INDEX

【年代別】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場はいくら?

【20代】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:3万円

結婚式

ゲストが20代の場合の兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場は3万円です。20代といっても大学生の場合もありますし、社会に出ていても稼ぎがあまりないことが多いです。またゲストが20代の時、結婚するのは兄か姉の場合が多く、ご祝儀の額が下がる傾向にあります。

ただし、20代後半になってくると、3万円では物足りないという声もあります。社会人3年目をすぎたあたりからは、20代でも5万円ほど包むことが多いそうです。

【30代】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:5万円

兄弟

ゲストが30代の場合の兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場は5万円です。稼ぎが安定してきた30代では、5万円以上包むのが妥当です。結婚するのが自分の弟・妹だった場合、ご祝儀を弾むこともあります。年上の兄弟が結婚する場合でも、最低5万円は包む場合が多いようです。

【40代以降】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:10万円

お金

ゲストが40代以降の場合の兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場は7万円です。基本的には5万円を包むようですが、年齢が上がるに連れてご祝儀の金額もあがります。特に年齢が50代より上になってくると、10万円を包むこともあります。ですので、平均して考えると7万円という結果になります。

自分より年上の兄弟の場合は5万円でも良いかもしれません。しかし、自分より年下の兄弟が結婚する場合は、7~10万円を包んであげると良いでしょう。

【地域別】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場はいくら?

【関東・近畿・九州地方】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:10万円

支払いをする男性

地域ごとでも平均相場は違ってきます。関東・近畿・九州地方のご祝儀の平均相場は10万円です。近畿地方や九州地方は、兄弟間の縁や繋がりを大切にする考えが根強い地域です。ですので、兄弟が結婚するときは多めにお金を出すのが一般的なようです。

また、関東地方は金銭的に裕福な家庭が多いです。所得が高い人が多いのでご祝儀の相場も上がります。更に関東地方に住む人達は、結婚式を派手に行うような県民性を持っています。兄弟の豪華な結婚式の手助けをするため多めにお金を出してあげるようです。

【それ以外の地域】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:5万円

贈り物

関東・近畿・九州地方以外のご祝儀の平均相場は5万円です。特に東北地方は、結婚式を派手にするような文化がありません。ですので兄弟や家族が多めにお金を出さなくても良いのです。また、近畿や関東では「お祝いの気持ちをお金に込める」という考えですが、それ以外の地域では「お金と気持ちを別」にするのが一般的です。

ですので、ご祝儀5万円にプラスして祝いの品を贈るケースが多いです。ご祝儀が5万円だからといって、ケチなわけではありません。「ご祝儀はご祝儀、お祝いの気持ちは別の品物で渡す」という考えがあるのです。

【立場別】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場はいくら?

【学生の場合】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:基本的に出さない

禁止

ゲストが学生の場合、兄弟・姉妹へのご祝儀は出さなくて良い場合が多いです。ご祝儀は基本的に「1世帯から1つ出すもの」であると考えられています。ですので、親と同一世帯の学生はご祝儀を出さなくて良いとされています。また、学生は基本的に収入がないこともご祝儀を出さない理由になります。

アルバイトなどをしている高校生や大学生であっても、基本的には出さなくて良いという考えが一般的です。ただし、学生であっても、自分で世帯を持っている場合などはご祝儀を出すことが多いです。

【社会人1年目】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:2~3万円

結婚

ゲストが社会人1年目の場合、兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場は約2~3万円です。社会人になりたての人は、自分の生活に手一杯で収入もあまりない状況です。3万円出すのが一般的ですが、金銭的にご祝儀を出すのが苦しい場合、2万円でも許されるようです。

「2は偶数なのに、ご祝儀の金額として大丈夫なの?」と不安に思う方もいるかもしれません。基本的にご祝儀は偶数を避け奇数にします。しかし「2」には「ペア」という意味があります。そのため縁起が良いとされ、ご祝儀としても喜ばれる金額なのです。

ただし2万円をご祝儀として渡す場合、お札の枚数に気をつけましょう。1万円札を2枚入れてしまうと「ぴったり割れる」ということで縁起が悪くなります。1万円札を1枚、5千円札を2枚にして、お札の枚数を奇数にして割り切れないようにするのが良いです。

【独身の場合】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:5万円

独身男性

ゲストが独身の場合、兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場は5万円です。ゲストの年齢などにもよりますが、一般的には5万円が妥当のようです。ただし、家族や親族間でのルールがあることも考えられます。事前に身内に相談してから金額を決めた方が良いでしょう。

【夫婦で招待された場合】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:7~8万円

結婚

夫婦で結婚式に招待された場合、兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場は7~8万円です。ご祝儀は同一世帯で1つ渡すのが常識ですので、自分と配偶者の分をあわせて包みます。ゲスト独身の相場が5万円ですので、それ以下の金額だと少ないと思われます。5万円より少し多い7万円ほどが一般的です。

もう少し多めに包みたいという場合は8万円でも大丈夫です。8は縁起の良い数字ですので、ご祝儀としても喜ばれます。もし「7万円出すのは金銭的に厳しい…」という場合は、ご祝儀5万円に加えて祝いの品物を贈るのも手段の一つです。

【子供と招待された場合】兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場:7~10万円

お金を持つ子供

子供と夫婦で結婚式に招待された場合、兄弟・姉妹へのご祝儀の平均相場は7~10万円です。この場合、夫婦でのご祝儀に加えて子供の分の祝い金も贈るのが常識です。ただし、子供の年齢によってご祝儀の額が変わります。目安となる金額を参考にしつつ、ご祝儀の額を決めてください。

子供のご祝儀における金額の目安
0~3歳 必要なし
4~10歳 5000円
11~15歳 1万円
高校生以上 1万5000円

ご祝儀は高いほうが良い派の新郎新婦の意見をご紹介!

結婚式でのご祝儀は高いほうがいい意見①家族の援助を当てにしているから

喧嘩する兄弟

結婚式でのご祝儀が高いほうがいいという意見1つ目は、家族の援助を当てにしているからです。結婚式にはお金がかかるものです。ですので、他人からのご祝儀を当てにして結婚式を計画する人も少なくありません。特に親や兄弟からの援助を当てにしている人は多いです。

「兄がこれだけつつんでくれるだろう」「姉が3人いるからこのくらいもらえるはず」と予想を立てています。ですので、兄弟からのご祝儀が高くないと予算が厳しくなります。そのため、「ご祝儀は高くしてほしい」と思う新郎新婦は多いです。

結婚式でのご祝儀が高いほうがいい意見②ご祝儀は祝いの気持ちと思っている

結婚式を挙げる男女

兄弟・姉妹の結婚式でのご祝儀が高いほうがいい理由2つ目は、ご祝儀は祝いの気持ちと思っているからです。「お祝いする気持ちがあるのなら、お金を出してくれるだろう」という考えです。ご祝儀の金額が多いほど祝ってくれている、少なければ祝福してくれていない、と判断します。

またこちらに、いとこの結婚式でのご祝儀の相場についての記事も載せておきます。いとこへの祝い金の相場も知りたい!という方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 312585260
関連記事 いとこの結婚祝いのご祝儀の相場は?結婚式に夫婦で出席する場合も

「いとこが結婚する!」とても嬉しい報告ですよね!でも、いとこの結婚祝い

ご祝儀は高くなくて良い派の新郎新婦側の意見をご紹介!

結婚式でのご祝儀は高くなくていい意見①お金より気持ちだから

お金を持つ男性

兄弟の結婚式でのご祝儀を抑える意見1つ目は、お金より気持ちが大切だからです。遠方から自分たちのために来てくれた、時間を割いてお祝いしてくれた、という「気持ち」を重視する考え方です。ご祝儀は二の次で、まず結婚式に来てくれたことに感謝するのです。

ただし、皆が皆この考えを持っているわけではありません。「ご祝儀が少ないのは祝ってくれていないから」と考える人もいます。他人が「ご祝儀より気持ち」と考えているとは思わないほうがよいでしょう。自分達がご祝儀を包む立場になったときは、相場分の金額は包んだほうが無難です。

結婚式でのご祝儀は高くなくていい意見②ご祝儀を当てにしていないから

拒否する男性

兄弟の結婚式でのご祝儀を抑える意見2つ目は、ご祝儀を当てにしていないからです。親の援助や兄弟からのご祝儀は当てにせず、自力で結婚式をする人の意見です。自分たちが準備できる範囲で結婚式を行うため、他人のご祝儀に神経質にならないのです。

兄弟・姉妹へのご祝儀の注意点!

兄弟・姉妹へのご祝儀の注意点①渡すタイミング

カレンダー

兄弟・姉妹へのご祝儀の注意点1点目は、渡すタイミングです。友人へのご祝儀は受付で渡しますが、兄弟の場合は違います。親族は「結婚式に招待する立場」ですので、受付で渡すのは非常識です。結婚式までに直接渡すのが一般的です。もし結婚式前日までに手渡せない場合は、郵送でも可です。

兄弟・姉妹へのご祝儀の注意点②結婚する兄弟の年齢

兄弟

兄弟・姉妹へのご祝儀の注意点2点目は、結婚する兄弟の年齢です。自分より年下だと多めに出すのが一般的ですし、年上だと少なめに包んでも問題ありません。結婚するのが兄・姉か、弟・妹であるかによって金額が異なりますので、注意しましょう。

兄弟・姉妹へのご祝儀の注意点③家族間のルールに従う

家族

兄弟・姉妹へのご祝儀の注意点3点目は、家族間のルールに従うことです。家族や地域、親戚の考え方によってご祝儀の金額もかなり変化します。自分で判断せず、家族や親族に指示を仰ぐと良いでしょう。

またこちらに、兄弟の結婚式に参列するときの服装についての記事を載せておきます。服装にお困りの方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 527804947
関連記事 兄弟の結婚式服装13選!親族ならではのマナーはあるの?

兄弟の結婚式に参列する際、どんな服装で行ったらいいのでしょうか?友人の

ご祝儀をいくら渡せば良いのかしっかり確認しましょう!

ご祝儀の金額は、ゲストの年齢や立場、兄弟の中での立ち位置などで異なるものです。また、家族間のルールも存在します。「いくら出せば良いのかわからない」という場合は、親に相談しながら決めると良いでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。