INDEX

灯台下暗しの意味

灯台下暗しの意味①身近なことに気づきにくい

本

「灯台下暗し」とは、遠くの事には気がついても、身近なことはかえって気づきにくいものである、という意味です。灯台は遠くのものを照らしますが、反対に真下は影になっていて暗いですよね。つまり言い換えると、身近な事情にうといことをたとえています。

灯台下暗しの意味②基本的なことを見落としている

失敗

「灯台下暗し」は、盲点となっていたという場合にも使われます。そのため、物理的な意味だけでなく、基本的なことを見落としていたときにも用いられます。例えば仕事で、小さなことがきっかけで失敗してしまったような状況を表すものとしても使われています。

灯台下暗しの由来

灯台下暗しの由来①「灯台」とは「燭台」のこと

ろうそく

灯台下暗しの「灯台」とは、昔の燭台(しょくだい)を指しています。海の灯台のことだと勘違いしている人が多いようですが、港や岬に立っている航路標識のことではないのです。

燭台とは、高い台の上に置いた皿の中に菜種油などの油が入っていて、その中の灯心に火がともっているものです。江戸時代に、夜の部屋の照明器具としてよく使われていました。時代劇などでもよく見かけますね。

灯台下暗しの由来②灯台の真下は暗いことから生まれた

電球

先の由来でも述べた通り、「灯台」は部屋全体を照らしますが、灯台の真下は皿の影になるため暗くなります。そこから「灯台下暗し」ということわざが生まれたといわれています。

よく間違えられる海の灯台は、もともと遠くを照らすのが目的のため、自分の身近なところが暗いということを嘆く必要はないわけです。どちらの灯台も同じ漢字なので紛らわしいですが、きちんとした由来がありますので正しく覚えましょう。

灯台下暗しの「灯台」は「燈台」とも書く

漢字

「灯台」は「燈台」と書くこともあります。よく「灯台元暗し」と書かれることもありますが、これは間違っています。灯台下暗しの「下」は灯台の下を指していますので、漢字で表すと「灯台下暗し」が正しいわけです。「灯台もと暗し」という風に「もと」をひらがな表記にしてあることもあります。

間違った漢字を覚えていたり、思い込んでしまっていることってありませんか?また、読むことは出来てもかくことができない漢字も結構ありますよね。こちらの記事では、かけない漢字の覚え方や語呂合わせなど、わかりやすく紹介しています。参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 286315385
関連記事 読めるけどかけない漢字5選|覚え方・語呂合わせやえげつない読み方も

読めるけどかけない漢字を覚えて書けるようになってみましょう。語呂合わせ

灯台下暗しの使い方・例文

「灯台下暗し」の使い方・例文①身近な人の場合

女性

灯台下暗しの使い方1つ目は、身近な人の場合です。「自分の身近な人が実は○○だった!」というときにも灯台下暗しは適していますね。

具体例を挙げると、『まさか、彼女を殺したのが私の友人だったなんて、灯台下暗しだわ。』です。この文章も、身近な友人が犯人だったということで使われています。小説などにも出てきそうなフレーズですね。

「灯台下暗し」の使い方・例文②身近な物の場合

探し物

灯台下暗しの使い方2つ目は、身近な物の場合です。物を紛失したときにも「灯台下暗し」は使えますね。具体例としては『自転車の鍵が見当たらず、あちこち探していたらズボンのポケットにあった。まさに灯台下暗しだ。』といった形になります。探し物を自分が持っていた、なんていうときによく用いられる手法ですね。

「灯台下暗し」の使い方・例文③近い場所の場合

街並み

灯台下暗しの使い方3つ目は、近い場所の場合です。自分自身だけでなく、場所的に近いときでも「灯台下暗し」は使うことができます。

具体例としては『珍しい調味料が欲しくてずっと探していたが、実は家の近所のコンビニに売っていた。まさに灯台下暗しだ。』このように言えば、近くに住んでいながら気づかなかった、という意味で「灯台下暗し」が使われていますね。

「灯台下暗し」の使い方・例文④基本の場合

仕事

灯台下暗しの使い方4つ目は、基本の場合です。灯台下暗しとは、初歩的なことや基本的なことが疎かになるシーンでも用いられます。

具体例としては『基本が抜けていたせいで大きなミスをしてしまった、灯台下暗しだ。』という風になります。物理的な意味だけでなく基本的なことを見落としていたりする場合ですね。仕事においてもよく耳にすることわざかもしれませんね。

灯台下暗しの英語表現3選!

灯台下暗しの英語表現①最も暗いのはろうそく台の下である

英語

灯台下暗しを英語で表すと、たくさんの言い方があります。ことわざなので、その国その国でいろいろな表現方法があるようです。ここでは具体例を3つ挙げてみました。

灯台下暗しの英語表現(ことわざ)①
  • The darkest place is under the candlestick.(最も暗いのはろうそく台の下である)

1つ目の英語表現は、「最も暗いのはろうそく台の下である」です。これはそのまま、灯台下暗しと同じたとえで表現されていますね。身近なことには気が付きにくいことを表しています。

灯台下暗しの英語表現②外国へ行けば自分の国のうわさが聞こえる

旅行
灯台下暗しの英語表現(ことわざ)②
  • Go abroad and you’ll hear news of home.(外国へ行けば、自分の国のうわさが聞こえる)

2つ目の英語表現は「外国へ行けば、自分の国のうわさが聞こえる」です。国に例えて表現されていますね。身近すぎるあまり、かえって手元の情報や内容は分かりづらくなる、という意味になります。たとえ方が日本とは違っておもしろいですね。

灯台下暗しの英語表現③ロンドンで何が起こったかを知るには田舎へ

田舎
灯台下暗しの英語表現(ことわざ)③
  • You must go into the country to hear what news at London.(ロンドンで何が起こったかを知るには田舎へ行かなければならない)

3つ目の英語表現は「ロンドンで何が起こったかを知るには田舎へ行かなければならない」です。ロンドンという地名が登場しています。大きな都市を知るには田舎から、という視点が英語らしいですね。灯台下暗しをオシャレに表現しています。

英語のことわざには日本語とは違った味わいがありますよね。そんなアメリカ英語のことわざや、名言をを集めたこちらの記事もぜひご覧になってみてください。

Small thumb shutterstock 444923386
関連記事 アメリカ英語のことわざ・名言24選!素敵な・面白い言葉・格言は?

アメリカ英語のことわざ・名言・格言と言われて思いつくものはどれでしょう

灯台下暗しと同じ意味を持つことわざ・類語

灯台下暗しの類語・言い換え①足下の鳥は逃げる

鳥

灯台下暗しの類語1つ目は「足下の鳥は逃げる」です。足もとにいる鳥は自分のものだと思っていたのに、逃げられてしまうということわざです。手近なことに手抜かりがあることをたとえています。

灯台下暗しの類語・言い換え②秘事は睫(ひじはまつげ)

まつ毛

灯台下暗しの類語2つ目は、「秘事は睫」です。秘事とは、秘伝や秘術のことですね。まつ毛のように自分では見えないけれど、そういったものも案外身近なところにあるものだという意味です。

灯台下暗しの類語・言い換え③提灯持ち足下暗し

夜道

灯台下暗しの類語・言い換え3つ目は「提灯持ち足下暗し」(ちょうちんもちあしもとくらし)です。これは、提灯を持つ案内人はお客のために提灯を照らしているため、自分の足元が暗くてよく見えてないことを指しています。これも灯台下暗しと同じで、自分自身の身近なことには意外と気づきにくいことを言っていますね。

灯台下暗しの類語・言い換え④傍目八目(おかめはちもく)

囲碁

灯台下暗しの類語4つ目は「傍目八目」です。当事者よりも、はたから見ている第三者のほうが、物事を正しく判断できることをたとえています。これは囲碁から生まれた言葉で、傍目とは傍(そば)で見ているという意味からきています。岡目八目とも書きます。

灯台下暗しの反対のことわざ

灯台下暗しの対義語は存在しない

反対

「灯台下暗し」ということわざには、類義語は多数存在しますが、反対の意味になる言葉は実は存在しません。灯台下暗しは「近くのものに気付きにくい」という意味ですので、その反対ということは「近くのものには気づきやすい」という意味になります。しかし様々な辞書を見ても対義語となる言葉は記されていないのです。

灯台下暗しの対義語に近いことわざ

森

灯台下暗しの対義語ではありませんが、近いものがあります。具体例を挙げると、「木を見て森を見ず」ということわざです。これは、物事の細部にとらわれると全体を見失うという意味があります。しかし、このことわざの反対語には、「鹿を逐う者は兎を顧みず」があります。

これは、大きな利益をあげようとする者は、小さな利益など問題にもしないことにたとえています。ほかにも、「森を見て木を見ず」という反対語もあります。これはそのまま、全体を見ているけれども、小さいことを気にしないことですね。灯台下暗しの対義語としては、若干ニュアンスが異なる印象ですね。

灯台下暗しの意味や由来を理解して使おう

「灯台下暗し」という言葉は、「自分たちの身近なものに気付くことは大事である」ということを学べることわざでもあります。実は自分の身近なところに様々なヒントが転がっていたりするものです。全体を見ることも大事ですが、もっと自分の近くに目を向けて、灯台下暗しにならないようにしたいものですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。