Large thumb shutterstock 680926303

自分の顔が嫌いな心理と対処法11個!自分に自信がもてる方法とは?

更新:2019.06.21

自分の顔が嫌いな原因はどこにあるのでしょうか。この記事では、自分の顔が嫌いな心理と対処法を11個にしてご紹介します!自分に自信がもてる方法についても触れるので、自分の顔が嫌いでなかなか自信を持つことができないあなたは必見です。

自分の顔が嫌いな心理って?

自分の顔が嫌いな心理①自分のことが好きになれない

落ち込む

自分の顔が嫌いな心理一つ目は、自分のことが好きになれないというものです。自分の顔が嫌いな人は、自分そのものも好きになれない傾向にあります。顔が嫌いだというだけで、自分のことを受け入れられなくなるのが人間というものなのです。自分の顔が嫌いな人で、自分のことは好きだと胸を張って言える人はいないでしょう。

自分の顔が嫌いな心理②人と比べて落ち込んでしまう

考える人

自分の顔が嫌いな心理二つ目は、人と比べて落ち込んでしまうというものです。自分の顔が嫌いな人は、ついつい他人の顔と自分を比較しがちです。身近にいる友達や芸能人と比べては、自分の顔はこのパーツが劣っている、と真剣に悩み、落ち込んでしまいます。他人と比較することで、より自分の顔が受け付けなくなります。

自分の顔が嫌いな心理③過去のトラウマが忘れられない

ネガティブ

自分の顔が嫌いな心理三つ目は、過去のトラウマが忘れられないというものです。過去に顔が原因で差別されたり嫌なことを言われた経験のある人は、それがトラウマとなってしまい、自分の顔が嫌いで仕方がなくなります。元々は自分の顔についてなんとも思っていなかったとしても、ひょんな出来事で大嫌いになるものです。

自分の顔が嫌いな心理④写真を見て塞ぎ込んでしまう

くらい女性

自分の顔が嫌いな心理四つ目は、写真を見て塞ぎ込んでしまうというものです。自分の顔が嫌いだと、自分が写っている写真を見たとき塞ぎ込んでしまいたくなります。その写真の写りが悪い場合には、より苦しむことになるでしょう。写真を見ただけで気を病んでしまうのが、自分の顔が嫌いな人の心理なのです。

自分の顔が嫌いな心理⑤自分は醜いと思い込んでいる

ネガティブ思考

自分の顔が嫌いな心理五つ目は、自分は醜いと思い込んでいるというものです。自分の顔が嫌いな人は、実際にはそうでもないのに、自分のことを醜いと勘違いしています。頭の中で自分は醜いに違いないと思い込むことで、本当にそんな気がして外出するのが怖くなったり他人に顔を見られるのが嫌になったりします。

自分の顔が嫌いな心理⑥自分の顔を見ると気持ち悪くなる

うつ伏せになる

自分の顔が嫌いな心理六つ目は、自分の顔を見ると気持ち悪くなるというものです。自分の顔が嫌いな人は、自分の顔を見ること自体が嫌いです。自分の顔を見る機会があると、思わず気持ち悪いと思ってしまう人もいるほどです。気持ち悪いという拒否反応を自分の顔に抱いてしまうのは、かなりの重症状態であると言えます。

自分の顔が嫌いな心理⑦鏡を見たくない

引きこもる

自分の顔が嫌いな心理七つ目は、鏡を見たくないというものです。自分の顔が嫌いな人は、鏡を見ること自体を厭います。外出先のトイレでも、身だしなみを整えるのはほどほどに、鏡をあまり見ないようにしているという人もいるほどです。自分の顔が嫌いな人は、鏡を見ることに対し恐怖の感情を抱いているのです。

自分の顔が嫌いな原因は?

自分の顔が嫌いな原因①自分に自信が持てないから

携帯を持つ

自分の顔が嫌いな原因一つ目は、自分に自信が持てないからです。自分に自信のない人が、自分の顔を見て満足いくわけがありません。例えどんなに容姿端麗だったとしても、自信のない人は自分の見た目に満足できないでしょう。むしろ、気持ち悪い、見たくないという感情を抱き、心から拒否反応を起こすことになるはずです。

自分の顔が嫌いな原因②理想が高すぎるから

頭を抱える

自分の顔が嫌いな原因二つ目は、理想が高すぎるからです。容姿に対する理想が高く、完璧を目指す人ほど、自分の顔を嫌いになってしまいます。一つ一つのパーツが完璧でなくてはいけないと思い込んでいる彼らは、周りから見ると異常なほど容姿に執着を抱くようになり、やがて整形依存に陥ってしまうこともあります。

自分の顔が嫌いな原因③顔が全てだと思っているから

夕日を背にする

自分の顔が嫌いな原因三つ目は、顔が全てだと思っているからです。世の中は顔が全てだと思い込んでいる人は、自分の顔が嫌いになってしまいがちです。彼らは、本当は顔が全てではないとわかっていても、その思い込みを止めることはできません。やがて顔以外のことは度外視して、容姿に執着するようになります。

自分の顔が嫌いな人の言動の特徴って?

自分の顔が嫌いな人の言動の特徴①写真に写りたがらない

後ろ指を指す

自分の顔が嫌いな人の言動の特徴一つ目は、写真に写りたがらないということです。自分の顔が大嫌いな人は、写真に写ると自分の容姿を俯瞰して見なければならないことになり、容赦のない現実に気を病んでしまうことにつながります。自分の容姿が気持ち悪いと行って受け入れられない人は、写真を撮ることが恐怖なのです。

自分の顔が嫌いな人の言動の特徴②身支度に時間がかかる

化粧の粉

自分の顔が嫌いな人の言動の特徴二つ目は、身支度に時間がかかるということです。自分の顔が嫌いな人は、少しでも綺麗に見せたくて、人より多くの時間を化粧や髪型のセットに費やすことになります。必要ないと思えるような細かいところまで念入りに化粧をして手間をかけるため、身支度に時間がかかるのです。

自分の顔が嫌いな人の言動の特徴③卑屈になって自分を下げる

睨む人

自分の顔が嫌いな人の言動の特徴三つ目は、卑屈になって自分を下げるということです。自分の顔が大嫌いな人は、態度が卑屈です。「自分なんてどうせ」という暗い気持ちが、表面にも滲み出てしまっているのです。そんな彼らは、常に自分を卑下するようなことばかり言ってその場の雰囲気を暗くします。

以下に関連記事として、他人から見た自分の顔についてまとめられているものがあります。自分の顔は他人からどう見られているのか心配で仕方がないというあなたは、以下の記事を参考にして他人から見た自分の顔について俯瞰してみてください。また、写真と鏡で見る顔が違う理由も紹介されているので読んでみてくださいね。

【前半】自分の顔が嫌いな心理の対処法11選!

自分の顔が嫌いな心理の対処法①好きなところを見つける

振り向く女性

自分の顔が嫌いな心理の対処法一つ目は、好きなところを見つけることです。自分の顔の中で、一つでも良いので好きな箇所を見つけましょう。たとえば「まつ毛が長い」「肌が綺麗」「輪郭が綺麗」など、局所的で構いません。小さなところでも好きなパーツを見つけられれば、自分の顔が嫌いで落ち込むことはなくなります。

自分の顔が嫌いな心理の対処法②自分に似合うメイクをする

綺麗な人

自分の顔が嫌いな心理の対処法二つ目は、自分に似合うメイクをすることです。自分の顔が好きになれなくて泣くくらいなら、自分に似合うメイクを見つけて楽しく過ごしませんか?メイクによって人の印象は大きく変わります。その人にしか似合わないメイクというものもあるので、是非色々と模索してみてくださいね。

自分の顔が嫌いな心理の対処法③髪型を変えてみる

髪を染める

自分の顔が嫌いな心理の対処法三つ目は、髪型を変えてみることです。思い切って髪の毛を切ってみると、今までとは違った自分になれるでしょう。顔に自信がなくて髪の毛で隠すようにしていた人も、敢えてコンプレックスをさらけ出すことによって垢抜けたり見違えて見えるものです。

自分の顔が嫌いな心理の対処法④他人と比較しない

色とりどりのリップ

自分の顔が嫌いな心理の対処法四つ目は、他人と比較しないことです。どんな美人やイケメンも、他人と比較してしまうと気になるところが出てくるものです。そんなことをしても無意味だと知って、自分らしさを大切にしましょう。自分にしかない良いところを最大限に活かす努力をした方が、何倍も綺麗になれますよ。

自分の顔が嫌いな心理の対処法⑤自分磨きをする

メイクを施す

自分の顔が嫌いな心理の対処法五つ目は、自分磨きをすることです。自分の顔が気持ち悪いと思って辛くなるくらいなら、自分磨きをして少しでも綺麗になりましょう。今は自分の顔を見たくないと思っていても、自信を持てるようになれば進んで鏡の前に立ちたくなるはずです。

【後半】自分の顔が嫌いな心理の対処法11選!

自分の顔が嫌いな心理の対処法⑥無理に写真を撮らない

タバコを吸う

自分の顔が嫌いな心理の対処法六つ目は、無理に写真を撮らないようにすることです。敢えて自分の気持ちを暗くする行動をとる必要はありません。写真を撮ると心が病んでしまうというのなら、いっそのこと撮らないようにすれば良いのです。写真を撮らなければ、心が無為に傷つくこともありません。

自分の顔が嫌いな心理の対処法⑦自信を持っている友達から学ぶ

綺麗な女性

自分の顔が嫌いな心理の対処法七つ目は、自信を持っている友達から学ぶということです。身の回りに自分に自信を持って明るく生きている人は必ずいるはずです。そんな友達の姿勢から学ぶのも、良い対処法です。どうすれば自分の顔を気持ち悪いと思わずに済むのか、人の考え方を真似てみましょう。

自分の顔が嫌いな心理の対処法⑧海外旅行に出かけて価値観を広げる

南の島

自分の顔が嫌いな心理の対処法八つ目は、海外旅行に出かけて価値観を広げることです。自分の顔が大嫌いで見たくないと思っている人も、海外に出て色々な価値観に触れると気持ちが楽になるはずです。あなたが気持ち悪いと思い込んでいる自分の顔も、海外に行くと魅力的でモテる顔かもしれませんよ。

自分の顔が嫌いな心理の対処法⑨笑顔でいるよう心がけてみる

楽しそうな女性

自分の顔が嫌いな心理の対処法九つ目は、笑顔でいるよう心がけてみることです。自分の顔が大嫌いで暗い考えばかりしていると、どんどん表情はこり固まり、より自信が持てなくなります。自分の顔が大嫌いな人は、なるべく笑顔でいるよう心がけることで少しずつ自信をつけましょう。

自分の顔が嫌いな心理の対処法⑩伸び代を楽しむ

メイクを取り寄せる

自分の顔が嫌いな心理の対処法十個目は、伸び代を楽しむことです。自分の顔が大嫌いな今の状態から、綺麗になるまでの過程を楽しむというのはいかがでしょうか。自分の顔を見たくないと思うほど嫌いな今の状態は、反対に考えるとそれだけ伸び代があるということでもあります。

自分の顔が嫌いな心理の対処法⑪誰かに褒めてもらう

鏡を見る女性

自分の顔が嫌いな心理の対処法十一個目は、誰かに褒めてもらうことです。恋人でも誰でも良いので、自分の容姿を褒めてくれる人を見つけ、その言葉を一身に浴びましょう。自分では見たくない、気持ち悪いと思うコンプレックスの顔も、誰かにとっては美しいものであるはずです。

以下に関連記事として、自信がない人にありがちな言動や行動、考え方を紹介しているものがあります。自分の顔が嫌いな人のように自信のない人は、どんな考え方をしているのか、一度よく自分を振り返って直すべき点を見つけましょう。

自分の顔が嫌いな心理の対処法で自信を持てるようになろう!

自分の顔が大嫌いで見たくないと思っている人も、この記事を読んで対処することで、自分のことを好きになれる日が来るはずです。暗い考え方ばかりせずに、自分の顔を好きになるための努力をしましょう。自分の顔を好きになれると人生は楽しくなりますよ。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。