INDEX

「姑息」という言葉の意味・簡単な言い換えとは?

「姑息」という言葉の意味①その場しのぎの間に合わせの手段のこと

食事会

「姑息」という言葉の意味一つ目は、その場しのぎの間に合わせの手段のことです。姑息とは、後先のことを考えずその場を切り抜けるためだけに考えることを言います。姑は「暫く」、息は「休む」という意味の漢字であるため、姑息とは暫くの間休むという意味になるというところから転じて「その場しのぎ」の意味を持ちます。

「姑息」という言葉の意味②卑怯で堂々と取り組まないこと

会話をする人

「姑息」という言葉の意味二つ目は、卑怯で堂々と取り組まないことです。姑息とは、一つ目に説明したとおり「その場しのぎ」という意味の言葉ですが、現在は主に「卑怯な手段に出て堂々と勝負をしない」というマイナスの意味で使われています。誤用のままその意味が定着してしまった言葉であるということができるでしょう。

そもそも、姑息という言葉は中国から伝わった言葉です。中国では、姑が「しゅうとめ」、息が「息子」を表すことから、「甘やかしながら育てる」という意味を持つ言葉として使われているようです。これは、日本で使われている姑息という言葉の、元の意味も現在の意味も違っています。

「姑息」という言葉の簡単な言い換え①ずるい

ひそひそ話

「姑息」という言葉の簡単な言い換え一つ目は、「ずるい」というものです。姑息とはつまり、今現在の状況から脱するための行動を指す言葉です。そのためなら、ずるい手段に出ることもあるでしょう。また、これは現在主に使われている姑息の意味ともぴったり合致します。ずるいという言葉は簡単な言い換えと言えるでしょう。

「姑息」という言葉の簡単な言い換え②ケチ

嫌な女性

「姑息」という言葉の簡単な言い換え二つ目は、「ケチ」です。ケチもずるいという言葉と同じような意味合いを持つ言葉です。自分の利益を最優先させて他のことは度外視するという姿勢こそがケチであると言えます。姑息という言葉は難しそうに見えますが、簡単に言い換えるとよく理解することができるのではないでしょうか。

「姑息」の具体例・定義とは?

「姑息」の具体例・定義①その場凌ぎのためズルをして他人に押し付けること

押し付ける人

「姑息」の具体例や定義一つ目は、その場凌ぎのためズルをして他人に押し付けることです。姑息とは、責任感のない人が逃れるために行う手段のことでもあります。彼らはその場しのぎでズルをしてまで、自分が負うべき責任を他人に押し付けてしまうことがあります。姑息の定義とは無責任なことでもあるのです。

「姑息」の具体例・定義②ケチなことをしてでも他人に勝とうとすること

誘導する人

「姑息」の具体例や定義二つ目は、ケチなことをしてでも他人に勝とうとすることです。姑息な人は、ケチだと思われるようなことをしてでも、ライバルに勝ってのし上がろうとします。特にビジネスシーンにおいては、姑息な人の具体例がわかるような場面が多々あるでしょう。姑息な手段とはケチな行動のことでもあるのです。

「姑息」の具体例・定義③後のことを考えず安易にその場凌ぎすること

イタリアン

「姑息」の具体例や定義三つ目は、後のことを考えず安易にその場凌ぎすることです。姑息というと、後先のことは全く考えず、目の前の難所を乗り越えるためだけにその場凌ぎをすることがその具体例としてあげられます。普通の人は逃げずに立ち向かうようなところを、姑息な考えを持つ人は、簡単に逃げそうとしてしまいます。

「姑息な手段」を解釈するための用例とは?

「姑息な手段」を解釈するための用例①切羽詰まった時に使う

切羽詰まる人

「姑息な手段」を解釈するための用例一つ目は、切羽詰まった時に使うということです。孤独な手段とは、人間が窮地に立たされた時に使う言葉でもあります。どうしようもなくなって追い詰められた時、姑息な手段を使うことによってそこから逃れようとするのが人間です。すなわち姑息な手段とは切羽詰まった時に使うものです。

「姑息な手段」を解釈するための用例②ここぞという勝負の場面で使う

悩む人

「姑息な手段」を解釈するための用例二つ目は、ここぞという勝負の場面で使うということです。姑息な手段とは、勝負どころで使うことの多いものでもあります。どうしても負けられない戦いがある時に、普段はフェアな戦い方をする人さえ、姑息な手段を用いてしまうことがあります。用例として特に多く見られる場面でしょう。

「姑息な手段」を解釈するための用例③他人に責任を押し付けるために使う

考える人

「姑息な手段」を解釈するための用例三つ目は、他人に責任を押し付けるために使うということです。人は、自分で責任を負うのが怖くて、他人に押し付けてしまうことがあります。そんな時に使えるのが姑息な手段です。姑息な手段の用例として最も多くと言って良いほど見られるのが、責任逃れをするシーンなのです。

以下に関連記事として、ずるい人の特徴についてまとめられているものがあります。ずるい人とは、どんな心理、性格をしているのでしょうか。姑息な人の特徴の一つでもある「ずるい」という側面を持つ人への対処法も紹介されているので、姑息な人に悩まされるあなたの参考になること間違いなしです。ぜひ読んでみてください。

Small thumb shutterstock 147928580
関連記事 ずるい人の特徴11選!心理・性格も!仕事を押し付ける女性への対処法は?

あなたの周りに「ずるい人」はいませんか?今回は、そんなずるい人の心理や

姑息な人の心理とは?

姑息な人の心理①現実から目を背けたい

泣き出す

姑息な人の心理一つ目は、現実から目を背けたいというものです。姑息な人は、現実問題に立ち向かう心の準備ができていません。これができていないからこそ、姑息な手に出ることによって、そこから逃れようとするのです。姑息な人は、心の弱い人ともいうことができます。現実を直視できない心の弱さこそ引き金なのです。

姑息な人の心理②目先のことしか考えられない

うずくまる

姑息な人の心理二つ目は、目先のことしか考えられないということです。姑息な人が後先のことを考えているかというと、決してそうではありません。むしろ、目先のことしか考えていないのが彼らの特徴です。目先のことばかり考えているからこそ、姑息な人はいつまでたってもその場凌ぎをすることしかできないのです。

姑息な人の心理③余裕がない

余裕のない人

姑息な人の心理三つ目は、余裕がないということです。もしも彼らに心の余裕があったとすれば、姑息な手段に出るようなこともないでしょう。彼らには心の余裕がないからこそ、姑息な手段に出るしか方法がないように思えるのです。心の余裕のなさは、人間をずる賢く卑怯な生き物へと変えてしまいます。

つまり、姑息な手段を取るということは、誰にでもありえることだということです。他人事だとは思わずに、自分自身も姑息な手段を取ってしまってはいないか、今一度確認してみましょう。心の余裕がない時期というのは誰にでもあるものです。そんな時、安易に現実から目を背けてしまうと姑息な手段を取る羽目になるでしょう。

姑息な人の心理④嘘も時には必要だと思っている

やさぐれる人

姑息な人の心理四つ目は、嘘も時には必要だと思っているということです。もし嘘をつくことのできない性格だとしたら、姑息な人になり得ることはないでしょう。嘘も方便であるとの考えのもとでいるからこそ、人は姑息になってしまうのです。もちろん嘘が良い結果をもたらすことはありますし、それもまた正しい真実です。

しかし、だからといっていつ何時でも嘘をついて良いというわけではありません。むしろ、嘘をつくことは良いことであると言えないでしょう。嘘も時には必要という考えを持ってしまっていると、知らないうちに嘘ばかり言うことになってしまい、その姑息さから身を滅ぼすことになってしまうでしょう。

姑息な人の心理⑤嫌われたくない

外を見る人

姑息な人の心理五つ目は、嫌われたくないというものです。姑息な人の心理にしては随分矛盾しているように思えるかもしれませんが、他人から嫌われたくないという理由で姑息な手段をとる人も中には存在します。姑息な人は嫌われたくないと思っているからこそ、その場しのぎでトラブルを回避しようとするのです。

その結果、彼らの目論見がうまくいくということはもちろんありません。むしろ、姑息な人はより嫌われてしまう一方となるでしょう。ビジネスにおいては特に、周りから煙たがられてしまうことになるはずです。それでも姑息な人は、自分が嫌われていることに気づかず、どんどん姑息な手段に手を染めてしまうのです。

以下に関連記事として、無責任な人の特徴や正確についてまとめられているものがあります。反省しない、いい加減な人と姑息な手段を講じる人とは、似ている節があります。そこで以下の記事を参考にすることで、無責任な人の心理や対処法を学びましょう。姑息な手段を講じる人たちの心理にもう少し迫ることができるはずです。

Small thumb shutterstock 299989529
関連記事 無責任な人の特徴・性格11選|反省しない・いい加減な人の対処法!心理も

周囲によく見かける無責任な人は本当に迷惑です。そんな迷惑でしかない無責

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法とは?

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法①関わり合わないようにする

嫌がる女性

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法一つ目は、関わり合わないようにすることです。姑息な人に関わると、ろくなことはありません。彼らとはなるべく距離を置くことで、災難を逃れられるでしょう。

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法②単刀直入に注意する

注意する人

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法二つ目は、単刀直入に注意することです。あなたのやっていることは間違っていると指摘をすることで、姑息な手段を講じる人は目を覚ましてくれるはずです。これからもビジネスパートナーとしてやっていくのであれば、これも必要な指摘です。

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法③証拠を残しておく

証拠を残す人

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法三つ目は、証拠を残しておくことです。姑息な手段を講じる人がいるなら、相手と接する時はなるべく証拠を残しておくべきです。責任転嫁をされないために、記録や証拠を残すことは自分を守ることにつながります。

姑息な手段を講じる人へのビジネスでの対処法三つ目は、証拠を残すことです。姑息な手段を講じる人にハメられないようにするには、相手に嘘をつかれてもダメージのないよう証拠を残しておきましょう。責任を押し付けられそうになった時に証拠を突き出せば、姑息な手段を講じる人に良いように使われることはないはずです。

姑息な手段を使う人に悩まされないようにしよう!

姑息な手段を使う人は、ありとあらゆる方法で他人を悩ませようとします。そんな彼らに振り回されてしまうことのないように、この記事を参考にしながら姑息な人と上手に接しましょう。特にビジネスシーンにおいては、姑息な手段を用いる人に悩まされることも多いはずです。そんな時はこの記事を参考にしてみてください。

また、自分自身が姑息な手段を用いてしまっていないかについても、よく確認しておくべきです。もしその場しのぎで他人に責任を押し付けるような姑息な手段を用いてしまっていたとしたら、この機会に反省をして、今後一切しないよう心がけましょう。孤独の定義を簡単な言い換えを用いて知り、自分に役立ててくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。