INDEX

「スポイル」とはいったい何?

スポイルとは「台無しにする」という意味

意味を知りたい

スポイルとは、「本来持っていた良い性質を損なうこと」、「物事を台無しにすること」、「人などを甘やかして価値や能力をだめにすること」という意味です。主に人間に対して使われます。物に対して使う場合は、「役立たずにする」という意味になります。

スポイルは英語の「spoil」から転じてカタカナ語になったものです。英語の「spoil」と意味はほとんど変わらず、ただ英語を日本語読みしただけという見解もあります。

スポイルはかっこよく聞こえるカタカナ語

言葉を使いまわす

ただ「だめにされる」というよりも「スポイルされる」と言った方がおしゃれに聞こえるので、かっこいい言い方が好きな人が使う傾向にあるようです。それにしてもあまりいい意味を持たない言葉なので、使用することを避けたいですね。

Small thumb shutterstock 365175962
関連記事 日本語は難しい言葉?日本語のかっこいい言い回し15選!

日本語は世界的に見ても覚えたり、話したりするのが難しいとされる言葉の一

スポイルの語源

スポイルの英語は「spoil」

英語

先述した英語「spoil」の動詞の訳は、「…を)役に立たなくする」、「台なしにする」、「腐らせる」、「そぐ」、「性格をだめにする」、「過度に甘やかす」、「大サービスする」、「満足できなくする」などの意味があります。

また、spoilは名詞でも使われることがあります。spoils of office「役得」や spoils of war「戦利品」など、動詞で使われる「だめにする」から一転して良い意味になって使われます。

spoilの語源はラテン語の「spoliāre」

語源

英語「spoil」の語源はラテン語「spoliāre」からきています。これも動詞と名詞で関連性がないと思われるような二面性を持った言葉です。

「甘やかしてだめにする」動詞の方の語源は、「奪いとる」を意味する言葉です。「大事なもの、良いものを奪い取る」を表し、奪われた立場の方が「役に立たなくなる、台無しにする」という意味になりました。

また、「spoliāre」には「狩猟した動物から皮を剥ぎ取る」「敵から服や装飾品を引き剥がす」といった意味もあります。そこから転じて「努力によって得たもの」の意味が「略奪品」「戦利品」というような名詞の意味に変わっていきます。

スポイルの使い方とは?

スポイルの使い方①だめにした人を批判する

スポイルする

スポイルというのは先述した通り、もとをただせば英語の動詞となります。使い方は日本語においても動詞の形で使い、「スポイルする」という使い方が一般的です。

悪い効果をもたらすものに「スポイルしている」などという言葉が使われています。甘やかされて育った子供を見て、「あの子の大人はスポイルしている」などと批判して使うことが一般的です。

スポイルの使い方②人のせいにする

他人のせいにする

スポイルを使った文章でよく見かけるのは「スポイルされる」という受け身で使われる場合です。やる気が失せたりモチベーションが下がったり、本来の能力が発揮できないときに、他人のせいにして「スポイルされる」 といった使い方をすることが多いようです。

スポイルの使い方③スポイルという言葉が使われるのは教育論が多い

教育の現場で

「スポイル」には甘やかすことによって「だめにする」という意味合いが強いです。甘やかすに焦点を当てると「子どもの成長の阻害する」といった意味で使われることが多いです。

現代の日本の親たちは子どもを甘やかしたり、過保護が行き過ぎたりするあまり、子どもの行く道を先回りして危険と思われるものを徹底排除しようとする傾向があります。

そうすることで結果的に子供の忍耐力や向上心などの大人になっていくにつれて身につけた方がよいスキルが失われます。教育論では、そんなやりすぎともいえる親の過保護によって、子どもの性格や性質などが偏ったり弱くなったりすることを 「現代の親たちは子供をスポイルしている」 などと呼んで批判しているようです。

スポイルの使い方④ビジネスでの表現として

消費活動

「日本の消費者はスポイルされている」などという文章を見かけたことはありませんか?意味を知らなければ何を言っているのかさっぱりわかりませんよね。かみ砕いた意味に置き換えると「日本の消費者は甘やかされてだめにされている」ということになります。

なぜ、こんなことになるのでしょうか。スーパーマーケットなどで並んでいる商品は衛生管理をされ、手に取りやすいようにパッキングされています。そこにいる従業員たちはマニュアル通りに完璧に業務をこなします。これは「消費者目線に立つ」という視点で物事が考えられているといえます。

そこから、「消費者を甘やかす」ということが、「消費者に謙虚な気持ちがなくなっていく」と連鎖していきます。これを「消費者をスポイルする」と言っています。

スポイルの使い方⑤何か問題があるときに使われる

問題がある

スポイルは悪い意味で使われるといいましたが、このように日常で使われている場面の共通項を挙げると、「問題視されている」ものについて使われていることが多いです。日本人は「スポイルされる」ことによって発現する「甘え」や「惰性」に注意を向けていることがわかります。

スポイルを使った例文

スポイルを使った例文①「そんなことしたら子どもがスポイルされるよ」

スポイルされた子どもたち

「そんなことしたら子どもがダメな子に育ってしまうよ」という意味です。そんなこと、とは子どもを甘やかす行動を指すことが一般的です。子どもがだだをこねたらお菓子をあげるだとか、悪いことをしても叱ってあげないということが挙げられます。

先ほど挙げた教育論でよく使われている例文です。逆を言えば、「子どもを甘やかしてはいけない」ということです。甘やかすことによってダメな子を育ててしまう、というのは教育業界では通説ですよね。

スポイルを使った例文②「スポイルされた犬のしつけは難しいよ」

犬を甘やかす

「甘やかされて育った犬はしつけるのが難しい」という意味です。当たり前といえばあたりまえですが、犬は甘やかされて育てば飼い主のいうことをきかない子に育ちますし、当然しつけるのも難しくなります。

Small thumb shutterstock 151639355
関連記事 海外でも反応がいい柴犬!なぜそんなに人気?柴犬の魅力まとめ

柴犬は海外でも大人気の犬です。これほど反応がいいのは昔から?いいえ、海

スポイルの関連語

「スポイルド」は受け身の意味

事後

「スポイルド」は「スポイル」の過去形、または過去分詞形です。英語で書くと「spoiled」。「台無しにした」、「だめにした」など、スポイルと同じように使われることが多いです。

「スポイラー」はネタバレという意味になる

映画を見る人

名詞型で「スポイラー(spoiler)」があります。これは「空気を読まずにその雰囲気を壊す人」という意味になり、そこから転じて「ネタバレする人」の意味でよく使われます。ゲームや映画の掲示板で見かけることがあると思うので知っていて損はないでしょう。

ちなみに、日本語「ネタバレ」という言葉が使われ始めたのは平成になってからです。英語の「spoil」という言葉は平成以前からありましたから、アメリカなどではネタバレというものがよくあったのでしょう。まず前提としてspoilerに対応するいい日本語がなかったというのがあるでしょう。

スポイルの対義語

スポイルの対義語はリファイン

修理

スポイルの対義語を挙げるとすれば、「リファイン」でしょう。英語表記で「refine」と書きます。カタカナ語としてはあまりメジャーではなく、「スポイル」よりは世間の認知度と使用頻度は落ちます。

リファインの意味

上品

リファインの意味は「精製する」、「製錬する」、「上品にする」、「磨きをかける」、「改良する」などの意味があります。「スポイル」とは完全に対になる対義語ではなく、一例として挙げられるだけのものです。

スポイルの意味を知って日常に役立てよう!

自信が付く

いかがでしたでしょうか。スポイルの使い方はばっちりですね。教育論やゲームの掲示板などにお世話になっている方は「知らなかった!」なんて恥をかかずに、スムーズに使えるようになるでしょう。この記事があなたの役に立つことを願っています!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。