INDEX

cautionとwarningの意味とは?

cautionの意味は注意・慎重・用心

慎重な人

cautionの意味は注意・慎重・用心です。自分が用心して注意深くなったり、人に注意を促したりすることを指す英語です。品詞は名詞と動詞があります。語源は印欧語から始まり、近くする・注意を払うという意味でした。そしてラテン語では気を付けるに変化し、英語では注意するという意味に派生しています。

warningの意味は警告・戒め・前兆

驚く人

warningの意味は警告・戒め・前兆です。現在分詞形で、原形はwarnです。warnの意味も警告や通告を指しています。品詞は名詞と形容詞があり、何かが警告していることや、警告の言葉そのものを表すときに用いる英語です。また前兆の意味もあり、大きな病気を発症する前兆をwarningと表現します。

warningの原形であるwarnの語源は、印欧語werから始まっています。意味は「覆う」でしたが、古英語では注意・警告するという意味に代わり、今の英語でもそのままの意味で派生しています。

cautionとwarningの違いと使い分け方とは?

言葉の違いと使い分け方①warningは人への警告や戒めの意味が強い

手を出す人

言葉の違いと使い分け方1つ目は、warningは人への警告や戒めの意味が強いことです。注意と警告では警告の方が受ける印象が強いという違いがあります。また、危険を知らせるニュアンスもあります。そのため使い分けとしては、警告を促してより強く人を制止したい場合にwarningを使うということになります。

言葉の違いと使い分け方②cautionは注意や慎重の意味が強い

困り果てる女性

言葉の違いと使い分け方2つ目は、cautionは注意や慎重の意味が強いことです。warningは制止する意味がありますが、cautionは慎重さや対象に気を払う意味が強いという違いがあります。そのため使い分けとしては、対象に注意を向ける・慎重になるということを表現したい場合に使います。

言葉の違いと使い分け方③気を付けてほしいなら注意のcaution

電話する女性

言葉の違いと使い分け方3つ目は、気を付けてほしいなら注意のcautionです。相手に何かを気を付けてほしいなら、cautionを使うといいでしょう。注意を向けるというニュアンスがあるので、何か危険なものを見つけて知らせたいときや、慎重を要する作業なことを伝えたい場合にcautionを使います。

言葉の違いと使い分け方④危険を強く知らせたいなら警告のwarning

青い服の女性

言葉の違いと使い分け方4つ目は、危険を強く知らせたいなら警告のwarningです。明らかに何かの危険を伴うため、相手を呼び掛けて止めたい場合はwarningを使うといいでしょう。戒めという意味があるように、危険を予期させるニュアンスがあります。危険性を相手に通知したい場合にwarningを使います。

cautionの具体的な英語文例とは?

英語文例①caution about~

ふちに上る人

英語文例1つ目は、caution about~です。~について注意するという意味の表現になります。例えばcaution about expression mean(表現の意図について注意する)、caution about phrase(言葉遣いに注意する)という感じになります。

英語文例②caution against~

パソコンを見る人

英語文例2つ目は、caution against~です。~に対して注意するという意味の表現です。例えばLet's caution against errors(間違えないように注意しよう)、caution against molds is necessary(カビへの注意が必要です)という感じです。

英語文例③require caution~

おでこを抑える女性

英語文例3つ目はrequire caution~です。用心が必要という意味の表現です。口語的に使われるというよりは、熟語のように書き言葉で使われている表現です。文章では内容を強調するために、文頭や文末に書かれている場合が多いです。

例えば「This require caution,」と文頭に書いて「これは注意を要する」と前置きするような使い方をします。また文末に書く場合は「~is elaborate and requires extreme caution(~は入念で大変な注意を要した)」といった感じの使い方をします。

英語文例④use caution with~

パソコンを見て悩む女性

英語文例4つ目はuse caution with~です。~には注意が必要という意味の表現です。例えばuse caution with tool(このツールを使う場合は注意が必要です)また順番を入れ替えてuse the process with cation(この手順は注意を要する)とも書けます。

warningの具体的な英語文例とは?

warningは名詞・形容詞的な使い方をする

頭を押さえる女性

warningは名詞・形容詞的な使い方をします。原形warnの場合は動詞として誰かに警告するという意味の表現をすることができます。しかし、warningの品詞は名詞・形容詞なので、動詞の目的語か名詞を修飾する形容詞的な使い方で活用します。

英語文例①warning against the use of~

深刻そうな顔をする2人

英語文例1つ目はwarning against the use of~です。~の使用に関する警告という意味の表現です。例えばwarning against the use of the frying pan(フライパンに使用に関する警告)という風になります。ofは前置詞なので次に名詞が入ります。

形容詞の文例②warning text

スマホを見る女性

英語文例2つ目はwarning textです。警告文という意味の言葉です。例えばHe reading the warning text of his computer manual.(彼はパソコンの説明書にある警告文を読んでいる)という風に使います。

その他の形容詞的なwarningの使用例
  • warning bell(警鐘)
  • warning symptom(警告症状)
  • fire warning(火災警報)
  • warning area(警戒域)

cautionとwarningの類義語と違い・区別は?

cautionとwarningの類義語と違い・区別①alert

スマホを凝視する女性

cautionとwarningの類義語と違い・区別1つ目はalertです。注意を払う・警戒・敏捷という意味があります。alertの古い語源として印欧語「al」があり、向こうに・ほかの・~を越えてという意味を持ちます。次にイタリア語でall’ertaに派生し、英語のalertとなったと言われています。

caution・warningとalertの区別ですが、もともとalertは見張り台からの警戒が本来の意味でした。そのことから、何らかの脅威に注意を払い、周囲に知らせるというニュアンスがalertという言葉が持つ特徴的な意味だといえます。

cautionとwarningの類義語と違い・区別②danger

線路に座る女性

cautionとwarningの類義語と違い・区別2つ目はdangerです。危険・脅威をという意味があります。dangerの語源の印欧語demは家・家主の意味があり、派生した古語フランス語では権力を表すdangierと変化しました。英語ではさらに派生して危険を示すdangerへと変わり今に至ります。

caution・warningとdangerの区別できる点を見てみましょう。dangerは危険なことや、迫る脅威・危機そのものを表している点が特徴的だといえます。またdangerは危険を表現できるものの、警告や注意するというニュアンスがあまりないという点で区別できる違いがあります。

cautionとwarningの類義語と違い・区別③notice

パソコンを触る手

cautionとwarningの類義語と違い・区別3つ目はnoticeです。通知・告知という意味があります。noticeの語源の印欧語gnoは知るの意味があります。さらにラテン語で掲示を表すnotitiaに派生し、英語のnoticeになりました。公に掲示することが主な意味の由来となっています。

caution・warningとnoticeの区別できる点を見てみましょう。noticeは通知・公に知らせるという意味が特徴的です。noticeは通知という意味はありますが、警告や注意喚起のニュアンスはあまりありません。そのため、単に通知するという点で区別できる違いがあります。

cautionとwarningの類義語と違い・区別④attention

親切な店員

cautionとwarningの類義語と違い・区別4つ目はattentionです。動詞attendから派生した名詞で、気配り・注意力・親切という意味があります。attentionは印欧語のad・tenを語源に持ちます。さらにそこからラテン語、中世英語と派生してattentionの形になっています。

caution・warningとattentionの区別できる点を見てみましょう。attentionは気遣いや注意力という意味が特徴的です。注意の意味では共通しそうですが、熱心に何かを注意深く見るというニュアンスが強く、若干異なります。そのためattentionは違う言葉だと区別してもいいでしょう。

cautionとwarningは注意と警告を表し意味に微妙な違いがある

以上がcautionとwarningの違いや、類義語のalert・danger・notice・attentionの区別などについてでした。どの英語も似ているように感じますが、それぞれ語源が違うためにやはり言葉の持つニュアンスが微妙に違います。ですので、意味を理解して使い分けができれば一番いいですね。

ほかにも英語スラングのnopeや、FYIの意味・使い方などについてまとめた記事があります。よろしければ、そちらも併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 459222919 1
関連記事 英語のスラングnopeの意味とは?発音や類語と使い方や例文も

nope、スラング、nah、英語、使い方、発音、意味、とは。 「no

Small thumb shutterstock 511771990
関連記事 FYIの意味とは?ビジネスメールでの使い方やその他の英語の略語も

FYIという言葉を聞いたことはありますか?実はこれは、ビジネスメールで

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。