INDEX

いきなりステーキってどんなお店?注文方法や焼き方の特徴も

自分の好きなメニューがグラム単位で注文可能

食事

まず、いきなりステーキについておさらいしましょう。いきなりステーキは、ボリューム満点なステーキがお手頃価格で楽しめることが人気のコスパ抜群なステーキ店です。国産のお肉を使ったステーキもあり、気軽に足を運べるので、女性同士のお客様からの支持も高いです。

夜のディナータイムには、グラム単位での量り売り価格となっている為、自分の好きな量を楽しめることもポイントです。お腹が減ってとにかくガッツリ食べたい時は増量したり、ちょっとランチを食べすぎてあまりお腹が減っていないなという時は減量したり、自分の好きなちょうどよい量で注文することができます。

ランチタイムはグラム単位の量り売りはせずに定量カットのみになりますが、全品ライス・サラダ・スープ付きです。また、ライス無しは全品100円引き(全品)、ライス・サラダ・スープ無しはワイルドステーキ、ワイルドハンバーグを除き200円引きとなります。

自分好みの焼き方も選べる!

ステーキ

いきなりステーキでは、ステーキの焼き方もお好みで選べます。選べる焼き方は、ベリーレア、レア、ミディアムレア、ミディアム、ミディアムウェル、ウェルダン、ベリーウェルダンの7種類です。初めて来店される方は、まず「ミディアム」から挑戦してみるのが無難でしょう。

最初は「ミディアム」に挑戦して、その後自分好みの焼き方を発見してみるのも楽しみ方の一つです。何度も足を運んで、自分が一番好きな焼き方を見つけながら食事を楽しんだり、それぞれの焼き方の違いを比べながら味わうことができるのも、いきなりステーキの魅力です。

いきなりステーキにまだ行ったことがないという人は、初心者におすすめの注文方法と食べ方をご紹介しているので、まずはこちらをチェックしてから行ってみても良いですね。

Small thumb shutterstock 640904401
関連記事 いきなりステーキ一人で入れる?初心者におすすめの注文方法と食べ方

話題のいきなりステーキは女性が一人でもランチなどで利用できる店舗として

いきなりステーキのワイルドステーキとは?部位や価格、提供時間も

提供時間は基本的に平日のランチタイムのみ

ランチタイム

ワイルドステーキは、いきなりステーキの公式メニューでも平日のランチメニューとして掲載されており、夜のディナータイムでは提供していない店舗が多いです。しかし、店舗によっては夜のディナータイムでも提供される店舗もありますので、各店舗へ直接確認をした方が良いでしょう。

ちなみに夜のディナータイムの提供だと、ランチでセットいなっているライス・スープ・サラダはついてきません。しかし、価格はそのままですので、夕食として食べるならとてもコスパが良いと思います。また、平日限定だけでなく土日祝のランチタイムでも提供して欲しいという声もよく上がっています。

いきなりステーキのワイルドステーキの部位は公表されていない

ステーキ

さて、いきなりステーキの平日ランチメニューとして提供されているワイルドステーキ。いきなりステーキでは、ヒレやサーロインなど様々な部位から選べることも魅力ですが、ランチタイムで人気のワイルドステーキは、どこの部位を使っているのでしょうか。

ワイルドステーキの部位は、公式で正確に公表はされていませんがサーロインやリブロースなど他のメニューに比べ筋が多く少し硬めの印象が強い為、肩ロースではないかと噂されています。その分ボリュームと食べ応えは抜群。ボリュームに対するコスパも良いので、とにかくガッツリ食べたい気分の時にオススメです。

また、いきなりステーキでは部位ごとに硬さや脂の多さなども変わってきます。お好みの部位を探す際は、こちらも参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 337134842
関連記事 いきなりステーキの部位別の特徴をご紹介!おすすめの部位は?

現在急速に成長し、店舗数を伸ばしているいきなりステーキですが、具体的に

いきなりステーキのワイルドステーキの価格は300gで1,390円

財布からお金を出す

ワイルドステーキは、平日のランチタイムには200g1,130円(税抜)、300g1,390円(税抜)、450g1,850円(税抜き)で提供されています。このボリュームをこの価格で味わえることから、コスパが良いと男性のみならず女性からの評判も高いです。

200gと300gではあまり料金が変わらないので、300gを注文した方がお得です。グラム単価で考えればもちろん450gが一番割安ですが、300gでも女性にはボリューム満点です。ランチタイムにこの価格でお腹いっぱいステーキが楽しめるので、ステーキ好きの女性にも人気のメニューとなっています。

いきなりステーキのワイルドステーキの評判は?

ワイルドステーキの評判①食べ応え抜群

ステーキ

硬めの部位を使っているという印象が強い、いきなりステーキのワイルドステーキですが、硬めと言ってもその分食べ応えがあり癖になる味わいです。噛めば噛むほど肉の味わいが口の中に広がります。

食べ応えのあるワイルドステーキは、外はパリッと焼かれていて中はジューシーです。ピリッとしたペッパーが効いているので、ソースなしでも美味しくいただけます。まずはそのまま肉本来のを楽しみながら、後からソースをかけてソースとの相性を食べ比べする人も多いです。

また、食べ応え抜群でボリュームのあるワイルドステーキのカロリーが気になる方は、こちらからチェックできます。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

Small thumb shutterstock 640904401
関連記事 いきなりステーキのカロリーは?和牛ステーキ/肉/ワイルドステーキ

いきなりステーキのステーキは、選ぶステーキ肉によってカロリーが全く違う

ワイルドステーキの評判②提供される時間が早くサラリーマンに好評

時間を気にするサラリーマン

いきなりステーキのワイルドステーキは、あらかじめカットしてあることと、表面しか焼かない為提供時間が他のメニューと比べて格段に早いのです。価格に対するコスパだけでなく、時間に対するコスパも良いということになります。

ゆっくりとランチタイムを楽しみたい方はもちろん、仕事の合間に急いで昼食を取るサラリーマンからも評判です。待ち時間も短く、更にあらかじめカットしてある為自分でカットすることもないので、「時間に余裕はないが、ガッツリとランチを食べたい」という方にもピッタリなメニューです。

ワイルドステーキの評判➂低価格が魅力でコスパ抜群

貯金箱を持つ女性

200g1,130円(税抜)、300g1,390円(税抜)、450g1,850円(税抜き)という、低価格でお腹いっぱいステーキが楽しめることも人気の秘訣です。

更に平日のランチタイムにはライス・サラダ・スープもセットになっているため、お手頃価格でガッツリと美味しいステーキが食べたい気分の時にオススメです。サラリーマンはもちろん、学生さんから主婦の方からの人気も高いメニューとなっています。

ワイルドステーキのランチ・夜メニューならではの楽しみ方は?

ランチタイムではいきなりステーキのガーリックライスが作れる!

チャーハン

ワイルドステーキが提供されるランチタイムでは、全品ライス・サラダ・スープがセットになってついてきます。この価格にライス・サラダ・スープがセットになっているなんて、驚きです。平日はサラリーマンも多く利用するいきなりステーキなので、この価格での提供は大変喜ばれています。

そして、このセットになっているライスを使って、いきなりステーキのガーリックライスが作れれることも話題になっています。作り方もとっても簡単ですよ。

ワイルドステーキを使ったガーリックライスの作り方
  1. ワイルドステーキを少しだけ余らせ、細かくカット
  2. お肉にソースをかけて焼く
  3. 白ご飯を投入
  4. にんにくと塩コショウで味を調えて完成

ランチでセットになっているご飯を使う為、追加料金などは一切かからずにガーリックライスを作ることができます。しかも、作り方も簡単に美味しく作れます。お肉もガーリックライスも楽しめる一石二鳥のワイルドステーキは、まさにコスパ抜群という言葉がピッタリです。

夜の時間に食べれる店舗ならお手頃価格のビールやワインと合わせても!

ビールで乾杯

基本的には平日のランチタイムでの提供のワイルドステーキですが、店舗によっては夜の時間でも提供してもらえます。ぜひ夜もワイルドステーキが食べられるお店を見つけてみてください。

夜の時間でもワイルドステーキを提供している店舗に入った時は、とりあえずビールとワイルドステーキを頼んでみましょう。食べ応えもあり、肉の旨味を楽しめるステーキと合わせてお酒も楽しめ、ディナーとは思えない低価格でご堪能いただけますよ。そして、ビール一と緒に1日の疲れも吹き飛ばしてしまいましょう。

また、いきなりステーキのドリンクメニューにはビールの他にもグラスワイン(赤/白)520円(税抜)やボトルワイン(赤/白)2,600円~(税抜)もあります。お肉との相性が抜群な赤ワインもこの価格で楽しめ、提供の時間も早いので、ちょっとした一人飲みの時間を楽しんでいる人も多いです。

いきなりステーキのワイルドステーキのおすすめの焼き方は?

焼き方は「レア」がおすすめ

料理

焼き方は好みにもよると思いますが、初めての来店などで分からない場合は、店員さんにオススメを聞いてみましょう。店員さんに聞いてみると「レア」をオススメされることが多いです。特にこだわりがない場合は、店員さんオススメの焼き方である「レア」を選ぶと良いでしょう。

またワイルドステーキは、比較的硬めの部位を使用されているので、あまり焼きすぎると硬くなってしまう恐れもあります。こういった意味でも、やはり焼き方は「レア」が一番良いのかもしれません。注文する部位によって焼き方を変えてみるのもオススメです。

ベリーレアで自分好みの焼き加減を作ってみるのも

料理を作るシェフ

いきなりステーキでは、レアよりも焼きが浅いベリーレアの焼き方を注文することもできます。ステーキは熱々の鉄板に乗っているので、食べている間など少し時間が経つと鉄板の熱でどんどん焼けていきます。

あえてベリーレアで注文してみて、様子を見ながら鉄板の熱で焼き上げていけば、より一層自分好みの焼き加減をお楽しみいただけます。

いきなりステーキのワイルドステーキを食べに行こう

キッチン

平日のランチタイム限定とはいえ、ボリュームもありとってもお得な価格で大満足のステーキが楽しめるのがいきなりステーキのワイルドステーキです。この価格でこれだけのステーキが食べられる、まさにコスパ抜群という言葉がピッタリなメニューです。

焼き方をレアにすれば、提供時間も早く素早くお腹いっぱいランチを楽しめます。提供時間が早いと、忙しい人もスムーズにランチが取れるので、時間的なコスパも抜群と言えます。200g、300g、450gと選べる量もボリュームがあり、とにかくお腹いっぱいステーキが食べたい気分の際にもオススメです。

また、好きな部位や焼き方、自分好みの量が選べるのでいきなりステーキは大変評判が良いです。平日限定のワイルドステーキだけでなく、色々な部位のステーキを様々な焼き方でチャレンジしてみて、自分が一番好きな部位・焼き方のステーキを見つけてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。