INDEX

ペットボトル・紙コップを使っためんつゆトラップの作り方!処理方法も

めんつゆトラップの作り方:材料

トラップ

めんつゆトラップ作成に必要なものをご紹介します。めんつゆトラップは家にある材料のみで簡単に作れます。すぐにコバエをなんとかしたい!という方は、是非めんつゆトラップを作ってみてください。

めんつゆトラップの材料
  • めんつゆ
  • ペットボトル
  • 食器洗い用の洗剤
  • ハサミ・カッターなど

ペットボトルは、500ミリリットルほどの大きさのもので大丈夫です。更に小さいサイズのペットボトルでも作成可能です。逆に大きすぎるペットボトルは置き場所にも困りますし、コバエがかからなくなる可能性もあります。また、ペットボトルがない場合は紙コップでも代用可能です。

もし家にめんつゆがない場合、調味料で作成しても大丈夫です。醤油とみりん大さじ2ずつ、水4分の3カプ、だしの素小さじ2分の1を混ぜ、ひと煮立ちさせれば完成します。

めんつゆトラップの作り方:実践編

工作

それでは、めんつゆトラップの作り方について説明します。まずペットボトルの上の部分をハサミなどで切り取ります。3~4センチくらいの高さにペットボトルをカットしましょう。このとき、やわらかいペットボトルを使用すると簡単に切れます。温かい飲み物が入っているペットボトルは固いので注意しましょう。

次に、底が隠れるほどの水を入れます。そのあと、水と同程度のめんつゆを注ぎます。めんつゆを注いだらかき混ぜて、水とめんつゆをなじませてください。最後に食器用洗剤を数滴たらして完成です。洗剤は液体の表面にうっすら膜が張る程度で良いです。3~4滴ほどが無難な量です。

めんつゆトラップの作り方:注意点

驚く男性

めんつゆトラップを作る時の注意点について説明します。まず、入れ物は明るい色の容器を使ってください。コバエは光が反射しているものに近づく習性があります。暗い色の容器にはなかなか近づいてくれません。透明のペットボトルや、白い紙コップがおすすめです。紙コップ等がない場合は牛乳パックなどでも代用できます。

次に、めんつゆトラップを置く時間です。すぐに効果が出る場合もありますが、3日以上経ってからでないと効果が出ないこともあります。すぐに効果が出ないからと捨ててしまってはもったいないです。忍耐強くコバエがかかるのを待ちましょう。

最後に、めんつゆと水の割合です。同程度の割合でないと、コバエはかかってくれません。特に水が多すぎると、コバエを引き寄せる力が弱まってしまいます。目視で計るのが苦手な方は、計量スプーンなどを使って量を調節しましょう。

めんつゆトラップの処理方法・捨て方

掃除

めんつゆトラップの処理方法・捨て方について説明します。めんつゆトラップを長い間放置するのはNGです。7日以上放置しておくと効果が薄れ、コバエが卵を生むからです。トラップがコバエの繁栄の元になる可能性があります。効果が出たらすぐに中身を捨てましょう。

めんつゆトラップを台所の流しに捨てるのは絶対にしてはいけません。もしコバエの卵が産み付けられていた場合、排水口に卵が詰まってコバエの巣になるかもしれません。ティッシュや紙などでめんつゆを拭き取り、ビニールなどで封をしてゴミに出しましょう。

ペットボトルや紙コップなどはまた再利用可能です。ただし、卵が産み付けられていることもありますので、洗剤などでよく洗いましょう。

めんつゆトラップの仕組みとは?なぜコバエがとれるの?

めんつゆトラップの仕組み①めんつゆの役割

アルコール

めんつゆトラップの仕組みとして、めんつゆの役割について説明します。めんつゆには少量のアルコール成分が含まれています、コバエはアルコールに惹きつけられる性質を持ちます。そのため、めんつゆのあるところに吸い寄せられるのです。

また、コバエはアルコール臭の他に発酵食品の匂いも大好きです。めんつゆに含まれている醤油は発酵食品であるため、コバエを誘う効果があるのです。

めんつゆに含まれるアルコール成分と発酵臭でコバエを惹きつけること。これが、めんつゆトラップにおけるめんつゆの役割です。また、匂いが強いめんつゆほど効果を発揮すると言われています。トラップに使うなら、ストレートタイプではなく濃縮タイプが良いでしょう。

めんつゆトラップの仕組み②洗剤の役割

洗剤

めんつゆトラップの仕組みとして、洗剤の役割について説明します。コバエは、体の胸腹部にある穴から呼吸をしています。この穴は「気門」と呼ばれており、脂で覆われていて水をはじく役割を担っています。ですのでコバエが普通の水に入っても死ぬことはありません。

しかし洗剤には気門の脂を取り去る効果があります。気門の脂がなくなってしまうと、コバエは息ができず水の中で死んでしまいます。洗剤は、「コバエの体の脂を落とし、窒息死させる」という役割を持つのです。

洗剤の種類は基本的に何でも良いですが、柑橘系の香りのする洗剤だとより効果を発揮します。普通の洗剤で効果が見られない場合は、柑橘系洗剤に切り替えると良いでしょう。

めんつゆトラップの仕組み③ペットボトル・紙コップの役割

ペットボトル

めんつゆトラップの仕組みとして、ペットボトル・紙コップの役割について説明します。ペットボトルや紙コップは白や透明のものが多いですよね。コバエは白い光に惹きつけられる性質があるので、効率的にコバエを誘致できるのです。

めんつゆトラップの置く場所3選!効果的な置き場所とは?

めんつゆトラップを置く場所①排水口の周り

台所

めんつゆトラップを置く場所の1つ目は、排水口の周りです。排水口はコバエが卵を産み付けることが多い場所です。排水口をたどってコバエがやってくるので、そこを逃さず捕まえることができます。

またこちらに、排水口の掃除の仕方についての記事を載せておきます。排水口のぬめりはコバエの住処になります。この記事でぬめり取りの方法を学び、実践してみてください!

Small thumb shutterstock 510917722
関連記事 100均の排水溝ぬめり取り10選!ダイソーのシンク排水口のぬめり防止も

100均の排水溝ぬめり取り10選を紹介します。排水溝を綺麗に保つには、

めんつゆトラップを置く場所②生ゴミの近く

生の野菜

めんつゆトラップを置く場所の2つ目は、生ゴミの近くです。コバエは腐った匂いが大好きです。ですので生ゴミの近くにたかり、あっという間に大量の卵を産み付けてしまいます。生ゴミの近くにめんつゆトラップを仕掛け、卵を産み付けられる前に退治しましょう。

めんつゆトラップを置く場所③三角コーナー

料理をする男女

めんつゆトラップを置く場所の3つ目は、三角コーナーです。野菜の切り屑や皮などを捨てる三角コーナーは、コバエが大好きな場所の一つです。コバエにとって三角コーナーは、水にも食事にも恵まれている最適な環境です。ここの近くにめんつゆトラップを仕掛ければ、効率的にコバエを撃退できるでしょう。

コバエ発生を防ぐ対策法とは?どうしてコバエは湧くの?

コバエ発生を防ぐ対策法①生ゴミを放置しない

掃除をする女性

コバエ発生を防ぐ対策法1つ目として、生ゴミを放置しないということがあります。特に夏場は生ゴミが腐敗しやすい季節です。生ゴミが腐って匂いを出すと、それにつられてコバエがやってきます。そして生ゴミに卵を産み、数日で一気に羽化してしまうのです。

生ゴミはなるべく出さないようにしましょう。どうしてもゴミが出てしまった場合は、袋などでしっかり封をして処理しましょう。口を開けたまま放置しておくと、コバエがどんどん卵を生んでしまいます。生ゴミは放置せずすぐ処理する、処理の際には封をする、ということを心がけてください。

またこちらに、生ゴミの処理方法についての詳しい記事を載せておきます。キッチンの匂いが気になるという方は、こちらの方法を試してみてください。

Small thumb shutterstock 288277301
関連記事 一人暮らしの生ゴミの処理方法7選!ワンルームのキッチンの臭い対策も

この記事では一人暮らしで役立つ生ゴミの処理方法についてご紹介します。生

コバエ発生を防ぐ対策法②調味料などは冷蔵庫に入れる

冷蔵庫

コバエ発生を防ぐ対策法2つ目として、調味料などは冷蔵庫に入れるということがあります。特に調理酒や醤油、オイルなどは匂いが強いので、コバエ誘致の原因になります。一度侵入されて卵を生まれてしまったら、調味料を全て捨てることになってしまいます。

「調味料はあまり冷蔵庫に入れたくない」という方も多いと思います。ですがせめてコバエが発生しやすい6~9月の間だけでも、調味料は冷蔵庫にしまいましょう。一度コバエが発生したらなかなか駆除できません。発生させないためにできる手は全て使いましょう。

コバエ発生を防ぐ対策法③窓や扉を開けない

ドア

コバエ発生を防ぐ対策法3つ目として、窓や扉を開けないということがあります。コバエは外から侵入してきます。窓やドアを開放した場合、コバエの侵入を許すことになります。なるべく窓は開けないようにするか、目の細かい網戸などを取り付けることをおすすめします。

めんつゆトラップが効かない場合の対処法!トラップが効かないハエもいる!

めんつゆトラップが効くのはショウジョウバエのみ

驚く男性

実は、めんつゆトラップが効果的なのはショウジョウバエという種類のハエのみです。発生しているコバエがショウジョウバエでない他の種類のハエである場合、めんつゆトラップは効きません。

めんつゆトラップが効かない場合の対処法①アルコールの匂いで誘致する

お酒

めんつゆトラップが効かない場合の対処法1つ目として、アルコールの匂いで誘致するということがあります。めんつゆの代わりに酒を使い、コバエをおびき出す方法です。めんつゆで効果が見られなかった場合も、アルコールのトラップなら捕まえられることがあります。

ただしこのアルコールトラップはめんつゆトラップと同じくショウジョウバエにしか効果がありません。ショウジョウバエ以外のハエが発生しているときは、この方法は無意味です。

めんつゆトラップが効かない場合の対処法②排水口にキッチンハイターを使う

重曹

めんつゆトラップが効かない場合の対処法2つ目として、排水口にキッチンハイターを使うということがあります。主にチョウバエというハエに有効な方法です。チョウバエは排水管の汚れに卵を生んだり、ヘドロなどを住処にしています。

これらの卵やチョウバエを、ハイターの塩素によって一息に始末するのです。チョウバエは約20日ほどで成長するため、1ヶ月ごとにハイターを流すと効果が持続します。ただし原液のままで使ってはいけません。必ず薄めて使用しましょう。

コバエを発生させない対策が最も重要です!

コバエは、一度発生してしまうとなかなか完全に駆除できません。発生してしまった場合はめんつゆトラップなどで退治するのが良いですが、何よりも発生させないことが一番です。特に夏場は衛生面の気を使いましょう。キッチンの掃除、生ゴミの処理を定期的に行うことで、コバエ対策につながります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。