

時間をかけて行うフライパンの焦げの落とし方の1つ目は、フライパンを天日干しすることです。天日干しをしてひび割れてカラッカラになるまで焦げ付きを乾燥させてから、内側の焦げ付きを擦ると、フライパンから落とすことが可能です。

替えのフライパンを用意して、焦げ付いたフライパンを一通り洗ってから、丸一週間程度は天日干ししたいものです。ベランダなど日光がよく当たるところで天日干しを行いましょう。その後、天日干しした部分を割り箸などでよく擦って落としてから、水や洗剤を使って洗いましょう。

丸一週間もかけられないという方は、丸一日天日干しすることを2回行うという方法もあります。2回目の天日干しの前に一度、フライパンを水で軽く洗いましょう。強めに擦るのは、2回目の天日干しの後だけにしておきましょう。この方法もフライパンの材質を選ばないので、フライパンの替えがある方にはおすすめです。

時間をかけて行うフライパンの焦げの落とし方②玉ねぎの皮を使う

玉ねぎの皮をじっくりコトコト

時間をかけて行うフライパンの焦げの落とし方の2つ目は、玉ねぎの皮を煮立てる方法です。ある程度厚さのあるフライパンに水を入れて、普段捨ててしまいがちな玉ねぎの皮をたっぷり入れて、一緒に煮立てましょう。沸騰してしばらくしてから火を止めましょう。

フライパンの熱が取れてから、玉ねぎの皮を鍋から取り除くと、焦げが優しい力で取れることに驚くことでしょう。昔から伝わる知恵として有名なやり方ですが、ナチュラルな方法である点でおすすめです。

なかなか落ちないフライパンの焦げの落とし方3選

なかなか落ちないフライパンの焦げの落とし方①重曹を使う

重曹

なかなか落ちないフライパンの焦げの落とし方の1つ目は、重曹を使うことです。大さじ一杯の重曹を溶かした水をフライパンに入れて煮立てると、内側の焦げ付きが取れやすくなります。ある程度煮立ったら、火を止めて、重曹水が入ったまましばらく置いてから、フライパンを洗いましょう。

フライパンの外側の焦げ付きには、重曹を扱いやすい硬さのペーストにして塗布しましょう。重曹のペーストが塗布された状態でラップをし、しばらく置いてパックのようにしておくと、焦げ付きが一層取れやすくなります。

フライパンの日常の手入れにも、焦げ付いた頑固な汚れにも使える重曹ですが、アルミのフライパンには黒ずみの原因になるので使用を避けましょう。また、木や銅製品も黒ずませてしまうので、これらでできた調理器具にも重曹は使わない方が無難です。

なかなか落ちないフライパンの焦げの落とし方②酢を使う

酢やクエン酸も使える

なかなか落ちないフライパンの焦げの落とし方の2つ目は、酢を使う方法です。前項でご紹介した重曹を使った方法と同様に、フライパンに水とともに酢を入れ、煮立てましょう。酢だけでは落ちにくい場合は、フライパンに入れた酢水に洗剤を混ぜて煮立てても良いかもしれません。

フライパンの外側の焦げも、酢の原液を染み込ませたキッチンペーパーでパックすると、取ることが可能です。酢を使う方法は、ステンレスやホーローなどのフライパンには、大変効果があります。酢が準備できない場合は、クエン酸でも代用できますので、是非お試しください。

なかなか落ちないフライパンの焦げの落とし方③塩を使う

塩

なかなか落ちないフライパンの焦げの落とし方の3つ目は、塩を使う方法です。塩を入れたフライパンを熱してキッチンペーパーで塩を擦ると、塩がサンドペーパーのようにフライパンを磨いてくれ、焦げを絡め取ってくれます。

焦げが取れたらフライパンの内側を水洗いしましょう。フライパンの外側にも使える方法ですが、火傷に注意して、作業しましょう。

焦げやすくなったフライパンの手入れ方法は?

焦げやすくなったフライパンの手入れ方法①ガスバーナーとサンドペーパー

フライパンの焦げを焼き切る

焦げやすくなったフライパンの手入れ方法の1つ目は、ガスバーナーとサンドペーパーを使う方法です。まず、鉄製のフライパンの焦げグセになった部分をガスバーナーで焼き切ります。カセットコンロ用のガスボンベに、ガスバーナーの器材を取り付けて、焦げグセになった部分をさらに加熱しましょう。

その後、ヘラなどでよく擦り、仕上げにサンドペーパーでよく磨きましょう。サンドペーパーは80番くらいの目が少し粗めのものを使うと、焦げが効率よく取れます。100均でもサンドペーパーは手に入るのでおすすめです。

空焼きする方法によく似ていますが、最近のガスコンロは安全のため、一定以上の温度にならない仕組みになっています。ガスバーナーを使うことで空焼きよりも強力に、クセになった焦げ付きを落とすことが可能です。ただし、ガスバーナーもサンドペーパーもフッ素やホーローのフライパンには向かないので、ご注意ください。

焦げやすくなったフライパンの手入れ方法②煮立ててから洗剤で洗う

優しく洗いましょう

焦げやすくなったフライパンの手入れ方法の2つ目は、煮立ててから洗剤で洗うことです。フッ素加工のフライパンは、高温に弱いです。そこで、弱火や中火で水を煮立ててから洗剤で優しく洗うことが、最適なお手入れ方法になります。

洗うときに硬いたわしや強い力でフライパンの内側を擦ってしまうと、フッ素が剥がれて劣化が早まります。柔らかいスポンジで力を入れすぎずに洗いましょう。また、煮立てたフライパンを急に冷やす事も、フッ素が剥がれる原因になるので、自然に冷ましましょう。

この方法はあくまでも、フッ素加工のフライパンの内側に焦げ付きが残っていた場合のお手入れ方法です。フライパンのフッ素が剥がれている場合は元に戻らないので、油を多めにひいて調理するか、買い直しをご検討ください。案外寿命が短いフッ素加工のフライパンですが、使い方とお手入れ次第では長持ちさせられるでしょう。

フライパンの焦げ対策は?

フライパンの焦げ対策①常温にした食材を調理する

冷蔵庫から食品を取り出す

フライパンの焦げ対策の1つ目は、なるべく常温にした食材を調理することです。食材がフライパンにくっつきやすくなるフライパンの表面温度は、80℃と言われています。そのため、冷凍食品など、フライパンの表面温度を変化させやすい食品を使うことは、なるべく避けた方がいいでしょう。

家庭で冷凍した食品を使う際は常温に戻す、冷凍食品をフライパンに入れてからしばらくは、よくかき混ぜることを意識することで、食材がフライパンの内側にくっつき、焦げ付くことを避けることができます。

フライパンの焦げ対策②油を十分に使う

油を使う

フライパンの焦げ対策の2つ目は、油を十分に使うことです。油がいらなかったり少量の油で調理できることが魅力のフッ素加工のフライパンでも、使い込んだらくっつきやすくなります。そのため、食材がくっつきやすくなってきたと感じたら、油を使う量を増やしてみてください。

鉄製のフライパンは、油が馴染んでいない状態で使うと、錆びやすく、焦げ付きやすいです。そのため、フライパンの内側にしっかり油が馴染んだ状態で使うことが重要です。新品の鉄製のフライパンでは油ならしを行い、日常のお手入れも洗剤は使いません。鉄製フライパンの油ならしの方法は、以下の関連記事をご覧ください。

Small thumb shutterstock 631737890
関連記事 鉄製フライパンには油ならしを!使い始めから手入れ方法まで徹底紹介

油ならしをしているしょうか?折角いい鉄製フライパンを購入したのに、使い

フライパンの焦げをしっかり落として手入れと対策をしよう!

家にあるものでフライパンの焦げは落とせる

ここまでで、フライパンの焦げの落とし方と、手入れと焦げ対策の方法を紹介しました。愛着のあるフライパンを長く使うためにも、しっかり手入れと焦げの対策をしましょう。以下の記事でも、鍋やフライパンの焦げ付きを取る方法が紹介されています。是非、お試しください!

Small thumb shutterstock 323107886
関連記事 鍋とフライパンのしつこい焦げの落とし方13選!重曹が使えない鍋もOK

鍋やフライパンの焦げを見ると、ついこすりたくなりますね。けれど、鍋の焦

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。