INDEX

「配布」「配付」意味の違いとは

「配布」とは「広くゆきわたらせること」

街中

「配布」とは「広く多くの人に配ること」を言います。配る相手が特定されていない、誰でもいいときは「配布」の字を使うのです。

「配」という字を辞書で調べると、「ものを配ること、割り当てること」と載っています。また「布」の字は「ぬの、織物」のほか、「広く知らしめること」という意味を持っています。そのことから「広くゆきわたらせること」を指して「配布」と表記します。

「配付」とは「特定の範囲に配り与えること」

おはなどうぞ

対して「配付」は「ある決まった範囲内で配り与える」ことを意味します。「付」の字には「付け加えること」の他に「与えること」という意味があります。「配布」との大きな違いは、配る相手がはっきり分かっているところです。

「配布」「配付」どちらも「はいふ」と読み、大まかな意味は「ものを配ること」です。しかし、使用する漢字が違うということで意味に違いが出てくるのです。

公用文などでは「配布」で統一されている

書類作成

お役所などが作る公的な文章では、「配布」と表記することで統一されています。ただし、「譲与税配布金特別会計」など例外的に使用するときもあります。また、新聞社の中には同じく「配布」表記で統一しているところが多く見受けられます。

ここまでは「配布」と「配付」それぞれの違いについて見てきましたが、具体的にどう使い分ければよいのか?ここからは例文や類語を交えてお話していきます。

「配布」の例文

「配布」の例文①街でビラを配布する

街中

「配布」の例文1つ目は「街でビラを配布する」です。人通りの多い駅前や大通りでポケットティッシュやチラシを配っているのをよく見かけますね。誰でも受け取れる、誰がもらっても構わないこの場合は「配布」していることになります。

また「ご自由にお持ちください」と書かれた女性用化粧品サンプルなどは、男性が持ち帰ってもいい訳で、この場合も「配布」です。もしかしたら彼女さんや奥様に使ってもらうために持っていくのかも知れませんしね。

「配布」の例文②ログインボーナス配布

ソシャゲなう

「配布」の例文2つ目は「ログインボーナス配布」です。ソーシャルゲームなどでは、ログインするだけで毎日アイテムやゲーム内マネーがもらえますね。このログインボーナスに対しては「配布」表記のところが多く見受けられます。これは「これから始めるプレイヤーも含めた全員」が対象になるから、と考えられます。

しかしイベント景品として配られるものに対しては違い、その多くが「配付」と表記されています。こちらは「イベントに参加した人、ランキング入賞者」といった具合に対象者がはっきり特定されているためです。

「配布」の例文③ポスティングによる配布

ポスティングのチラシ

「配布」の例文3つ目は「ポスティングによる配布」です。ポスティングによって各家庭に配られるピザ屋や清掃会社、新築マンションのチラシ、フリーペーパーなど…これらは基本的に例外なく、一定地域のすべての家庭(ポスト)に投函されます。

全ての世帯を対象にしているということは「特定の範囲を持たない」といえるので、「配付」ではなく「配布」を使うようです。実際、我が家に届く地域情報誌の片隅には「配布率〇〇%」の表記があります。

「配付」の例文

「配付」の例文①プリントを配付する

教室

「配付」の例文1つ目は「プリントを配付する」です。学校で授業用のプリント、テスト用紙や解答用紙、また連絡用のお便りなどが配られる場合、その対象者は生徒や保護者に限られます。なのでこれらは「配付」されることになります。

また別な例として、会社で会議用の資料等を配る場合も「配付」です。もしこれを「配布」してしまったら…大事な資料が一般公開されてしまうことになってしまいます。うっかり間違いにはお気を付けくださいね。

「配付」の例文②お土産を配付する

観光地

「配付」の例文2つ目は「お土産を配付する」です。旅行に行ってお土産を買い込み、職場でみんなにお裾分けする場合は、渡す相手が「同僚、上司、その他同じ職場の人々」とはっきりしていますよね。ですから「配付する」のです。

テーブルの上に「みんなで食べてください」のメモと共に細かいお菓子が箱で置いてある…なんて配り方もありますが、この場合も対象が限定されているので「配付」で問題ありません。言い方も気になるでしょうが、折角の気持ちなのでありがたく受け取って美味しくいただきましょう。

「配付」の例文③問診表を配付する

健康診断

「配付」の例文3つ目は「問診表を配付する」です。一般的な会社においては、従業員に対して健康診断を受けさせることが義務付けられています。健康診断を受けるにあたって手渡される問診表は各個人専用ですので「配付」されます。

問診表は確実に個人宛に配布されますが、健康診断の案内についてはどうでしょう?各々に日程を知らせるか、全員に実施することを伝えるのか、それによって使い分けることになります。

「配布」と「配付」を状況で使い分ける

状況による場合の例①「案内の配布」「案内の配付」

検診中

「検診の案内を配布」、「検診の案内を配付」でもどちらも使います。個別に日程を伝える場合は「配付」、全体に検診を実施することを伝えるのであれば「配布」と、微妙な違いではありますが言い方が変わってきます。

このように状況によっては、「配布」と「配付」どちらも使う場合があります。どちらを使うかは配る範囲や相手によって変わるので、その都度的確に使い分けましょう。

状況による場合の例②「アンケート配布」「アンケート配付」

アンケート

「アンケートを配布する」「アンケートを配付する」これもどちらの言い方も通じます。違いは「対象範囲」の広さですので、「配付」の方がより限定的になります。

アンケートを広く広く「配布」するよりも、例えば「既婚の女性にお伺いします」というように「配付」した方がよりコアな意見に出会える気がしませんか?微妙なニュアンスの違いですが、使い分けができたらいいですよね。

「配布」「配付」の類語とその意味について

「配布」「配付」の類語①「配賦」読み方「はいふ」個々に割り当てること

配賦する

「配布」「配付」の類語の1つ目は「配賦」、これも「はいふ」と読みます。意味も似ているのですが「配賦」は「個々に割り当てる」ことを指し「資金を配賦する」などという言い方をします。特に会計用語として使われるようですが、なかなか難しいのでここでは割愛します。

例えば、1万円のお小遣いを3人の子供に配る場合。「A君には部活動で使う道具代で5000円」「B君には新しい靴を買うために3000円」「C君には文房具代として2000円」という風に、目的や用途に応じて割り振ることが「配賦」です。

「配布」「配付」の類語②「頒布」読み方「はんぷ」広く分け与えること

ボトルワイン

「配布」「配付」の類語2つ目は「頒布」です。「はんぷ」と読み、「広範囲に配ること」を指します。頒布会、という言葉を耳にしたことはありませんか?会費を払っているメンバーに、定期的にお酒やファッションアイテム、刊行物などを配るものです。

言葉としては「配布」と似ていますが、その違いは「配布」は無償であること、「頒布」は有償、無償を問わないところにあります。また、自費制作物を扱う即売会などにおいては、営利目的ではないことを強調するために「販売」という言い方を避けて「頒布」を使うケースが多くあります。

「配布」「配付」の類語③「支給」読み方「しきゅう」金品を払い渡すこと

学用品いろいろ

「配布」「配付」の類語3つ目は「支給」です。お金や品物を払い渡すことを言い、「児童手当の支給」「ボーナスが支給された」「制服支給」などと使います。お給料や給付金のようにお金だけでなく、ユニフォームのように現物で配付されるものまで様々です。

ところで「支給」とよく似た言い方に「給付」があります。このふたつの違いは、自分から申し出なくても渡されるのが「支給」、申請や手続きをしないともらえないのが「給付」というところです。お給料は「支給されるもの」で補助金は「給付を受ける」と考えると違いが分かりやすいのではないでしょうか。

「配布」「配付」意味の違いを知って正しく使おう

「配布」と「配付」、このふたつの違いは「配布」は不特定多数に対して配ること、「配付」は一定の範囲内で配ること、となります。この違いを理解して正しく使えるといいですね。

また、このように同じ読みだけれど少し意味が違うといった言葉は他にもあります。以下にいくつかの記事をご紹介しますので、あわせて読んでみては如何でしょうか。

Small thumb shutterstock 696809851
関連記事 併せてと合わせての違いは?意味・類語・反対語と使い方の実例11選

併せてと合わせての違いを明確に説明できる人は多くないと思います。それぞ

Small thumb shutterstock 416229289
関連記事 「訊く」と「聞く」の違い|意味や漢字の使い分けは?

「訊く」と「聞く」の違いと使い分け方をご存知ですか?同じ「きく」と読む

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。