INDEX

恭賀新年と謹賀新年の意味の違いは?

恭賀新年の意味は「恭(うやうや)しく新年をお祝い申し上げます」

正月

まず、恭賀新年の意味は「恭(うやうや)しく新年をお祝い申し上げます」です。この「うやうやしく」とは簡単な言葉にすると「礼儀正しい様子で」という意味です。イメージとしては、結婚式などの冠婚葬祭に参加する際に礼儀正しくする様子です。

この「うやうやしく」という意味を持つ「恭賀」という賀詞がつくことで、相手が目上の上司に対してもしっかりと礼儀正しさが伝わり、丁寧な表現にすることができます。ちなみに「恭賀新年」の部分は「きょうがしんねん」と読みます。

謹賀新年の意味は「謹んで新年のお祝いを申し上げます」

京都

次に、謹賀新年の意味は「謹んで新年のお祝いを申し上げます」です。この表現の冒頭の「謹んで」とは、簡単な言葉に換えると「敬意を表して礼儀正しく」という意味となります。

この意味から考えると、「謹賀新年」も目上の人に対して使用することができるということが分かります。ちなみに、この「謹賀新年」は「きんがしんねん」と読みます。この賀詞は既成の年賀状のデザインとしても良く目にするものの一つですよね。

恭賀新年と謹賀新年の意味は基本的には同じ

ご縁

冒頭でお伝えしてきた内容を加味すると、恭賀新年と謹賀新年の意味は基本的には同じであるということが分かります。どちらにも共通した意味であるのが「礼儀正しく」という意味でしたね。礼儀正しくするという行為は、基本的に相手に敬意を示す目的で行われます。

恭賀新年と謹賀新年の使い方の違いは?

恭賀新年と謹賀新年使い方の違いは基本的にはない

図書館

恭賀新年と謹賀新年使い方の違いは、基本的にはありません。冒頭でお伝えしてきた通り、両者の意味での違いもほぼないので、どちらも目上の人やお世話になっている人に対して使用することが可能です。

ただ、汎用性という点で言うと、恭賀新年よりも謹賀新年の方がより広く使用されており、一般的にも馴染み深いものであるとは言えそうです。しかし、一方の恭賀新年を使用してももちろん間違いではありませんのでより恭しいニュアンスを相手に伝えたい場合はこちらを使用することも可能です。

恭賀新年と謹賀新年の使い方の違いは親しい人に使用する場合に出る場合が

本

恭賀新年と謹賀新年の使い方の違いは、親しい人に使用する場合に出る場合があります。「恭賀新年と謹賀新年使い方の違いは基本的にはない」とお伝えしましたが、これらを目上の人に対してではなく、親しい人に使用する場合はその違いが出る場合があります。

基本的に、「謹賀新年」という賀詞は目上の人に使用するのが普通ですが、今日では親しい間柄の知り合いや友達に使用される言葉として受け入れられています。一方、「恭賀新年」の方は普通、親しい間柄の人には使用しません。そのことから、こちらの賀詞を使用すると相手があなたと距離を感じてしまう可能性が高まります。

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文4選!

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文①「恭賀新年」皆様のご健康と

メール

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文の1つ目は、「恭賀新年 皆様のご健康と多幸を心よりお祈りいたします」です。これは、まず「恭しく新年をお祝い申し上げます」と述べた後に「皆さんの健康と幸せを心から祈っています」と祈願する内容になっています。

この後に、「旧年中は大変お世話になりました 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます」などの形で続けて、今年もぜひ一緒に仕事をしていきましょうという気持ちを伝えられると効果的でしょう。

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文②「恭賀新年」皆様おすこやかに

リサーチ

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文の2つ目は、「恭賀新年 皆様おすこやかにお過ごしのこと存じます」です。これは、「恭しく新年をお祝い申し上げます」と伝えた後、「皆さん、健康に過ごしていらっしゃると思います」と相手を慮る気持ちを表現しています。

この後に、例えば「旧年は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます」などと続けると、相手へのこれまでの感謝の気持ちとこれからの意欲が丁寧に伝わる表現となるでしょう。

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文③「謹賀新年」 皆様おすこやか

ウーマン

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文の3つ目は、「謹賀新年 皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます」です。これは、「謹んで新年のお祝いを申し上げます」とした後、「皆さん健康に新しい年を迎えられていると思います」と続けます。

この後、例えば「旧年中は大変お世話になりました 今年も変わらぬご愛顧を賜りますようどうぞよろしくお願い致します」などの形で使用します。このように、「今年もぜひうちと取引してくださいね」と添えておくと効果的でしょう。

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文④「謹賀新年」昨年は大変

新人

恭賀新年と謹賀新年を使用したビジネス例文の4つ目は、「謹賀新年 昨年は大変お世話になりました」です。これは、まず「謹んで新年のお祝いを申し上げます」と伝えた後、シンプルに「去年は本当にお世話になりました」と続けています。

この後に例えば「本年もどうぞよろしくお願いします」と伝えると、非常にシンプルですっきりと相手に新年のご挨拶を伝えることができます。難しい表現は含まれていませんので、ぜひ覚えて活用してみてください。

ここまで、「恭賀新年」と「謹賀新年」の意味と使い方の違い、そしてその具体的な例文についてご紹介してきました。下記関連記事では、筆ペンの上手な書き方とコツを分かりやすくまとめています。年賀状でも筆ペンを使用することは多いですよね。持ち方や練習方法も学べますので、興味のある方はチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 605013488
関連記事 筆ペンの上手な書き方のコツとは?持ち方や練習方法と年賀状の見本も

結婚式の招待状や冠婚葬祭での祝儀・不祝儀袋、熨斗など使う機会が意外に多

目上の人や上司に使える恭賀新年と謹賀新年以外の賀詞3選!

目上の人や上司に使える恭賀新年と謹賀新年以外の賀詞①謹賀新春

手を洗う

目上の人や上司に使える恭賀新年と謹賀新年以外の賀詞の1つ目は、「謹賀新春」です。これは、「謹賀新年」の新年の部分を「新春」という言葉に変えたものです。「新春」とは「新年」と全く同じ意味を表します。

この「謹賀新春」は「謹賀新年」に比べると一般にはあまり浸透していませんが、正式な賀詞として使用することができます。先にご紹介した例文と同様、後に「皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます」などの言葉を重ねると良いでしょう。

目上の人や上司に使える恭賀新年と謹賀新年以外の賀詞②敬頌新禧

着物

目上の人や上司に使える恭賀新年と謹賀新年以外の賀詞の2つ目は、「敬頌新禧」です。これは、「けいしょうしんき」と読む賀詞で、「良い年でありますように」という意味を持つ表現として知られています。

この「敬頌新禧」ももちろん、正式で正しい賀詞ではありますが、「恭賀新年」や「謹賀新年」のように他賀詞と比べると一般的に広まっているとは言えません。従って、あえていつもと違う個性を出した年賀状を出したい際などに活用すると良いでしょう。

目上の人や上司に使える恭賀新年と謹賀新年以外の賀詞③謹んで新年のお慶び

おみくじ

目上の人や上司に使える恭賀新年と謹賀新年以外の賀詞の3つ目は、「謹んで新年のお慶びを申し上げます」です。これは、「謹賀新年」を少し長めに表現した賀詞だと言えます。

この「謹んで新年のお慶びを申し上げます」という賀詞は年賀状のスペースに余裕がある場合に使用すると良いでしょう。より丁寧に長めの文章を使用して相手に挨拶をしたいという方にはおすすめです。

恭賀新年と謹賀新年を使用して年賀状を送る際のマナーは?

恭賀新年と謹賀新年を使用して年賀状を送る際のマナー①句読点は打たない

手紙

恭賀新年と謹賀新年を使用して年賀状を送る際のマナーの1つ目は、「句読点は打たない」です。このマナーについては意外と感じる方も多いかもしれませんが、基本的に年賀状で伝える挨拶文には「。」「、」などの句読点を使用しないのが普通です。

これには、「慶ばしいことが終わってしまわないように」という意味が込められていると言われています。ちょっとしたことですが、そこにも意味のある日本文化って本当に興味深いですね。

恭賀新年と謹賀新年を使用して年賀状を送る際のマナー②忌み言葉を使わない

ダメ

恭賀新年と謹賀新年を使用して年賀状を送る際のマナーの2つ目は、「忌み言葉を使わない」です。基本的に年賀状には「枯れる」「衰える」など何がか衰退することを連想させるようないわゆる「忌み言葉」を使用してはいけません。

これは、結婚式の招待状への返事やお礼状などを書く際にも言われることですよね。あくまでも相手の健康や幸せを願う目的で年賀状も書くものなので、忌み言葉は使用しないように注意しましょう。

恭賀新年と謹賀新年を使用して年賀状を送る際のマナー③二語賀詞の使用禁止

禁止

恭賀新年と謹賀新年を使用して年賀状を送る際のマナーの3つ目は、「二語賀詞の使用禁止」です。目上の人に年賀状を書く場合は、「賀正」「新春」などの二語賀詞を使用することは避けます。

基本的にこれらの二語賀詞には「正月」などの意味しか含まれておらず、そこに相手を敬うような意味は含まれていません。したがって、これら二語賀詞を使用すると厳密に言うと目上の人に対して失礼となってしまいます。

恭賀新年と謹賀新年を上手く活用してビジネスで信頼関係を構築していこう!

できる女性

当記事では、「恭賀新年」と「謹賀新年」の意味や使い方の違いについて詳しくご紹介してきました。今まで曖昧だった両者の情報がすっきり整理された!という方も多いのではないでしょうか?あなたも二つの賀詞を上手く活用して、ビジネスで相手としっかりと信頼関係を構築しビジネス発展に役立ててみてくださいね。

下記関連記事内では、年始のビジネスマナーについて分かりやすくまとめています。お正月の贈り物や新年の挨拶、お年賀についても学べますよ。ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 347568323
関連記事 お年始のビジネスマナーとは?お正月の贈り物/新年の挨拶/お年賀

お年始のビジネスマナーをご存知ですか?新年を迎えたら、お世話になった親

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。