INDEX

悲しいと哀しいの違い【意味編】

悲しいと哀しいの違い:悲しいの意味は自分の心が傷つき泣きたくなる表現

悲しい

悲しいは「自分」の心や感情が酷く傷つき痛むこと、という意味です。悔やんでも悔やみきれず、泣きたくなるような気持ちを表した表現です。おそらく多くの方が、例えば身内に不幸があり悲しい気持ちになったり、誰かに心ない事を言われて悲しい思いをしたなど、主に自分が主体となる感情の様子を表します。

悲しいという言葉は他に「苦しい」や「悔しい」といった気持ちも含まれます。2つともそれぞれ別々の感情で使い分ける事も多いですが、こうした気持ちも全て一緒につかわれていました。また、現代では胸の奥や心が痛む表現として使われていますが、古くは別の表現もありました。こちらについては後ほどご紹介します。

悲しいと哀しいの違い:哀しいの意味は他者をあわれで可哀想だと思う表現

哀しい

哀しいという漢字は日常生活であまり見かけませんよね。実は「哀しい」という意味も心や感情が痛く、とても苦しい、辛いことで「悲しい」の意味と同じ表現なのです。悲しいとの違いは、自分に対して思う表現のことではなく「他者」の物事を「憐れむ」こと「かわいそうだと思う」こと、という意味になります。

したがって、悲しいと哀しいの違いは「自分に対して」辛く苦しいと思うのか、「他者に対して」かわいそうだ、切ないと思うのか、ということになります。よく見ると可哀想という他者に対して思う言葉にも「哀」しいという漢字があります。この「可哀想」と言う言葉も自分が他者に対して思う感情ですよね。

悲しいと哀しいの違い【由来と類語編】

悲しいと哀しいの違い:悲しいの由来と類語

悲しいの由来と類語

漢字の成り立ちから考えていくと「非」と「心」です。「非」という漢字は羽が両方に裂けるという意味を表し、不利でうまくいかないこと、という意味でもあります。また、悲しいの「かな」は「しかねる」といった力が及ばない状態のことをいう説もあります。

そして「心」が合わさり心や胸が裂けるように痛いことを悲しいという表現で用いられるようになったと言われています。同じような言葉としては「悲痛」「悲壮」「沈痛」など、心を痛めるような漢字が用いられます。

ちなみに「悲しい」は遠い昔に「かわいい」「いとしい」といった愛でるような表現の他に、「すばらしい」「嘆かわしい」のような感情が高ぶった表現も表していました。現代は辛い時や苦しい時に使う言葉なので驚きますよね。

悲しいと哀しいの違い:哀しいの由来と類語

哀しいの由来と類語

哀しいの漢字は「口」に「衣」です。衣には覆い隠すという意味が含まれているので、思っていることを胸中に秘めるということを表しています。外(口)には出さずひっそりと心の中で泣くように、感情を表に出さないようなイメージです。例文で紹介した「哀しい表情」といった使い方もしっくりきますね。

また衣には「死者の襟」という意味も含まれ、それに口の漢字が合わさり同情の声が寄せ合うことも表します。悲しいと表現が似ていますが、「哀」しいにも「切ない」「胸が詰まって泣きそうになる」といった意味もあります。意味編でお伝えした「あわれでかわいそうに思うこと」も同情の声と一緒ですよね。

類語は「哀悼」「哀愁」「物哀しい」といったものになります。言葉のイメージでは悲しいは痛い、辛いといったような漢字ですが、哀しいはまさしく切なく、誰かを想うような漢字になりますね。そういったイメージでも悲しいとの違いの一つと言えます。

悲しいと哀しいの違い【例文編】

悲しいと哀しいの違い:悲しいの使い方

悲しいの使い方

心が痛いこととして使われる悲しいですが、こちらは自分の感情を表す言葉ですので、わかっている方も多くいると思われます。悲しいは常用漢字ですので新聞やテレビ、雑誌などの表現をする際は悲しいを用いれられます。文章を書く時など、哀しいとどちらを使うか迷った時は悲しいを使うといいですよ。例文はこちらです。

「悲しい」の例文
  1. ドラマを見逃してしまい悲しみにくれる
  2. 風邪をひいて旅行が行けなくなりとても悲しい
  3. 好きなバンドが解散し悲しみの声が多く寄せられる

悲しいと哀しいの違い:哀しいの使い方

哀しいの使い方

「哀しい」という言葉は類語でも紹介したように「哀愁」「哀悼」などといった他者を「憐れむ」こと「切ない」や「かわいそうだと思う」気持ちからして客観的な心情、感情の表現として使われます。その為、小説などの文学で「哀しい」は多く用いられます。

また、「悲しい」と違い「哀しい」の漢字は常用漢字ではないので、ビジネスなど公的な文書を書く際は適切ではありません。使用するのは「悲しい」にしましょう。上記のように小説などの文学や私的なメールなどには使用しても問題ありません。

「哀しい」の例文
  1. 彼女の身内に不幸が訪れたと聞いて哀しい
  2. 夏の終わりの夕暮れはなんとなく哀しい気持ちになる
  3. 飼っていたペットがいなくなったと言うと彼は哀しい表情をした

愛しいも「かなしい」と読む?愛しいについて

愛しいの意味は心に染みてとてもかわいい表現

愛しいの意味

実は「愛しい」という言葉も「かなしい」と読めるのをご存知でしょうか。前述でもお伝えしましたが、悲しいや哀しいは泣きたくなるような表現のようにネガティブな意味合いだけでないのです。遠い昔は「切なくなるほどいとしい」「かわいくてしょうがない」といった心が激しく揺さぶられた状態でも表していました。

悲しいと哀しいとは違い、愛しいは「心に染みる」「心に強く惹かれる」という意味が含まれるので、このようなポジティブな表現が悲しいと哀しいとの一番の違いだと言えます。こうした意味合いから現代では「かなしい」より読んで字の如く「いとしい」が一般的となっています。

本当はいやに思ってる?愛しいの由来

愛しいの由来

そもそもなぜ愛しいを「かなしい」と読むのかというと、もともと「厭(いと)う」という言葉からと言います。「大事にする」「いやに思って避ける」という意味からつけられた言葉によって「いとしい」と「かなしい」という読みになりました。大切だけど、嫌だと思って避けるのはとても不思議な「愛しい」ですね。

どんな時に、どんな風に使う?愛しいの使い方

愛しいの使い方

いやだと思って避ける「愛しい」と心から大切に思っている「愛しい」。現代では「いとしい」の読み方が多いですが、「かなしい」と読んでも違和感がない例文をご紹介します。「いとしい」と読むか「かなしい」と読むかで意味や感じ方も違って見えますね。好きな人や恋人に対してどのように使おうか悩むのも楽しそうです。

愛しいの例文
  1. あなたに会いたくてとても愛しい
  2. 愛しくて泣いてしまいそうだ
  3. 愛しい表情でこちらを見ている

言葉の違いを理解して日常に活かしましょう!

日常

悲しいと哀しいそして愛しいの違い、同じ読みでも漢字が違うだけで意味が変わってくるのは日本語の不思議ですよね。もし使い方に迷った場合は特に公的な文書を書く時は上記でもお伝えした通り常用漢字で登録されている「悲しい」を使えば安心です。以下にこれまでの違いをまとめたので、おさらいしてみましょう。

こちらのページでは悲しいと哀しいの違いを説明しましたが、これらの他にも読み方は一緒で漢字は違う言葉もありますよね。どっちを使ったらいいのか、どう表現したらいいのか迷う前に下記に関連した記事をご紹介します。曖昧な日本語を正しく理解して使い分けて行きましょう。ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 249465919
関連記事 「寂しい」と「淋しい」の違いは?意味・読み方・使い方・使い分けをご紹介!

あなたは「寂しい」と「淋しい」いう言葉をうまく使い分けられていますか?

Small thumb shutterstock 416229289
関連記事 「訊く」と「聞く」の違い|意味や漢字の使い分けは?

「訊く」と「聞く」の違いと使い分け方をご存知ですか?同じ「きく」と読む

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。