INDEX

うろ覚え・うる覚えの違いは?日本語ではどっちが正しい?

2つとも意味は同じ

同じ

うろ覚え・うる覚えの意味は同じで、「確実でない記憶、ぼんやり覚えていること」です。すなわち曖昧に覚えている事柄に対して用いられる日本語です。

うる覚えはうろ覚えの言い間違い

間違い

実は「うる覚え」は「うろ覚え」の言い間違いからきているのです。だからうろ覚えとうる覚えの意味が同じなのです。「うろ覚え」と「うる覚え」、1文字の違いだけでどちらも文字や発音が似ていますよね。「うろ覚え」を「うる覚え」と言い間違えたり書き間違えたりしても、その間違いに気づかないこともあるでしょう。

また「うろ覚え」は日常会話やビジネス会話でも広く用いられるため、たまたま言い間違えた、あるいは書き間違えた「うる覚え」が拡散したと考えられます。つまりうろ覚え・うる覚えの違いは正しい日本語かどうかということなのです。

他にも「うり覚え」という言葉もあります。意味は同じですが、「うる覚え」と同様に「うろ覚え」の言い間違いから生まれた言葉であると言われています。

うる覚えの方が言いやすい

話し合い

うろ覚え・うる覚えはどちらも似たような発音なので言い間違えることはあります。確かに「ろ」と「る」の違いならば、「る」の方が言いやすいですよね。こうして「ろ」と「る」が混同された結果、「うる覚え」という間違った日本語が「うろ覚え」と同じ言葉として拡散し用いられるようになりました。

使うのは「うろ覚え」が正しい!

正しい

結論として、日本語として正しいのは「うろ覚え」です!「うろ覚え」は適切な日本語で、「うる覚え」は「うろ覚え」の言い間違いから生まれた間違った日本語なのです。そのため日常生活やビジネスの場では「うる覚え」を使うのは控えましょう。

うろ覚え・うる覚えの語源や例文は?

うろ覚えの語源

空洞

うろ覚えの語源と由来は「うろ」からきています。「うろ」の語源は「うつろ」からきており、「うつろ」の意味は「中身がなく、からであること、もしくはむなしいさま」です。すなわち「うろ」は空洞を意味し、「うろ」は「空」「虚」「洞」といった漢字で表します。

「うろ」の意味は「中がからになっている所、ぼんやりしているさま」になり、記憶と関連付けられて「不確かな記憶、ぼんやりと覚えている」の意味がある「うろ覚え」という言葉が出来たと言われています。

また「うろ覚え」は、漢字で「空」「虚」「洞」と書かずに「疎覚え」と書きます。普段使用するときは漢字で「疎覚え」ではなくてひらがなの「うろ覚え」の方が使いやすく伝わりやすいです。

例文①うろ覚えで道案内する

道

うろ覚えの例文の1つ目は「うろ覚えで道案内する」です。この文章の意味は「確実でない記憶を頼りに道案内する」です。うろおぼえの「確実でない記憶」という意味で用いるなら他にも、「取引先の担当者の名前はうる覚えだったけど、名刺を見て思い出した」や「うろ覚えで発言をしてはいけません」などがあります。

例文
  • 「取引先の担当者の名前はうろ覚えだったけど、名刺を見て思い出した」
  • 「うろ覚えで発言をしてはいけません」

前者の例文の意味は「取引先の担当者の名前は確実には覚えていなかったけど、名刺を見て思い出した」であり、後者の例文の意味は「確実でない記憶を頼りに発言をしてはいけない」です。

例文②うろ覚えの歌を口ずさむ

歌

うろ覚えの例文の2つ目は「うろ覚えの歌を口ずさむ」です。この文章の意味は「ぼんやりと覚えている歌を口ずさむ」です。うろ覚えの「ぼんやりと覚えていること」という意味で用いるなら他にも、「この前タピオカミルクティーのお店では、うろ覚えだけど50人以上が待っていたよ」「うろ覚え程度です」などがあります。

例文
  • 「この前タピオカミルクティーのお店では、うろ覚えだけど50人以上が待っていたよ」
  • 「うろ覚え程度です」

前者の例文の意味は「この前タピオカミルクティーのお店では、ぼんやりと覚えている限り50人以上が待っていた」であり、後者の例文の意味は「ぼんやりと覚えている程度だ」です。

うろ覚えの言い換えは?

言い換え①空覚え

空

うろ覚えの言い換えの1つ目は「空覚え(そらおぼえ)」です。「空覚え」の意味は「暗記、うろ覚え」であり、うろ覚えの意味とほとんど同じです。

「空覚え」はうろ覚えの別の言い方として用いることが可能です。例えば、「空覚えの単語を発音する」や「空覚えで物語を語る」などがあります。

例文
  • 「空覚えの単語を発音する」
  • 「空覚えで物語を語る」

前者の例文の意味は「暗記した単語を発音する」であり、後者の例文の意味は「確実でない記憶を頼りに物語を語る」ということです。

言い換え②生覚え

古典

うろ覚えの言い換えの2つ目は「生覚え(なまおぼえ)」です。その意味は「正確に覚えていないこと、うろおぼえ、あまり優遇されていないこと」です。「生覚え」もうろ覚え・うる覚えと同様に用いることが可能です。

実は「生覚え」は「空覚え」と違い、『枕草子』や『源氏物語』で出てくるような古い日本語でもあるのです。例えば『枕草子』161には、「よみたる歌などをだに生覚えなるものを―」といった記述があります。

そのためうろ覚え・うる覚えとほぼ同じ意味でもありますが、うろ覚えの別の言い方をするなら「生覚え」よりも「空覚え」の方を使うと良いでしょう。

おろ覚えとは?使い方はうろ覚えとどっちでもいいの?

いい加減な状態で覚えていること

ぼんやり

空覚え・生覚えの他にも、うろ覚えと似ている言葉に「おろ覚え」があります。おろ覚えの意味は「いい加減な状態で覚えていること」です。またおろ覚えの「おろ」は「疎」と漢字で表し、「うろ」と同様に「確かでない、不完全な」という意味になります。

このことから、「おろ覚え」はうろ覚えと意味は全く同じなのです。ちなみにおろ覚えはうろ覚えと同様に「疎覚え」と漢字で書きます。それでも普段使用するときはひらがなの「おろ覚え」の方が適当です。

うろ覚えとおろ覚えのどっちでもいい

OK

おろ覚えはうろ覚えと全く意味が同じなので、使い方も同様にすることが可能です。例えば「私はおろ覚えでその物語を書いた。」や「おろ覚えだったので、主人公のセリフは思い出せない。」などがあります。

例文
  • 「私はおろ覚えでその物語を書いた。」
  • 「おろ覚えだったので、主人公のセリフは思い出せない。」

前者の例文の意味は「私は確実でない記憶を頼りにその物語を書いた。」であり、後者の例文の意味は「ぼんやりと覚えていただけなので、主人公のセリフは思い出せない」です。

このことからおろ覚えはうろ覚えと意味と使い方が同じなのが分かります。そのため空覚え・生覚えと同様にうろ覚えの別の言い方として用いられます。

うろ覚え・うる覚えの違いを知って正しい日本語を使おう

疑問解決

この記事ではうろ覚え・うる覚えの違いやうろ覚えの語源と例文、うろ覚えの言い換えとしての空覚え・生覚え、おろ覚えの意味や使い方について説明しました。

うろ覚え・うる覚えの違いは、「うろ覚え」は適切な言葉であり、「うる覚え」は言い間違いから生まれた言葉です。うろ覚えの語源は「うろ」からきており、うろ覚えの意味は「確実でない記憶、ぼんやりしていること」です。うろ覚えの別の言い方は「空覚え」「生覚え」「おろ覚え」があります。

「うろ覚え」は日常会話やビジネス会話で頻繁に用いられる言葉のために、「うる覚え」と間違えてしまうこともあると思います。今後はうろ覚え・うる覚えの違いを知って意味や使い方を理解して正しい日本語を使いましょう!その他の言葉の違いについても以下の関連記事をご覧ください!

Small thumb shutterstock 549090334
関連記事 つまづくとつまずくはどちらが正しい日本語?つまずき/つまづき/躓く

「つまづく」と「つまずく」、「つまづき」と「つまずき」、読み方は一緒で

Small thumb shutterstock 529004749
関連記事 うっとおしいとうっとうしいどちらの日本語表記が正しい?鬱陶しい/漢字

鬱陶しいって漢字は難しいですが、正しく読めますか?うっとうしいとうっと

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。